行政書士の試験



「行政書士の試験」カテゴリの記事
2011年05月07日

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験勉強をして、勉強を始めてある程度の期間は、問題集・過去問を解いても、正解率が悪くて当然であることをご紹介します。

今回のケースは、あくまでも、初めて行政書士・宅建の試験勉強をしている人が対象となります。

1度以上、行政書士・宅建の試験の受験経験がある人は、対象となりません。


初めて、行政書士・宅建の試験勉強をする人は、勉強を始めてある程度の期間は、問題集や過去問を解いても、正解率が悪いのは当然です。

その理由は、初めて勉強した内容を1回の勉強で理解できる人は、司法試験や東京大学に毎日2~3時間程度の時間で合格できる勉強の天才だけです。


普通の人は、勉強内容を何回も復習をして、勉強している内容を理解します。

この復習をすることが重要です。


復習をする時は、同じ教本・同じ問題集・同じ過去問を、必ず何回も勉強します。

復習をする意味は、同じ勉強内容を繰り返し勉強をすることで、本当の意味があります。


復習を同じ勉強内容で繰り返ししますと、その勉強している内容の仕組みが理解できるようになります。

例えば、同じ問題集・過去問を何回も復習をしていますと、その復習している問題の解き方を理解できます。

正確な表現で言えば、復習している問題の解き方の公式を理解できるという表現が適切です。


これは、プロの将棋や囲碁の名人の頭の構造と同じです。

プロの将棋や囲碁の名人は、方法記憶という記憶の力を使って、自分が打った将棋や囲碁の対局の盤面を覚えています。


これは、このような場面の時は、このように打つと、法則で覚えているのです。

簡単に言えば、プロの将棋や囲碁の名人は、プロレベルになると、デタラメな打ち方をしない人ばかりです。

このように打つと、次はこのように打つ、このような流れというものがほとんど決まっています。


プロの将棋や囲碁の名人は、この流れを覚えているのです。


これは、行政書士・宅建の試験でも同じことが言えます。

このような問題が出題されれば、このような法律の解釈を基に解く。

このような方法記憶をたくさん使って、法律の問題を解くのです。


肝心な事は、この方法記憶というものは、たくさんいろいろな問題を解く経験を積まなければ、自分自身に身に付きません。

そのため、勉強を始めたころは、この方法記憶があまりないため、当然問題を解いた正解率が悪いわけです。

ですから、行政書士・宅建の試験を今年受験される方は、毎日勉強を続けていれば、自然と方法記憶が身に付きます。

そのため、現在、行政書士・宅建の勉強をしていて、あまり正解率が良くなくても、何も心配する事が無いのです。


ここからは、一度以上、行政書士・宅建の試験経験がある人の話をします。

もし、現在、行政書士・宅建の問題・過去問を解いて、正解率が悪ければ、それは問題があります。

あきらかに勉強不足か勉強方法が間違っています。


勉強不足の人は、毎日、勉強をしてください。

それ以外の方は、勉強方法が間違っている可能性が高いです。

私の勉強方法を参考にして、自分の勉強方法を見直してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



この記事を読まれた方は、次にこちらの記事も読まれています

勉強の化け物のマネはしては、いけません。

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!



行政書士・宅建に共通する合格できる勉強方法。

行政書士・宅建の共通する合格する勉強方法。
  

Posted by takken_goukaku_ at 23:01トラックバック(0)
2011年04月11日

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!

行政書士宅建の勉強でノートは基本的に作成する必要がないです。

もっと分かりやすく言いますと、行政書士試験の40字記述式の問題の勉強以外で、ノートは使いません。


まず、ノートを作成しないで行政書士・宅建の勉強をする一番の理由を説明します。

行政書士・宅建の試験は、行政書士の40字記述式問題以外は、マークシートの試験です。


マークシートの試験に関して、断言できることですが、マークシートの試験に合格するには、マークシートの試験に合格するテクニックがあれば、誰でも合格できます。


マークシートの試験とは、そのようなものです。

マークシートの試験は、勉強ができるとか、頭が良いとか、そのような事は関係ないです。

マークシートの試験に合格するのは、技術があればだれでもマークシートの試験に合格できます。


現実に、私は高卒、偏差値30の人間ですが、行政書士・宅建の試験に独学で共に2回目の受験ですが、合格できました。

そして、私は、宅建の1回目の受験の時は、途中まで勉強をするのにノートを作成していました。

しかし、ノートの作成はあまりにもムダな時間が掛かるのでやめました。


私は、行政書士・宅建の試験にノートを作成しない勉強方法で合格しました。

その私のノートを作成しない勉強方法は、「教本を見て覚える。」

これに尽きます。


このような事を言いますと、私の勉強方法を信じる人は少ないと思います。


まず、「ノートを作成しないで、勉強内容を覚えるわけがない。」

このように思われる方は、たくさんいると思います。


ハッキリ言いますが、それは固定概念です。

文章を書いて覚える勉強方法は、マークシートの試験では無意味です。


なぜなら、マークシートの試験では、正解の答えが、問題の選択肢に載っているからです。

理論的に考えれば、実に簡単な事です。


マークシートの試験は、正しい選択肢か、誤りの選択肢を、選ぶ試験です。

記述式の問題のように、正解の答えをすべて自分の頭で考えて文章で解答用紙に書くような解答方法ではありません。


行政書士・宅建の科目の勉強内容をだいたい覚えていれば、問題用紙に書かれている選択肢を選ぶことができます。

記述式の問題のように、正確に試験科目の勉強内容を覚えている必要がありません。


マークシートの試験の勉強方法は、試験科目の勉強内容をだいたい覚えていれば正解できるのです。

肝心なのは、法律の問題を解く読解力・理解力・思考力です。

試験科目の勉強内容を暗記しようとはせずに、問題を解く能力を身に付ける勉強方法が必要です。


分かりやすい例えで言えば、問題の選択肢を正しいか、誤っているか判断する力です。

これは、試験科目の勉強内容を暗記するような勉強方法では、大変時間が掛かることになります。


そのためにも、行政書士・宅建の勉強を効率的にするには、まず教本は見て覚えます。

例え、教本を読んで自分が教本の内容を覚えているか自信が無くても、頭の中に入っていることにします。


そして、行政書士の試験勉強をする時は、旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の過去問を解いて、問題を解く判断力をつけます。


宅建の試験勉強をする時は、宅建の試験の過去問を解いて、問題を解く判断力をつけます。


勉強をする時に過去問を何回も解く復習をすることによって、教本を読んで覚えた知識をハッキリと理解できるようになります。

そうすれば、頭の中で勉強している内容が試験の問題を解くときに数学の公式を解くような理解力が身に尽きます。


マークシートの試験で合格するテクニックとは、このようなものです。


ノートを作成する時間があれば、教本を何回も読み、過去問を何回も復習しましょう。

そうすれば、合格に近づきます。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 20:28トラックバック(0)
2010年11月06日

行政書士の試験前に私が注意した事。

行政書士の試験まで、もうすぐです。

私が行政書士の受験時に注意した事をお伝えします。

何か参考にできるところがありましたら、ぜひ、参考にしてください。


まずは、睡眠時間です。

行政書士の試験は、11月14日、午後1時から始まります。

その試験開始時間から、受験会場に行く時間を差し引いて、起床する時間を出しましょう。


そして、一概には言えませんが、だいたい睡眠時間を7~8時間取るのがいいと思います。

起床時間から、7~8時間差し引いて、寝る時間を決めましょう。


この睡眠時間は、人によってどのぐらい取れば良いかは違います。

ただ、平均して7~8時間、睡眠時間をとるのが一番適している人が多いです。

そのため、自分が適している睡眠時間で、寝る時間を決めるのです。


このリズムで、行政書士の試験日まで過ごしましょう。

寝る時間と起きる時間を一定にするのです。


普段から寝る時間と起きる時間が一定の人は、何も生活リズムを変えずに試験日まで過ごしましょう。


一番大切なことは、行政書士の試験日の午後1時に、最高の状態で試験を受けれるようにする事です。

まずは、この点に注意するといいです。


次は、行政書士の試験日の昼食です。

少し早めに昼食を取りましょう。

昼食の時間は、午前11~11時30分ぐらいがベストです。

午後0時には、昼食を食べ終わるようにしましょう。

試験開始時間の1時間前に食べ終われば、試験開始時に良い気分で受験できると私は思います。


また、行政書士の試験は3時間の長丁場です。

食事をして、すぐにトイレに行く方は大丈夫です。

しかし、食事をしてずいぶん経ってからトイレに行きたくなる人は、特に水分を多く食事の時に取るのは止めましょう。

そのような方は、試験会場に行く前に水分を取って、試験会場で一度トイレに行くようにしましょう。

朝、起きて水分を多めに取るのもいいでしょう。


試験会場には、一度下見に行くのがいいでしょう。

私は、行政書士の試験のときは、1回目の試験のときは、試験会場の近くまで車で行きました。

車は、試験会場の地下鉄の駅から隣の駅の近くのパチンコ屋の駐車場に駐車しました。

車を駐車する場所は、試験1週間前に試験会場を下見して見つけました。


試験会場に車で行くメリットは、試験会場に行く時間が多少遅れても、飛ばせば問題なく試験会場に着けることです。

また、人にもよりますが、車で試験会場まで行けば体が楽です。


東京や大阪に住んでいる人以外は、行政書士の試験会場に車で行くことをおススメします。


試験日に持っていく筆記用具は、複数個用意しましょう。

消しゴム・鉛筆・シャープペンシル等は、2つ以上持っていきましょう。

万が一、消しゴム・鉛筆・シャープペンシル等を落としたりしても、予備があれば落ち着いて受験できます。

念のためです。


行政書士の受験される方は分かっていると思いますが、行政書士の試験の自己採点ができるように、試験を受けてる時は、問題の選択肢に自分の解答の選択肢に○をつけましょう。


最後に、40字記述式問題の解答ですが、先に問題用紙に書いてから、解答用紙に書きましょう。

行政書士の問題用紙には、40字記述式問題の解答が45文字まで記入できるようになっています。

先に、問題用紙に解答を書いて、解答の文字数が解答用紙に収まるか確認しましょう。


一般的には、40字記述式問題の解答は、35~45文字までが適切と言われています。

もし、40字記述式問題の解答で、文字数が足りない人は、句読点等で文字数を足しましょう。

逆に、40字記述式問題の解答で、文字数が多い人は、余分な句読点を無くしましょう。


具体的に、40字記述式問題の解答の文字数を増やす例をあげます。

認める。⇒認められます。


逆に、40字記述式問題の解答の文字数を減らす例をあげます。

~しなければならない。⇒~する必要がある。


40字記述式問題は、解答の重要な部分以外は、多少文章を短縮しても、採点には影響しません。 

ただし、日本語の文章になるように気をつけましょう。


では、生活のリズムを崩さないように、行政書士の試験の受験に備えてください。


      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







  
Posted by takken_goukaku_ at 10:00トラックバック(0)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)