行政書士の勉強方法



「行政書士の勉強方法」カテゴリの記事
2011年05月29日

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士試験が簡単だと思っている方へ、現実の行政書士試験をお伝えします。

一回以上行政書士試験を受験された方は、行政書士の試験が簡単だと思っている方はいないと思います。


もし、行政書士試験が簡単だと思っているのであれば、前回の行政書士試験には合格できたはずです。


そのため、今回は、初めて行政書士試験を受験される方を対象に、お話します。

行政書士試験の合格率は、大体約4%から約9%です。

法律系の国家資格としては、かなりばらつきがあります。


さて、この国家資格の合格率ですが、合格率の数字だけで、その試験が簡単か難しいか判断するのは危険です。


まず、その最も分かりやすい例が、医師の国家試験です。

医師の国家試験の合格率は、約80%後半です。


このような合格率だけを考えますと、医師の国家試験は、ものすごく簡単な試験と考えがちです。


これは、あくまでも医学部に合格できる人間が、たくさん医師の国家試験に受けて、それで合格率が約80%以上という意味です。

大学の医学部というのは、ご存知の方も多いと思いますが、東大の偏差値に準ずる、またはそれ以上の高い偏差値の大学が多数あります。


簡単に言えば、大学の医学部に合格できる人の50%以上は、東大に合格できる偏差値はあると思います。

このような人が、一生懸命、医師の国家試験に勉強して、合格率が約80%後半です。


これが、医師の国家試験の現実です。


このようなことを踏まえたうえで、行政書士の試験を考えましょう。

行政書士試験は、司法試験や司法書士の試験に比べて、合格率は高いです。

しかし、行政書士試験には、ある独特な特徴があります。


行政書士試験の独特な特徴とは、平成18年に試験の出題に変更があって以来、過去に出題された問題が試験にほとんど出題されなくなりました。

簡単に言えば、行政書士の試験勉強には、行政書士試験の過去問を勉強してもムダということです。

この事実は、平成18年以降の行政書士試験の問題を確認すればわかります。


では、行政書士試験に合格する勉強方法とは、どのような方法が一番かといえば、旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の過去問を勉強をするのが一番です。

逆に言えば、このような勉強方法以外、行政書士の試験勉強ができません。


そして、行政書士試験には、多くの人が対策に困る一般知識の問題まであります。

この一般知識は、勉強の方法がありません。

公務員の一般教養の勉強をすればいいという話は聞きますが、今まで出題された問題を見れば、そのような勉強はほとんど意味がないです。


ここまで話して、行政書士試験の勉強で理解してほしいことは、行政書士試験で問われることは、法律の問題に対する思考力です。

そして、一般的な新聞やテレビのニュースなどの事柄を、くわしくよく理解していることです。


行政書士試験の法律の問題では、法律の問題を解く理解力・読解力・把握力が求められます。

行政書士試験の一般知識の問題では、現在の社会情勢の深い理解力と知識が求められます。


現在の行政書士のレベルは、このようなレベルです。

行政書士の試験が簡単という人がいるのであれば、それは、平成17年までの法律の問題ことを言っています。

実際に平成17年までの行政書士の法律の問題を見てますと、基礎的な問題しか出ていません。


しかし、現在の行政書士のレベルは全く違うのです。

このようなことを認識する必要があります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





一緒に読みたい関連記事

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の商法・会社法の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の民法の傾向と対策。

平成22年度の行政書士試験の行政法の傾向と対策
  

Posted by takken_goukaku_ at 22:32トラックバック(0)
2011年05月07日

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験勉強をして、勉強を始めてある程度の期間は、問題集・過去問を解いても、正解率が悪くて当然であることをご紹介します。

今回のケースは、あくまでも、初めて行政書士・宅建の試験勉強をしている人が対象となります。

1度以上、行政書士・宅建の試験の受験経験がある人は、対象となりません。


初めて、行政書士・宅建の試験勉強をする人は、勉強を始めてある程度の期間は、問題集や過去問を解いても、正解率が悪いのは当然です。

その理由は、初めて勉強した内容を1回の勉強で理解できる人は、司法試験や東京大学に毎日2~3時間程度の時間で合格できる勉強の天才だけです。


普通の人は、勉強内容を何回も復習をして、勉強している内容を理解します。

この復習をすることが重要です。


復習をする時は、同じ教本・同じ問題集・同じ過去問を、必ず何回も勉強します。

復習をする意味は、同じ勉強内容を繰り返し勉強をすることで、本当の意味があります。


復習を同じ勉強内容で繰り返ししますと、その勉強している内容の仕組みが理解できるようになります。

例えば、同じ問題集・過去問を何回も復習をしていますと、その復習している問題の解き方を理解できます。

正確な表現で言えば、復習している問題の解き方の公式を理解できるという表現が適切です。


これは、プロの将棋や囲碁の名人の頭の構造と同じです。

プロの将棋や囲碁の名人は、方法記憶という記憶の力を使って、自分が打った将棋や囲碁の対局の盤面を覚えています。


これは、このような場面の時は、このように打つと、法則で覚えているのです。

簡単に言えば、プロの将棋や囲碁の名人は、プロレベルになると、デタラメな打ち方をしない人ばかりです。

このように打つと、次はこのように打つ、このような流れというものがほとんど決まっています。


プロの将棋や囲碁の名人は、この流れを覚えているのです。


これは、行政書士・宅建の試験でも同じことが言えます。

このような問題が出題されれば、このような法律の解釈を基に解く。

このような方法記憶をたくさん使って、法律の問題を解くのです。


肝心な事は、この方法記憶というものは、たくさんいろいろな問題を解く経験を積まなければ、自分自身に身に付きません。

そのため、勉強を始めたころは、この方法記憶があまりないため、当然問題を解いた正解率が悪いわけです。

ですから、行政書士・宅建の試験を今年受験される方は、毎日勉強を続けていれば、自然と方法記憶が身に付きます。

そのため、現在、行政書士・宅建の勉強をしていて、あまり正解率が良くなくても、何も心配する事が無いのです。


ここからは、一度以上、行政書士・宅建の試験経験がある人の話をします。

もし、現在、行政書士・宅建の問題・過去問を解いて、正解率が悪ければ、それは問題があります。

あきらかに勉強不足か勉強方法が間違っています。


勉強不足の人は、毎日、勉強をしてください。

それ以外の方は、勉強方法が間違っている可能性が高いです。

私の勉強方法を参考にして、自分の勉強方法を見直してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



この記事を読まれた方は、次にこちらの記事も読まれています

勉強の化け物のマネはしては、いけません。

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!



行政書士・宅建に共通する合格できる勉強方法。

行政書士・宅建の共通する合格する勉強方法。
  
Posted by takken_goukaku_ at 23:01トラックバック(0)
2011年04月04日

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験一般知識の傾向と対策をお話しします。

行政書士試験の一般知識の傾向と対策の結論は、簡単です。


一般知識の科目は、どのような問題が出題されるか、誰も推測できません。

そのため、対策は、ほとんどありません。

以上です。(笑)


まず、行政書士試験の一般知識の科目は、一般知識の勉強をしなくても点数を取れる人は、取れます。

そして、勉強をしっかりしていても、点数を取れない人は取れません。


行政書士試験の一般知識は、相当、運の要素があります。

しかし、一般知識の足切りの点数である、6問正解は、一般知識の科目の勉強をまったくしなくても、基本的には正解できる水準のレベルです。


行政書士試験の一般知識の足切りに関しては、それほど神経質に考える必要は無いです。


行政書士試験の一般知識の勉強をする教本は一応あります。

らくらく行政書士の一般知識特別講座〈2008年版〉らくらく行政書士の一般知識特別講座〈2008年版〉
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2008-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この教本で、私は行政書士の一般知識の勉強を1年だけしました。

私は、この年の行政書士の試験には不合格でした。

一般知識の科目の正解率は、14問中9問正解でした。


その次の年の行政書士の一般知識の勉強は、3時間ぐらいしかしませんでした。

1年で行政書士の一般知識の勉強が3時間程度です。


それでいて、2010年の行政書士試験の一般知識の正解率は、14問中13問でした。

たった1問しか間違えませんでした。


まったく勉強していなくても、行政書士試験の一般知識の問題は、解けるときは解けます。

もちろん、一般知識の問題を解けない時は解けません。


この行政書士試験の一般知識の科目の対策としては、ある程度割り切って、毎日、TVのニュースを見て、新聞を読む程度で十分です。

行政書士試験の一般知識の科目に、勉強の時間を使うのであれば、他の科目に勉強時間を費やしましょう。


行政書士試験に出題される問題自体に言えることですが、一般知識の問題の過去問は、勉強してもまったく意味がないです。

ハッキリ言えば、ムダです。


今まで平成18年度以降に出題された行政書士試験の一般知識の問題を確認してください。

ほとんど同じような問題は出題されていません。


行政書士試験の一般知識の問題で、最も点数がとれる問題が、文章理解です。

文章理解の対策としては、私の行政書士試験の勉強方法を実践している人は、文章理解の問題をある程度簡単に解けるはずです。


なぜなら、旧司法試験・新司法試験・司法書士試験の問題を勉強していますので、文章の理解力は自然とつきます。

何も心配をする必要は無いです。


もう一度言いますが、行政書士試験の一般知識の科目に、勉強時間を使うような事だけはしないでください。

一般知識は、勉強をたくさんしても、ムダです。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 19:32トラックバック(0)
2011年02月13日

平成22年度の行政書士試験の民法の傾向と対策。

平成22年度の行政書士試験の民法の傾向と対策をお話しします。

まず、民法の問題ですが、完全に司法書士試験のレベルになっています。

一昔前の行政書士試験の民法のレベルとは雲泥の差です。


では、行政書士試験の民法の勉強方法の対策は簡単ですね。

司法書士試験の民法の過去問を勉強をすればいいのです。


勉強をする司法書士試験の民法の過去問の問題集は、

司法書士過去問 民法 (伊藤塾セレクション)司法書士過去問 民法 (伊藤塾セレクション)
法学書院(2010-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この過去問の問題集が一番です。


司法書士の試験で出題される民法の問題のほとんどの論点が、問題として載っています。

この問題集をすべて解けば、民法の対策は大丈夫です。

ただし、問題数は多いです。

勉強を頑張りましょう。


現在の行政書士の試験は、全体の科目を見渡しますと、行政書士試験レベル以上の問題が出題されています。

まずは、このことを認識する必要があります。


行政書士試験に合格するには、行政書士レベルの勉強をしていては、合格できません。

行政書士試験に合格するには、行政書士以上のレベルの難易度の高い法律の資格の勉強をする必要があります。


いまだに、行政書士試験の勉強方法で、「行政書士の過去問を勉強をすれば、行政書士に合格できる!」

このような事を言っている人は、現在の行政書士試験の問題すら見た事が無い人です。


行政書士試験は、年々難化しています。

私は、行政書士試験の平成21年度の合格者です。

こちらから、私の行政書士の合格証が確認できます。


その私が平成22年度の行政書士試験の民法の問題を解きました。

私は、民法は得意です。

ただし、平成21年度の行政書士試験から行政書士の勉強を1年していません。


結果として、民法の問題9問中5問正解でした。

正直、ショックでした。

せめて、民法の問題9問中7問は正解できると思っていました。


行政書士試験のレベルになりますと、1年勉強をしなければ、行政書士試験に合格できるレベルからは、相当落ちてしまいます。


これが、今の行政書士試験の難しさです。

行政書士試験に合格するには、とにかく毎日勉強をして、そして難易度の高い法律の資格の過去問を解くことが重要です。


昔の行政書士試験レベルの問題は、常識問題と考えるぐらいの勉強に対する考え方を変える必要があります。

行政書士試験の勉強をするのに、市販されている行政書士の問題集を解いては合格できません。


行政書士の市販されている行政書士の問題集を勉強をするのは、初めて行政書士の受験をする人だけです。

初めて、行政書士の受験をされる方は、あくまでも基礎固めのために行政書士の問題集を勉強してください。


民法の問題は、法律に対する考える力が問われます。

そして、細かい法律の論理まで、今の行政書士試験の民法の問題では問われます。


この当たりのことを認識して、行政書士の民法の勉強をしましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ









  
Posted by takken_goukaku_ at 21:22トラックバック(0)
2010年12月07日

平成23年度の行政書士試験に向けて。

今年の行政書士試験を受験された方の多くは、来年の合格発表まで、自分が合格か不合格か分からない人が多いと思います。

このブログは、行政書士・宅建の試験を独学勉強して合格する事を目指す事を目的に、記事を書いています。


そのため、今後、来年度の平成23年度の行政書士・宅建の試験に向けて、記事を書いていきます。

ご容赦ください。


さて、来年度の行政書士を受験される方に、独学で勉強をするにおいて一番重要なことがあります。

どのようなことが一番重要であるか?

それは、現在の行政書士の試験は、行政書士試験の過去問を勉強しただけでは合格する事が難しいです。


まず、このような現状を頭の中に入れてください。


では、どのような勉強をすれば、行政書士の試験に合格できるのか?

それは、憲法の科目は、司法試験・新司法試験の勉強をしてください。

行政法の科目は、新司法試験の勉強をしてください。

民法の科目は、司法書士の勉強をしてください。


このように、行政書士試験以上のレベルの法律の資格の勉強をすれば、行政書士の試験に合格できる確率が高くなります。


ここで、疑問を持った人がいると思います。

なぜ、行政書士の試験で行政書士の試験の過去問を勉強をして合格するのが難しいのか?

この疑問には、明確に根拠を示してお答えできます。


まず、

一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)
TAC出版(2009-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


と、今年行政書士の試験を受験された方は、今年の行政書士の試験問題を見てください。


平成18年度に行政書士試験は、試験の出題傾向に変更がありました。

それ以降、平成21年度の行政書士試験まで、過去に試験で出題された問題がほとんど出題されなくなりました。


私は、現在、今年の行政書士試験の問題が、どのようなものであったかはわかりません。

しかし、今年の行政書士を受験された方は、今年の行政書士試験の問題を見てください。

そして、今まで行政書士の試験で出題されたような問題があるか確認してみてください。


私の推測では、今年の行政書士の問題のほとんどは、初めて行政書士試験で出題される問題のはずです。

そのような初めて行政書士試験で出題される法律の問題にどのようにして対処するのか?


それは、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力を高める事です。

そうすれば、法律の問題を解く思考力を身につけることができます。


では、法律の問題を解く思考力を身につけるには、どのような勉強方法があるのか?

勉強方法は簡単です。

難易度の高い法律の勉強をすればいいのです。


具体的にどのような勉強をすればいいのか?

それは、先ほど申し上げたように、憲法の科目は、司法試験・新司法試験の勉強をする。

行政法の科目は、新司法試験の勉強をする。

民法の問題は、司法書士の勉強をする。


このような勉強方法で、現在の行政書士試験のレベルに十分に対応できます。


私は、高卒、偏差値30の人間です。

これは本当です。


私は、先ほど挙げた勉強方法で独学で行政書士に合格しました。

平成21年度の行政書士試験で、216点取りまして合格しました。

択一式問題の得点だけで、196点を取りました。

40字記述式問題の採点無しで合格でした。


こちらから私の行政書士試験の得点が分かります。


私は、先ほど挙げた勉強方法で、現実に高得点で平成21年度の行政書士試験に合格しました。

くわしい私の行政書士の勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


基本的に行政書士の試験は、十分独学で勉強をして合格できます。

もし、今年の行政書士の試験に合格できなかった方は、2つの事を見直してください。


まずは、毎日勉強する。

そして、勉強方法を変える。

以上です。


ぜひ、来年度、行政書士の試験を初めて勉強される方も、私の行政書士の勉強方法を参考にしてみてください。


■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 12:11トラックバック(0)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)