睡眠時間



「睡眠時間」カテゴリの記事
2010年11月06日

行政書士の試験前に私が注意した事。

行政書士の試験まで、もうすぐです。

私が行政書士の受験時に注意した事をお伝えします。

何か参考にできるところがありましたら、ぜひ、参考にしてください。


まずは、睡眠時間です。

行政書士の試験は、11月14日、午後1時から始まります。

その試験開始時間から、受験会場に行く時間を差し引いて、起床する時間を出しましょう。


そして、一概には言えませんが、だいたい睡眠時間を7~8時間取るのがいいと思います。

起床時間から、7~8時間差し引いて、寝る時間を決めましょう。


この睡眠時間は、人によってどのぐらい取れば良いかは違います。

ただ、平均して7~8時間、睡眠時間をとるのが一番適している人が多いです。

そのため、自分が適している睡眠時間で、寝る時間を決めるのです。


このリズムで、行政書士の試験日まで過ごしましょう。

寝る時間と起きる時間を一定にするのです。


普段から寝る時間と起きる時間が一定の人は、何も生活リズムを変えずに試験日まで過ごしましょう。


一番大切なことは、行政書士の試験日の午後1時に、最高の状態で試験を受けれるようにする事です。

まずは、この点に注意するといいです。


次は、行政書士の試験日の昼食です。

少し早めに昼食を取りましょう。

昼食の時間は、午前11~11時30分ぐらいがベストです。

午後0時には、昼食を食べ終わるようにしましょう。

試験開始時間の1時間前に食べ終われば、試験開始時に良い気分で受験できると私は思います。


また、行政書士の試験は3時間の長丁場です。

食事をして、すぐにトイレに行く方は大丈夫です。

しかし、食事をしてずいぶん経ってからトイレに行きたくなる人は、特に水分を多く食事の時に取るのは止めましょう。

そのような方は、試験会場に行く前に水分を取って、試験会場で一度トイレに行くようにしましょう。

朝、起きて水分を多めに取るのもいいでしょう。


試験会場には、一度下見に行くのがいいでしょう。

私は、行政書士の試験のときは、1回目の試験のときは、試験会場の近くまで車で行きました。

車は、試験会場の地下鉄の駅から隣の駅の近くのパチンコ屋の駐車場に駐車しました。

車を駐車する場所は、試験1週間前に試験会場を下見して見つけました。


試験会場に車で行くメリットは、試験会場に行く時間が多少遅れても、飛ばせば問題なく試験会場に着けることです。

また、人にもよりますが、車で試験会場まで行けば体が楽です。


東京や大阪に住んでいる人以外は、行政書士の試験会場に車で行くことをおススメします。


試験日に持っていく筆記用具は、複数個用意しましょう。

消しゴム・鉛筆・シャープペンシル等は、2つ以上持っていきましょう。

万が一、消しゴム・鉛筆・シャープペンシル等を落としたりしても、予備があれば落ち着いて受験できます。

念のためです。


行政書士の受験される方は分かっていると思いますが、行政書士の試験の自己採点ができるように、試験を受けてる時は、問題の選択肢に自分の解答の選択肢に○をつけましょう。


最後に、40字記述式問題の解答ですが、先に問題用紙に書いてから、解答用紙に書きましょう。

行政書士の問題用紙には、40字記述式問題の解答が45文字まで記入できるようになっています。

先に、問題用紙に解答を書いて、解答の文字数が解答用紙に収まるか確認しましょう。


一般的には、40字記述式問題の解答は、35~45文字までが適切と言われています。

もし、40字記述式問題の解答で、文字数が足りない人は、句読点等で文字数を足しましょう。

逆に、40字記述式問題の解答で、文字数が多い人は、余分な句読点を無くしましょう。


具体的に、40字記述式問題の解答の文字数を増やす例をあげます。

認める。⇒認められます。


逆に、40字記述式問題の解答の文字数を減らす例をあげます。

~しなければならない。⇒~する必要がある。


40字記述式問題は、解答の重要な部分以外は、多少文章を短縮しても、採点には影響しません。 

ただし、日本語の文章になるように気をつけましょう。


では、生活のリズムを崩さないように、行政書士の試験の受験に備えてください。


      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







  

Posted by takken_goukaku_ at 10:00トラックバック(0)
2010年10月09日

宅建の試験前に私が注意した事。

宅建の試験はもう間近ですね。

私が宅建の試験で注意した事を、ご紹介します。


まず、睡眠時間ですね。

私は、試験1週間前から、必ず7時間は毎日取っていました。

睡眠時間は、人それぞれ個人差があるので何時間取ればいいとは、はっきりとは言えませんが、普通の人は7~8時間がベストの人が多いです。


そして、重要なことは、寝る時間ですね。

宅建の試験は13時から開始です。

試験会場に向かう時間を逆算して、朝、何時に起きるか決めておきましょう。

そして、朝、起きる時間から睡眠時間の時間を逆算して、寝る時間を決めてました。


なぜ、このような事をするのか?

それは、試験に対する生活のリズムを作るためです。


私は、試験1週間前から午前0時に寝て、午前7時に起きてました。

毎日、試験当日まで、同じリズムで生活していました。

この同じリズムで生活する事は、重要だと私は思います。


次に、私が試験の事で注意した事は、試験会場までの行き方です。

試験の案内には、「公共交通機関を使って来てください。」と書かれています。

私は、宅建の2回の受験と行政書士の1回目の受験は、試験会場の近くまで車で行きました。

車はどこに止めたのか?


宅建の1回目の受験の時は、パチンコ屋の駐車場にとめました。

宅建の2回目の受験の時は、試験会場の近くのコインパーキングにとめました。

行政書士の1回目の受験の時は、試験会場の一番近い地下鉄の駅の隣の駅のパチンコ屋の駐車場にとめました。

もちろん、試験の一週間前に試験会場の下見をして、車が駐車できる場所が無いか確認はしました。


私は、公共機関を使って試験会場に行くのは、面倒ですので、車で行きました。


行政書士の2回目の受験の時は、公共交通機関を使いましたが、試験会場が自宅から近かったからです。


東京や大阪に住んでいる人は、公共交通機関で試験会場まで行ったほうがいいとは思いますが、それ以外の地域の方は車で試験会場に行くことをおススメします。


車で行くと何が良いか?

体が楽です。

私だけかもしれませんが、試験会場から離れた場所に住んでいる人は、車で試験会場まで行ったほうが、私は楽だと思います。

これも個人差がありますので、自分に合った交通機関を使って試験会場まで行ってください。


次は、試験会場に何時ごろ行けばいいのか?

初めて受験する人は、早めに試験会場に行く人もいるかもしれません。


試験会場は、12時30分に着席します。

確か、その時間の10分ぐらい前まで、試験を受ける部屋には入れません。


何かアクシデントがあってはいけないので、早めに試験会場に行く人は、試験会場の近くの喫茶店で、教本を読んでいたほうが良いと、私は思います。

試験会場によっては、試験を受ける部屋に入れるまで、座る場所が無い場合があります。

もし、試験会場が、普段、出入りができる場所でしたら、下見はしたほうが良いと私は思います。

私は、宅建・行政書士の試験会場を、すべて下見をしました。


試験会場を下見するのは、試験会場までの行ける時間を知るためでもあります。


ある程度、時間にゆとりを持って自宅を出て試験会場に向かう人は多いと思います。

車ですと、万が一寝坊しても、とばせば何とか会場に着きます。

そのような意味でも、東京・大阪以外の人は、車で試験会場に行くことをおススメします。


あとは、普段水分をたくさんとっている人は、試験1週間前から、水分は控えめにしておきましょう。

試験の本番では、まずトイレは行けません。

本当はトイレには行けるとは思いますが、トイレに行く時間を使いますと、問題を解く時間が少なくなります。

なお、試験本番でどうしてもトイレに行きたい人は、試験官付き添いでトイレにいく事になるでしょう。


本番の試験、1週間前から注意する事は、試験開始の13時に試験を受けるリズムを作ることです。

1週間あれば、リズムは作れます。


ぜひ、私が宅建の試験前に注意した事を参考にしてください。




■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。


       

      応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 11:40トラックバック(0)
2010年07月13日

資格の勉強時間と睡眠時間。

みなさんは、行政書士・宅建の勉強をしていて、1日の勉強時間・睡眠時間はどのぐらい取っていますか?


参考までに私の受験時の1日の勉強時間は、

宅建の時は平日1時間~1時間30分を週に3~4日。休みの日は4時間でした。

行政書士の時は平日、毎日1時間30分。休みの日は8時間でした。


私の睡眠時間は、1日6時間30分以上取っていました。


人によって、いろいろな勉強の方法があるのですが、今、勉強がはかどらない人は、勉強時間を少し短くして、集中して勉強をしてみてはいかがでしょうか?


私の感覚では、勉強を1時間30分して、その後15分ぐらいは休み時間は取るべきだと思います。


試験問題の過去問を解くときは、宅建は2時間・行政書士は3時間は、問題を解かないといけません。

しかし、それ以外の勉強は私はある程度、短時間で勉強して休み時間を取り入れた場合の方法が効率が上がると思います。


あくまでも人によります。


ただ、今、自分の勉強があまりはかどっていない人は、勉強の方法を変えてみましょう。


次は、睡眠時間です。

睡眠時間は、少なくとも6時間は取りましょう。

睡眠時間を最低6時間取ることは大切です。


だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法から引用します。


脳には常に莫大な情報が入ってきますから、なるべく多くを忘れるように脳は設計されています。

大切な情報は海馬に大切な情報だと認識させる必要があります。


何か新しい知識や技法を身につけるためには、覚えたその日のうちに6時間以上眠ることが欠かせません。

睡眠時間が短い場合は、勉強した知識が海馬に捨てられてしまいます。


眠らないと海馬はどうして、知識を捨ててしまうのでしょうか?

その秘密は「夢」にあります。


夢を見ている時は海馬は活発に活動しています。

夢は一種の記憶の再生です。

つまり、海馬の情報や、大脳皮質の記憶が夢の中で再現されるのです。


もちろん、脳に存在しない現象がそこに出現することはありません。

みなさんは自分がラテン語やサンスクリット語をペラペラ話す夢を見たことがありますか。

ないでしょう。

なぜなら、脳に情報がないから、いかに夢でも再生のしようがないのです。


要するに、夢を見ることとは、脳にある情報や記憶の断片を、あれこれとつなぎ合わせて試行錯誤をする行為であるといえます。

とにかく、人は一晩の間に大量の夢を見ます。


脳は、睡眠中に様々な形で過去の記憶や情報の組み合わせの整合性を検討し、整理しているのです。

寝ないということは、海馬に情報を整える時間を与えないことになります。

整理整頓できないような情報は、海馬は不要であると判断して即座に捨ててしまいます。


つまり、寝ることは、ものごとをしっかりと覚えるうえで、とても大切な行為なのです。


大切なことは、記憶できる範囲だけを、理解できた範囲だけを確実に覚えることです。

できることだけをしっかりやって、寝てしまいましょう。

後は海馬のがんばりに期待するだけ。

これが学習の鉄則です。


引用はここまでです。


分かりやすくいえば、その日に集中して勉強し、しっかり6時間以上寝る。

これが重要です。


勉強していて、集中できなくなれば、少し休むか、勉強を止めて、しかっり睡眠をとるか、どちらかの方法を取るのが一番良いでしょう。


勉強がうまく行っていない方は、一度、自分の勉強のスタイルを見直してみましょう。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



 

      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  
Posted by takken_goukaku_ at 16:13トラックバック(20)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)