宅建試験



「宅建試験」カテゴリの記事
2012年04月13日

宅建試験で、1番点数を取る必要があるのは、宅建業法です。

宅建試験で、1番点数を取る必要があるのは、宅建業法です。

これは、宅建試験の勉強をしている人であれば、誰でも分かることです。


もし、このことが分からないのであれば、今すぐ理解しましょう。

そのために必要な事は、今までの宅建試験の過去問をみれば、簡単に分かります。


まず、宅建業法は、宅建試験で一番問題数が多いです。

それでいながら、宅建試験で一番簡単な科目です。

そのため、大変得点源となります。


もし、宅建業法を勉強をして、苦手な人がいれば、それは単純に勉強不足です。

これは、決めつけていいです。


宅建業法で苦手な部分があるとすれば、報酬額の制限です。

これが苦手な人は、基本的な報酬額の制限の計算する公式以外は、勉強をする必要が無いです。

完全に割り切って、報酬額の制限で難しい問題が出たときは、捨て問題としてもいいです。


しかし、これ以外の宅建業法の問題は、全問正解をするつもりで、勉強をしてください。

基本的には、宅建試験の宅建業法の科目は、全問正解を狙うべきです。

出題20問中20問正解を狙うべきです。


もしくは、報酬額の制限以外の出題20問中19問正解、最低18問は正解したいです。

宅建業法で、18問正解すれば、宅建試験の合格点36点の半分の点数を取ることができます。

このような事を考えれば、宅建業法をいかに攻略するかが、宅建試験に合格するポイントになるといえます。


宅建業法の勉強方法は、実に簡単な事です。

宅建の教本を読んで、宅建試験の過去問を解く。

これだけで十分です。


ただ、それでは宅建業法を完全に理解することが難しいです。

そのため、宅建業法をしっかり勉強する方法として、難易度の高い問題に宅建試験の過去問を変えて勉強をすれば合格率が高くなります。

そのような宅建試験の勉強方法は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  

Posted by takken_goukaku_ at 21:16トラックバック(0)
2012年03月11日

宅建試験の勉強は、最初は民法を勉強をしましょう。

宅建試験の勉強は、最初は民法を勉強をしましょう。

宅建試験まで、あと約7ヶ月。


これから独学で宅建試験の勉強をしても、十分合格できます。


宅建試験の勉強で一番最初に勉強する科目は、民法が一番です。

これには、明確な理由があります。


宅建試験を勉強をしている人で、民法を苦手としている人が多いからです。

私自身は、民法が好きでしたが、民法が苦手な人が多い人は、いろいろな人の意見で分かります。


宅建試験の民法は、他の法律系の資格の問題と比べて、簡単なレベルの問題ですが、初めて宅建の勉強をする人にとっては、大変難しいです。

これは、法律の問題を解くことを今までしたことが無い人が多いからです。


そのため、宅建試験の勉強を始めるときは、まずは理解するのに時間が掛かる民法の勉強から始めるべきです。

そして、宅建試験の科目で一番簡単な宅建業法の勉強は、その後にするべきです。


宅建試験の民法の勉強をするうえで、一番ポイントになるのは、いかに法律の問題を解く思考力を身に付けるかです。

これは、一番簡単な方法は、民法の問題をたくさん解くことです。

これが、民法の勉強方法の最短で理解できる勉強方法です。


民法は、教本を読んで、内容が理解できなくても、民法の問題を解いて、内容を理解すれば、自然と民法を解く思考力が身につきます。

当然のことですが、同じ問題を何回も復習をすることが、重要な事です。


宅建試験の勉強する科目で、暗記をする科目以外は、教本をしっかり読むことに重点を置くより、問題をたくさん解くことに重点を置くべきです。


ただし、宅建試験の民法の問題の中には、宅建の勉強をしていても解けない難解な問題が出ます。

そのような問題というのは、別に解けなくても合格には影響しません。

なぜなら、宅建試験の受験者のほとんどは、そのような難解な問題は解けないからです。


宅建試験は、合格点が何点と決まっているわけではありません。

そのため、宅建試験の難易度が難しければ、合格する点数も当然下がります。

逆に、宅建試験の難易度が簡単であれば、合格する点数も上がります。


ここ2年、宅建試験の合格点は、最高点の36点ですから、今年の宅建試験は、難易度が高い問題が出題されても不思議ではありません。

そのような時は、民法で確実に解ける問題は、解くことが合格への近道です。


宅建試験の民法の勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ



  
Posted by takken_goukaku_ at 22:01トラックバック(0)
2012年02月12日

宅建試験の勉強をする人は、最初は苦労する人がほとんどです。

宅建試験勉強をする人は、最初は苦労する人がほとんどです。

宅建試験の勉強をする人は、最初の3ヶ月が勝負です。


2011年度の宅建試験の合格発表があって、約2ヶ月経ちましたが、今年の宅建試験の勉強を毎日続けている人は、勉強を始めて約3ヶ月間、毎日勉強をしていれば、自然と宅建試験の勉強を毎日する習慣ができます。

逆に言えば、宅建試験の勉強をして、3ヶ月以内に辞めることが多いのが事実です。


これには、いろいろな理由がありますが、一番多いのが、宅建試験の勉強をしても、身につかないことです。

この理由は実に簡単な事です。


宅建試験の勉強をしている人の多くの人が社会人であると思います。

学生時代以来、久しぶりに勉強を始めた人が多いと思います。

そのため、勉強方法を忘れている人が多いのです。


このような事を総合しますと、久しぶりに勉強を毎日続けていますと、勉強を続けることを苦痛と感じる人が多いのです。

実際に、宅建試験の勉強をしていた頃の私がそうでした。

何が苦痛かといいますと、自分が宅建試験の勉強をしていても、その勉強している内容が頭の中に入っているか分からないのです。


この宅建試験の勉強をしている内容が、頭の中に入っているか確認する方法は、一番最適な方法として、今までの宅建試験の過去問を1年分解くことです。

しかし、実際に宅建試験の過去問を1年分解きますと、多くの人は点数が取れないのです。

これで、自分自身に対して自信を無くす人が多いのです。


これは、宅建試験を始めた人であれば、誰であっても経験をすることです。

私が、宅建試験を勉強を始めて、初めて宅建試験の過去問を1年分解いたときは、確か25~26点ぐらいしか正解できませんでした。

私はこの時、「自分が今まで宅建の勉強をしていたことが何であったのか」

このように考え自信を喪失していました。

もちろん宅建試験の勉強に対する焦りも感じていました。


しかし、現時点で、宅建試験の勉強をしていて、宅建試験の過去問を1年分解いて、20点しか取れなくても何も焦る必要がありません。


私の経験上、宅建試験の3ヶ月前までに、宅建試験の過去問を1年分解いて、25点取ることができれば、十分合格できます。

現時点での、宅建試験の勉強に対する理解力は、まったく必要が無いです。

今はただ、宅建試験の勉強を毎日続けて、宅建試験の問題を解く知識を頭の中に入れていれば、必ず合格できます。


まだ、宅建試験まで、8ヶ月以上時間があります。

初めて宅建試験の勉強をしている人は、今は宅建試験の知識が理解できなくて当たり前です。

何も心配する必要が無いです。


毎日、宅建試験の勉強を間違いの無い方法で勉強をしていれば、自然と宅建試験に合格できる実力が自分につきます。

そして、宅建試験は十分独学で合格できる試験です。


宅建試験に独学で合格できる勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてみてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 21:35トラックバック(0)
2012年01月14日

宅建試験は、独学で勉強さえすれば、誰でも合格できます。

宅建試験は、独学で勉強さえすれば、誰でも合格できます。

これは、まぎれもない事実です。


しかし、宅建試験は、勉強をしなければ、国公立大卒の人間でも不合格になります。


このような現実を理解することは必要です。


そして、宅建試験に1回以上勉強して、合格できない人は、根本的に宅建試験の勉強方法が分かっていないからです。

このようなタイプの人間であったのは、何を隠そう、私がそうでした。


私は、高卒偏差値30の人間です。

そのため、勉強は高校の時に資格の勉強をして以来、宅建試験の勉強を始めるまで約12年、まったく勉強をしていませんでした。


宅建試験の受験者の方は、このような状況の人が多いと思います。

宅建試験の勉強をするのが、学生以来、数年ぶりに勉強を始めるという人が、圧倒的に多いはずです。


そのため、勉強方法というものが、覚えていない人が多いはずです。

実際に私も、1回目の宅建試験の勉強の時は、どのような勉強方法で勉強をすればいいのか悩みました。

そのような背景もあって、1回目の宅建試験は合格点33点に対して31点しか取れずに不合格となりました。


今となっては、なぜ、私は宅建試験に不合格であったか不思議でたまりません。

その理由は、宅建試験とは、勉強をすれば誰でも、合格できる簡単な試験であるからです。


このように言い切れるのは、私は、5年前に宅建試験に合格して以来、宅建試験の勉強をしていませんが、2011年の宅建試験を解いて29点取りました。

直近で5年間、宅建試験の勉強をしていない人間が29点取れるのです。

一昨年の2010年の宅建試験を解いたときは、35点取れました。


これはすべて、宅建試験の問題を解く思考力が、私に身についているからです。

そのため、まったく勉強しなくても、宅建試験の問題をある程度は解くことができるのです。


では、宅建試験の問題を解く思考力を身に付ける勉強方法というのは、どのような勉強方法でしょうか?

今からは、働きながら宅建試験の勉強をする人を前提にお話しします。


まずは、宅建試験に合格するには、平日は、1~1時間30分、宅建試験の教法を読みます。

そして、宅建試験の教本を一通り読んでから、宅建試験の過去問を休みの日に全問解きます。

さらに、宅建試験の過去問を解いた答え合わせと解説を、問題を解いたその日に読みます。


このようなスケジュールを繰り返して、試験間近に行われる資格の専門学校の模擬試験を複数受験します。

そして、宅建試験の本番を迎えれば、まず、宅建試験に合格できます。


宅建試験に合格する勉強方法とは、このような勉強方法で十分です。


肝心な事は、毎日、宅建試験の勉強を続けることです。

これが難しいのです。


毎日、1~1時間30分、働いた後に勉強を続けるのは、意外と難しいのです。


そのように考えている人は、多いですので、時間の使い方を上手にするポイントをご紹介します。

まず、月曜日に仕事が忙しくて、30分しか宅建試験の勉強ができなかったとします。

そのような時は、火曜日と水曜日に30分ずつ、余分に宅建試験の勉強をすればいいのです。


もし、平日に、仕事が忙しくて、勉強ができなかった分の勉強ができない場合は、休みの日に、勉強ができなかった分の埋め合わせをすればいいのです。

このようにして、臨機応変に勉強時間を取れば十分宅建試験に合格できます。


参考までに、私が宅建試験に合格した時は、平日に3~4日、1~1時間30分の勉強をしていました。

そして、日曜日に宅建試験の過去問を解いていました。(時間にして4時間)

そのような勉強を宅建試験直前までして、1回だけ無料で受験できた市販されている宅建試験問題の付録の模擬試験を受験して、見事38点取りまして、宅建試験に合格しました。


宅建試験に合格することは、難しく考える必要がありません。

もし、宅建試験に合格することを難しく感じている人は、宅建試験の勉強方法が分からないだけです。

宅建試験の勉強方法は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 22:17トラックバック(0)
2011年12月22日

2011年、宅建試験の合格点は、36点でした。

2011年、宅建試験合格点は、36点でした。

これは、今年の宅建試験は、簡単な問題のレベルであったことが結果として、分かります。


去年の宅建試験も合格点は36点でした。

このような事を考えれば、2年連続で宅建試験は簡単でありました。


なぜ、2011年の宅建試験が簡単であったと言えるか?

その一番の理由は、宅建試験の合格点は、今まで最高の点数が36点であるからです。


宅建試験というのは、今までの合格点数の最高得点36点を超えることを目指して勉強します。

しかし、その最高得点36点で合格点が発表であれば、その年の宅建試験は点数をたくさん取れる問題であったということになります。

このような事を考えれば、去年の宅建試験に不合格であった人の多くは、今年の宅建試験では合格できた人が多かったはずです。


もし、去年の宅建試験を受験して、さらに今年の宅建試験を受験して、合格できなかった人は、間違いなく圧倒的な勉強不足か、勉強方法が間違っているかどちらかです。

このような事は認識する必要があります。


基本的に、今年の宅建試験に合格できなかった人は、まずは、自分の勉強方法を変えることが必要です。

簡単な今年の宅建試験に合格できなければ、それは、自分が間違っている勉強をしていることを認識しなければいけません。


そのために重要な事は、変な言い訳はしないことです。


「仕事が忙しいから、宅建試験の勉強できなかった…。」

このような人は、毎日、最低13時間以上働いているでしょうか?

私は宅建試験を受験した時は、毎日、日曜日以外は、最低13時間以上、働いていました。

それでも、週に3~4日、1~1時間30分の勉強をして、休みの日に過去問を解いて、宅建試験に合格しました。
(私は、宅建試験を受験していた時は、毎日勉強していませんでした。)


「昔から勉強ができない…。」

私は、本当に高卒偏差値30の人間です。

そのような人間でも、宅建試験は独学で勉強して合格しました。

宅建試験は、どのような人間であっても(普通の知能指数があれば)独学で合格できます。


「年を取って、物事を覚える事ができない…。」

宅建試験というのは、法令の問題以外は、基本的に暗記力をそれほど必要としない試験です。

宅建試験に合格するうえで、一番重要な事は、法律の問題を解く読解力・把握力・理解力です。

そして、問題を読んで考える力というのは、記憶力とはほとんど関係ないです。

私が宅建試験に合格した時は、32歳でした。

行政書士試験に合格した時は、34歳でした。

年齢が80歳や90歳でもない限り、宅建試験は合格できます。


私は、2011年度の宅建試験の問題を解いて、50問中29問正解でした。

しかし、2006年度の宅建試験を受験した日から、5年間、まったく宅建試験の勉強をしていません。

5年間、まったく宅建試験の勉強をしていなくても、約60%の正解率が出せます。


このような事を考えれば、宅建試験というのは、間違いない勉強をすれば、必ず合格できます。


宅建試験に合格するには、まずは、毎日、勉強を続けることです。

そして、間違いない宅建試験の勉強方法を実践することです。


宅建試験の勉強方法が分からない方は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。

私の宅建試験の勉強方法は、難易度の高い問題を解く勉強方法です。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

2011年の宅建試験を解きました。

2011年の宅建試験の合格点について

宅建試験の解答速報情報

宅建試験を受験するうえで重要な事

宅建試験の模擬試験情報  
Posted by takken_goukaku_ at 21:13トラックバック(0)
2011年11月30日

2011年の宅建試験を解きました。

2011年の宅建試験を解きました。


先日、今年の宅建試験の問題が自宅に届きましたので、解きました。


まず、前提条件としまして、私は2006年の宅建試験の合格者です。

私は、2006年の宅建試験の日から、今まで一回も宅建試験の勉強をしたことがないです。

分かりやすく言えば、5年間、宅建試験の勉強をしていない状況です。


このような前提条件を基に、今年の宅建試験を解きました。

↓今年の宅建試験の私の解いた解答
001
↑ クリックすれば拡大されます。


結果を言いますと、2011年の宅建試験を1時間7分で解いて、50問中29問正解。

う~ん、30点も点数が取れませんでした。

5年も宅建試験の勉強をしていないと、この程度の点数しか取れなくなってしまいました。


去年の宅建試験の問題を解いたときは、50問中35問正解でした。

そのことを考えれば、今年の出来は悪いです。


去年の宅建試験の合格点は、36点でした。

今年の宅建試験の合格点の予想も、資格の専門学校の分析を見ていますと、36点前後になると思います。


今年の宅建試験の問題を解いた感想は、民法の問題が比較的簡単であったことです。

そのため、今年の宅建試験の合格点の予想が上がっているのでしょう。


もし、今年の宅建試験で、自己採点をして29点以下の人がいるとすれば、その人の原因はハッキリしています。


まず、1つは、明らかな勉強不足です。

絶対的に、宅建試験の勉強量が足りません。

簡単に言えば、毎日、宅建試験の勉強をしていない証です。


宅建試験は、法律系の国家資格では、一番簡単な試験ですが、国家資格の中では難関な資格です。

合格率は15%前後です。


宅建試験をナメて勉強をしている人は、宅建試験には合格できません。

現実に、私の知人で偏差値60以上の大学や国公立大学を卒業した人間も、宅建試験に不合格した人が複数います。


宅建試験は勉強しなければ、合格できません。

しかし、宅建試験は、毎日、間違いの無い勉強をすれば合格できます。


また、宅建試験の勉強方法を、分からない人や間違っている人は、宅建試験に合格できる可能性が相当低くなります。

宅建試験の受験をする人は、学校を卒業して以来、久しぶりに勉強する人が多いので、勉強方法が分からない人や忘れている人が意外と多いです。


宅建試験に合格するには、宅建試験の過去問を難易度を上げて、たくさん解く勉強方法が一番です。

そのような勉強方法は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


宅建試験は、独学で勉強して十分合格できます。

今年の宅建試験で明らかに合格できなかった人は、これから毎日、宅建試験の勉強を続ければ、合格できます。


来年の宅建試験に向けて今日から勉強をしましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ






一緒に読みたい関連記事

2011年の宅建試験の合格点について

宅建試験の解答速報情報

宅建試験を受験するうえで重要な事

宅建試験の模擬試験情報

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ  
Posted by takken_goukaku_ at 14:21トラックバック(0)
2011年10月30日

2011年の宅建試験の合格点について

2011年の宅建試験合格点について、お話しします。


宅建試験を受験された方は、お疲れ様です。

さて、宅建試験の合格点予想ですが、いろいろな資格の専門学校が発表していますが、多少点数が割れています。


主な資格の専門学校の宅建試験の合格点予想をご紹介します。

LEC 33点±1

資格の大原 35点±1

TAC 36点±1

日建学院 35点±1


全体的に考えますと、2011年の宅建試験の合格点は、36点と考えた方がいいですね。

今まで、宅建試験の歴史上36点以上の合格点がないので、2110年と同じ36点と考えるべきですね。


このような宅建試験の合格点の高いことを考えれば、今年の宅建試験は、比較的簡単であったと思います。

しかし、このような事は今年宅建試験を受験した多くの人は、実感していないと思います。


まだ、私が今年の宅建試験の問題を手に入れていないため、どのような問題であるか分かりません。

私の手元に宅建試験の問題が届き次第、解いてみたいと思います。


基本的に、資格の専門学校の解答は、95%以上の確率で正解しますので、まず、解答が間違っていることはほとんどないです。


宅建試験の自己採点で、35点以下の人は、今から来年の宅建試験に向けて勉強した方がいいです。

もっと簡単に言えば、今年の宅建試験に36点を取れなかった時点で、きっぱりとあきらめて、来年の受験勉強をするべきです。


宅建試験の合格点の予想は、LECだけ33点±1ですが、これはLECの予想が外している可能性が高いと思います。


また、宅建試験で36点以上取っている人も、宅地建物取引主任者証を取るのであれば、まだ、来年の講習を受けるときに試験があります。

その試験は、宅建の勉強を続けていなければ、結構難しいです。


私は、平成18年度の宅建試験に合格しましたが、平成19年の宅建取引主任者証を発行してもらう講習を受けた時は、まったく勉強をしませんでした。

その結果、講習で受けた試験は大変難しく感じて、正直なところ、試験に不合格をしたと覚悟しました。

結果として、その試験には合格していましたが、冷や汗が出た試験でした。


このような事が無いように、宅建試験に合格が間違いがない方であっても、宅建取引主任者証が必要であれば、宅建試験の勉強は続けるべきです。


宅建の合格点が取れなかった人は、宅建試験は勉強をすれば、だれでも合格できる試験であることを認識するべきです。

宅建試験に合格できない人は、間違いなく勉強不足である可能性が高いです。

勉強不足が原因でなければ、宅建試験に合格する勉強方法ができていないのです。


宅建試験は、毎日、合格する勉強方法で勉強をすれば、だれでも合格できます。

実際に、高卒偏差値30の私が、2回目の試験でですが、宅建試験に合格しています。


宅建試験に合格できなかった人は、まずは、私が宅建試験に合格した勉強方法を参考にしてみてください。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

宅建試験の解答速報情報

宅建試験を受験するうえで重要な事

宅建試験の模擬試験情報

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール  
Posted by takken_goukaku_ at 21:35トラックバック(0)
2011年10月16日

宅建試験の解答速報情報

宅建試験解答速報情報をご紹介します。


宅建試験の受験者の方は、宅建試験の受験をお疲れ様です。


宅建試験の解答は、資格の専門学校のホームページで公開されています。

主な資格の専門学校の宅建試験の解答速報をご紹介します。


LEC 10月16日18:00公開予定

TAC 10月16日20:00公開予定

資格の大原 10月16日17:00公開予定


以上が、主な資格の専門学校の宅建試験の解答の速報です。


基本的に資格の専門学校の宅建試験の合格ボーダーラインは、だいたい的中します。

ただし、±1点ぐらいの誤差はありますので、その点はご理解ください。


資格の専門学校の宅建試験の解答は、95%以上の確率で正解しています。


そのような事を考えますと、上記のすべての資格の専門学校のホームページで解答を確認した方がよいです。


資格の大原が10月16日の17:00と一番公開が早いですが、まず、資格の大原のホームページの宅建試験の解答速報のページには、簡単にはアクセスできないと思ってください。

だいたい、10月16日の22:00ごろからは、資格の専門学校のホームページは空いてきますので、アクセスしやすくなります。


宅建試験を受験された方は、受験をお疲れ様です。

良い結果が出た方は、合格発表まで、楽な気持ちで待っていてください。

そうでない結果が出た方は、また来年、宅建を受験してください。


では、宅建を受験された皆さんが合格しますように、願っています。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

宅建試験を受験するうえで重要な事

宅建試験の模擬試験情報

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。  
Posted by takken_goukaku_ at 15:30トラックバック(0)
2011年10月11日

宅建試験を受験するうえで重要な事

宅建試験を受験するうえで重要な事をご紹介します。


2011年10月16日は、宅建試験の日です。

宅建試験を受験をする人は、現在、いろいろな心情を持っている人が多いと思います。


さて、宅建試験を受験するにあたって、重要な事がありますので、お伝えします。


まず、宅建試験を受験しましたら、必ず50問すべての問題に答えることです。

?????????????

このように思う方がいる人も多いはずです。


しかし、現実として、宅建試験を受験して、50問すべての問題の解答をマークシートに書いていない人が意外と多いのです。

これは、みすみす点数を取り逃していると言っても過言ではないです。

なぜなら、宅建試験の問題は選択肢が4肢のため、まったく問題が分からない場合でも、どれかの選択肢のマークシートを塗りつぶせば、正解率は確率的に25%です。


このような事を考えれば、50問すべての解答を答えることは当然のはずです。

例え、正解の選択肢を1つに絞ることができなくても、2つに絞ることができれば、どちらかの解答を答えれば正解する確率は、50%です。

このような事を考えれば、宅建試験の解答を分からなくて、マークシートを塗りつぶすことがないような問題を残してはいけません。


どのような難しい問題であっても、問題を解答すれば最低の確率で問題の正解率は25%あるのです。

このような事は認識するべきです。


次に、重要な事は、宅建試験では、他人の解答を気にしないことです。

どのような事かといいますと、宅建試験を受験すればわかりますが、他人の解答用紙が簡単に見ることができます。

具体的に言えば、他人の解答をカンニングすることは簡単にできます。


しかし、他人の解答をカンニングしても、無意味です。

その理由は、宅建試験の合格率は、平均15%です。

宅建試験の受験者の中で、6.6人に1人しか合格していません。


自分が宅建試験を受験しているときに、自分が受験しているときの周りの人は、確率的に6.6人に1人しか合格しません。

自分の周りの人の6.6人中5人以上は、宅建試験に合格できない不合格の人です。

そのため、宅建試験の受験者の平均85%以上の人の解答用紙は、不合格になる解答です。


このような事を考えれば、宅建試験で、他人の解答が目に入って、自分の解答と違っても、それを直すようなことをしてはいけません。

確率的に、宅建試験を受験している他人の解答というのは、間違っている可能性が高いと思っていいです。


宅建試験のような合格率平均15%の国家試験になりますと、このような事情から、他人の解答を見ることに対しては、試験官は寛大であり、試験の会場自体、簡単に他人の解答が見れるような状態になっています。


宅建試験に合格するのであれば、自分で解いた解答に絶対的な自信を持つことです。

間違っても、他人の解答をカンニングして、自分の解答を変えるようなことはしてはいけません。

そのような事をすれば、確率的に宅建試験に不合格になる可能性が高いです。


最後に重要な事は、シャープペンシルや鉛筆、消しゴムは、2つ以上持っていきましょう。

どのようなトラブルがあって、筆記用具が使い物にならなくなるか、分かりません。

そのような事を考えて、備えは万全にしておきましょう。


では、宅建試験の受験者の方は、10月16日の試験を万全の態勢で受験できるように、体調管理だけは十分に考えてください。

自分の生活のリズムを変えなければ、体調は万全に整えられます。


宅建試験を受験される皆さんが合格されることを、願っています。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ





一緒に読みたい関連記事

宅建試験の模擬試験情報

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。  
Posted by takken_goukaku_ at 16:49トラックバック(0)
2011年09月18日

宅建試験の模擬試験情報

宅建試験模擬試験情報をご紹介します。

宅建試験の模擬試験を受験すれば、宅建試験に合格する確率が高くなります。


宅建試験に合格したい方は、宅建試験の模擬試験を受験しましょう。


これから行われる資格の専門学校の宅建試験の模擬試験の情報は下記から、ご覧になれます。

LEC

資格の大原

TAC


自宅受験などを活用して、たくさんの宅建試験の模擬試験を受験されることをおススメします。


宅建試験の模擬試験を受けるときのポイントは、模擬試験の解答の答え合わせは、受験をした日に必ずすることです。

これは、その日に受験した試験の答えを確認することで、理解する力をつけることができます。


そして、重要な事は、必ず受験した宅建試験の模擬試験の復習をしてください。

復習は、もう一度、別の日に宅建試験の模擬試験を解くことです。

そして、宅建試験の模擬試験を解いたら、その日のうちに答え合わせをしてください。


模擬試験の答え合わせは、必ず正解している問題でも、すべての選択肢の解説を読んでください。

そのような勉強方法が、法律の問題を解く読解力・把握力・理解力を身に付けます。


宅建試験の過去問と宅建試験の模擬試験の問題を、どちらか優先して勉強をする必要があれば、必ず宅建試験の模擬試験を優先して勉強してください。

もう、宅建試験の過去問は何回も復習をして解いていますから、宅建試験までは、宅建試験の模擬試験の受験・復習などを優先して勉強をしてください。


宅建試験の本番まで、もう少しです。

これから試験まで、今まで通り毎日勉強していれば、合格できます。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ  
Posted by takken_goukaku_ at 18:46トラックバック(0)
2011年08月21日

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ

宅建試験独学勉強して合格する人のタイプをご紹介します。

宅建試験に独学で合格するには、まず必要な事は「宅建試験の勉強をしているか?」ということです。


これは、別の言い方で言いますと、宅建試験に不合格になる人は、「宅建試験の勉強をしていない人」になります。


ハッキリ言いますが、宅建試験に合格するには、頭が良いとか、勉強ができるとか、そのような事は関係ありません。


宅建試験は、誰でも、宅建試験の間違いのない勉強をすれば、独学でも十分合格します。

宅建試験は、学生・生徒時代に勉強ができなかった人でも、宅建試験の勉強する努力をしていれば、必ず合格できます。


宅建試験に独学で勉強して合格するには、間違いのない勉強で毎日勉強をすれば、間違いなく合格できます。

ただし、宅建試験に不合格になる95%以上の人は、このような事が実践できていません。


宅建試験は、法律系の国家資格では、一番簡単な試験です。

この宅建試験に合格しない人は、努力不足であるか、勉強方法が間違っているか、どちらかです。


まず、宅建試験を受験すると決めて、今まで毎日勉強をしていますか?

勉強をしている人は、それだけで、宅建試験に合格する確率がかなり高くなります。


毎日、宅建試験の勉強をしていない人は、現在の自分の宅建試験の問題を解く実力を知るべきです。

自分の宅建試験の実力を知る方法は、簡単です。

宅建試験の過去問を解くだけです。


宅建試験の過去問を解いて、30点以上取れる人は、あと約2ヵ月で十分合格できる可能性はあります。

そのような人は、宅建試験に合格をしたければ、間違いなく毎日、宅建試験の勉強をしてください。


宅建試験の受験者の70%以上の人は、宅建試験を受験しようと思ってから、毎日勉強をしていない事実があります。

実際に私も宅建試験は、毎日勉強せずに、2回目の受験で合格しました。

私は週に3~4回程度しか、宅建試験の勉強をしていませんでした。

それでも、宅建試験には合格できます。


しかし、宅建試験に間違いなく合格したいのであれば、これから毎日、宅建試験の勉強を試験前日まですることです。

くれぐれも、宅建試験に合格したければ、宅建試験の勉強ができない言い訳を作ろうとしないで下さい。

来年の受験があるなどと考えるのは、早すぎます。


絶対に、今年の宅建試験に合格する気持ちで勉強をすることが、宅建試験に合格できる源となります。


宅建試験に合格する人は、宅建試験の勉強を毎日する人です。

仕事が忙しい等の理由で毎日勉強をすることができない言い訳をする人は、宅建試験には合格できません。

私も宅建試験を受験しているときは、1日最低13~14時間は働いていました。

それでも、宅建試験に独学で勉強して合格できました。


宅建試験に合格できない言い訳を考えるぐらいであれば、まずは、毎日、宅建試験の勉強をするべきです。


今の時期には、宅建試験の勉強をしている人は、大きく2つのタイプに分かれます。

1つのタイプは、今まで毎日、宅建試験の勉強をしていて、資格の専門学校の模擬試験で自分の今の実力を試したい人。

もう1つのタイプは、自分の宅建試験の実力が分からず、何をしていいのか分からない人。


前者のタイプの人は、20%もいないでしょう。

後者のタイプが70%以上でしょう。


その明確な理由は、宅建試験の合格率は15%前後です。

前者のタイプの人は、かなりの確率で合格すると考えていいです。

しかし、後者のタイプの人も、宅建試験であれば、2ヵ月あれば、十分合格できます。

その勉強方法は、ただ、毎日勉強するだけです。

宅建試験の勉強方法は、私の独学の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ

宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。  
Posted by takken_goukaku_ at 22:10トラックバック(0)
2011年07月24日

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験に合格するには、資格の専門学校の模擬試験を受験することは、必須です。


これは、どのような人に対しても共通していることです。


資格の専門学校の模擬試験は、自分の法律の問題を解く把握力・読解力・理解力を身に付けるには、一番適している問題です。

これは、行政書士・宅建の試験に通じることです。


行政書士試験の資格の専門学校の模擬試験に出題される問題は、ほとんど本試験の行政書士試験に出題されることはないです。

しかし、行政書士試験のレベルの問題で、難易度の高い問題を作れるのは、資格の専門学校だけです。

それも、書店で市販されている問題は、簡単すぎて使い物にならないです。


あくまでも、資格の専門学校が独自に作成した模擬試験を受験する必要があります。


宅建試験の場合は、話が違います。

宅建試験の資格の専門学校の模擬試験の問題は、比較的、本試験である宅建試験に出題されやすいです。

これは、宅建試験は、過去問が多く出題されるためです。


このような事を考えれば、宅建試験に受験する人は、できる限り機会を設けて宅建試験の資格の専門学校の模擬試験を受けるべきです。

そして、資格の専門学校の模擬試験を受験するときは、いろいろな資格の専門学校の模擬試験を受験してください。

1つの資格の専門学校の模擬試験しか受けませんと、勉強して解く問題が偏ります。


行政書士・宅建の試験勉強に共通して言えることは、模擬試験の受験料をケチらないことが、合格できる可能性を高めます。


私は、宅建試験のときは、1・2回目の受験は、たった1回しか、資格の専門学校の模擬試験を受けませんでした。

それも、市販されている問題集についていた、無料で受験できる模擬試験でした。

そのような事をしても、なんとか2回目の受験で宅建試験に合格しましたが、私のような資格の模擬試験をほとんど受験せずに、宅建試験に挑むような、無謀な事はやめてください。


また、私が行政書士試験の時は、1回目の受験の時は4回、2回目の受験の時は9回、模擬試験を受験しました。

そして、2回目の受験で行政書士の試験に合格しました。


模擬試験の採点の結果ですが、宅建試験の模擬試験の点数は、そのまま自分の実力と思ってください。

例えば、宅建試験の模擬試験で、36点取れれば、本番の宅建試験でも、36点取れる可能性が高いです。

宅建試験の資格の専門学校の模擬試験で、36点取れない人は、危機感を持って勉強をしましょう。


行政書士試験の模擬試験の点数は、まったく参考になりません。

私は、行政書士試験の模擬試験で、ほとんど合格点が取れませんでしたが、実際の行政書士試験では、1回目の受験の時は178点、2回目の受験の時は216点取りました。

行政書士試験の資格の専門学校の模擬試験で点数が取れなくても、あまり気にしないで下さい。


行政書士・宅建の試験の勉強も、これからが重要です。

あとは、毎日勉強することの積み重ねです。

一日一日を大切にしましょう。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。  
Posted by takken_goukaku_ at 21:52トラックバック(0)
2011年07月07日

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験の勉強をしている人は、いろいろな思いで現在勉強をしていると思います。


まず、宅建試験を楽勝と思っている方。

このような人は、宅建試験の過去問を常に40点以上取れるような人だけです。

それ以外の方は、宅建試験を楽勝と思わないでください。

思わぬ落とし穴が待っていますよ。


次に、宅建試験を合格ラインぎりぎりと思っている方。

そのような方は、今の緊張感を持って勉強を続ければ、宅建試験に合格できる確率が高いです。

具体的には、宅建試験の過去問を35点前後、現在取れる方ですね。


そして、宅建試験の勉強を難しく感じている方。

このような方は、毎日最低1時間以上、できれば1時間30分勉強をして、休みの日に宅建試験の過去問を解いていれば、いずれ、宅建試験の勉強の難しさを感じなくなります。

大丈夫です。

肝心なことは、宅建試験の勉強を毎日続けることです。


基本的に、現在、宅建試験を簡単に感じている方や、宅建試験を合格ラインぎりぎりと思っている方は、毎日勉強していれば、宅建試験に合格する確率は高いです。

油断さえしなければ、大丈夫です。


それ以外の方は、これから宅建試験の勉強が、理解できるようになります。

これは、もちろん今まで毎日宅建試験の勉強をしてる人に限ります。


勉強というのは、毎日の積み重ねです。

初めて勉強した週のレベルを1としますと、その次の週も勉強を続けていますと、レベルが2に上がります。

そして、そのまま次の週にも続けて勉強しますとレベルが4に上がります。


このように勉強の継続というのは、勉強を続けると2乗の効果で上がっていきます。

1ヶ月、4週勉強を続けますとレベルが8になります。

2ヵ月、8週勉強を続けますとレベルが128になります。

3ヶ月、12週勉強を続けますとレベルが2048になります。

4ヶ月、16週勉強を続けてますとレベルが32768になります。


このように勉強を続けていますと、加速度的に勉強による学習能力が上がります。

ここで重要な事は、同じ教本・同じ過去問で、繰り返し復習をすることが重要です。


勉強というのは、同じ内容を繰り返し何回も復習をすれば、暗記をするぐらい勉強の内容を覚えられます。

勉強をするときに意識をすることは、勉強する知識を覚えようとしないことです。

知識を暗記しようと考えてはいけません。


勉強をするときは、問題を解く理論を解く公式を頭の中に入れるのです。

これは、数学の公式を解くのと同じ感覚です。


法律の問題を解く公式を覚えるのです。

この公式を覚える事は、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力を高めることです。


そのためには、宅建試験問題の過去問を難易度の高い問題に変えて、たくさん問題を解いて復習することが必要です。

このような勉強方法を続けていれば、自然と法律に対する把握力・読解力・理解力が高くなります。


これから、宅建試験の勉強をするときは、このような事を認識して勉強することが必要です。


宅建試験は、毎日勉強さえすれば、勉強方法さえ間違っていなければ、誰でも合格できます。

宅建試験に合格できない人は、高学歴で宅建試験が簡単となめていて勉強をしない人が多いです。

そのような人がたくさん宅建試験を不合格になっています。


また、宅建試験の勉強方法が間違っている人も宅建試験には合格できません。


宅建試験に合格するには、毎日勉強を続けて、間違いのない勉強をすることです。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ







一緒に読みたい関連記事

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ

宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法

宅建試験の法令上の制限の合格できる勉強方法。  
Posted by takken_goukaku_ at 20:20トラックバック(0)
2011年06月12日

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。

宅建試験は、現在、宅建の過去問を50問中25点しか取れない人でも、十分合格できます。


宅建試験まで、あと約4ヶ月です。

しかし、宅建試験の場合は、まだ4ヶ月もあると考えてください。


現在、宅建試験勉強をしていて、自分が考えているより、勉強がはかどっていない方は、安心してください。

少なくとも、今から3ヶ月前から宅建試験勉強をしている人は、これから、自分の実力が伸びます。


これは間違いないことです。

ただし、このようなケースは、初めて宅建試験勉強をする人が当てはまります。

1回以上宅建試験の受験経験がある人は別です。


もし、1回以上宅建試験の受験経験がある人で、現在、宅建試験の過去問50問を解いて、25問程度しか解けないようでしたら、原因は2つあります。

1つは、宅建試験勉強を真剣にしてない。

もう1つは、宅建試験勉強方法が間違っている。


以上のような原因が考えられます。


宅建試験勉強を真剣にしていない人は以下のような人です。

・毎日、宅建の勉強をしていない。

・休みの日に、宅建試験の過去問を解いていない。

この2つが大きな原因です。


毎日、宅建の勉強をしていない人で、現在、宅建試験の過去問を解いて25点程度しか取れない人は、今年の宅建で不合格になる可能性が高いです。

あくまでも、宅建の受験経験が1回以上ある人の話です。

毎日、15分でもいいから宅建の試験勉強をしましょう。

そして、休みの日に、平日にできなかった宅建勉強の穴埋めをしましょう。


このような意識で宅建試験勉強をしなければ、宅建試験には合格できません。


休みの日に宅建試験の過去問を解いてない人は、必ず休みの日に宅建試験の過去問を解きましょう。

宅建試験は、過去問の問題を解けば、十分合格できます。

宅建試験の過去問は、問題を解く時間は2時間、答え合わせに2時間、合計4時間と勉強する時間を考えていれば十分です。


もし、真剣に今年の宅建の試験に合格したいのであれば、1日で宅建試験の過去問を2年分解くことをおススメします。

このような訓練をすれば、慣れてくれば、本番の宅建試験が楽です。


さて、宅建試験の勉強方法が間違えていることが原因の人で、一番多い間違いの勉強方法が、簡単な問題を解くことです。

例えば、宅建問題の一問一答などの問題集を勉強をすることです。

ハッキリ言います。

そのような問題集を勉強をするのは時間のムダです。


宅建は、他の法律系の国家資格の試験と比べて問題が簡単ですので、最初から宅建試験の過去問を1年分解きましょう。

宅建試験の過去問を1年分解くのは、休みの日が一番いいです。

休みの日であれば、時間を気にせずに、宅建試験の過去問を解けます。

平日の場合は、働いている人は、勉強をする時間が限られています。


宅建試験まで、約4ヶ月です。

これからは、宅建試験に合格することを最優先に考えて、生活しましょう。


ただ、宅建試験の場合は、平日に1時間30分、休日に4時間、勉強すれば合格できます。

勉強する時間さえ、しっかりしていれば、テレビを見たり、遊びに行ったりしても大丈夫です。

肝心なことは、勉強する時間をいかに自分の生活に取り入れて、毎日、勉強を続けるかです。

これさえできれば、宅建試験に合格できます。


隙間時間を見つけて、トータルで平日に1時間30分勉強しても構いません。

本当は、一気に1日1時間30分、休憩時間なしに勉強するのがベストですが…。


これは、各個人の生活のリズムや個人の勉強方法がありますので、自分に合った勉強方法のリズムを作ってください。

そして、その毎日の勉強するリズムを変えずに、毎日持続することです。

このような考え方が、宅建試験に合格できる勉強方法の考え方となります。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ

宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法

宅建試験の法令上の制限の合格できる勉強方法。

宅建試験の宅建業法の合格できる勉強方法。  
Posted by takken_goukaku_ at 21:56トラックバック(0)
2011年05月16日

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法についてお話しします。


宅建試験といいますと、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

「宅建の試験は、簡単だ。」

「宅建の試験は、独学ではなかなか受からない。」

「宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かる。」

「宅建の試験は、働きながら勉強して合格するのは、難しい。」

いろいろな宅建試験のイメージを持っている人はいます。


「宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かる。」

このようなイメージを持っている人が存在するとします。


宅建の試験を普通に勉強して3ヶ月で合格できると考えている人は、今から15年~20年前の宅建の試験のイメージで考えている人です。

実際に、今から15年~20年前の宅建の試験問題をご覧になってください。

実に簡単です。

本当に、ものすごく基本的な問題しか出題されていません。

それでも、宅建試験の合格率は、それほど変わっていません。

そのうえ、宅建試験の合格点のボーダーラインの点数も、それほど変わりないです。


宅建に限らず、いろいろな国家試験は、年々試験の難易度が難しくなっています。

そのような宅建試験の問題の難易度に対応するためにも、最低6ヶ月前から、毎日、宅建試験の勉強をするべきです。


もし、宅建試験を3ヶ月で合格する方法があるとすれば、毎日、8時間以上勉強をすることです。

このような勉強方法で、宅建試験の勉強をすれば、合格できるかもしれません。


しかし、普通に働いている人が、宅建の試験勉強をするのであれば、毎日勉強をすることです。

宅建に合格するためには、1日、1時間30分勉強をすれば十分です。

肝心なことは、休みの日に宅建試験の過去問を解くことです。

そして、宅建試験の過去問を解いたことを必ず復習することです。


宅建試験に合格するには、毎日の勉強をする心構えが必要です。


たとえ、現実として、宅建試験に3ヶ月で合格した人がいたとしても、そのような人は相手にしてはいけません。

そのような人は、勉強の天才です。


司法試験や東京大学に、1日3時間程度の勉強で合格する勉強の化け物です。

そのような人の勉強方法は、私達一般人には、参考になりません。


現実にそのような勉強の天才はいるのです。

私は、実際に会ったことがないですが…。


世の中の勉強本のほとんどは、そのような勉強の天才が著者である勉強方法の本がほとんどです。

そのような勉強の天才の勉強方法を、参考にしても時間の無駄です。


宅建試験に合格するうえで、一番重要なことは日々の努力です。

宅建試験は、毎日、勉強をすれば、誰でも独学で合格します。


しかし、宅建試験は、法律系の国家資格では一番簡単ですから、簡単に合格できるというイメージが先行しています。

そのため、国公立大学に現役で合格した人が、あまり宅建試験の勉強を真剣にしないで、不合格になる人が多いです。


これが、宅建試験の合格率15%前後の現実です。

宅建試験は、なめている人間は、不合格になる可能性が高くなります。

宅建試験は、間違い無い努力している人間には、合格という結果が出ます。


このような宅建試験の現実を理解することが大切です。

宅建試験の勉強方法が分からない人は、私の勉強方法を参考にしてください。

私の宅建試験の勉強方法は、名付けて「新司法試験方式」です。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事


宅建試験の宅建業法の合格できる勉強方法。


宅建試験の民法(権利関係)の合格できる勉強方法。
  
Posted by takken_goukaku_ at 21:24トラックバック(0)
2011年03月27日

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法についてお話しします。


宅建試験といいますと、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

「宅建の試験は、簡単だ。」

「宅建の試験は、独学ではなかなか受からない。」

「宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かる。」

「宅建の試験は、働きながら勉強して合格するのは、難しい。」

いろいろな宅建試験のイメージを持っている人はいます。


まず、「宅建の試験は、簡単だ。」

このようにイメージをしている方は、まず、宅建の試験勉強をした事が無い人が多いです。

分かりやすく言えば、宅建の試験のことがまったく分かっていない人が、戯言を言っていると言っていいでしょう。


確かに、宅建の試験は、国家資格の法律系の中では、一番簡単な試験です。

しかし、それはあくまでも国家資格の法律系の資格のレベルで考えれば、簡単なだけです。


私は、行政書士・宅建の合格者ですが、行政書士の試験は宅建の5倍難しいです。

確かに、行政書士試験に合格した私から見れば、宅建の試験は簡単に思います。


しかし、宅建の試験を簡単といっているほとんどの人は、宅建の試験を受験をした事が無い人の戯言です。

そのような人間の戯言を真に受けるのは辞めましょう。


ここで、ある実際に有った実例を出します。

私の友人で、名古屋大学の工学部の大学院を卒業した人間がいます。

彼は、世間一般的に言えば、大変勉強のできる人間です。

旧制六大学の1つである、名古屋大学に現役で合格しています。

そのうえ、大学院まで行っている人間です。


そんな彼が、運転免許の学科の試験で不合格になりました。


このブログの読者で、運転免許の学科の試験で不合格になった人は、何人いるでしょうか?

私の推測では、10%もいないと思います。


運転免許の試験の合格率は、だいたい80%以上でしょう。(インターネットの調査と私の推測です。)

そのような簡単な試験に、名古屋大学に合格している人間が不合格になりました。


なぜ、彼は運転免許に不合格になったのか?

本人は、ハッキリこのように言っています。

「あまり、運転免許の試験の勉強をしなかった…。」


なぜ、彼は、運転免許の学科試験の勉強をしなかったのか?

その理由は、本人曰く「運転免許は、みんなが簡単と言うから、勉強をしなくても合格できると思った。」


宅建試験と運転免許の学科の試験には、ある共通点があります。

それは、学校で勉強する内容の知識は、一切試験には出題されないことです。

そのため、学校の勉強ができる人であっても、宅建試験や運転免許の学科の試験は、勉強しないと合格できません。

この点を、宅建試験を勉強をしている人は、認識する必要があります。


宅建試験に合格して、宅建は簡単だったという人は、あくまでも結果論にすぎません。

それまでの宅建試験に向けての勉強を十分にしているから、宅建試験が簡単だと感じたのです。


宅建試験に合格するには、毎日勉強を続ける努力が必要です。

宅建試験に合格できる人は、勉強の努力をする才能のある人です。


宅建試験は、簡単とナメていると、不合格になる可能性が高い試験です。

宅建試験は、試験日まで宅建試験に合格することだけを考えることができる人だけ、合格できる資格が得られます。


宅建試験の受験者で、国立大学卒の人間でも、相当不合格になっています。

その理由は、「宅建をナメていて、勉強不足。」

これが一番の原因です。


宅建試験は、勉強量と比例して、合格率が高くなる試験です。

宅建試験で独学で勉強をする場合は、毎日の勉強時間のコントロールが大事です。


宅建試験の独学の勉強時間は、1日の勉強時間で考えるのではなく、1週間のトータルの勉強時間で考えましょう。

そうすれば、ある日、あまり勉強できなくても、その埋め合わせを、休みの日に少し多く勉強すれば大丈夫です。


宅建試験は、自分の目標の真剣度が試される試験と考えましょう。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 21:22トラックバック(0)
2010年12月11日

今年の宅建の合格発表の結果を確認しての感想。

先日、平成22年の宅建試験の合格発表がありました。

今年、宅建を受験された方は、もちろんご存知だとは思いますが、合格点は、36点でした。


この宅建の合格点が36点というのは、1981年以降、ここ30年間で今回の試験を含めて2回しかない、最も高い合格点です。

これは、どのようなことを意味するのか?

結論は簡単です。

今年の宅建の試験は、ここ30年間で、1~2位を争うほどのやさしい試験でした。

このような事が言えます。


現実問題として考えます。


私は今年の宅建試験の問題を解きました。

私は、宅建試験の勉強を4年間していません。

それでも、35点取ることができました。

こちらから私の今年の宅建試験を解いた解答が分かります。

宅建の試験勉強を4年間していない人間が、35点も取ることができる。

これは、今年の宅建試験がものすごく簡単だった明確な立証になります。


それでも、合格率は15.2%です。

宅建の受験者の6.6人に1人しか合格していません。


では、宅建の試験に合格する人は、どのような人でしょうか?

まず、宅建試験問題で、36点以上取ることができる人です。

正解率で言えば、約70%です。

このような条件に当てはまる人は、間違いなく合格できます。


別の言い方で言えば、50問中14問まで、宅建の試験問題を間違えて解答ができる人が宅建の試験に合格できます。

誤答率で言えば、約30パーセントです。


このような事をよく考えれば、宅建は難しい試験ではないです。

十分独学で勉強すれば合格できます。


実際に私も2回目の受験で宅建試験には独学で合格しました。


では、逆に宅建に合格できない人は、どのような人でしょうか?

これも簡単に結論が出ます。

まず、毎日勉強をしていない。

これは、宅建という試験をある意味なめている証拠です。


宅建の試験は確かに簡単です。

しかし、この簡単という意味は、司法試験・不動産鑑定士・公認会計士・弁理士などの論文の試験がある国家資格と比べての話です。

他の国家資格の試験と比べれば、難しいです。

このあたりのことを勘違いしている人が多いです。


私は、宅建の試験は毎日勉強しなくても合格しましたが、基本的には、宅建の試験は、毎日勉強しないと合格するのが難しいです。

ここで注意したい事は、毎日勉強をするという意味は、毎日勉強を持続させるという意味です。


例えば、今日は、仕事が忙しくて30分しか勉強できないけど、明日は1時間30分勉強して、休みの日に仕事が忙しくて勉強が出来なかった分の勉強をしよう。

このような考えで宅建の勉強をすればいいのです。


なぜ、私が繰り返し、毎日勉強をする事が大事と言っているのか?

その理由は、世の中の宅建の試験勉強をしている70%の人間は、毎日勉強をしていないからです。

断言できます。

今から、一年間、毎日、来年の宅建の試験まで勉強をすれば、勉強方法を間違えなければ独学で合格できます。


そこで重要なのが、勉強方法ですね。

今まで、宅建を受験して合格できなかった人は、まず、自分の宅建の勉強方法を変えるべきです。

特に、今年の宅建に合格できなかった人は、絶対に今までの勉強方法で勉強をしないで下さい。


その理由は、宅建の勉強を4年間していなかった私が、今年の宅建試験問題を解いて35点も取りました。

そのような簡単な試験を合格できないような勉強方法は、宅建に合格できない勉強方法であることを立証しています。


もう一度言いますよ。

私は宅建の勉強を4年もしていなくて、今年の宅建試験問題を解いて35点取れたのですよ。

私は、宅建の基本的な勉強内容は大分忘れていますよ。

それでも、35点取れました。


今年の宅建の試験で合格できなかった人は、根本的に宅建の勉強方法が間違っています。


簡単に宅建の合格できる勉強方法を説明します。

まず、最初に宅建の教本を読みましょう。


2010年版 らくらく宅建塾2010年版 らくらく宅建塾
著者:佐藤 孝
週刊住宅新聞社(2009-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この教本を読むことを、予習とします。

そのように定義してください。


そして一通り、ぜんぶ教本を読みましたら、肝心な勉強の宅建試験の過去問を解きます。

パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)
パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)
住宅新報社(2009-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


休みの日に、宅建試験の過去問を1年分50問解いてください。

過去問を解きましたら、すぐに解答・解説を読んで答え合せをしてください。


あとは、平日に教本を読んで、休みの日に宅建の過去問を解く、そして、今まで宅建の過去問を解いた復習をする。

このような形で勉強をすれば、まず来年の宅建試験に合格できます。


簡単に宅建の試験の勉強方法を説明しました。


くわしく宅建を独学で合格できる勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


宅建は十分独学で合格できます。

今年の宅建の試験で合格できなかった人は、まず、自分自身を変えましょう。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




  
Posted by takken_goukaku_ at 11:52トラックバック(0)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)