受験



「受験」カテゴリの記事
2011年10月11日

宅建試験を受験するうえで重要な事

宅建試験を受験するうえで重要な事をご紹介します。


2011年10月16日は、宅建試験の日です。

宅建試験を受験をする人は、現在、いろいろな心情を持っている人が多いと思います。


さて、宅建試験を受験するにあたって、重要な事がありますので、お伝えします。


まず、宅建試験を受験しましたら、必ず50問すべての問題に答えることです。

?????????????

このように思う方がいる人も多いはずです。


しかし、現実として、宅建試験を受験して、50問すべての問題の解答をマークシートに書いていない人が意外と多いのです。

これは、みすみす点数を取り逃していると言っても過言ではないです。

なぜなら、宅建試験の問題は選択肢が4肢のため、まったく問題が分からない場合でも、どれかの選択肢のマークシートを塗りつぶせば、正解率は確率的に25%です。


このような事を考えれば、50問すべての解答を答えることは当然のはずです。

例え、正解の選択肢を1つに絞ることができなくても、2つに絞ることができれば、どちらかの解答を答えれば正解する確率は、50%です。

このような事を考えれば、宅建試験の解答を分からなくて、マークシートを塗りつぶすことがないような問題を残してはいけません。


どのような難しい問題であっても、問題を解答すれば最低の確率で問題の正解率は25%あるのです。

このような事は認識するべきです。


次に、重要な事は、宅建試験では、他人の解答を気にしないことです。

どのような事かといいますと、宅建試験を受験すればわかりますが、他人の解答用紙が簡単に見ることができます。

具体的に言えば、他人の解答をカンニングすることは簡単にできます。


しかし、他人の解答をカンニングしても、無意味です。

その理由は、宅建試験の合格率は、平均15%です。

宅建試験の受験者の中で、6.6人に1人しか合格していません。


自分が宅建試験を受験しているときに、自分が受験しているときの周りの人は、確率的に6.6人に1人しか合格しません。

自分の周りの人の6.6人中5人以上は、宅建試験に合格できない不合格の人です。

そのため、宅建試験の受験者の平均85%以上の人の解答用紙は、不合格になる解答です。


このような事を考えれば、宅建試験で、他人の解答が目に入って、自分の解答と違っても、それを直すようなことをしてはいけません。

確率的に、宅建試験を受験している他人の解答というのは、間違っている可能性が高いと思っていいです。


宅建試験のような合格率平均15%の国家試験になりますと、このような事情から、他人の解答を見ることに対しては、試験官は寛大であり、試験の会場自体、簡単に他人の解答が見れるような状態になっています。


宅建試験に合格するのであれば、自分で解いた解答に絶対的な自信を持つことです。

間違っても、他人の解答をカンニングして、自分の解答を変えるようなことはしてはいけません。

そのような事をすれば、確率的に宅建試験に不合格になる可能性が高いです。


最後に重要な事は、シャープペンシルや鉛筆、消しゴムは、2つ以上持っていきましょう。

どのようなトラブルがあって、筆記用具が使い物にならなくなるか、分かりません。

そのような事を考えて、備えは万全にしておきましょう。


では、宅建試験の受験者の方は、10月16日の試験を万全の態勢で受験できるように、体調管理だけは十分に考えてください。

自分の生活のリズムを変えなければ、体調は万全に整えられます。


宅建試験を受験される皆さんが合格されることを、願っています。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ





一緒に読みたい関連記事

宅建試験の模擬試験情報

宅建試験に独学で勉強して合格する人のタイプ

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。  

Posted by takken_goukaku_ at 16:49トラックバック(0)
2010年06月11日

行政書士・宅建の試験勉強をしていた頃の、合格した年の今の時期の私の勉教状況。

行政書士・宅建の試験を、今年受験されるみなさん、勉強は、はかどっていますか?

宅建の試験まで、約4ヶ月。

行政書士の試験まで、約5ヶ月。

今、みなさんはどのような勉強をされているでしょうか?


私は、2回目の受験で行政書士・宅建に合格しました。


宅建の2回目の受験の時は、今の時期は遊んでいました。

宅建の勉強をほとんどしていませんでした。


1週間に1日、2010年版 らくらく宅建塾を読む程度でした。

過去問等は一切勉強していませんでした。


その理由ですが、この年の3月頃にはパーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉の宅建の試験の過去問を解けば、必ず合格点のボーダーライン以上の点数を取ることができました。

その勉強のレベルはGWまで続き、私は「もう、今年の宅建の合格は間違いないな。」と思いました。


それで、私は宅建の勉強を真剣にするのを止めてしまいました。

この時期は、本当に勉強をせずに、遊び呆けていました。


このことが、後になって大変な思いをすることになるのですが…。


この年の8月、もうそろそろ宅建の勉強を始めたほうがいいなと思い、まずパーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉の宅建の試験の過去問を解きました。

結果は、31~32点程度しか取ることができませんでした。


このとき、能天気な私は「たまたま、点数が取れなかっただけだ。」と思い、他の年の宅建の試験の過去問を解いてみました。

結果は、また31~32点程度しか点数が取れません。


そこで私は、「自分の宅建の実力が、かなり落ちている」という現実に気づきました。

それからは、毎日は2010年版 らくらく宅建塾を読みました。

休みの日には、パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉の宅建の試験問題の過去問を解きました。


自分のかなり落ちている宅建の実力を取り戻すのに、必死でした。

お盆休みは、宅建の勉強漬けの日々でした。


その結果、9月に行われた、市販されている宅建の模擬試験に特典でついていた公開模擬試験では、38点を取ることができました。

何とか一ヵ月半で、宅建に合格できる実力を取り戻すことはできました。

最終的には、その年の宅建の試験で、自己採点で38点を取りまして合格しました。


次は、行政書士の2回目の受験の今の時期の勉教状況をお話します。


行政書士の2回目の受験の時は、まじめに毎日勉強していました。

平日は、1~1時間30分教本を読んでいました。

もう、今の時期に教本の復習は5回目を行っていました科目もあります。

休みの日は、司法書士の民法・旧司法試験の憲法・新司法試験の憲法・行政法の過去問を解いていました。


今の時期に、司法書士の民法の過去問は、復習は4回目を行っていました。

新司法試験の憲法の過去問は、復習4回目は終わっていました。

新司法試験の行政法の過去問は、復習は3回に入っていました。

旧司法試験の憲法の過去問は、復習は1回目を行っていました。


その前の年の行政書士の1回目の受験の時に、LECの模擬試験を4回受けていましたが、その模擬試験の問題を全て復習していました。


全ての勉強は、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強の計画を立てていました。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



40字記述式の問題集を、音読で解答を記憶することを始めました。

▼こちらから、私の40字記述式の対策が分かります。
http://gyouseisyoshi-takken.doorblog.jp/archives/51454016.html


宅建の1回目、2回目、行政書士の1回目の勉強の時と比べて、格段と勉強に対する取り組みが違いました。


結果として、行政書士の試験に216点取りまして、合格しました。


行政書士・宅建の2回目の受験を振り返りますと、


宅建の2回目の受験の今の時期は、

・GWまでに既に合格点を取れる実力がついていたので、もう合格した気分でいたので、勉強をしないで遊んでいた。

ということになります。


結局、勉強を継続してしたくはなかったんですね。

たとえ、試験の本番前に合格点を十分取れる実力がついても、それを持続させるには、日々勉強に対する努力をしないといけません。

勉強に対する努力をしなければ、すぐに勉強の実力が落ちます。


そのことを、身を通じて感じました。

そして、一度勉強の実力が落ちますと、前の実力を取り戻すのは、結構大変です。

私は、相当必死になって勉強をして、やっと取り戻すことができました。

今の私から考えますと、この当時の私は、勉強に対して考え方が大変甘かったです。


私は、「毎日15分でも勉強を続けることが大切です」と言い続けていますが、この時の経験から言っています。

本当に、毎日の積み重ねが大切であることが、このときの経験でよく分かりました。


宅建の2回目の受験の時は、「合格するに決まっている」という、自惚れがありました。


行政書士の2回目の受験の今の時期は、


・毎日勉強していた。

・全ての勉強は、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強の計画を立ていた。

・勉強の計画をカレンダーに書いて、分かりやすく目に付くようにしていた。

・難易度の高い勉強をしていた。


ということになります。


この行政書士の2回目の受験の時は、勉強に対する取り組みが違いました。


自分で言うのもなんですが、宅建・行政書士の1回目の受験の私と別人でした。

とにかく、

・ムダなことはしない。

・自分に妥協しない。

・常に先のことを考えて行動する。


私の人生で、これほど勉強に対して真剣に取り組んだのは、初めてでした。

宅建の1回目の受験から比べると、勉強に対する取り組み・考え方は、別人です。


結局、最終的な違いは、「行政書士の試験に合格したい」という気持ちが強かったことだと思います。


今の時期、行政書士・宅建の受験者に、一番気持ちの緩みが出やすい時期だと思います。


本番の試験まで、「まだ時間がある」と思うか、「もう時間がない」と思うかは、今までその人の勉強に対する取り組みによって違うと思います。

ただ、みなさんは心残りがないように、日々の勉強に取り組んでください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 16:49トラックバック(20)
2010年06月05日

行政書士・宅建の試験勉強をしていた頃の、今の時期の私の勉教状況。

行政書士・宅建の試験を、今年受験されるみなさん、勉強は、はかどっていますか?

宅建の試験まで、約4ヶ月。

行政書士の試験まで、約5ヶ月。

今、みなさんはどのような勉強をされているでしょうか?


私は、宅建の1回目の受験のときは、今の時期は平日に3~4日は、2010年版 らくらく宅建塾を読んでいました。

そして、休みの日は2010年版 らくらく宅建塾を読みながらマインド・マップを書いていました。


今、その時のことを振り返ってみますと、実にムダなことをして、ふざけた勉強態度でした。

まず、毎日勉強していない。

完全に、勉強に対する意識がたるんでました。

もともと、私はブログのタイトルどおり「高卒、偏差値30」の人間です。

勉強ができません。


そんな人間が、金儲けのために宅建の勉強を始めたのです。

10数年ぶりの勉強は、正直苦痛に感じました。


まず、「勉強のやり方が分からない。」

どのようにして、教本の内容を理解して、宅建の合格レベルまで、自分の宅建の知識のレベルを高めるか?

このことに、苦労していました。


そのため、いかに効率よく勉強しようか、いろいろ調べ「フォトリーディング」という速読を知りました。

この年の5月に「フォトリーディング」の講習を受け、「マインド・マップ」の存在を知りました。


この「マインド・マップ」、レオナルド・ダ・ヴィンチ、エジソン、アインシュタイン、ピカソ等、いわゆる天才という人たちが共通して取っていたノートの作成方法という触れ込みでした。

私は、その話を「フォトリーディング」の講習で知り、すぐに宅建の勉強に活用しました。

これが、宅建の1回目の受験勉強の大きな間違いでした。


今の時期、一生懸命休みの日は2010年版 らくらく宅建塾を読みながら、「マインド・マップ」を作成していました。

この「マインド・マップ」の作成は、とにかく時間がかかる。

たった40ページ程度の内容を「マインド・マップ」で作成すると、6時間ぐらいはかかります。

そして、「マインド・マップ」に書いた内容を、私は覚える事ができなかったです。


今、私が思うことは、行政書士・宅建等のほとんど択一式の問題の試験は、「ノート」を作成すること自体ムダです。

この時は、私は1日13~14時間、月曜日から土曜日まで働いていたので、とにかく効率的に勉強をすることしか考えていませんでした。


そして、もっと致命的なことが、宅建の過去問をまったく解いてない。

これは、最大の私の宅建の1回目の勉教方法の間違いでした。


このような理由で、結果的には、宅建の1回目の勉強は、まったく見当違いのムダな勉教方法で、勉強をし不合格になりました。


次は、行政書士の1回目の受験の今の時期のお話をします。


行政書士の1回目の受験の時は、今の時期は平日はらくらく行政書士 講義そのまんま。を読んでいました。

そして、休みの日にはらくらく行政書士の過去問〈2010年版〉
らくらく行政書士の実戦予想問題集+模試〈2009年版〉を解いていました。

無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強の計画を立てていました。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



もちろん、このときは「ノートの作成」などというムダなことは一切しておりません。

そして、まじめに毎日勉強していました。


ただ、行政書士の試験は、初めてということで、勉強の教本・過去問選びに苦労しました。

今の私が考えますと、市販されているほとんどの行政書士の教本・過去問・問題集は、使い物にならないのです。

今の行政書士の試験のレベル・出題傾向にあった教本・過去問・問題集は、ほとんどありません。


その中で、私はあくまで行政書士の基礎力をつけるに適している教本としてはらくらく行政書士 講義そのまんま。を紹介しています。

同じ理由で、らくらく行政書士の過去問らくらく行政書士の実戦予想問題集+模試〈2009年版〉も紹介しています。


ただ、今、紹介した教本・過去問・問題集を勉強しても、行政書士の合格点ぎりぎりの点数しか取れません。


行政書士の試験の本番前に、LECの模試を4回受験しましたが、合格点より上の点数は1回も取ることができなかったです。

一度だけ模試で、178点を取りました。


実際、私は行政書士の1回もの受験の点数は合格点180点に対して178点でした。

合格点に2点足りなかったです。


結局、行政書士の試験も「行政書士の勉強方法が分からなかった」という結論に、結果的にはなりました。


ただ、資格の専門学校で、常に合格点180点以上取れないと行政書士の試験に合格できないというわけではないです。


私は、行政書士の試験に2回目の受験で合格しました。

行政書士の2回目の受験の時は、TAC・資格の大原の模試を合計9回受けました。

9回の模試のうち、合格点180点以上を取ることができたのは2~4回ぐらいだと思います。

はっきりとは覚えていませんが、9回の模試のうち合格点を取ることができたのは、50%以下です。

それでも、行政書士の試験には216点取り合格できました。


資格の専門学校の模試は、行政書士の試験の場合は、あくまで参考程度に考えたほうが良いでしょう。


私の場合、結論として、宅建の1回目の受験の今の時期は、


・勉強する方法が間違っていた。

・勉強をする気持ちがたるんでいた。

・ムダなことをしていた。

ということになります。


行政書士の1回目の受験の今の時期は、


・行政書士の今のレベルに対応できる勉強をしていなかった。

・簡単な問題ばかり解いていた。

ということになります。


私は、この行政書士・宅建の1回目の受験の失敗を踏まえて、2回目の受験の時は、勉強方法・勉強の取り組み方を変えました。


そのお話は、また別の機会にお話したいと思います。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 16:47トラックバック(20)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)