勉強



「勉強」カテゴリの記事
2012年06月02日

宅建試験の模擬試験を0円で受験できます。

宅建試験模擬試験を0円で受験できます。

宅建試験に合格するうえで、資格の専門学校の模擬試験を受ける事は、必須です。

その模擬試験を0円で受ける事ができます。


この0円模擬試験は、8月中旬にLECで行われます。

0円模擬試験の内容はこちらから、分かります。


模擬試験を0円で受ける事ができる機会はありません。

0円と言いましても、内容はしっかりしています。


この8月中旬時点での自分の宅建試験の知識のレベルを知るうえで、ぜひ、受験をしてください。


だいたい、私の経験では、8月中旬で、宅建試験50問中25問以上正解できていれば、宅建試験に合格できます。

そのため、この0円模擬試験を受験して、点数が悪くても、それほど気にする必要がないです。


宅建試験は、本番の試験2ヶ月前から、それまで毎日勉強をしていた知識が、自分の身に付き始めます。

このような認識で、勉強をしていれば大丈夫です。


今の6月という時期は、一番中だるみがしやすい時期です。

実際に、私は、2回目の宅建の受験の時は、GW~8月中旬まで、宅建試験の勉強をしませんでした。


その一番の理由は、GW前には、宅建試験の過去問を解いても、合格点が必ず取れたからです。

しかし、その後、約3ヶ月勉強しませんでしたが、すぐに、自分が勉強した知識を3か月後には忘れていました。

そのため、8月中旬から勉強を再開して、宅建試験に合格するレベルまで、自分の知識を持っていくのは大変でした。


最終的には、その年に宅建試験は合格できましたが、GW~8月中旬まで、勉強をしなかったのは、大失敗でした。


今年、宅建試験を受験される方は、今の時期に中だるみをしないように気をつけましょう。





こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            





■東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?


偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、

大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。


東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます


この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい

素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。



東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます。


    
     
        応援クリックをお願いします。

                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  

Posted by takken_goukaku_ at 21:08トラックバック(0)
2012年04月02日

行政書士・宅建試験の勉強は、基本的には暗記は必要でないです。

行政書士宅建試験の勉強は、基本的には暗記は必要でないです。

このような事を早く気付くことが、合格できる近道です。


行政書士・宅建試験で、暗記をするのは、宅建試験の教本であるらくらく宅建の「楽勝ゴロ合わせ」と法令上の制限の部分だけです。

行政書士試験の勉強では、暗記をする必要はないです。


しかし、自分の頭の中で覚える事が必要な事があります。

それは、法律の問題を解く方法です。

このような事は、法律の問題に関する読解力・把握力・理解力が必要であります。


では、そのような能力を身に付けるには、どうすればいいのか?

これは、難易度の高い問題を何回も復習をして解けば、自然と身につきます。

そのような勉強方法をしていれば、自然と法律問題を解く方法が自分の頭の中で覚えられます。


このような勉強方法は、スポーツの練習と同じです。

野球では、投手が投げた球を打つことで、自分のバッテイング技術を高めます。

そのためには、多くの基本的な素振りの回数が必要となります。


基本的な法律の問題を解く知識を身に付けるには、教本を何回も読むことです。

そして、教本を何回も復習することです。

そのためには、教本を読んでいるときにノートを作成するのは、大変無駄です。


教本を読んでノートを作成する勉強方法は、行政書士・宅建試験には必要が無いことです。

なぜなら、行政書士・宅建試験には、行政書士試験の40字記述式問題以外は、文章で答える解答が無いからです。


行政書士・宅建試験の問題を解答するときは、基本的に答えが書いてある選択肢を選ぶ解答方式です。

そのため、答えが問題用紙に載っています。

ワザワザ、自分の頭で解答を考えて、文章で書きだす必要が無いのです。


このような事から、行政書士・宅建試験の勉強で、教本を読むときには、だいたいの知識が頭の中に入っていればいいのです。

そして、人間の頭というのは、教本を読めば、自分の潜在意識の中に知識が入っているのです。

その潜在知識に入っている知識は、問題を解くことで記憶に定着するのです。


一番いけないことは、教本を読んで、自分の頭の中に知識が入っているか疑心暗鬼になることです。

何も、不安がる必要がありません。


脳に病的重い障害がある人以外は、教本を読むだけで、頭の中に知識は入っているのです。

ただ、自分で自覚できないだけです。


自覚するのは、難易度の高い問題を何回も復習をして解いて、自分の潜在意識の知識を使って問題を解くことで、自分で知識が身についていることが自覚できます。

そのために、問題を解くことや教本を読むことには、復習が必要です。

さらに、簡単な問題を解くことは無意味です。


行政書士・宅建試験に合格するには、難易度の高い問題を解く勉強方法が一番合格できる可能性が高いです。

そのような勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ






  
Posted by takken_goukaku_ at 20:55トラックバック(0)
2012年03月24日

行政書士試験の勉強は、最初は憲法を勉強しましょう。

行政書士試験の勉強は、最初は憲法を勉強しましょう。

行政書士試験まで、あと約8ヶ月弱。


まだまだ、これから行政書士試験の勉強を始めても、十分間に合います。


行政書士試験の勉強をするときは、最初は憲法を勉強するべきです。

この理由は簡単です。

憲法がすべての法律の基となっているからです。


そして、憲法系の科目が行政書士試験では、最低7問は出題されるからです。

憲法の科目が5問、基礎法学が2問です。


さらに、憲法と行政法を深く勉強した人であれば分かりますが、憲法と行政法は密接に関係しています。

そのため、行政書士試験で最も問題数が多い行政法をしっかりと勉強するためにも、憲法の勉強をしっかりとするべきです。


行政書士試験の憲法の勉強方法は、簡単です。

旧司法試験・新司法試験の憲法の過去問をたくさん解くことです。

これは、大変効果がある勉強方法です。


もちろん、憲法の過去問を解く前に、教本を読む必要があります。

憲法の教本は、下記の本、一冊で十分です。



上記の本を読むだけで、行政書士試験の憲法の問題を解くのに必要な知識がすべて勉強できます。

もし、行政書士試験で、まったく勉強をしたことが無いような問題が出ても、十分対応できるだけの法律の読解力・把握力・理解力が身につきます。


行政書士試験の憲法を勉強をするときは、まんべんなく勉強をすることです。

どの分野が出題されやすいとか、正直なところ誰も分かりません。

これは、行政書士試験が、そのような出題がされる試験であるからです。


憲法を勉強をするうえで、避けて通れないのは、判例です。

判例は、法律の問題を解く理論を勉強をするものであると割り切ってください。

判例を読み解くことは、法律の問題を解答する公式を覚えるようなものです。


行政書士試験では、憲法は5問しか出題されないもので、一見、軽視しがちですが、そのような考えでは、行政書士試験に落ちます。

行政書士試験に合格するのであれば、まずは、憲法をしっかりと勉強をすることです。


憲法を勉強をすることは、法律の基を勉強する事でもあります。

現実に、日本の法律はすべて憲法を基に作られているからです。


どのような事でもそうですが、物事には基本があります。

法律の問題を勉強をするのであれば、基本は憲法です。

そして、行政書士試験では、憲法が試験科目にあります。


このような事を考えて、憲法を一番最初に勉強をしましょう。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





  
Posted by takken_goukaku_ at 20:35トラックバック(0)
2012年03月03日

世の中の勉強の天才のマネをしてはいけません。

世の中の勉強天才のマネをしてはいけません。

世の中には、勉強の天才という人が存在します。(私は会ったことが無いです。)

そのような人の勉強方法をマネしても、世の中の99%の人間は、意味が無いです。


世の中には、本当に勉強の天才がいます。

と、言いましても、私は会ったことが無いですが…。


勉強の天才というのは、東京大学に1日2~3時間勉強して合格できる人間です。

また、司法試験にも1日2~3時間勉強して合格できる人間です。

このような人は、本当に勉強に関しては天才です。


そして、不思議な事ですが、世の中の勉強方法のノウハウ本は、このような勉強の天才のノウハウが書かれています。

そのようなノウハウは、私たちのような普通の人間には、まったく役に立たないです。

なぜなら、頭の構造が違うからです。


この頭の構造が違うというのは、根本的に生まれ持ったものです。

生まれた時から勉強に対する素質が違うのです。

そのため、普通の人より短い勉強時間で、物事を覚える事ができ理解できるのです。


このような人は、自分が特別とは思っていないことがほとんどです。

自分の勉強方法は、誰でも通用すると真剣に思っています。

これが、大きな勘違いを普通の人間が持つのです。


世の中の東京大学に受かる95%以上の人は、毎日8時間以上勉強して、やっと受かった人ばかりです。

この現実をまず知ることが大事です。


司法試験に合格する人は、寝る時間と食事の時間と風呂に入る時間以外は、勉強をしてやっと受かるのが普通です。

このような現実を理解することが必要です。


実際に私は、名古屋大学のあるサークルに出入りしていた時期がありました。

名古屋大学といえば、旧帝国大学であり、それなりの難易度が高い大学です。


そのサークルに所属している名古屋大学の学生は、高校生時代は、全員、毎日睡眠時間を削って勉強していました。

1日8時間勉強することは、普通でした。(学校で勉強をする時間を除く。)

それだけの勉強を高校3年間、毎日続けて勉強して名古屋大学に合格したのです。


では、それだけの難関の大学に合格できるから、頭が良いのか?

そのような事はありません。


具体的な例を出します。

私が最も親しくしていた名古屋大学の大学院生は、運転免許の学科試験に落ちました。


運転免許の学科試験は、普通に勉強していれば、誰でも合格できる簡単なものです。

それでも、名古屋大学の大学院生は、運転免許の学科試験に不合格を1回しました。

それで、真剣に勉強をして、2回目の運転免許の試験で合格しました。


なぜ、彼は、運転免許の学科試験に落ちたのか?

理由は実に簡単です。

彼は、運転免許の学科試験は、簡単だと聞いていて、あまり勉強をしないで、試験を受けたのです。

その結果、運転免許の学科試験に89点で不合格となりました。


どのような資格の勉強でもそうですが、勉強の努力をしなければ、不合格になる確率が高いです。

これは、偏差値が高い大学を卒業していようが同じことです。


重要な事は、毎日、勉強を続けることが、合格への近道です。

そのためには、資格のノウハウ本に書かれているような、簡単な勉強方法で合格することを考えないことです。


行政書士・宅建の試験の勉強方法が分からない人は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




  
Posted by takken_goukaku_ at 21:14トラックバック(0)
2012年02月23日

行政書士試験の勉強を始めた人は、あまりの難しさに挫折しないで下さい。

行政書士試験勉強を始めた人は、あまりの難しさに挫折しないで下さい。


行政書士試験は、国家資格の中でも、かなり難しいレベルです。

宅建試験の5倍は難しいです。(私の経験談)


「士」が付いている資格は、その資格を持っているだけで独立ができる資格です。
(宅建もできますが…。)

士業をできる資格は、いろいろな場面で判断力・理解力が求められます。

それだけのことに対応できる能力が求められる資格ですので、当然のことですが、行政書士試験のレベルも高いです。


まず、行政書士試験を今までほとんど勉強をしないで、学生以来の勉強をする人は、多くの人が難解なレベルの知識の多さに、辟易するはずです。

まだ、教本を読んでいる時点では、そのような事を感じません。

しかし、行政書士試験の過去問を1年分解きますと、その難解さが実感できます。


行政書士試験の問題を解いていますと、自分が問題を解いていて、その問題を自信を持って解いている感覚が無い人が多いです。

逆に、自信をもって行政書士試験の問題を解いたつもりであっても、答え合わせをすると、ほとんど正解していないことがあることが多いです。


まだ、今の時点では、行政書士試験の過去問を解いて、正解率が20%程度でも、まったく問題ないです。

実際に、私が宅建試験に合格して、その後に3ヶ月行政書士試験の勉強をして、行政書士試験の過去問を解いたときは、正解率が約20%でした。


私の場合は、行政書士試験の解いた正解率があまりにも低くて、勉強をするのを辞めました。

結局は、その年の11月から、また行政書士試験の勉強を再開するのですが、あの時の自分の頭の悪さには嫌気がさしました。

それでも、最終的には、行政書士試験で216点取りまして、合格できました。


行政書士試験の勉強を始めて、最初の段階では、問題の意味が理解できないとか、自分で正しい正解を解いたつもりであったのに、解答が間違っているとか、そのような状況は当たり前のことです。

そのような過程を踏まえて、毎日、勉強をしていますと、自然と行政書士試験の問題が解けるようになるのです。


そのため、現時点で、とてもではないが行政書士試験に合格できないと思っている人は、勉強を辞めることを考えないで下さい。

まずは、毎日行政書士試験の勉強を続けることです。

そうすれば、自分の法律の問題を解く能力が向上します。


毎日の勉強の努力は、自分の身になります。

そのためには、行政書士試験に独学で合格できる正しい勉強方法を、知ることが重要です。


そのような勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



  
Posted by takken_goukaku_ at 21:26トラックバック(0)
2012年02月12日

宅建試験の勉強をする人は、最初は苦労する人がほとんどです。

宅建試験勉強をする人は、最初は苦労する人がほとんどです。

宅建試験の勉強をする人は、最初の3ヶ月が勝負です。


2011年度の宅建試験の合格発表があって、約2ヶ月経ちましたが、今年の宅建試験の勉強を毎日続けている人は、勉強を始めて約3ヶ月間、毎日勉強をしていれば、自然と宅建試験の勉強を毎日する習慣ができます。

逆に言えば、宅建試験の勉強をして、3ヶ月以内に辞めることが多いのが事実です。


これには、いろいろな理由がありますが、一番多いのが、宅建試験の勉強をしても、身につかないことです。

この理由は実に簡単な事です。


宅建試験の勉強をしている人の多くの人が社会人であると思います。

学生時代以来、久しぶりに勉強を始めた人が多いと思います。

そのため、勉強方法を忘れている人が多いのです。


このような事を総合しますと、久しぶりに勉強を毎日続けていますと、勉強を続けることを苦痛と感じる人が多いのです。

実際に、宅建試験の勉強をしていた頃の私がそうでした。

何が苦痛かといいますと、自分が宅建試験の勉強をしていても、その勉強している内容が頭の中に入っているか分からないのです。


この宅建試験の勉強をしている内容が、頭の中に入っているか確認する方法は、一番最適な方法として、今までの宅建試験の過去問を1年分解くことです。

しかし、実際に宅建試験の過去問を1年分解きますと、多くの人は点数が取れないのです。

これで、自分自身に対して自信を無くす人が多いのです。


これは、宅建試験を始めた人であれば、誰であっても経験をすることです。

私が、宅建試験を勉強を始めて、初めて宅建試験の過去問を1年分解いたときは、確か25~26点ぐらいしか正解できませんでした。

私はこの時、「自分が今まで宅建の勉強をしていたことが何であったのか」

このように考え自信を喪失していました。

もちろん宅建試験の勉強に対する焦りも感じていました。


しかし、現時点で、宅建試験の勉強をしていて、宅建試験の過去問を1年分解いて、20点しか取れなくても何も焦る必要がありません。


私の経験上、宅建試験の3ヶ月前までに、宅建試験の過去問を1年分解いて、25点取ることができれば、十分合格できます。

現時点での、宅建試験の勉強に対する理解力は、まったく必要が無いです。

今はただ、宅建試験の勉強を毎日続けて、宅建試験の問題を解く知識を頭の中に入れていれば、必ず合格できます。


まだ、宅建試験まで、8ヶ月以上時間があります。

初めて宅建試験の勉強をしている人は、今は宅建試験の知識が理解できなくて当たり前です。

何も心配する必要が無いです。


毎日、宅建試験の勉強を間違いの無い方法で勉強をしていれば、自然と宅建試験に合格できる実力が自分につきます。

そして、宅建試験は十分独学で合格できる試験です。


宅建試験に独学で合格できる勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてみてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 21:35トラックバック(0)
2012年01月14日

宅建試験は、独学で勉強さえすれば、誰でも合格できます。

宅建試験は、独学で勉強さえすれば、誰でも合格できます。

これは、まぎれもない事実です。


しかし、宅建試験は、勉強をしなければ、国公立大卒の人間でも不合格になります。


このような現実を理解することは必要です。


そして、宅建試験に1回以上勉強して、合格できない人は、根本的に宅建試験の勉強方法が分かっていないからです。

このようなタイプの人間であったのは、何を隠そう、私がそうでした。


私は、高卒偏差値30の人間です。

そのため、勉強は高校の時に資格の勉強をして以来、宅建試験の勉強を始めるまで約12年、まったく勉強をしていませんでした。


宅建試験の受験者の方は、このような状況の人が多いと思います。

宅建試験の勉強をするのが、学生以来、数年ぶりに勉強を始めるという人が、圧倒的に多いはずです。


そのため、勉強方法というものが、覚えていない人が多いはずです。

実際に私も、1回目の宅建試験の勉強の時は、どのような勉強方法で勉強をすればいいのか悩みました。

そのような背景もあって、1回目の宅建試験は合格点33点に対して31点しか取れずに不合格となりました。


今となっては、なぜ、私は宅建試験に不合格であったか不思議でたまりません。

その理由は、宅建試験とは、勉強をすれば誰でも、合格できる簡単な試験であるからです。


このように言い切れるのは、私は、5年前に宅建試験に合格して以来、宅建試験の勉強をしていませんが、2011年の宅建試験を解いて29点取りました。

直近で5年間、宅建試験の勉強をしていない人間が29点取れるのです。

一昨年の2010年の宅建試験を解いたときは、35点取れました。


これはすべて、宅建試験の問題を解く思考力が、私に身についているからです。

そのため、まったく勉強しなくても、宅建試験の問題をある程度は解くことができるのです。


では、宅建試験の問題を解く思考力を身に付ける勉強方法というのは、どのような勉強方法でしょうか?

今からは、働きながら宅建試験の勉強をする人を前提にお話しします。


まずは、宅建試験に合格するには、平日は、1~1時間30分、宅建試験の教法を読みます。

そして、宅建試験の教本を一通り読んでから、宅建試験の過去問を休みの日に全問解きます。

さらに、宅建試験の過去問を解いた答え合わせと解説を、問題を解いたその日に読みます。


このようなスケジュールを繰り返して、試験間近に行われる資格の専門学校の模擬試験を複数受験します。

そして、宅建試験の本番を迎えれば、まず、宅建試験に合格できます。


宅建試験に合格する勉強方法とは、このような勉強方法で十分です。


肝心な事は、毎日、宅建試験の勉強を続けることです。

これが難しいのです。


毎日、1~1時間30分、働いた後に勉強を続けるのは、意外と難しいのです。


そのように考えている人は、多いですので、時間の使い方を上手にするポイントをご紹介します。

まず、月曜日に仕事が忙しくて、30分しか宅建試験の勉強ができなかったとします。

そのような時は、火曜日と水曜日に30分ずつ、余分に宅建試験の勉強をすればいいのです。


もし、平日に、仕事が忙しくて、勉強ができなかった分の勉強ができない場合は、休みの日に、勉強ができなかった分の埋め合わせをすればいいのです。

このようにして、臨機応変に勉強時間を取れば十分宅建試験に合格できます。


参考までに、私が宅建試験に合格した時は、平日に3~4日、1~1時間30分の勉強をしていました。

そして、日曜日に宅建試験の過去問を解いていました。(時間にして4時間)

そのような勉強を宅建試験直前までして、1回だけ無料で受験できた市販されている宅建試験問題の付録の模擬試験を受験して、見事38点取りまして、宅建試験に合格しました。


宅建試験に合格することは、難しく考える必要がありません。

もし、宅建試験に合格することを難しく感じている人は、宅建試験の勉強方法が分からないだけです。

宅建試験の勉強方法は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 22:17トラックバック(0)
2012年01月05日

行政書士・宅建の試験に合格するには、自分の勉強の目標を紙に書く

行政書士宅建の試験に合格するには、自分の勉強の目標を紙に書く事は大変重要です。


新年、明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



行政書士・宅建の試験を今年受験をされる方は、もう勉強を始めていると思います。


いろいろな勉強方法に通じることですが、まずは、勉強をすることに対して目標を決めるべきです。

目標というのは、自分が今後どのような過程で勉強をするか、スケジュールを作ることです。

勉強のスケジュールというのは、長期的に考える必要がありません。

1ヶ月程度先の勉強のスケジュールを決めるだけで十分です。


このような勉強のスケジュールを決めるうえで重要な事は、その決めたスケジュールを紙に書いて、自分の目に入る場所に置くことです。

そのような事をするだけで、自分が勉強をするスケジュールを常に意識することができます。

そのために、一番良い勉強のスケジュールを書く紙は、カレンダーです。


カレンダーに、1ヶ月先までの勉強のスケジュールを書くことで、勉強のスケジュールを自分の生活の中で優先することができます。

これは、自分の中で、勉強のスケジュールが意識されているためです。


行政書士・宅建の試験に合格するのであれば、まずは、自分の勉強の目標を紙に書くべきです。

その目標というのは、勉強のスケジュールです。

紙に書く目標に「合格!!」と書くのは無意味です。


目標というのは、目の前の実現することを書くのであって、合格することは、勉強をするうえで当然の結果と考える事ですから、合格を目標とするのは、無意味です。


これから、宅建試験まで、約10ヶ月。

行政書士試験まで、約11ヶ月。


今から、独学で勉強を始めても、行政書士・宅建の試験は十分合格できます。

これから、勉強を始める人も、まずは、毎日、勉強をすることを前提として、自分の勉強のスケジュールを作ってみましょう。

そのためには、まず最初に勉強を1日でも早く勉強を始めることです。

勉強を始めれば、自然とスケジュールができてきます。


勉強というのは、復習が一番重要です。

その勉強した後の復習をするために、復習をするスケジュールをカレンダーに書いて、目標とするのです。


そのような勉強方法は、私の行政書士・宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

私が独学で行政書士・宅建の資格の勉強をした1番の理由

行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで一番重要な事

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。  
Posted by takken_goukaku_ at 18:30トラックバック(0)
2011年12月08日

行政書士試験に独学で勉強して合格できる

行政書士試験独学勉強して合格できます。


今日からは、2012年の行政書士試験に向けて、ブログの記事を書いていきます。


まず、行政書士試験は独学で勉強して十分合格できます。

現実に、高卒偏差値30の私が、2回目の受験で行政書士試験に合格しました。

1回目の受験の時は、178点取り、わずか2点足らず不合格でした。


そして、2回目の行政書士試験の受験で216点取り、見事合格しました。

それも、40字記述式問題の採点なしで、196点取りました。

こちらから、私の行政書士試験の合格証がご覧になれます。


行政書士試験に独学で勉強して合格するには、一番重要な事は、自分をコントロールすることです。

独学で勉強をすることで一番必要な事は、毎日勉強を続けることです。

これができる人があまりいないのが現状です。


逆に言えば、毎日行政書士試験の勉強を独学ですることができる意思があれば、行政書士試験に合格できる可能性が高くなります。

このような事をいいますと、精神論に聞こえるかもしれませんが、そのような事は全く違います。


勉強の積み重ねというのは、毎日の努力によって、自分の勉強している能力が向上します。

しかし、勉強している能力の向上は、すぐには向上しません。

特に行政書士試験のような難易度の高い試験であれば、そのような事は大きく傾向として出ます。


独学で勉強を始めますと、まず最初の勉強で、自分のレベルが1となります。

そのまま勉強を続けますと、1⇒2となります。

さらに勉強を続けますと、2⇒4となります。

もっと勉強を続けますと4⇒8となります。

これが8⇒16⇒32⇒64⇒128⇒256⇒512⇒1024と、勉強を続けて12の段階を踏みますと、最初は1であった自分の勉強のレベルが1024になるのです。


感覚としては、最初の勉強の1⇒2の段階になるには1ヶ月掛かると考えていいでしょう。

しかし、12ヵ月後には勉強のレベルは、毎日勉強を続けていれば、1024になるのです。


継続は力なりといいますが、まさしく勉強というのは、毎日の勉強が自分の勉強に対する能力を大変大きく向上させるのです。


2012年の行政書士試験の受験を目指す方は、今から勉強を始めて続けるべきです。

そして、2011年の行政書士試験で、明らかに不合格の人であれば、2012年の行政書士試験の受験をするべきです。

今まで勉強した知識の蓄積があります。

その知識の蓄積を活かせば、2012年の行政書士試験に合格する確率が高くなります。

ここで、行政書士試験の勉強を辞めるのはもったいないです。


しかし、このような事は、すべて行政書士試験の独学の勉強方法が正しい勉強方法であればの話です。


行政書士試験の独学の勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。

難易度の高い法律系の資格の過去問をたくさん解く勉強方法です。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」





 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ


一緒に読みたい関連記事

2011年行政書士試験の難易度

行政書士試験の解答速報情報

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験の模擬試験情報  
Posted by takken_goukaku_ at 21:29トラックバック(0)
2011年09月26日

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験模擬試験情報をご紹介します。

行政書士試験に合格したいのであれば、行政書士の模擬試験は受験するべきです。

その行政書士の模擬試験の情報を下記にご紹介します。


資格の大原

LEC

TAC


このあたりの資格の専門学校の模擬試験を受験すれば、行政書士試験に合格できる確率が高くなります。


ただし、勘違いをしないでいただきたいのは、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を受験して、その模擬試験の問題が本番の試験で出題されることは、ほとんどないと言っていいです。


あくまでも、行政書士の模擬試験を受験するのは、法律の問題を解く把握力・読解力・理解力を高めるためです。

また、資格の専門学校の行政書士の模擬試験で点数が取れなくても、悩むことがありません。

私は、行政書士試験に合格した年に、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を9回受験しましたが、合格点以上の点を取れたのは、3~4回程度しか取れませんでした。

それでも、行政書士試験の本番の試験では、216点と圧倒的に点数を取れました。


このような事を考えましても、資格の専門学校の模擬試験の点数は、行政書士試験では、本番の試験の点数には直結しません。


しかし、資格の専門学校の行政書士の模擬試験は、できる限りたくさんの回数を受験してください。

これは、行政書士のどのような勉強をするより優先して、模擬試験を受験してください。

そして、模擬試験を必ず復習することを、どのような行政書士試験の勉強より最優先にしてください。


このような勉強方法が、現在のまったく出題が予想できない行政書士の問題を解く力を、自分に付けることができます。


行政書士試験の本番の試験まで、2ヶ月を切っています。

今まで、毎日勉強した人であれば、その努力を試験前日まで続ければ合格できます。

ここからは、行政書士試験の勉強を最優先に考えましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験が簡単だと思っている方へ  
Posted by takken_goukaku_ at 20:09トラックバック(0)
2011年09月07日

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士宅建試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。


行政書士・宅建の試験の受験生は、必ず資格の専門学校の模擬試験を受験するべきです。

これは、行政書士・宅建の試験に合格するには、大変重要な事です。


宅建試験の資格の専門学校の模擬試験の点数は、そのまま宅建の本番試験の点数に直結すると言っていいでしょう。

資格の専門学校の宅建の模擬試験で、38点取ることができましたら、現在は、宅建試験で38点取る実力があります。

資格の専門学校の宅建の模擬試験で、32点しか取ることができなければ、現在は、宅建試験で32点しか取る実力がないです。


宅建試験の模擬試験で38点取れる人は、今の状態で勉強をすれば、たぶん宅建試験には合格します。

問題は、宅建試験の模擬試験で、32点程度しか点数が取れない人です。

そのような人は、模擬試験の採点を分析してください。

そして、宅建業法でどれだけ間違っている確認してください。


もし、宅建業法の出題問題20問中正解が15問でしたら、宅建業法を全問正解することを目指して宅建業法を中心に勉強してください。

例えば、宅建業法を中心に勉強して3~4問正解率が上がりましたら、全体の点数で35~36点取れるようになります。

宅建業法は、宅建試験の中で、一番簡単な科目です。

できれば、宅建業法は、満点を目指して勉強をしてください。


行政書士の資格の専門学校の模擬試験を受験して、点数が取れなくても気にしないことです。

もちろん、まったく点数が取れない(120~130点以下)の人は、いけませんが、基本的に行政書士試験の模擬試験の結果が、そのまま行政書士の本番の試験の点数に直結することはありません。


これは、行政書士試験の問題が、どのような問題が出題されるか分からないからです。

では、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を受ける意味は、どのような意味があるのか?


一番の理由は、法律の問題を解く読解力・把握力・理解力を身に付けるためです。

これは、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を受験すれば、ある程度は身に付きます。

ただし、間違っても、資格の専門学校の行政書士試験の問題がそのまま出るとは、思わないで下さい。

いろいろな資格の専門学校の行政書士試験の模擬試験が行われますが、本番の行政書士試験と同じような問題が出ましても、ただの偶然です。


そのような事は行政書士試験では、まずありえませんから、資格の専門学校の模擬試験を期待以上に考えて受験をしないで下さい。


行政書士試験レベルの資格の試験になりますと、今の時点から、どのような勉強をすれば合格できる確率が上がるのか、そのような都合のいい話はありません。

行政書士試験は、今まで、計画通りに毎日勉強してきた人が合格できる試験です。

行政書士試験の受験者は、これからは、今までの自分がしてきた勉強に対する努力を信じて、試験本番まであと約2ヶ月、しっかりと勉強をしてください。


行政書士試験の一般知識の問題は、勉強しても、しなくても、点数は取れるときは取れます。

まったく勉強しなくても、足切りになる可能性は低いです。

行政書士試験の一般知識の勉強には神経質になる必要がないです。


行政書士試験の一般知識の問題を勉強するぐらいでしたら、行政法を勉強しましょう。

その方が、行政書士試験の点数を稼げる可能性が高いです。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!  
Posted by takken_goukaku_ at 19:27トラックバック(0)
2011年08月29日

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験に独学で合格する人のタイプをご紹介します。

行政書士試験に独学で勉強して合格する人は、一言で言えば、「自分の信念を曲げない人」です。


これは、どのような物事を無しげる人に通じることですが、行政書士試験に関しては、一言で言えば、このように表現できます。


一番の理由は、行政書士試験は、どのような問題が試験で出題されるか、誰も推測ができないからです。

そのため、行政書士試験の対策を立てるには、自分で考えて行政書士試験の勉強をしなければいけません。


根本的な根拠として、行政書士試験は、平成18年に出題範囲に変更があった後、ほとんど同じような問題が出題されていません。

これは、行政書士試験に合格するには、過去問を勉強しても意味がないことということです。


このような事を考えれば、行政書士試験の勉強方法というのは、自分で考えて勉強方法を作り出す必要があります。


市販されている行政書士試験の問題集などは、40字記述式問題以外、ほとんど役に立たないです。


現実的に考えれば、行政書士試験に合格するには、行政書士試験以上の難易度の高い法律の資格の勉強をする以外合格する可能性が低くなります。

そのためには、行政書士試験の勉強をするには、そのような難易度の高い勉強をするため、難しい勉強内容となります。

その難しい勉強内容を続けることができた人こそ、行政書士試験に合格できます。


行政書士試験というのは、宅建試験と違い40字記述式問題というものがあります。

この40字記述式問題も、どのような問題が出題されるか、誰も推測できません。

まさしく、対策が立てようがない行政書士試験問題の典型的な問題です。


行政書士試験に合格するには、このような出題が推測できない問題を解く必要があります。

推測できない問題を解くには、法律の問題を解く読解力・把握力・理解力が必要です。


人間は推測できないことは、誰もやりたくないことです。

なぜなら、どのような事になるか予想ができないからです。

予想ができないことは、自分自身がどのような行動をとっていいのか、自分自身で理解できない人が多いです。


このような事が行政書士試験では、当然のように問題として出題されます。

そのような問題を解くには、問題を見てその場で法律の問題を解く力が重要です。


このような力をつけるには、自分が行政書士に合格できる勉強方法を続けることが必要です。

そのためには、毎日勉強をすることは当然のことですし、自分の偏った考え方で勉強をしてはいけません。

また、いつまでたっても簡単な基礎問題を勉強していていけません。


行政書士試験というのは、「士業」の試験です。

「士業」の試験は、その資格を持っているだけで、形式上独立して仕事ができる難しい資格です。

「士業」の資格は、その資格に関して瞬間的に物事を判断できる能力が問われる試験です。


そのような事を考えれば、行政書士試験に合格するには、初めて見るような問題に冷静に対応できる能力を持った人だけが合格できる試験となっています。

このような行政書士試験の現状を考えれば、行政書士試験の勉強方法は、どのような勉強方法で勉強をすればいいのか、自然と答えが出ます。


行政書士試験の勉強方法は、私の行政書士試験に合格した勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ  
Posted by takken_goukaku_ at 20:42トラックバック(0)
2011年08月01日

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュール

宅建試験の独学で勉強する最適のスケジュールをご紹介します。

特に、働きながら宅建試験の勉強をしている方は、参考にしてください。


宅建試験の独学で勉強するスケジュールは、平日は、宅建の教本を読んで、休みの日に宅建試験の過去問・宅建試験の模擬試験を解くことが一番最適です。

これは、宅建試験の本番まで、このリズムを崩す必要がないです。


特に重要な事は、宅建試験の模擬試験を受験することです。

そして、受験した宅建試験の模擬試験の問題を復習をすることです。


宅建試験の勉強において、宅建の教本・宅建試験の過去問・宅建試験の模擬試験の復習をすることは、合格するうえで大変重要です。


宅建試験に合格するには、同じ教本・同じ問題を何回も復習をすることで、宅建試験に合格する知識が身に付きます。


これから宅建試験まで、宅建試験の過去問・宅建試験の模擬試験以外は、問題を解く必要がありません。

もし、宅建試験の過去問と宅建試験の模擬試験のどちらかを優先しないといけない場合は、宅建試験の模擬試験の受験と復習を優先してください。


宅建試験の勉強で、宅建の教本を読むことは、宅建試験の直前まで続けてください。

宅建試験の直前であっても、平日に宅建試験の問題を解く勉強はしないで下さい。

平日に宅建試験の問題を解く勉強をすることは、大変勉強の効率が悪くなります。


宅建試験で暗記をする必要があるのは、らくらく宅建塾の「楽勝ゴロ合わせ」以外は、一切宅建試験勉強の知識を暗記する必要がないです。

逆に、らくらく宅建塾の「楽勝ゴロ合わせ」は、必ず暗記してください。


平日に宅建の教本を読む理由は、宅建の知識を忘れないようにするためです。

ここで注意することは、宅建の教本を読むときは、ノートなど作らないで下さい。

ノートの作成は、宅建試験に合格するうえで、最もムダな勉強方法です。


教本を読んでノートを作成していれば、教本を読むスピードが極端に落ちます。


参考までに、私は速読ができますが、らくらく宅建塾の第一編権利関係のページをすべて、1時間8分で読むことができます。

これは、訓練をすれば、だれでもこの程度のスピードで宅建の教本を読むことができるようになります。


宅建の教本は、ノートを作成して勉強するのではなく、読んで勉強するのです。

そして、できる限り速く宅建の教本を読む癖をつけてください。

宅建の教本の一文字を目で追うことを考えずに、1行をズバッと目で読み切る感覚で宅建の教本を読めば、知識が頭の中に入っています。


宅建の勉強で、文章を書いて勉強をすることを止めるのが、1番宅建に合格できる方法です。

自分の意識の中で、宅建の教本を読めば、自然と知識が頭の中に入っていると考えてください。


本当の意味で、宅建試験の勉強をするのは、宅建試験の過去問を解いているときと、宅建試験の模擬試験を解いているときです。


宅建の教本を読んでいるときは、宅建試験の勉強の予習をしているのです。

宅建試験の問題を解くことによって、教本を読んで勉強した予習内容を復習することになるのです。

そして、同じ宅建試験の問題を復習で繰り返し解くことによって、宅建試験の問題の解き方の思考を理解できるようになります。


宅建試験に合格するには、いかに効率的に勉強できるかがカギとなります。

そのような勉強方法は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ

宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法  
Posted by takken_goukaku_ at 18:24トラックバック(0)
2011年07月07日

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験まで、約3ヶ月と少しですが、何も焦る必要がないです。

宅建試験の勉強をしている人は、いろいろな思いで現在勉強をしていると思います。


まず、宅建試験を楽勝と思っている方。

このような人は、宅建試験の過去問を常に40点以上取れるような人だけです。

それ以外の方は、宅建試験を楽勝と思わないでください。

思わぬ落とし穴が待っていますよ。


次に、宅建試験を合格ラインぎりぎりと思っている方。

そのような方は、今の緊張感を持って勉強を続ければ、宅建試験に合格できる確率が高いです。

具体的には、宅建試験の過去問を35点前後、現在取れる方ですね。


そして、宅建試験の勉強を難しく感じている方。

このような方は、毎日最低1時間以上、できれば1時間30分勉強をして、休みの日に宅建試験の過去問を解いていれば、いずれ、宅建試験の勉強の難しさを感じなくなります。

大丈夫です。

肝心なことは、宅建試験の勉強を毎日続けることです。


基本的に、現在、宅建試験を簡単に感じている方や、宅建試験を合格ラインぎりぎりと思っている方は、毎日勉強していれば、宅建試験に合格する確率は高いです。

油断さえしなければ、大丈夫です。


それ以外の方は、これから宅建試験の勉強が、理解できるようになります。

これは、もちろん今まで毎日宅建試験の勉強をしてる人に限ります。


勉強というのは、毎日の積み重ねです。

初めて勉強した週のレベルを1としますと、その次の週も勉強を続けていますと、レベルが2に上がります。

そして、そのまま次の週にも続けて勉強しますとレベルが4に上がります。


このように勉強の継続というのは、勉強を続けると2乗の効果で上がっていきます。

1ヶ月、4週勉強を続けますとレベルが8になります。

2ヵ月、8週勉強を続けますとレベルが128になります。

3ヶ月、12週勉強を続けますとレベルが2048になります。

4ヶ月、16週勉強を続けてますとレベルが32768になります。


このように勉強を続けていますと、加速度的に勉強による学習能力が上がります。

ここで重要な事は、同じ教本・同じ過去問で、繰り返し復習をすることが重要です。


勉強というのは、同じ内容を繰り返し何回も復習をすれば、暗記をするぐらい勉強の内容を覚えられます。

勉強をするときに意識をすることは、勉強する知識を覚えようとしないことです。

知識を暗記しようと考えてはいけません。


勉強をするときは、問題を解く理論を解く公式を頭の中に入れるのです。

これは、数学の公式を解くのと同じ感覚です。


法律の問題を解く公式を覚えるのです。

この公式を覚える事は、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力を高めることです。


そのためには、宅建試験問題の過去問を難易度の高い問題に変えて、たくさん問題を解いて復習することが必要です。

このような勉強方法を続けていれば、自然と法律に対する把握力・読解力・理解力が高くなります。


これから、宅建試験の勉強をするときは、このような事を認識して勉強することが必要です。


宅建試験は、毎日勉強さえすれば、勉強方法さえ間違っていなければ、誰でも合格できます。

宅建試験に合格できない人は、高学歴で宅建試験が簡単となめていて勉強をしない人が多いです。

そのような人がたくさん宅建試験を不合格になっています。


また、宅建試験の勉強方法が間違っている人も宅建試験には合格できません。


宅建試験に合格するには、毎日勉強を続けて、間違いのない勉強をすることです。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ







一緒に読みたい関連記事

宅建試験は、現在、宅建の過去問を25点しか取れない人でも、十分合格できます。

宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かると考えている人へ

宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法

宅建試験の法令上の制限の合格できる勉強方法。  
Posted by takken_goukaku_ at 20:20トラックバック(0)
2010年05月06日

勉強をする上で必ずやらないといけない事。

みなさん、勉強する上で大切なことがあります。

それは、どのような事だと思いますか?


これは、勉強をする上で必ずやらないといけない事です。


それは、復習です。

復習はものすごく大事です。


それも、同じ教本・問題を何回も復習する。

これは、勉強する上で必ずやらないといけない事です。


特に、「同じ問題を何回も復習する。」

同じ問題を何回も復習すれば、その問題と答えを覚えてしまい、意味が無いと思う方もいるでしょう。

そのようなことはありません。

その問題と答えを覚えるぐらい、復習することに意味があります。


同じ問題を何回を復習することにより、その問題の構成を理解します。

問題の構成を理解するということは、その問題に対する理論を理解することです。


問題に対する理論を理解することにより、その理論に関する理解力がつきます。

理論に関する理解力がつくことにより、その理論に関する問題が、自分で考えて解けるようになります。


理論に関する理解力がつくことにより、応用力・発展力が身につきます。

応用力・発展力がつきますと、今まで見たことが無いような問題を、自分の理解力で解くことができるようになります。


この応用力・発展力をつけるために、同じ問題を復習することが必要です。


同じ問題を復習する上で、注意する点があります。

まず、一度正解した問題も必ず復習する。


一度正解した問題は、もう頭の中に理解していて、復習をする必要がないと思いがちですが、それは間違いです。

たとえ、一度正解した問題でも、一度だけでなく三度も四度も正解した問題であっても復習する必要があります。


その理由は、自分の頭の中に、問題の構成である理論を徹底して理解するためです。

そして、ある一定の間隔で復習することにより、問題の構成である理論が記憶に定着できます。


何回もある一定の間隔で教本を読み・過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



もう一点注意することがあります。

それは、復習する問題を、ある程度難易度の高い問題を解く。


簡単な問題ばかり解いていても、基礎力はつきますが、応用力・発展力はつきません。

応用力・発展力がつかないということは、理解力がつかないということです。


応用力・発展力をつけるには、難易度の高い問題を解く必要があります。

難易度の高い問題を解くことによって、いろいろな理論を理解することになります。


行政書士を受験する方は、旧司法試験・新司法試験・司法書士の過去問を解きましょう。

詳しくは、私の行政書士の試験勉強方法に書かれています。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


ただし、行政書士を初めて勉強する方は、必ず、まず基本書のらくらく行政書士 講義そのまんま。を一通り読み、(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)

その後に、
らくらく行政書士の過去問を解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)

そして、その後に難易度の高い問題を解いて復習しましょう。



宅建を受験する方は、問題の答え方を「新司法試験方式」に変えましょう。

その方法で、問題の難易度が上がります。


「新司法試験方式」の勉教方法は、私の宅建の試験勉教方法に書かれています。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


復習する場合は、ある一定の間隔で復習をすれば、記憶の定着ができ、解答の正解率も、ものすごく上がります。

(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



みなさん、復習は、大変重要です。

そのことを、もう一度認識しましょう。


無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 

 



      応援クリックをお願いします。
                 
↓ 
       
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  


  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(20)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)