行政書士・宅建の共通記事



「行政書士・宅建の共通記事」カテゴリの記事
2012年08月09日

宅建と行政書士の模擬試験を無料で受けれます。

宅建と行政書士の模擬試験を無料で受けれます。

両方の試験に合格するには、模擬試験をたくさん受ける事が不可欠です。

その模擬試験が、LECでは無料で受験できます。


宅建の0円模擬試験

行政書士の無料体験摸試


この2つは、宅建試験と行政書士試験の今年の受験者であれば、利用しない手はありません。


私は、宅建に合格をしたときは、1回しか、模擬試験は受験しましたが、もし、現在、宅建の受験者であれば、可能な限り、10回でも20回でも受験をします。


私が、行政書士に合格した時は、9回模擬試験を受験しました。

これは、行政書士試験に合格するうえで、大変重要な事でした。

もし、あの時、模擬試験をたくさん受けていなければ、行政書士試験に合格できなかったかもしれません。


今年の宅建・行政書士試験に合格をしたい人は、資格の専門学校の模擬試験をたくさん受けましょう。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術





■東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?


偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、

大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。


東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます


この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい

素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。



東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます。



      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  

Posted by takken_goukaku_ at 19:17トラックバック(0)
2012年05月15日

現在、行政書士・宅建の試験の過去問を解いて、点数が取れなくても気にする必要が無いです。

現在、行政書士宅建の試験の過去問を解いて、点数が取れなくても気にする必要が無いです。

これは、簡単な理屈です。

これから本当の意味で、自分の勉強をしている実力が付くからです。


行政書士・宅建の試験勉強をしていて、過去問を解いている人は多いと思います。

その中で、自分が解いた過去問があまりにも正解率が悪くて、嫌気がさしたことが無いですか?

私はあります。


今も忘れもしません。

宅建試験に合格して、その後すぐに行政書士試験の勉強をして、初めて行政書士試験の過去問を解いたときのことを…。

私はこの時、行政書士試験の過去問の正解率が、20%無かったです。


これを機に私は行政書士試験の勉強を辞めました。

結果的には、その年の行政書士試験の受験はしませんでした。

しかし、このような精神的にもろい私でも、行政書士試験の勉強を再開して、合格しました。


どのような事でもそうですが、初めてすることは、最初から結果が出る人は、ほとんどいません。

逆に、勉強をして、すぐに過去問を解いて、80%以上の正解率が出せる人は、勉強の天才です。

そのような人は、司法試験でも受ければいいのです。

間違いなく合格できるでしょう。


ただ、そのような人は、まずいません。

私達みたいな一般人には、コツコツ毎日勉強をすることが近道です。

そして、少しずつステップアップをしていけばいいのです。


行政書士・宅建の試験の過去問を勉強して、正解率がものすごく悪くても、同じ問題を復習をすれば、必ず正解率が上がります。

復習は、何回もすることにより、自分の頭の中に、法律の問題を解く思考力が、身に付きます。

そのため、現時点で、自分の過去問を解いた正解率が悪くても、私のように勉強をすることを投げ出さないことです。


毎日、間違いの無い努力をしていれば、行政書士・宅建の試験ぐらいは、独学で合格できます。

行政書士・宅建の勉強方法が分からなければ、私の勉強方法を参考にしてください。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術





■東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?


偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、

大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。


東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます


この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい

素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。



東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます。



      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  
Posted by takken_goukaku_ at 18:47トラックバック(0)
2012年04月02日

行政書士・宅建試験の勉強は、基本的には暗記は必要でないです。

行政書士宅建試験の勉強は、基本的には暗記は必要でないです。

このような事を早く気付くことが、合格できる近道です。


行政書士・宅建試験で、暗記をするのは、宅建試験の教本であるらくらく宅建の「楽勝ゴロ合わせ」と法令上の制限の部分だけです。

行政書士試験の勉強では、暗記をする必要はないです。


しかし、自分の頭の中で覚える事が必要な事があります。

それは、法律の問題を解く方法です。

このような事は、法律の問題に関する読解力・把握力・理解力が必要であります。


では、そのような能力を身に付けるには、どうすればいいのか?

これは、難易度の高い問題を何回も復習をして解けば、自然と身につきます。

そのような勉強方法をしていれば、自然と法律問題を解く方法が自分の頭の中で覚えられます。


このような勉強方法は、スポーツの練習と同じです。

野球では、投手が投げた球を打つことで、自分のバッテイング技術を高めます。

そのためには、多くの基本的な素振りの回数が必要となります。


基本的な法律の問題を解く知識を身に付けるには、教本を何回も読むことです。

そして、教本を何回も復習することです。

そのためには、教本を読んでいるときにノートを作成するのは、大変無駄です。


教本を読んでノートを作成する勉強方法は、行政書士・宅建試験には必要が無いことです。

なぜなら、行政書士・宅建試験には、行政書士試験の40字記述式問題以外は、文章で答える解答が無いからです。


行政書士・宅建試験の問題を解答するときは、基本的に答えが書いてある選択肢を選ぶ解答方式です。

そのため、答えが問題用紙に載っています。

ワザワザ、自分の頭で解答を考えて、文章で書きだす必要が無いのです。


このような事から、行政書士・宅建試験の勉強で、教本を読むときには、だいたいの知識が頭の中に入っていればいいのです。

そして、人間の頭というのは、教本を読めば、自分の潜在意識の中に知識が入っているのです。

その潜在知識に入っている知識は、問題を解くことで記憶に定着するのです。


一番いけないことは、教本を読んで、自分の頭の中に知識が入っているか疑心暗鬼になることです。

何も、不安がる必要がありません。


脳に病的重い障害がある人以外は、教本を読むだけで、頭の中に知識は入っているのです。

ただ、自分で自覚できないだけです。


自覚するのは、難易度の高い問題を何回も復習をして解いて、自分の潜在意識の知識を使って問題を解くことで、自分で知識が身についていることが自覚できます。

そのために、問題を解くことや教本を読むことには、復習が必要です。

さらに、簡単な問題を解くことは無意味です。


行政書士・宅建試験に合格するには、難易度の高い問題を解く勉強方法が一番合格できる可能性が高いです。

そのような勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ






  
Posted by takken_goukaku_ at 20:55トラックバック(0)
2012年03月03日

世の中の勉強の天才のマネをしてはいけません。

世の中の勉強天才のマネをしてはいけません。

世の中には、勉強の天才という人が存在します。(私は会ったことが無いです。)

そのような人の勉強方法をマネしても、世の中の99%の人間は、意味が無いです。


世の中には、本当に勉強の天才がいます。

と、言いましても、私は会ったことが無いですが…。


勉強の天才というのは、東京大学に1日2~3時間勉強して合格できる人間です。

また、司法試験にも1日2~3時間勉強して合格できる人間です。

このような人は、本当に勉強に関しては天才です。


そして、不思議な事ですが、世の中の勉強方法のノウハウ本は、このような勉強の天才のノウハウが書かれています。

そのようなノウハウは、私たちのような普通の人間には、まったく役に立たないです。

なぜなら、頭の構造が違うからです。


この頭の構造が違うというのは、根本的に生まれ持ったものです。

生まれた時から勉強に対する素質が違うのです。

そのため、普通の人より短い勉強時間で、物事を覚える事ができ理解できるのです。


このような人は、自分が特別とは思っていないことがほとんどです。

自分の勉強方法は、誰でも通用すると真剣に思っています。

これが、大きな勘違いを普通の人間が持つのです。


世の中の東京大学に受かる95%以上の人は、毎日8時間以上勉強して、やっと受かった人ばかりです。

この現実をまず知ることが大事です。


司法試験に合格する人は、寝る時間と食事の時間と風呂に入る時間以外は、勉強をしてやっと受かるのが普通です。

このような現実を理解することが必要です。


実際に私は、名古屋大学のあるサークルに出入りしていた時期がありました。

名古屋大学といえば、旧帝国大学であり、それなりの難易度が高い大学です。


そのサークルに所属している名古屋大学の学生は、高校生時代は、全員、毎日睡眠時間を削って勉強していました。

1日8時間勉強することは、普通でした。(学校で勉強をする時間を除く。)

それだけの勉強を高校3年間、毎日続けて勉強して名古屋大学に合格したのです。


では、それだけの難関の大学に合格できるから、頭が良いのか?

そのような事はありません。


具体的な例を出します。

私が最も親しくしていた名古屋大学の大学院生は、運転免許の学科試験に落ちました。


運転免許の学科試験は、普通に勉強していれば、誰でも合格できる簡単なものです。

それでも、名古屋大学の大学院生は、運転免許の学科試験に不合格を1回しました。

それで、真剣に勉強をして、2回目の運転免許の試験で合格しました。


なぜ、彼は、運転免許の学科試験に落ちたのか?

理由は実に簡単です。

彼は、運転免許の学科試験は、簡単だと聞いていて、あまり勉強をしないで、試験を受けたのです。

その結果、運転免許の学科試験に89点で不合格となりました。


どのような資格の勉強でもそうですが、勉強の努力をしなければ、不合格になる確率が高いです。

これは、偏差値が高い大学を卒業していようが同じことです。


重要な事は、毎日、勉強を続けることが、合格への近道です。

そのためには、資格のノウハウ本に書かれているような、簡単な勉強方法で合格することを考えないことです。


行政書士・宅建の試験の勉強方法が分からない人は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




  
Posted by takken_goukaku_ at 21:14トラックバック(0)
2012年01月31日

行政書士・宅建試験の勉強に六法は必要か?

行政書士・宅建試験の勉強に六法は必要か?

これは、意外と悩む人が多いみたいです。

まず、先に、宅建試験に合格するのに、六法は絶対必要無いです。


次は、行政書士試験に関してです。

実際に、私も行政書士の六法は持っています。(読んだことは1回しかありません。)


この六法に関する問題を、私のメルマガの読者の方から、質問を受けました。

私のブログやメルマガへの質問は、個別にご回答していますが、今回のご質問者は、メールアドレスの入力を忘れているため、ブログとメルマガの両方で、ご回答します。


質問された方は、Zさんです。

このような質問内容です。

「いつもメールマガジン楽しく読ませていただいております。

宅建に2010年に合格しましたが、今年は行政書士に挑戦しようか迷っています。


私も高校時代偏差値30ちょいぐらいだったので・・・。


専門学校の無料第一回講義の中で、勉強した該当箇所を必ず六法を引くようにと・・・言われていました。

宅建レベルでは六法など引いた事もありませんし、

ノートなどもちろん書いた事ありません。


行政書士では六法を引く事はやはり必要なのでしょうか?

もしよろしければ、合格ライン到達までの最低学習時間等色々アドバイスいただければうれしいです。


突然申し訳ありません。よろしくお願いします。」


以上、引用終わりです。


では、早速、ご質問にご回答します。


>専門学校の無料第一回講義の中で、勉強した該当箇所を必ず六法を引くようにと・・・言われていました。

>宅建レベルでは六法など引いた事もありませんし、

>ノートなどもちろん書いた事ありません。


>行政書士では六法を引く事はやはり必要なのでしょうか?


結論から言えば、行政書士試験の勉強をするのに、六法は必要ないです。

私は、一応行政書士の六法を持っていましたが、先ほども申しましたが、一回しか読んだことがありません。


>専門学校の無料第一回講義の中で、勉強した該当箇所を必ず六法を引くようにと・・・言われていました。

これは、行政法の事を言っているのだと思います。

しかし、現在の行政書士レベルの問題は、行政書士の六法を読んでも意味がないです。


現在の行政書士試験の問題は、新司法試験の行政法の択一の試験問題を解く能力が要求されます。

実際に、私は行政書士の行政法を勉強をするのに、新司法試験の行政法の過去問をたくさん解いて勉強をしました。



また、行政書士の問題で、六法に書かれている条文そのままの問題が出ることは少ないです。

明らかに、判例から行政書士の問題は出題される可能性が高いので、行政書士試験の勉強をするうえで、六法を読むことより、難易度の高い法律系の資格の問題をたくさん解く事より、合格する確率が高いです。


>もしよろしければ、合格ライン到達までの最低学習時間等色々アドバイスいただければうれしいです。


私は、行政書士試験に合格するには、働いている人であれば、平日は、毎日1時間30分勉強をする必要があると思います。

実際に、私も毎日、平日は、1時間30分勉強をしていました。

あとは、休日は、私は8時間勉強をしていました。


私は、平日は、行政書士の勉強に必要な教本を読み、休日は、難易度の高い法律系の資格の試験の過去問を解いていました。

行政書士試験に合格するには、いかに法律の問題を解く、読解力・把握力・理解力を高めるかということです。


もし、質問されたZさんが、私の行政書士に合格した勉強方法を知らない場合は、私の無料レポートを読んで参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




  
Posted by takken_goukaku_ at 09:00トラックバック(0)
2012年01月05日

行政書士・宅建の試験に合格するには、自分の勉強の目標を紙に書く

行政書士宅建の試験に合格するには、自分の勉強の目標を紙に書く事は大変重要です。


新年、明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



行政書士・宅建の試験を今年受験をされる方は、もう勉強を始めていると思います。


いろいろな勉強方法に通じることですが、まずは、勉強をすることに対して目標を決めるべきです。

目標というのは、自分が今後どのような過程で勉強をするか、スケジュールを作ることです。

勉強のスケジュールというのは、長期的に考える必要がありません。

1ヶ月程度先の勉強のスケジュールを決めるだけで十分です。


このような勉強のスケジュールを決めるうえで重要な事は、その決めたスケジュールを紙に書いて、自分の目に入る場所に置くことです。

そのような事をするだけで、自分が勉強をするスケジュールを常に意識することができます。

そのために、一番良い勉強のスケジュールを書く紙は、カレンダーです。


カレンダーに、1ヶ月先までの勉強のスケジュールを書くことで、勉強のスケジュールを自分の生活の中で優先することができます。

これは、自分の中で、勉強のスケジュールが意識されているためです。


行政書士・宅建の試験に合格するのであれば、まずは、自分の勉強の目標を紙に書くべきです。

その目標というのは、勉強のスケジュールです。

紙に書く目標に「合格!!」と書くのは無意味です。


目標というのは、目の前の実現することを書くのであって、合格することは、勉強をするうえで当然の結果と考える事ですから、合格を目標とするのは、無意味です。


これから、宅建試験まで、約10ヶ月。

行政書士試験まで、約11ヶ月。


今から、独学で勉強を始めても、行政書士・宅建の試験は十分合格できます。

これから、勉強を始める人も、まずは、毎日、勉強をすることを前提として、自分の勉強のスケジュールを作ってみましょう。

そのためには、まず最初に勉強を1日でも早く勉強を始めることです。

勉強を始めれば、自然とスケジュールができてきます。


勉強というのは、復習が一番重要です。

その勉強した後の復習をするために、復習をするスケジュールをカレンダーに書いて、目標とするのです。


そのような勉強方法は、私の行政書士・宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

私が独学で行政書士・宅建の資格の勉強をした1番の理由

行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで一番重要な事

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。  
Posted by takken_goukaku_ at 18:30トラックバック(0)
2011年12月15日

私が独学で行政書士・宅建の資格の勉強をした1番の理由

私が独学行政書士宅建の資格の勉強をした1番の理由がありますので、お話しします。


私は、行政書士・宅建の試験に独学で勉強をして合格していますが、このような事を他の人に言いますと驚かれます。

どのような事で、驚かれるか?

それは、行政書士・宅建試験のレベルに独学で合格した点です。


これは、逆に言えば、世の中の大変多くの人は、資格の専門学校に通わなければ、行政書士・宅建のレベルの試験には合格できないと思っている証拠です。

そして、このような事は多くの高学歴の人がそのように思っている事実があります。


実際に、早稲田・慶応・東工大・名古屋大学など、いわゆる偏差値が高い大学を卒業した人から、独学で行政書士・宅建の試験に合格したことを驚かれています。


これは、簡単に言えば、試験に合格する方法を自分で見つけたことに驚いていることであると、私は推測します。


逆に言いますと、私の感覚から言えば、資格の専門学校などで、勉強してもまったく勉強をした感覚が残らないのが事実です。

これは、あくまでも私の感覚です。


私は、他人の講義を聞いて勉強ができない人間です。

なぜなら、私は講師の言うことが頭の中に入らない人間です。

もっと分かりやすく言えば、資格の専門学校などで講義を聴く方法の勉強をしても、講義をまったく聞かず他事を考える人間です。


そのため、私は独学で勉強をしなければ、試験に合格できない人間です。

このような勉強をする人間として、ある意味欠陥がある私は、自分で試験に合格する方法を考えて実践して、行政書士・宅建の試験に合格しました。


このような講義を受けて勉強できない私の独学の勉強方法には、ある特色があります。

その特色というのは、「ノートというものをまったく作成しない。」

これに尽きます。


「ノートを作成しない…?」

このように考える人もいるかと思いますが、私は行政書士・宅建の試験勉強をして、教本の内容などをノートに書いたことが1ページたりともありません。

正確に言えば、宅建の試験勉強をしているときは、マインドマップというものを作って勉強してましたが、あまりにもマインドマップを作る時間が掛かってしまい、途中でやめました。

それ以来、行政書士試験に合格するまで、ノートを作成したことが一切ないです。


ハッキリ言えば、少なくとも行政書士・宅建の試験勉強において、ノートを作成するのは時間のムダです。

これは、大変分かりやすく言えば、行政書士・宅建の試験の問題のうち、行政書士の40字記述式問題以外は、問題に答えが書いてあるからです。

そして、行政書士・宅建の試験では、行政書士試験の40字記述式問題以外は、問題に書いてある解答を選ぶだけの試験であるからです。


そのため、一言一句、行政書士・宅建の試験に合格するだけの知識を覚える必要が無いのです。

だいたいの知識を覚えるだけで、行政書士・宅建の試験には合格できます。

このような事から、行政書士・宅建の試験勉強で、ノートを作成するのは時間のムダです。


では、どのような方法で勉強をすればいいのか?

簡単です。

教本・教科書は、見て覚えればいいだけです。


教本・教科書を見て、内容を覚えられるわけないと思っている方には、1つ質問します。

教本・教科書の内容をノートを作成して、次の日にそのノートに書きだした内容をどれだけ覚えていますか?

ほとんどの人が、95%以上、内容を覚えていないはずです。


もし、ノートに書いた内容をほとんど覚えている人がいれば、予備試験(旧司法試験)を受験してください。

間違いなく予備試験(旧司法試験)に合格できます。


だいたい、教本を読んだり、講義を聞いて、ノートを作成しても、そのノートを読み返すこと自体、ほとんどないと思います。

いったい、行政書士・宅建の試験の勉強をするために、どのような理由でノートを作成して勉強をするのでしょうか?

そのような勉強方法というのは、ノートを書く時間が大変時間が掛かる無駄な勉強方法です。

そのうえ、ノートを作成しても、ノートに書いてある内容を覚えていないのが現状です。


このような事から、行政書士・宅建の試験に独学で合格にするには、ノートを作成しないことが、合格する近道です。

ノートを書くのであれば、教本を何回も読み込むことが重要です。

教本を読んでいるだけで、自分の頭の中には知識は入っています。

ただ、自分で意識して、自分が教本を読んで頭の中に入った知識を意識できないだけです。


意識できないから、勉強した内容が頭の中に入っていないと考えるのは、間違いです。

意識できない自分の頭の中に入っている勉強した知識は、過去問などの問題を解きますと、意識できるようになります。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで一番重要な事

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?  
Posted by takken_goukaku_ at 21:38トラックバック(0)
2011年10月03日

行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで一番重要な事

行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで一番重要な事があります。


現在、行政書士・宅建の試験勉強をしている人は、資格の専門学校の模擬試験を受験される方も多いと思います。

もちろん、その理由は、自分の法律の問題を解く実力を身に付けるためです。


しかし、行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで、大変重要な事があります。

それは、模擬試験を受験した日に、必ず答え合わせをして、解答の解説を読むことです。


これは、模擬試験を受験するのであれば、必ず行わないといけないことです。

この解答の解説を読むことをしなければ、模擬試験を受験した意味がないと言っていいでしょう。


これには、大きな理由があります。


まず、模擬試験を受けて、問題の中には重要な問題がたくさんあります。

そのような問題は、どのような答えであるのか、認識する必要があります。

これは、模擬試験を受けて正解することができた問題であっても、必ず解答の解説を読む必要があります。

解答の解説を読むことによって、その問題の解答を導く論理を理解することができるからです。


問題を解く論理というのは、別の表現で表せば法律の問題を解く公式と言っていいでしょう。


問題を解くには、問題を解く公式をたくさん知る必要があります。

法律の問題であっても、法律の問題を解く公式があります。

これは、考え方の公式です。


この法律の問題を解く考え方の公式を理解するには、模擬試験の問題の解答の解説を読むことが一番身に付きます。


行政書士・宅建の試験の勉強方法で、問題を解いたら、必ず解答の解説を読むことが必要です。

この解答の解説を読むことで、本当に行政書士・宅建の試験勉強をしている意味があります。


行政書士・宅建の試験の勉強で、問題を解くことが、現在の自分の法律の問題を解く実力の確認であり、解いた問題を答え合わせをしながら、解答の解説を読むことは、法律の問題を解いた復習をしています、

このような感覚で、模擬試験の受験をした後に、解答の解説を読むことを意識すれば、大きく自分の法律の問題を解く実力がアップします。


行政書士・宅建の試験直前の今では、基礎的な勉強は必要ありません。

行政書士・宅建の試験に合格するには、現在の時点では、法律の問題を解く理論である公式をたくさん知ることが必要です。

そのような勉強方法は、模擬試験の受験をした後に、解答の解説を読むことです。

当然、模擬試験を復習した時は、同じように解答の解説を読むことは必要です。


このような事を意識して勉強をすることが、行政書士・宅建の試験に合格する近道です。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る  
Posted by takken_goukaku_ at 20:03トラックバック(0)
2011年09月07日

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士宅建試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。


行政書士・宅建の試験の受験生は、必ず資格の専門学校の模擬試験を受験するべきです。

これは、行政書士・宅建の試験に合格するには、大変重要な事です。


宅建試験の資格の専門学校の模擬試験の点数は、そのまま宅建の本番試験の点数に直結すると言っていいでしょう。

資格の専門学校の宅建の模擬試験で、38点取ることができましたら、現在は、宅建試験で38点取る実力があります。

資格の専門学校の宅建の模擬試験で、32点しか取ることができなければ、現在は、宅建試験で32点しか取る実力がないです。


宅建試験の模擬試験で38点取れる人は、今の状態で勉強をすれば、たぶん宅建試験には合格します。

問題は、宅建試験の模擬試験で、32点程度しか点数が取れない人です。

そのような人は、模擬試験の採点を分析してください。

そして、宅建業法でどれだけ間違っている確認してください。


もし、宅建業法の出題問題20問中正解が15問でしたら、宅建業法を全問正解することを目指して宅建業法を中心に勉強してください。

例えば、宅建業法を中心に勉強して3~4問正解率が上がりましたら、全体の点数で35~36点取れるようになります。

宅建業法は、宅建試験の中で、一番簡単な科目です。

できれば、宅建業法は、満点を目指して勉強をしてください。


行政書士の資格の専門学校の模擬試験を受験して、点数が取れなくても気にしないことです。

もちろん、まったく点数が取れない(120~130点以下)の人は、いけませんが、基本的に行政書士試験の模擬試験の結果が、そのまま行政書士の本番の試験の点数に直結することはありません。


これは、行政書士試験の問題が、どのような問題が出題されるか分からないからです。

では、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を受ける意味は、どのような意味があるのか?


一番の理由は、法律の問題を解く読解力・把握力・理解力を身に付けるためです。

これは、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を受験すれば、ある程度は身に付きます。

ただし、間違っても、資格の専門学校の行政書士試験の問題がそのまま出るとは、思わないで下さい。

いろいろな資格の専門学校の行政書士試験の模擬試験が行われますが、本番の行政書士試験と同じような問題が出ましても、ただの偶然です。


そのような事は行政書士試験では、まずありえませんから、資格の専門学校の模擬試験を期待以上に考えて受験をしないで下さい。


行政書士試験レベルの資格の試験になりますと、今の時点から、どのような勉強をすれば合格できる確率が上がるのか、そのような都合のいい話はありません。

行政書士試験は、今まで、計画通りに毎日勉強してきた人が合格できる試験です。

行政書士試験の受験者は、これからは、今までの自分がしてきた勉強に対する努力を信じて、試験本番まであと約2ヶ月、しっかりと勉強をしてください。


行政書士試験の一般知識の問題は、勉強しても、しなくても、点数は取れるときは取れます。

まったく勉強しなくても、足切りになる可能性は低いです。

行政書士試験の一般知識の勉強には神経質になる必要がないです。


行政書士試験の一般知識の問題を勉強するぐらいでしたら、行政法を勉強しましょう。

その方が、行政書士試験の点数を稼げる可能性が高いです。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!  
Posted by takken_goukaku_ at 19:27トラックバック(0)
2011年08月14日

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。


宅建試験まで、あと約二ヵ月、行政書士試験まであと約三ヶ月。

これからは、資格の専門学校の模擬試験も始まり、いよいよ試験前の状況になってきました。


これから行政書士・宅建の試験に合格するために重要な事は、今まで自分の勉強に対する努力を信じることです。

そのためには、資格の専門学校の模擬試験以外は、新しい問題集などは買わないことです。


ハッキリ言います。

これから、新しい問題を市販の問題集などで解いて勉強してもムダです。

資格の専門学校の模擬試験以外の新しい問題を解く時間があれば、今まで勉強してきた教本・問題集・過去問を繰り返し復習をするべきです。


この同じ教本・問題を何回も復習することは、行政書士・宅建の試験に合格するうえで重要な事です。


復習というのは、その復習している考え方や論理まで身に付くために、同じ内容を復習するのです。

そして、何回も同じ内容を復習するだけで、その復習している勉強内容の論理的な考え方や思考が身に付きます。

同じ問題を何回も復習していれば、問題を解く論理や思考が身につくのです。


このような復習によって身についた論理や思考が、行政書士・宅建の試験に合格できる論理や思考となります。

そのような論理や思考を身に付けるには、難易度の高い問題をたくさん解いて、同じ問題を復習することです。


世の中、いろいろな物事に対して結果を出している人は、ほとんどの人が行き当たりばったりの人が多いのが現実です。

しかし、そのような物事に対して結果を出した人は、自分が結果を出したことを冷静に振り返ってみますと、意外と論理的な考えで自分が目標に向かって努力をしていた事実を知ります。

これは、あくまでも結果論なのですが、いろいろな事に対して結果を出す人は、論理的な行動をしている人が圧倒的に多いのです。

ただし、そのような結果を出す人は意識して、そのような論理的な行動はしていません。

あくまでも、結果として、無意識で論理的行動をしているのです。


世の中、いろいろな事で成功している人は、自分が1回成功したことに対して、検証をする人です。


例えば、私は、行政書士・宅建の試験に2回目の受験で合格していますが、両方とも1回目の受験の時は論理的な勉強方法はしていませんでした。

しかし、1回目の受験で不合格になった後、自分の勉強方法を検証して、勉強方法を変えたのです。

その結果、2回目の受験で、行政書士・宅建の試験に合格できました。


その私が言います。

これから行政書士・宅建の試験に今年受験する人は、今から新しい勉強をしてもムダです。

それよりも、今まで勉強してきた、教本や問題・過去問を繰り返し何回も復習する方が合格できる確率が高くなります。

ただし、簡単な問題を復習していては、今の段階では、勉強している意味がないです。


今の時点では、難易度の高い問題をたくさん解いて復習することが、合格する近道となります。

このような勉強方法で、私は行政書士・宅建の試験に合格しました。

その私の勉強方法は、下記でご覧になれます。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!  
Posted by takken_goukaku_ at 22:31トラックバック(0)
2011年07月24日

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。

行政書士・宅建の試験に合格するには、資格の専門学校の模擬試験を受験することは、必須です。


これは、どのような人に対しても共通していることです。


資格の専門学校の模擬試験は、自分の法律の問題を解く把握力・読解力・理解力を身に付けるには、一番適している問題です。

これは、行政書士・宅建の試験に通じることです。


行政書士試験の資格の専門学校の模擬試験に出題される問題は、ほとんど本試験の行政書士試験に出題されることはないです。

しかし、行政書士試験のレベルの問題で、難易度の高い問題を作れるのは、資格の専門学校だけです。

それも、書店で市販されている問題は、簡単すぎて使い物にならないです。


あくまでも、資格の専門学校が独自に作成した模擬試験を受験する必要があります。


宅建試験の場合は、話が違います。

宅建試験の資格の専門学校の模擬試験の問題は、比較的、本試験である宅建試験に出題されやすいです。

これは、宅建試験は、過去問が多く出題されるためです。


このような事を考えれば、宅建試験に受験する人は、できる限り機会を設けて宅建試験の資格の専門学校の模擬試験を受けるべきです。

そして、資格の専門学校の模擬試験を受験するときは、いろいろな資格の専門学校の模擬試験を受験してください。

1つの資格の専門学校の模擬試験しか受けませんと、勉強して解く問題が偏ります。


行政書士・宅建の試験勉強に共通して言えることは、模擬試験の受験料をケチらないことが、合格できる可能性を高めます。


私は、宅建試験のときは、1・2回目の受験は、たった1回しか、資格の専門学校の模擬試験を受けませんでした。

それも、市販されている問題集についていた、無料で受験できる模擬試験でした。

そのような事をしても、なんとか2回目の受験で宅建試験に合格しましたが、私のような資格の模擬試験をほとんど受験せずに、宅建試験に挑むような、無謀な事はやめてください。


また、私が行政書士試験の時は、1回目の受験の時は4回、2回目の受験の時は9回、模擬試験を受験しました。

そして、2回目の受験で行政書士の試験に合格しました。


模擬試験の採点の結果ですが、宅建試験の模擬試験の点数は、そのまま自分の実力と思ってください。

例えば、宅建試験の模擬試験で、36点取れれば、本番の宅建試験でも、36点取れる可能性が高いです。

宅建試験の資格の専門学校の模擬試験で、36点取れない人は、危機感を持って勉強をしましょう。


行政書士試験の模擬試験の点数は、まったく参考になりません。

私は、行政書士試験の模擬試験で、ほとんど合格点が取れませんでしたが、実際の行政書士試験では、1回目の受験の時は178点、2回目の受験の時は216点取りました。

行政書士試験の資格の専門学校の模擬試験で点数が取れなくても、あまり気にしないで下さい。


行政書士・宅建の試験の勉強も、これからが重要です。

あとは、毎日勉強することの積み重ねです。

一日一日を大切にしましょう。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。  
Posted by takken_goukaku_ at 21:52トラックバック(0)
2011年06月30日

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の試験勉強でノートを取るのはやめませんか?

行政書士・宅建の試験勉強をしていて、多くの人がノートというのを作成されていると思います。


ノートを作成されて勉強をされている方に質問をします。

ノートを作成して、そのノートを読み返したことがありますか?

ほとんどの方がないと思います。


行政書士・宅建の試験勉強をしている人は、ノートを作成する事によって、勉強内容が覚えられると思い込んでいませんか?

そのような事はないです。


何を根拠にそのような事を言うのか?

私は、行政書士・宅建の試験にノートを作成しないで合格しました。


行政書士・宅建の試験勉強をしている人は、文章を書くことで、いろいろの勉強内容が覚えられると思っていませんか?

少なくとも、行政書士・宅建の試験勉強の中では、行政書士の40字記述式問題以外は、まったくノートを書かなくても合格できます。

行政書士の40字記述式問題も、漢字がしっかり書ける人であれば、文章を書く必要がないです。


基本的に、試験で記述式・論文がある試験以外は、ノートを作成して勉強をするのは時間のムダです。

択一式の試験問題の勉強で、ノートを書いて勉強するのは、間違っています。


択一式問題というのは、ある程度の知識を覚えていれば、問題を解くことができます。

その理由は、択一式問題は、解答が問題用紙に書いてあり、その解答の選択肢を選べばいいだけです。

そのため、解答を解くのに必要な知識は、大まかに覚えていれば、自然と解けます。


記述式問題・論文のような試験問題は、問題に対する解答を正確に文章にするために、解答を文章に書きだす訓練をする必要がありますが、行政書士の40字記述式問題ぐらいのレベルでは、そのような訓練は必要ないです。


ノートを作成して勉強をするのは、学校の勉強方法です。

しかし、みなさん自身の生徒・学生時代の生活を思い出してください。


学校で授業を受けていて、ノートを書いていた人がほとんどだと思います。

しかし、その書いたノートを読み返したことは何回ありますか?

ほとんどの方が、一回もないと思います。

もし、あったとしても数回程度の回数のはずです。


世の中、一般的に行われている常識がすべて正しいと思うのは、間違っています。

いろいろな事に対して、冷静に分析をすれば、世の中の常識というのは、意外と間違っていることが理解できます。


その一つが、ノートを作成して、択一式問題の勉強をすることです。


では、どのような勉強方法が、行政書士・宅建の試験勉強に適しているのか?

これは、教本は読んで覚えることです。

繰り返し何回も教本を復習をして、読んで覚えるのです。

そして、休みの日に問題を解き何回も復習します。


少なくとも、行政書士・宅建の試験に合格するには、このような勉強方法が最適です。

教本を読んで覚えれば、効率がノートを作成して勉強する数倍もアップします。


行政書士・宅建の試験に合格するには、だいたいの知識を覚えていれば合格できます。

正確に知識を覚える必要がないのです。


なぜなら、行政書士の40字記述式問題以外では、文章を書きだす解答方法がないからです。

択一式問題では、だいたいのあいまいな知識で問題は解けるのです。

このような現実を理解することが重要です。


私は、ノートを作成しない勉強方法で、行政書士・宅建の試験に合格しました。

その勉強方法は、下記でダウンロードできます。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!

勉強の化け物のマネはしては、いけません。

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。  
Posted by takken_goukaku_ at 19:55トラックバック(0)
2011年06月06日

行政書士・宅建の勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る

行政書士・宅建の試験勉強をしている人は、自分の得意な科目・苦手な科目を知る事が重要です。

試験勉強をして合格をするには、自分の得意な科目・苦手な科目を理解することが必要です。


自分の得意な科目とは、行政書士・宅建の試験勉強をしていて、最も正解率が高い科目です。

自分の苦手な科目とは、行政書士・宅建の試験勉強をしていて、最も正解率が低い科目です。


自分の得意な科目=自分の好きな科目という感覚の人が大部分の人だと思います。

自分の苦手な科目=自分の嫌いな科目という感覚の人が大部分の人だと思います。


参考までに、私は、行政書士・宅建の試験を通じて、民法が自分の得意な科目でした。

そのため、宅建などは、多くの人が民法を難しく感じるみたいですが、私はそのようなことがありませんでした。


行政書士・宅建の試験勉強をしていて、自分の得意な科目が、問題数の多い科目でしたら、大変良いことです。

行政書士の科目では、行政法ですね。

宅建の科目では、宅建業法ですね。


行政書士の行政法は、難しくありませんが、独特の科目です。

そのため苦手意識がある人は、意外といます。

しかし、行政書士の行政法は、ある程度、勉強をすれば、自然と慣れてきます。


肝心なことは、同じ教本、同じ問題集や過去問を繰り返し復習をすることです。

行政書士の行政法で、点数が取れなければ、行政書士の試験では致命的です。

特に、40字記述式問題では、今まで毎年2問出題されています。


このような現実を考えれば、行政書士の行政法は、苦手意識は持たないようにするべきです。

苦手意識を持たない対策は、同じ勉強内容を復習をするのが一番です。


宅建の宅建業法は、宅建の試験の中で一番簡単です。

そして、宅建の科目では、一番出題問題数が多いです。

宅建の宅建業法は、得点源にするべきです。


宅建の宅建業法は、満点を目指して勉強をしましょう。


もし、宅建の宅建業法に苦手意識がある人がいれば、それは単純に勉強不足です。

宅建業法が苦手な人は、まず、民法と宅建業法だけを勉強をしましょう。

注意することは、民法の勉強だけは必ずすることです。


宅建の宅建業法の勉強方法は、まずは平日に教本を読んで、休みの日に宅建試験の過去問を解くのが一番です。

この時に注意をすることは、宅建試験の過去問を勉強するときは、すべての科目の問題を解いてください。

宅建試験の宅建業法の過去問だけ解くような勉強方法はやめてください。


あくまでも、民法と宅建業法だけを勉強をするという意味は、教本を民法と宅建業法だけ読むという意味です。

宅建試験の過去問は、しっかりすべての科目を解きましょう。


行政書士・宅建の試験勉強をしていて、得意な科目が問題数が多い科目であれば、その科目を満点を取る気持ちで勉強をしてください。

行政書士・宅建の試験勉強をしていて、得意な科目が問題数が少ない科目であれば、一番問題数が多い科目をしっかり勉強しましょう。


行政書士・宅建の試験勉強をしていて、苦手な科目が、問題数が多い科目であれば、その科目は2倍努力をして、苦手意識をなくしましょう。

行政書士・宅建の試験勉強をしていて、苦手な科目が問題数が少ない科目であれば、一番問題数が多い科目をしっかり勉強するようにして、苦手な科目でとれない点数が取れるようにしましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!


行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!


勉強の化け物のマネはしては、いけません。

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。


行政書士・宅建に共通する合格できる勉強方法。
  
Posted by takken_goukaku_ at 19:41トラックバック(0)
2011年05月07日

行政書士・宅建の試験勉強をしても、ある程度の期間は、勉強の内容が理解できなくて当然!!

行政書士・宅建の試験勉強をして、勉強を始めてある程度の期間は、問題集・過去問を解いても、正解率が悪くて当然であることをご紹介します。

今回のケースは、あくまでも、初めて行政書士・宅建の試験勉強をしている人が対象となります。

1度以上、行政書士・宅建の試験の受験経験がある人は、対象となりません。


初めて、行政書士・宅建の試験勉強をする人は、勉強を始めてある程度の期間は、問題集や過去問を解いても、正解率が悪いのは当然です。

その理由は、初めて勉強した内容を1回の勉強で理解できる人は、司法試験や東京大学に毎日2~3時間程度の時間で合格できる勉強の天才だけです。


普通の人は、勉強内容を何回も復習をして、勉強している内容を理解します。

この復習をすることが重要です。


復習をする時は、同じ教本・同じ問題集・同じ過去問を、必ず何回も勉強します。

復習をする意味は、同じ勉強内容を繰り返し勉強をすることで、本当の意味があります。


復習を同じ勉強内容で繰り返ししますと、その勉強している内容の仕組みが理解できるようになります。

例えば、同じ問題集・過去問を何回も復習をしていますと、その復習している問題の解き方を理解できます。

正確な表現で言えば、復習している問題の解き方の公式を理解できるという表現が適切です。


これは、プロの将棋や囲碁の名人の頭の構造と同じです。

プロの将棋や囲碁の名人は、方法記憶という記憶の力を使って、自分が打った将棋や囲碁の対局の盤面を覚えています。


これは、このような場面の時は、このように打つと、法則で覚えているのです。

簡単に言えば、プロの将棋や囲碁の名人は、プロレベルになると、デタラメな打ち方をしない人ばかりです。

このように打つと、次はこのように打つ、このような流れというものがほとんど決まっています。


プロの将棋や囲碁の名人は、この流れを覚えているのです。


これは、行政書士・宅建の試験でも同じことが言えます。

このような問題が出題されれば、このような法律の解釈を基に解く。

このような方法記憶をたくさん使って、法律の問題を解くのです。


肝心な事は、この方法記憶というものは、たくさんいろいろな問題を解く経験を積まなければ、自分自身に身に付きません。

そのため、勉強を始めたころは、この方法記憶があまりないため、当然問題を解いた正解率が悪いわけです。

ですから、行政書士・宅建の試験を今年受験される方は、毎日勉強を続けていれば、自然と方法記憶が身に付きます。

そのため、現在、行政書士・宅建の勉強をしていて、あまり正解率が良くなくても、何も心配する事が無いのです。


ここからは、一度以上、行政書士・宅建の試験経験がある人の話をします。

もし、現在、行政書士・宅建の問題・過去問を解いて、正解率が悪ければ、それは問題があります。

あきらかに勉強不足か勉強方法が間違っています。


勉強不足の人は、毎日、勉強をしてください。

それ以外の方は、勉強方法が間違っている可能性が高いです。

私の勉強方法を参考にして、自分の勉強方法を見直してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



この記事を読まれた方は、次にこちらの記事も読まれています

勉強の化け物のマネはしては、いけません。

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!



行政書士・宅建に共通する合格できる勉強方法。

行政書士・宅建の共通する合格する勉強方法。
  
Posted by takken_goukaku_ at 23:01トラックバック(0)
2011年04月11日

行政書士・宅建の試験の勉強でノートは基本的には書かない!

行政書士宅建の勉強でノートは基本的に作成する必要がないです。

もっと分かりやすく言いますと、行政書士試験の40字記述式の問題の勉強以外で、ノートは使いません。


まず、ノートを作成しないで行政書士・宅建の勉強をする一番の理由を説明します。

行政書士・宅建の試験は、行政書士の40字記述式問題以外は、マークシートの試験です。


マークシートの試験に関して、断言できることですが、マークシートの試験に合格するには、マークシートの試験に合格するテクニックがあれば、誰でも合格できます。


マークシートの試験とは、そのようなものです。

マークシートの試験は、勉強ができるとか、頭が良いとか、そのような事は関係ないです。

マークシートの試験に合格するのは、技術があればだれでもマークシートの試験に合格できます。


現実に、私は高卒、偏差値30の人間ですが、行政書士・宅建の試験に独学で共に2回目の受験ですが、合格できました。

そして、私は、宅建の1回目の受験の時は、途中まで勉強をするのにノートを作成していました。

しかし、ノートの作成はあまりにもムダな時間が掛かるのでやめました。


私は、行政書士・宅建の試験にノートを作成しない勉強方法で合格しました。

その私のノートを作成しない勉強方法は、「教本を見て覚える。」

これに尽きます。


このような事を言いますと、私の勉強方法を信じる人は少ないと思います。


まず、「ノートを作成しないで、勉強内容を覚えるわけがない。」

このように思われる方は、たくさんいると思います。


ハッキリ言いますが、それは固定概念です。

文章を書いて覚える勉強方法は、マークシートの試験では無意味です。


なぜなら、マークシートの試験では、正解の答えが、問題の選択肢に載っているからです。

理論的に考えれば、実に簡単な事です。


マークシートの試験は、正しい選択肢か、誤りの選択肢を、選ぶ試験です。

記述式の問題のように、正解の答えをすべて自分の頭で考えて文章で解答用紙に書くような解答方法ではありません。


行政書士・宅建の科目の勉強内容をだいたい覚えていれば、問題用紙に書かれている選択肢を選ぶことができます。

記述式の問題のように、正確に試験科目の勉強内容を覚えている必要がありません。


マークシートの試験の勉強方法は、試験科目の勉強内容をだいたい覚えていれば正解できるのです。

肝心なのは、法律の問題を解く読解力・理解力・思考力です。

試験科目の勉強内容を暗記しようとはせずに、問題を解く能力を身に付ける勉強方法が必要です。


分かりやすい例えで言えば、問題の選択肢を正しいか、誤っているか判断する力です。

これは、試験科目の勉強内容を暗記するような勉強方法では、大変時間が掛かることになります。


そのためにも、行政書士・宅建の勉強を効率的にするには、まず教本は見て覚えます。

例え、教本を読んで自分が教本の内容を覚えているか自信が無くても、頭の中に入っていることにします。


そして、行政書士の試験勉強をする時は、旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の過去問を解いて、問題を解く判断力をつけます。


宅建の試験勉強をする時は、宅建の試験の過去問を解いて、問題を解く判断力をつけます。


勉強をする時に過去問を何回も解く復習をすることによって、教本を読んで覚えた知識をハッキリと理解できるようになります。

そうすれば、頭の中で勉強している内容が試験の問題を解くときに数学の公式を解くような理解力が身に尽きます。


マークシートの試験で合格するテクニックとは、このようなものです。


ノートを作成する時間があれば、教本を何回も読み、過去問を何回も復習しましょう。

そうすれば、合格に近づきます。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 20:28トラックバック(0)
2011年03月20日

勉強の化け物のマネはしては、いけません。

行政書士宅建試験勉強をしている人は、勉強の化け物のマネをしていけません。

世の中には、勉強の化け物がいます。

例えば、司法試験に1日2~3時間の勉強時間で合格する人。

また、東大に、1日2~3時間の勉強時間で合格する人。

このような勉強の化け物は存在します。


このような勉強の化け物は、たくさんの勉強の方法の本を出しています。

ここで、重要な事は、司法試験や東大に、1日2~3時間の勉強で合格した人の勉強方法をマネしてはいけません。


勉強の化け物の頭の中身の構造は、世の中のほとんどの人と構造がまったく違います。

もっと分かりやすく言えば、司法試験や東大に合格する人の95%以上の人は、一般人と同じ頭の構造です。

司法試験や東大に合格する人の95%以上は、1日10時間以上の勉強をして、試験に合格しています。


しかし、私は実際に会った事が無いですが、世の中には、勉強の天才といえる、司法試験や東大に1日2~3時間の勉強時間で合格する人が、ほんの一握りですが存在します。

そのような人達は、別の次元の人間です。


司法試験や東大に合格する人の95%以上は、とてつもない勉強に対する努力で試験に合格しています。


この事を、行政書士や宅建の試験勉強をしている人は、認識する必要があります。


行政書士や宅建の試験に合格するには、勉強に対する日々の努力が必要です。

世の中、努力することに関して、短時間の努力でとてつもない結果が出せるのは、天才だけです。


天才の努力の方法は、一般人の人間には、まったく参考になりません。


もし、勉強の本を読んで、勉強方法を参考にする方は、その著者の経歴をよく読みましょう。

その人が、司法試験や東大などに、1日2~3時間の勉強で合格している人であれば、その勉強の本に書かれていることは、実行してもムダです。

なぜなら、天才の勉強方法は、天才しか通用しません。


この現実を、理解しましょう。


行政書士や宅建の試験に合格したい人は、毎日勉強を続けることが、合格への近道です。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 15:04トラックバック(0)
2011年02月19日

行政書士・宅建に共通する合格する勉強方法。

行政書士・宅建の試験に関する共通する合格する試験の勉強方法です

これは、行政書士と宅建に共通することですが、簡単な問題ばかり勉強をしないことです。


まず、宅建試験の勉強は基礎固めをする必要がないです。

最初から、宅建の試験の過去問10年分を勉強してください。

一番してはいけない勉強方法は、1問1答の問題を解くことです。


なぜ、1問1答の問題を解いてはいけないのか?

それは、宅建の本番の試験ではそのような出題形式で問題が出題されないことです。


1問1答形式の問題では、問題を解いて正解する確率が、理論的には50%です。

しかし、宅建の試験の問題では、1問の問題に選択肢が4問出題されます。

理論的には、問題を正解する確率が25%です。


しかし、1問の問題の選択肢が4問ありますと、引っ掛け問題や難解な問題などがたくさんあります。

宅建試験の勉強では、そのような問題をたくさん解いて、自分の実力を上げることが重要になります。


1問1答では、正解か誤りかどちらかの選択になりますので、比較的解答がしやすいです。

問題を解くことに迷いがなく答えやすいのです。


宅建試験の勉強では、問題を解きながら迷うことが重要です。

たくさん問題を解いて、迷いながら悩んで解答を出す。

このような勉強の積み重ねで、宅建試験の勉強の実力が上がります。


問題を解いて迷いながら悩んで解答を出す訓練を、たくさんすれば1つの問題に対しての解答を導き出す時間も短くなります。


行政書士の試験勉強の場合は、少し話が違います。

行政書士試験の勉強を初めてする人は、まずは、簡単な行政書士レベルの問題を解いて基礎固めをすることが重要です。


今の行政書士試験のレベルは、大変難しくなっています。

宅建試験の5倍は難しいです。

行政書士試験の問題は、新司法試験・旧司法試験・司法書士試験の問題レベルの出題がされます。

そのために、行政書士の試験を初めて受験される方は、行政書士試験の市販されている過去問ぐらいは、簡単に解けるようにならないといけません。

そして、ある程度基礎固めができてから、新司法試験・旧司法試験・司法書士試験の過去問を勉強していきます。


ただし、行政書士試験の受験の経験が一度以上ある人は別です。

最初から、難易度の高い、新司法試験・旧司法試験・司法書士試験の過去問を勉強をしてください。


行政書士試験の受験経験のある人は、行政書士試験の過去問レベルの問題は、ある程度解けるようになっていることです。

そのような事を前提に勉強をしなければ、行政書士試験には合格できません。


宅建試験を受験される方と、行政書士の受験経験がある方は、簡単な問題ばかり勉強はしないことが、合格できるカギとなります。


行政書士・宅建の試験勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 21:50トラックバック(0)
2011年01月31日

行政書士・宅建に共通する合格できる勉強方法。

2011年1月24日に、行政書士の合格発表がありました。

平成22年度の行政書士試験の合格率は、6.6%でした。


私が平成22年度の行政書士の試験問題を解いた限りでは、もう少し合格率が低いかと思っていましたが、考えていたより合格率が高かったです。

これで、平成22年度の行政書士・宅建の試験の合格発表は終わりました。


今回の試験で合格できなかった方は、もう今年の受験は始まっています。

しっかり現実を受け止めて、合格に向かって、勉強をしましょう。


今回の試験で合格できなかった方の今まで、勉強したことは、絶対にムダにはなりません。

逆に、今年、初めて行政書士・宅建の試験を受験される方より、有利な立場におられます。

それほど、今回の受験に向けて勉強されたことは、身についている大切な知識です。


その知識を生かして、今年の行政書士・宅建の試験を受験して、合格しましょう。


さて、行政書士宅建試験勉強で、大変重要なことがあります。

これは、行政書士・宅建の試験を受験するうえで、ぜひ、理解してほしいことです。

それは、行政書士・宅建の試験勉強で、法律の条文・判例を暗記してはいけません。


これは、行政書士・宅建の試験に合格するうえで重要なことです。

行政書士・宅建の試験に合格するのであれば、法律の条文・判例は、暗記するものではありません。

法律の条文・判例は理解するものです。

このことを認識してください。


現実問題として、行政書士試験は、平成18年度からの試験を、宅建試験は、今までの試験の過去問を見てください。

法律の条文・判例を暗記して答えられる問題は、ほとんど出題されていません。


法律の条文・判例の中身を理解していなければ解けないような問題は出題されています。

ここが重要です。


行政書士・宅建の試験問題で問われていることは、法律の条文・判例をよく理解しているか?

ということです。


法律の条文・判例の背景にある法律の理論・実務的な法律の内容の理解力が問われます。

このことを頭の中に入れて、行政書士・宅建の試験勉強をする必要があります。


行政書士・宅建の試験に合格するためには、法律の条文・判例を1つも暗記する必要はないです。

現実に、私は、行政書士・宅建の試験に合格しましたが、法律の条文・判例を1つも暗記していません。


行政書士の試験において、憲法の条文を暗記するなど時間のムダです。

行政書士の試験で憲法の条文を暗記して解けるような簡単な問題は、現在は出題されません。


宅建の試験においても、法律の条文・判例を暗記して解けるような簡単な問題は出題されません。


行政書士・宅建の試験において、行政書士の40字記述式問題以外は、マークシートの選択肢を選ぶ問題です。

問題の解答は、問題用紙に書いてあります。

正解の選択肢を選ぶだけでいいのです。


法律の条文・判例を暗記しなくても、法律の条文・判例に対してだいたいの理解力があれば解けるような問題です。

このことをよく認識して、行政書士・宅建の試験勉強をしましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







  
Posted by takken_goukaku_ at 21:17トラックバック(0)
2011年01月13日

行政書士・宅建の共通する合格する勉強方法。

行政書士宅建の試験は独学で勉強して、十分合格できます。

まず、このことを認識する必要があります。

資格の専門学校に通わなければ、行政書士・宅建の試験には合格できない…。

このようなことを言うのは、間違っています。


ただし、行政書士・宅建の試験で独学で合格するには、自分の意志を強く持つことが重要です。

そのことを踏まえたうえで、行政書士・宅建の試験に合格できる共通する勉強方法をご紹介します。


まず、行政書士・宅建の試験に合格するには、ある一定の勉強方法が、私は最適だと思います。

その勉強方法とは、平日は、教本を読み、休みの日に過去問を解く。


このような勉強のスケジュールを立てるのが、私は最適だと思います。

特に、働いて勉強をしている人は、大変最適だと思います。


これは、私が行政書士・宅建の試験に働きながら勉強をして独学で合格した経験からきています。


まず、教本を読むことは、試験勉強の上で予習と考えましょう。

教本を読むことによって、頭の中にいろいろな知識を入れるのです。


ここで重要なことは、「教本を読んだら、読んだ知識は頭の中に入っていると決めつける。」

これが一番重要です。

くれぐれも、「教本を読んだことが、しっかり頭の中に入っているか、自信がない…。」

このような事は、考えないでください。


行政書士・宅建の勉強をしている人は、教本を読めば頭の中に知識として入っているのです。

その様に決めつけてください。


行政書士・宅建の試験の勉強をしている人で、教本を読んでいる人は、自分が勉強した知識を意識できないだけで、無意識で覚えています。

この点が重要です。


本当に自分の頭の中に、教本を読んで勉強した知識が入っているかの確認は、過去問を解くことで確認できます。


教本を一通り読んだ後は、過去問を解きます。

この時に、初めて過去問を解いて全く過去問が解けなくても、落ち込まないでください。

大丈夫です。

過去問は、初めて解いた時に正解率が悪くても、復習をすれば、過去問が解けるようになります。

この過去問を何回も復習をすることによって、法律の問題を解く能力が向上します。


これが、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力がアップすることになります。


もちろん、過去問だけでなく、教本を何回も復習をして読むことが重要です。


復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


そのような勉強方法を続けて、最後の仕上げに資格の専門学校の模擬試験を受けます。

資格の専門学校の模擬試験は必ずたくさん受けてください。

そして、資格の専門学校の模擬試験も何回も復習するのです。


行政書士・宅建の試験に合格するために、一番重要なことは、復習をすることです。

何回も同じ勉強内容を復習を何回も重ねることで、自分の勉強したことに対する把握力・読解力・理解力が向上します。


これが、行政書士・宅建の試験に関する共通する合格する勉強方法です。


どのような教本・過去問を勉強をするかは、私の行政書士・宅建の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 19:02トラックバック(0)
2010年12月23日

行政書士・宅建に独学で合格するには、自分にルールを作る!

行政書士・宅建の試験に独学で合格する方法は、まず、自分で自分自身にルールを作る事が重要です。

自分自身にルールを作る事は、実に簡単です。

まず、自分に可能な事をルールにする事です。


自分自身に可能な事をルールにするのですから、ルールを作って達成する事が大変な事は、ルールにしてはいけません。

例えば、働きながら行政書士・宅建の試験に独学で勉強をする人が、「毎日5時間勉強をする」というルールなどです。


「毎日5時間勉強をする」

このルールは、働きながら行政書士・宅建の試験に独学で勉強をする人でも、達成は確かに困難ではありません。

実現は可能です。

しかし、無理をする可能性が高いです。


休みの日に5時間勉強をする事は、誰でもできます。

しかし、働いている平日に5時間勉強をする事は、睡眠時間を削るか等しないと、達成が難しいです。


そのようなルールは作る必要はありません。

簡単に達成できて、ある程度、柔軟性があるルールが一番です。


柔軟性があるルールとはどのようなルールでしょうか?

ポイントは、まず「必ず毎日勉強をする。」

これが重要です。


次に、「できる限り、平日は1日、1時間30分勉強をする。」

このように毎日勉強をする時間をルールとして定めます。


そして、「平日は、1週間でトータルで7時間30分勉強をする。」

このように考えてルールを考えます。


さらに、「平日、トータルで1週間で7時間30分勉強をできなかった場合は、休みの日に埋め合わせをする。」

このようにルールを設定して、1週間に勉強をする時間を一定に定めるように、柔軟にルールを設定します。


勉強をするうえで、一番重要なことは、毎日勉強をする事です。

できる限り、毎日、同じ時間の勉強時間で勉強をするのが最適です。

しかし、みなさんには日常生活があります。

日常生活を送っていますと、いろいろな用事ができます。


その用事に柔軟に対応するために、「1日、何時間勉強をするのか?」という概念にとらわれずに、1週間単位で勉強する時間を考えます。

1週間単位で、勉強時間を考えますと、自分に何かの用事ができて、勉強をする時間が余り取れなくても、休みの日に埋め合わせができます。


このような考え方で、自分に柔軟性のあるルールを設定してみてください。

そして、そのルールを紙に書き出して、自分の目に付く場所に張り出してください。


常に、自分が作った勉強のルールを意識するためです。

ルールを作っても、頭の中で理解しているだけでは、ルールは徹底できません。


ルールは、徹底して実行する事こそ意味があります。

ルールというのは、毎日の目標であります。

そして、ルールが実行しやすいように1週間の目標としての意味を持たせてみましょう。


行政書士・宅建の試験に独学で勉強をして、合格できるコツで一番重要な事は、いかに日々の自分の目標を達成できるかです。


高卒偏差値30の私が行政書士・宅建に独学で合格した勉強方法は、こちらに書かれています。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 12:16トラックバック(0)
2010年12月15日

行政書士・宅建の共通する試験勉強方法。

行政書士宅建の試験に対する共通する独学の勉強方法をお話します。

行政書士・宅建の試験には、共通する点が多いです。

そのため、基本的には独学の勉強方法としては、同じような勉強方法で合格できます。


では、行政書士・宅建の試験に共通する事は、どのようなことでしょうか?

これは、実に明快です。

行政書士・宅建の試験問題は、行政書士の40字記述式問題以外では、択一式選択問題である事です。


これは、行政書士・宅建の勉強をするうえで、必ず認識しなければいけないことです。

そして、行政書士・宅建の試験に合格する上で、重要な事です。


どのようなことが重要であるのか?

それは、行政書士・宅建の試験は、問題の選択肢を選ぶだけで正解となることです。


この点に注目する必要があります。


もっと分かりやすくいえば、行政書士・宅建の試験問題には、問題の選択肢に正解の解答が書かれており、それを選択するだけで正解となるのです。

論文の試験・記述式の問題のように、問題を読んで自分の頭で解答を文章で解答用紙に記入をする必要がないのです。

行政書士の40字記述式問題以外は、すべての問題が択一式問題であるため、選択肢を選ぶだけでよいのです。


これが、どのような意味をするのか?

ここからお話しすることが重要です。


行政書士・宅建の試験問題の選択肢には、正解の解答が書かれています。

その選択肢を選ぶだけで、正解となります。

そのため、行政書士・宅建の問題を解答する知識は、だいたいの知識があれば、問題を解くことができます。

完璧に行政書士・宅建の試験に対する知識を、頭の中に入れる必要がないのです。


これが、行政書士・宅建の試験に合格する上で重要な事です。


では、行政書士・宅建の試験に合格するために、だいたいの知識を頭の中に入れる勉強方法とは、どのような勉強方法でしょうか?

実に簡単です。

今からお話しすることを実行してください。

特に、行政書士・宅建の試験に一度以上受験の経験がある方は、ぜひ、合格するために実行してください。


行政書士・宅建の試験に合格するための勉強方法は、教本を読むときにノートを作成しない。

これが大変重要です。


「教本を読むときにノートを作成しない。」

このような事を言われて、実際に実行する人は少ないと思います。


それは、なぜか?

教本を読んで、ノートを作成しなければ、教本を読んだ内容を覚えられないと思っている方が、実に多いからです。


では、質問します。

あなたは、行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成して、その内容をどの程度1週間後に覚えていますか?

結論から言います。

ほとんどの人は、自分が行政書士・宅建の教本を読んだ内容を、ほとんど覚えていないはずです。


もし、行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成して、その内容を1週間後にほとんど覚えることができる人は、行政書士・宅建の試験ぐらい簡単に合格できます。

そのような方は、ぜひ、司法試験に挑戦してください。


話を本題に戻します。


行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成しても、勉強をした内容はほとんど覚えていないのに、ノートを作成する意味はあるのでしょうか?

これは、勉強方法として勘違いしています。


勉強をした内容をノートに作成しなければ、勉強内容を覚えられないと固定概念を持っている方が、大変多いです。


それは間違いである事を、具体的な私の例を出して説明します。


私は、宅建の1回目の受験以降、行政書士・宅建の試験勉強をするのにノートというものを作成していません。

行政書士・宅建の教本は、本を読んで覚えました。

私の行政書士・宅建の独学の勉強方法は、教本を読んで、見て覚える。


別の言い方をすれば、「行政書士・宅建の教本を読んだだけで、頭の中に入っているものとする。」

行政書士・宅建の試験に合格するには、教本を勉強をする事は、その程度の感覚で十分です。

それで、私は行政書士・宅建の試験に独学で合格しました。


行政書士・宅建に独学で合格するには、教本の内容を必死に覚えようとする必要はないのです。

行政書士・宅建に独学で合格するには、教本を読んだ内容を覚えるには、難易度の高い試験の過去問・難易度の高い法律の資格の問題を解くことが、一番重要です。


別の表現でお話しますと、難易度の高い試験の過去問・難易度の高い法律の資格の問題を解くことによって、試験に合格できる知識が頭の中に入るのです。

行政書士・宅建の教本を読むことは、試験勉強をするうえで、予習に過ぎないのです。


くわしい私の行政書士・宅建の勉強方法は、こちらに書かれています。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


行政書士・宅建の試験勉強方法は、教本を読んで覚えましょう。

ノートを作成する時間は、ムダです。


ノートを作成するより、教本を読むだけにする。

そして、教本を読むことを復習する。


これが、行政書士・宅建の試験に合格できる、1つのポイントです。

実際に、私はそのような勉強方法で行政書士・宅建に合格しました。


■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 12:20トラックバック(0)
2010年11月29日

行政書士・宅建を来年度受験される方に重要な事。

行政書士・宅建の今年の試験は終了しました。

行政書士・宅建を今年受験された方は、様々な結果が出たと思います。


宅建の受験者の方は、合格のボーダーライン36点以上取っていれば合格ですので、自己採点である程度、自分が合格しているか、していないかは分かると思います。


行政書士の受験者の方は、40字記述式問題の採点が合格・不合格に大きく影響するので、まだ、現時点では自分が合格しているか、していないかは分からない人も多いと思います。


このブログは、行政書士・宅建の試験に合格するための情報をお伝えするブログです。

そのため、来年度、行政書士・宅建の受験者に向けてのブログの記事を主に書いていきます。

その点をご了解願います。


まず、今年、行政書士・宅建の受験をされて残念ながら合格ができなかった事が確実な方へお話したい事があります。


先ほど、公認会計士の試験の合格発表がありました。

その中で、史上最年少の16歳で合格した高校生がニュースとなりました。

記憶にある方もおいでだと思います。


彼の事につきましてお話します。


ここからは、中日新聞の2010年11月16日版から引用します。


この公認会計士に合格した彼は、「数字を眺めるのが好き」だそうです。

会計関係の仕事をしていた父親の影響で、中学三年生の秋から簿記を勉強。

高校受験をせず、通信制の高校に通い、公認会計士を目指して市民講座「各務ヶ原シティカレッジ」の会計プロフェショナルコースで社会人経験者と机を並べ、勉強をしていました。

昨年は、日照簿記検定試験の1級にも合格しました。


毎朝5時半に起き、1日10時間近く参考書と向き合う日々。


引用はここで終わりです。


さて、公認会計士の試験は、試験制度の変更がありましたが、それでも大変難しい試験です。

その、公認会計士の試験に合格するために、彼は毎朝5時半に起き、1日10時間近く勉強していました。


この点に注目して欲しいです。


このブログの読者の方の多くは、社会人の方が多いと思います。

働きながら勉強をするのは、大変だと思います。


私も、1日13~14時間働きながら、行政書士・宅建の試験の勉強をして、両方とも2回目の受験で合格しました。


私は、宅建の受験の時は、毎日勉強しませんでした。

もっと、ハッキリ言います。

かなりふざけた勉強内容でした。


私の勉強の内容は、平日、週に3日~4日、勉強時間が1時間~1時間30分でした。

休みの日の日曜日に4時間ほど宅建の試験問題の過去問を解いていました。

途中で、過去問を解きながら居眠りしていた事もよくありました。

しかし、2回目の受験で宅建の試験は合格しました。


行政書士の試験のときは、勉強内容は違いました。

私の感覚では、行政書士の試験は宅建の5倍は難しいです。

それを肌に感じて、行政書士の勉強を平日は毎日、1時間30分していました。

休みの日は、8時間勉強しました。

その結果、2回目の受験で行政書士の試験に合格しました。


試験で合格する人に多く共通していることがあります。

それは、毎日勉強をする。

まずは、この点です。


史上最年少で公認会計士の試験に受かった彼も、毎日10時間近く勉強していました。

彼は、勉強の天才ではありません。


私は実際に会ったことがありませんが、司法試験・東京大学などに1日2~3時間の勉強で受かる人がいます。

いわゆる勉強の天才です。

このような人は、私達と頭の構造が違います。

このような人達が、多くの勉強のノウハウの本を出版されていますが、あのような本は、参考にしてはいけません。

勉強の天才の勉強方法は、勉強の天才だから出来ることです。


例えば、あなたが100メートル10秒台で走る事ができるでしょうか?

世の中のほとんどの人は、どれだけ毎日努力してもできません。

しかし、才能のある方はそれができます。

その理由は、速く走る天才だからです。


行政書士・宅建の試験に合格するには、勉強の天才である必要がありません。

誰でも、毎日勉強して、勉強方法さえ間違えなければ合格できます。


行政書士・宅建の試験を今年受験されて、合格できなかった方は、今まで勉強した知識の蓄積があります。

その勉強した知識の蓄積は、あなたの努力の塊です。

その努力の塊を無駄にしない方法は、来年の行政書士・宅建の試験を受験する事です。


そして、来年の行政書士・宅建の試験に合格するために毎日15分でもいいから勉強を続ける事です。

ただし、いくら勉強の努力をしても勉強方法が間違っていれば、行政書士・宅建の試験には合格できません。


私は、高卒、偏差値30の人間です。

これは本当です。

今でも、漢字を書くのが苦手な人間です。


このような私でも、行政書士・宅建の試験に独学で合格できました。

どのように勉強をしたのか?


その勉強方法はこちらから分かります。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が大変重要です。

復習はある法則にしたがって行えば、抜群の効果があります。

その復習方法がこちらから分かります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



行政書士・宅建の受験を今年して、合格できなかった方は、来年の試験も受験しましょう。


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ












  
Posted by takken_goukaku_ at 11:42トラックバック(0)
2010年10月09日

宅建の試験前に私が注意した事。

宅建の試験はもう間近ですね。

私が宅建の試験で注意した事を、ご紹介します。


まず、睡眠時間ですね。

私は、試験1週間前から、必ず7時間は毎日取っていました。

睡眠時間は、人それぞれ個人差があるので何時間取ればいいとは、はっきりとは言えませんが、普通の人は7~8時間がベストの人が多いです。


そして、重要なことは、寝る時間ですね。

宅建の試験は13時から開始です。

試験会場に向かう時間を逆算して、朝、何時に起きるか決めておきましょう。

そして、朝、起きる時間から睡眠時間の時間を逆算して、寝る時間を決めてました。


なぜ、このような事をするのか?

それは、試験に対する生活のリズムを作るためです。


私は、試験1週間前から午前0時に寝て、午前7時に起きてました。

毎日、試験当日まで、同じリズムで生活していました。

この同じリズムで生活する事は、重要だと私は思います。


次に、私が試験の事で注意した事は、試験会場までの行き方です。

試験の案内には、「公共交通機関を使って来てください。」と書かれています。

私は、宅建の2回の受験と行政書士の1回目の受験は、試験会場の近くまで車で行きました。

車はどこに止めたのか?


宅建の1回目の受験の時は、パチンコ屋の駐車場にとめました。

宅建の2回目の受験の時は、試験会場の近くのコインパーキングにとめました。

行政書士の1回目の受験の時は、試験会場の一番近い地下鉄の駅の隣の駅のパチンコ屋の駐車場にとめました。

もちろん、試験の一週間前に試験会場の下見をして、車が駐車できる場所が無いか確認はしました。


私は、公共機関を使って試験会場に行くのは、面倒ですので、車で行きました。


行政書士の2回目の受験の時は、公共交通機関を使いましたが、試験会場が自宅から近かったからです。


東京や大阪に住んでいる人は、公共交通機関で試験会場まで行ったほうがいいとは思いますが、それ以外の地域の方は車で試験会場に行くことをおススメします。


車で行くと何が良いか?

体が楽です。

私だけかもしれませんが、試験会場から離れた場所に住んでいる人は、車で試験会場まで行ったほうが、私は楽だと思います。

これも個人差がありますので、自分に合った交通機関を使って試験会場まで行ってください。


次は、試験会場に何時ごろ行けばいいのか?

初めて受験する人は、早めに試験会場に行く人もいるかもしれません。


試験会場は、12時30分に着席します。

確か、その時間の10分ぐらい前まで、試験を受ける部屋には入れません。


何かアクシデントがあってはいけないので、早めに試験会場に行く人は、試験会場の近くの喫茶店で、教本を読んでいたほうが良いと、私は思います。

試験会場によっては、試験を受ける部屋に入れるまで、座る場所が無い場合があります。

もし、試験会場が、普段、出入りができる場所でしたら、下見はしたほうが良いと私は思います。

私は、宅建・行政書士の試験会場を、すべて下見をしました。


試験会場を下見するのは、試験会場までの行ける時間を知るためでもあります。


ある程度、時間にゆとりを持って自宅を出て試験会場に向かう人は多いと思います。

車ですと、万が一寝坊しても、とばせば何とか会場に着きます。

そのような意味でも、東京・大阪以外の人は、車で試験会場に行くことをおススメします。


あとは、普段水分をたくさんとっている人は、試験1週間前から、水分は控えめにしておきましょう。

試験の本番では、まずトイレは行けません。

本当はトイレには行けるとは思いますが、トイレに行く時間を使いますと、問題を解く時間が少なくなります。

なお、試験本番でどうしてもトイレに行きたい人は、試験官付き添いでトイレにいく事になるでしょう。


本番の試験、1週間前から注意する事は、試験開始の13時に試験を受けるリズムを作ることです。

1週間あれば、リズムは作れます。


ぜひ、私が宅建の試験前に注意した事を参考にしてください。




■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。


       

      応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 11:40トラックバック(0)
2010年10月01日

宅建の試験までもうすぐ!

宅建の試験までもうすぐですね!

宅建の受験者の方は、最後の勉強の追い込みで気合が入っていると思います。


私は、宅建の受験の時は、特に試験前でも、何も変わらず勉強していました。

平日は、2010年版 らくらく宅建塾を読み、休みの日は宅建の試験の過去問を解く。

この繰り返しでした。


宅建の受験の時は、模擬試験を受けたのは、市販の模擬試験の問題集についていた無料の模擬試験1回だけ。

今、考えればずいぶんと無謀な事をしたものです。

「模擬試験を1回しか受けずによく宅建の試験に受かったな」と今でも本当に思います。


宅建の受験者の方は、今からでも遅くないので、資格の専門学校の模擬試験は受けてください。

自宅受験できますよ。


市販で販売されている模擬試験の問題集のレベルは、宅建の本番の試験のレベルと比べて簡単です。

そのため、本番の宅建の試験のレベルに近い資格の専門学校の模擬試験を受けてください。

どこの資格の専門学校の模擬試験でもいいですから、できる限り多くの回数を受けてください。


私は、宅建の受験当時はしなかったことですが、行政書士の試験のときに使った、短期間で記憶するコツをお伝えします。

何度もお話している事ですが、音読です。

音読は1週間あれば、相当の量の勉強内容を覚える事ができます。

音読にかける時間は1時間もあれば十分です。


現在、宅建の勉強をして、よく間違えるところ、忘れやすい重要なところは音読で覚えましょう。


音読の方法は、まず教本を見ながら覚えたい勉強の内容を声を出して読みます。

このときは、ある程度大きな声を出すといいでしょう。

何回か声を出して音読をしましたら、教本の覚えたい勉強内容の部分を隠して音読をします。

そして、上手く音読ができなければ、教本を見て音読する。

また、音読を教本を隠しながらする。

この繰り返しで教本を隠しながら音読できるまで続けます。


この音読の勉強を1週間続けますと、スラスラ1週間後には教本を見なくても音読できるようになります。


音読の勉強は、寝る前にするのが一番いいでしょう。

一度だまされたものと思って試してみてください。


大事な事は、1週間必ず毎日続ける事。

日に日に音読にかかる時間が短くなるのが、実感できます。


そして、ここからが重要です。

音読をしても、忘れやすい勉強内容があったとします。

その場合は、宅建の試験の1週間前からその忘れやすい勉強内容を音読しましょう。

そして、試験の当日、試験会場に向かう前に最後の音読をして、試験会場に行きます。


試験会場では、忘れやすい勉強内容を音読しておきましょう。

試験30分前からは、教本などはまったく見れなくなります。

試験官による試験の説明があります。

その間も小さな声で音読しておきましょう。

できない人は、心の中で音読しましょう。


そして、試験が始まりましたら、すぐに忘れやすい勉強内容を問題用紙に書きましょう。

一番忘れやすい勉強内容から、重要なものをひらがなで書けばいいです。


音読は、呪文の様に唱えていれば、1~2ヶ月は忘れません。

みなさんは、小学生で習った掛け算の九九は今でも覚えていますね。

掛け算の九九は音読で勉強したと思います。


音読は、本当に短期間で記憶するには優れものです。

ぜひ、音読をみなさんの宅建の勉強に活用して合格してください。



 模擬試験情報


LEC が8月の下旬から2010全日本宅建公開模試が5回行われます。

試験会場まで行く時間の無い方も、自宅受験をしましょう。


自宅受験をする時は、冊子送付オプションを選んでください。

必ず、本番形式の紙の問題を解いて、紙の解説を読んで答え合せをしましょう。

▼こちらから申し込みができます。



試験の開催日が過ぎていても、問題・解答・解説はもらえます。




宅建試験合格サイト 東京法経学院 では、宅建の全国模試を2回行っています。

自宅受験ができます。

8月31日から、問題・解答用紙・解説書を同時に発送しますので、答え合せが模試を受けたその日にできます。

▼こちらから申込みできます。
宅建試験合格サイト 東京法経学院



試験の開催日が過ぎていても、問題・解答・解説はもらえます。



■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。


       

      応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 13:09トラックバック(0)
2010年09月19日

行政書士・宅建の試験まで、あと残り1~2ヵ月

行政書士・宅建の試験まで、あと残り1~2ヶ月なりました。

ここまで来ましたら、勉強の取り組みに対する考え方・思考より、いかに本番の試験で結果を出すかが重要になってきます。


行政書士の受験者ですが、まず40字記述式の勉強をしっかりとしましょう。

対策は以前にお話しました。

40字記述式問題集の解答を音読して覚える。


これに尽きます。

基本的に40字記述式の問題の予想は、誰にもできません。


ただし、私は事実だけお伝えします。


まる覚え行政書士 40字記述・多肢選択重要キーワード〈2010年版〉 (うかるぞ行政書士シリーズ)まる覚え行政書士 40字記述・多肢選択重要キーワード〈2010年版〉 (うかるぞ行政書士シリーズ)
著者:嶋崎 英昭
週刊住宅新聞社(2010-01-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


こちらの本から、平成20年度・平成21年度の行政書士の40字記述式問題に近い形で民法が1問ずつ、問題が出題されています。


今、私の手元にまる覚え行政書士 40字記述・多肢選択重要キーワード2009年版の本は捨ててしまい無いので、2010年版でお伝えします。


P225の例題2


AはBに建物を貸したがBが家賃を払わないので解除したい。履行遅滞解除要件の他に何が必要か。 


解答

BがAに対する背信的行為と認めるに足りない特段の事情がないことが必要である。


行政書士の平成20年度、40字記述式問題、問題45


不動産の賃貸借において賃料の不払い(延滞)があれば、賃貸人は賃借人に対して相当の期間を定めてその履行を催告し、

もしその期間内に履行がないときには、賃貸借契約を解除する事ができる。

また、賃借人が、賃貸人に無断で、賃借権を譲渡、又は賃借物を転貸し、その譲受人や転借人に当該不動産を使用又は収益させたときには、

賃貸人は、賃貸借契約を解除する事ができる。

ただ、上記の賃料支払いの催告がなされた場合や、譲渡・転貸についての賃貸人による承諾が得られていない場合でも、

賃貸人による解除が認められない場合がある。

それはどのような場合かについて、40字程度で記述しなさい。


解答例

賃借人の行為が、賃貸人に対する背信的行為と認めるに足りない特段の事情がある場合。


このように、行政書士の平成20年度は問題がほとんどそのままでました。

ただ、解答を「特段の事情がないこと」の部分を、「特段の事情があること」に変えればよかっただけです。


私は、この問題を見たとき驚いて、体が震えました。


また、まる覚え行政書士 40字記述・多肢選択重要キーワード〈2010年版〉 (うかるぞ行政書士シリーズ)のP185


例題1


判例の考え方によると、177条の「第三者」とはどのような者を指すか。


解答


当事者及び包括承継人以外のもので、登記の欠缺を主張するについて正当な利益を有する者。


行政書士の平成21年度の40字記述式問題、問題46


次の設問を読み、答えの中の(   )に適切な文章を40字程度で記述して、設問に関する解答を完成させなさい。

設問


XはA所有の甲建物を購入したが未だ移転登記は行っていない。

現在甲建物にはAからこの建物を借り受けたYが居住しているが、A・Y間の賃貸借契約は既に解除されている。

XはYに対して建物の明け渡しを求める事ができるか。


答え


XはYに対して登記なくして自らが所有者であることを主張し、明け渡しを求めることができる。

民法177条の規定によれば「不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。」とあるところ、

判例によれば、同規定中の(     )をいうものと解されている。

ところが本件事案では、Yについて、これに該当するとは認められないからである。


解答


第三者とは、当事者又はその包括承継人以外の者で、登記の欠缺を主張する正当の利益を有する者。


私の場合、民法177条に関する解答は、この「当事者及び包括承継人以外のもので、登記の欠缺を主張するについて正当な利益を有する者。」しか、思いつきませんでした。

そのため、その思いついた解答をそのまま書きました。


この問題は、完全には合っていませんが、部分点はもらえます。

私は、12点ぐらい部分点をもらいました。


ぜひ、行政書士の40字記述式問題の対策の参考にしてください。

 

 行政書士の模擬試験情報

行政書士の模擬試験は、LEC が9月24日から、4回に分けて行われます。

毎週、10月17日まで行われます。

金・土・日曜クラスとありますので、ある程度予定が立てやすいです。


私は、平成20年度の受験時にLECの模擬試験を受けました。

LECの模擬試験は、司法試験に似た形式の問題で出題されます。

問題は司法試験・新司法試験・司法書士の試験の問題を参考に作られています。

長文の問題を解くことで、法律に対する把握力・読解力・理解力が身につきます。


▼こちらからお申込みができます。





東京法経学院 でも、行政書士の模擬試験が3回行われます。

会場受験コースは、9月19日から、東京・名古屋・大阪・福岡で行われます。

▼こちらからお申込みができ、詳しい日程が分かります。
行政書士の全国公開模試




TACでは、答練パックという行政書士の模擬試験があります。

5回、模擬試験を受ける事ができます。

9月から始まります。


TACの模擬試験は、私は5回受けました。

TACの問題は、行政書士の本番の試験に似た形式の出題です。

しかし、問題は司法試験・新司法試験・司法書士の試験の問題を参考に作られています。

このような問題を解くことによって、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力が身につきます。


▼こちらで詳しい事はご確認ください。
http://www.tac-school.co.jp/kouza_gyosei/gyosei_crs_10touren.html


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


       
応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
      


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。

 

  
Posted by takken_goukaku_ at 12:50トラックバック(0)
2010年09月07日

行政書士・宅建の試験まで、あと残り2~3ヶ月の勉強方法。

行政書士・宅建の試験まで、あと残り2~3ヶ月なりました。

ここまで来ましたら、勉強の取り組みに対する考え方・思考より、いかに本番の試験で結果を出すかが重要になってきます。


まず、宅建の受験者は、
2010年版 らくらく宅建塾の楽勝ゴロ合せを、完璧に覚えましょう。

楽勝ゴロ合せの覚え方ですが、あまり楽勝ゴロ合せが覚えられない人は、自分が覚えやすいように、ゴロ合せを自分なりに変えてみるといいでしょう。


例えば、重要事項説明書の記載事項のゴロ合せは、


官僚がか徒歩で私道を上下して預り金を分けたそうろう、というのを、


完了 解 瑕疵 登法で私道を上下新手預り金を分け建貸 損 ローン

と変更してみるのはどうでしょうか?


これは、実際に私が作った改良ゴロ合せです。

読み方は「かんりょうかいかし、とうほうでしどうをじょうげしんて、あずかりきんをわけたてたい、そんろーん」と、ゴロ合せが漢字でイメージしやすいように変えるのです。


そして、このようなゴロ合せの暗記の方法ですが、音読が一番です。

毎日、音読でゴロ合せを発声していれば、一週間で覚えられます。


音読の方法としては、
2010年版 らくらく宅建塾の楽勝ゴロ合せの載っているペ-ジを見ながら音読をします。

次に、楽勝ゴロ合せの載っているページを見ないで音読をします。

このような事を繰り返しながら、楽勝ゴロ合せが載っているページを見ないで音読ができるように一回でもなったら、その日は音読を止めます。


次の日は、同じ事を繰り返します。

このような事を続けていますと、一週間でまったく
2010年版 らくらく宅建塾の楽勝ゴロ合せのページを見なくても、音読でゴロ合せができるようになります。


その後は、復習方法として、(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


2010年版 らくらく宅建塾の楽勝ゴロ合せは、自分がイメージしにくいゴロ合せは、どんどん自分がイメージしやすいゴロ合せに変えたほうがいいですよ。


私が変えたほかの楽勝ゴロ合せは、

建築確認なども変えました。


例として、


どひゃー!最後の木造倒産苦。ニコニコ笑うビルディング

心臓移植で死ぬもよう

を、


特100 3 500の木造倒産苦。ニコ200個笑うビルディング

新増移植で修模用

と変えました。


読み方としては、「どくひゃく、さんごひゃくのもくぞうとうさんく。にこにひゃくこわらうビルディング しんぞういしょくでしゅうもよう」です。


ゴロ合せで、いかに漢字が頭の中でイメージできるかが重要です。


音読の暗記方法は、音読を始めて、その後は、復習方法として、(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


で、復習すれば2~3ヶ月はしっかり覚えています。


宅建の試験まで2ヶ月をきっていますので、寝る前に30分ほど、音読で楽勝ゴロ合せを完璧に暗記する事をおススメします。


特に、民法が苦手な人は、宅建業法と法令上の制限でかなり点数を取る必要があります。

試験で楽勝ゴロ合せの部分がそのまま問題に出る事もよくありますので、しっかり楽勝ゴロ合せは覚えましょう。
  

この2010年版 らくらく宅建塾の楽勝ゴロ合せは、誰でも覚えられる事です。

試験前に基礎はしっかり身に付けておきましょう。


それが、合格する近道です。
                                               

    模擬試験情報


LEC が8月の下旬から2010全日本宅建公開模試が5回行われます。

試験会場まで行く時間の無い方も、自宅受験をしましょう。


自宅受験をする時は、冊子送付オプションを選んでください。

必ず、本番形式の紙の問題を解いて、紙の解説を読んで答え合せをしましょう。

▼こちらから申し込みができます。




宅建試験合格サイト 東京法経学院 では、宅建の全国模試を2回行っています。

自宅受験ができます。

8月31日から、問題・解答用紙・解説書を同時に発送しますので、答え合せが模試を受けたその日にできます。

▼こちらから申込みできます。
宅建試験合格サイト 東京法経学院



■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。


       

      応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  


  
Posted by takken_goukaku_ at 15:32トラックバック(0)
2010年08月26日

今年、行政書士の試験を受験される方は、資格の専門学校の模擬試験を受験しましょう。

行政書士の本番の試験まで、3ヶ月をきりました。


今年、行政書士の受験をするみなさんは、ぜひ、資格の専門学校の模擬試験を受けましょう。


資格の専門学校の模擬試験を受ける事によって、法律の問題を解く把握力・読解力・理解力が身につきます。

そして、自分の今の実力がどの程度なのか、ある程度は把握できます。


行政書士の模擬試験は、LEC が9月24日から、4回に分けて行われます。

毎週、10月17日まで行われます。

金・土・日曜クラスとありますので、ある程度予定が立てやすいです。


私は、平成20年度の受験時にLECの模擬試験を受けました。

LECの模擬試験は、司法試験に似た形式の問題で出題されます。

問題は司法試験・新司法試験・司法書士の試験の問題を参考に作られています。

長文の問題を解くことで、法律に対する把握力・読解力・理解力が身につきます。


▼こちらからお申込みができます。




東京法経学院 でも、行政書士の模擬試験が3回行われます。

会場受験コースは、9月19日から、東京・名古屋・大阪・福岡で行われます。

▼こちらからお申込みができ、詳しい日程が分かります。
行政書士の全国公開模試


TACでは、答練パックという行政書士の模擬試験があります。

5回、模擬試験を受ける事ができます。

9月から始まります。


TACの模擬試験は、私は5回受けました。

TACの問題は、行政書士の本番の試験に似た形式の出題です。

しかし、問題は司法試験・新司法試験・司法書士の試験の問題を参考に作られています。

このような問題を解くことによって、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力が身につきます。


▼こちらで詳しい事はご確認ください。
http://www.tac-school.co.jp/kouza_gyosei/gyosei_crs_10touren.html


資格の専門学校の行政書士の模擬試験の問題は、本番の試験で出題される問題と似たような問題は、ほとんど出題されません。

まず、資格の専門学校の行政書士の模擬試験の問題は、本番の試験で出ないと思ってください。


それでも、私は資格の専門学校の模擬試験をたくさん受験される事をお勧めします。

その理由ですが、資格の専門学校の行政書士の模擬試験で出題される問題の多くの問題が、司法試験・新司法試験・司法書士の試験の問題を参考にして作られています。

そのような、行政書士試験よりレベルの高い問題を解くことによって、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力が身につきます。


1つだけ注意する事は、資格の専門学校の模擬試験の結果は気にする必要はないです。


私は、平成20年度にLECの行政書士の模擬試験を4回受験しました。

一回だけ300満点中178点という点数を取りましたが、残りの3回は120~150点ぐらいしか点数が取れませんでした。

それでいて、平成20年度の行政書士試験では178点取る事ができました。

あと、2点で合格できるところまで点数が取れました。


2回目の受験、平成21年度の時は、資格の大原・TACの模擬試験を9回受けました。

9回模擬試験を受けましたが、合格点180点を取る事ができたのは、2~4回だったと記憶しています。
(正確には記憶していません。もう忘れました。)

半分以上は、合格点180点を取る事ができませんでした。

それでいて、平成21年度の行政書士の試験では、216点取る事ができました。


行政書士の試験は、問題の出題形式がその年によってずいぶんと変わる事が多いですので、資格の専門学校の模擬試験の結果はあまり気にする必要はないと思います。


資格の専門学校の模擬試験で、点数が多少悪くても気にしないでください。
(私は、平成20年・21年の受験時は、ものすごく気にしましたが…)


資格の専門学校の模擬試験を、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


しっかり、理解しましょう。


資格の専門学校の模擬試験を受験する上で注意する事は、模擬試験を解いた日に必ず答え合せをして解答の解説を読む事です。

もう一度言います。

問題を解いたその日のうちに解答・解説は読んで、解答をしっかり理解してください。

学習した内容は、その日のうちに復習してください。


独学の勉強では、勉強する問題を作る事はできません。

資格の専門学校を、上手に利用しましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



       
応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
      

  
Posted by takken_goukaku_ at 15:56トラックバック(0)
2010年08月14日

今年の宅建の受験者は、資格の専門学校の模擬試験を受けましょう。

宅建の本番の試験まで、約2ヶ月になりました。


今年、宅建の受験をするみなさんは、ぜひ、資格の専門学校の模擬試験を受けましょう。


資格の専門学校の模擬試験を受ける事によって、法律の問題を解く把握力・読解力・理解力が身につきます。

そして、自分の今の実力がどの程度なのか、ある程度は把握できます。


宅建は、LEC が8月の下旬から2010全日本宅建公開模試が5回行われます。

試験会場まで行く時間の無い方も、自宅受験をしましょう。


自宅受験をする時は、冊子送付オプションを選んでください。

必ず、本番形式の紙の問題を解いて、紙の解説を読んで答え合せをしましょう。

▼こちらから申し込みができます。



また、TACでは、答錬パックというものがあります。

答錬とは、本番形式の問題を解く練習問題です。


まず、応用答錬が1回30問の問題で3回、直前答錬が1回50問で4回、公開模試が一回あります。

問題をたくさん解くことができます。

値段が約25000円前後と、結構高いですが、宅建に合格できるのであれば、安い投資です。


宅建試験合格サイト 東京法経学院 では、宅建の全国模試を2回行っています。

自宅受験ができます。

8月31日から、問題・解答用紙・解説書を同時に発送しますので、答え合せが模試を受けたその日にできます。

▼こちらから申込みできます。
宅建試験合格サイト 東京法経学院


宅建の模擬試験の結果は、そのまま本番の試験の結果に結びつくものと思ってください。

私は、合格した年は市販されている模擬試験についていた無料の公開模試を受験しましたが、38点取りました。

本番の宅建の試験でも、同じく自己採点で38点取りました。


不合格だった年は、市販されている模擬試験についていた無料の公開模試を受験しましたが、31点取りました。

本番の宅建の試験でも、同じく自己採点で31点取りました。


宅建の試験は、多少出題する問題の出題範囲の改正がありますが、大きな変更は最近ではありません。

早い時期に、宅建の本番レベルの問題になれて、試験本番までに自分の実力を高めましょう。


資格の専門学校の模擬試験を、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


しっかり、理解しましょう。


資格の専門学校の模擬試験を受験する上で注意する事は、模擬試験を解いた日に必ず答え合せをして解答の解説を読む事です。

もう一度言います。

問題を解いたその日のうちに解答・解説は読んで、解答をしっかり理解してください。

学習した内容は、その日のうちに復習してください。


独学の勉強では、勉強する問題を作る事はできません。

資格の専門学校を、上手に利用しましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。

      
■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。


       応援クリックをお願いします。

                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ





  
Posted by takken_goukaku_ at 16:02トラックバック(0)
2010年08月02日

今、行政書士・宅建の勉強がうまくいっていない人は何を勉強すればいい?

みなさん、宅建の本番の試験まで3ヵ月をきりました。

行政書士の本番の試験まで4ヵ月をきりました。


行政書士・宅建の勉強はうまくいっていますか?

うまくいっている方は、今のペースで勉強を続けてください。


うまくいってない方は、今、何を勉強すればいのでしょうか?


ズバリ、宅建の受験者は、宅建業法を勉強してください。

宅建業法は、宅建の試験科目で最も簡単で、そして出題問題数が最も多いです。

宅建業法は、宅建の試験科目で、最も点数が取りやすいです。

まず、宅建業法を重点的に勉強してください。


宅建業法は、出題20問中18問は正解したいです。

できれば満点を目指せる科目でもあります。

今、宅建の勉強で壁を感じている方は、宅建業法を重点的に勉強しましょう。


宅建業法の勉強の仕方は、「新司法試験方式」で勉強すれば、飛躍的に点数が上がります。


「新司法試験方式」の勉教方法は、下記から、確認してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。




行政書士の勉強が、今、うまくいっていない方は、何を勉強すればいいのでしょうか?

ズバリ、行政法を勉強してください。


行政法は、行政書士の試験科目で最も出題問題数が多く、そして難しくありません。

行政法は、一見とっつきにくい感じがする科目でありますが、慣れてしまえば、すんなり勉強を取り組む事ができます。


行政法の勉強の方法は、難易度の高い問題を解くことです。

難易度の高い問題を解くことによって、法律にたいする把握力・読解力・理解力が身につきます。


難易度の高い問題を解く勉教方法は、下記から、ご確認ください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




今、行政書士の勉強で壁を感じている方は、行政法を重点的に勉強しましょう。

行政法は、 出題19問中16問正解はしたいです。


行政書士・宅建の勉強でうまくいっていない方は、出題問題数が最も多い試験科目を重点的に勉強しましょう。


勉強した内容を、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、勉強した内容を理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


しっかり、理解しましょう。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



 

      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ










  
Posted by takken_goukaku_ at 15:05トラックバック(21)
2010年07月22日

資格の試験に合格した人は、運が良いだけでしょうか?

考えるヒント 生きるヒント―人生成功への50の黄金律 (Goma books)から引用します。


幸運 


運の良い人々とは、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続けてきた人々である。

あらゆる成功が、仕上げられた思考であり、達成された目標であり、現実化されたビジョンである。


不注意なる者、無知なる者、怠惰なる者たちは、結果のみに目を奪われ、どの背後に存在する原因を見ようとしないために、

あらゆる達成を、幸運、運命、あるいは、偶然などという言葉で片づけている。


富を築き上げた者、知性に溢れた者、神のような人格を備えて大きな影響力を手にしているものを見て、彼らは言う


なんて幸運なんだろう!

なんて恵まれているんだろう!

なんて良いめぐり合わせにあるんだろう!


彼らは、それらの運の良い人々が、より良い人生を夢見つつ、進んで体験してきた試練や苦闘の数々には決して目を向けない。


それらの人々は、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続けてきた人々であり、

自身のビジョンを現実化すべく、一見克服不可能な困難の数々にも勇敢に立ち向かってきた人々なのである。


しかし、大多数の人々は、そういった闇と痛みの部分には、目もくれようとしない。

彼らはただ、光と喜びに満ちた結果のみを眺めている。


長く困難な旅の中身には目もくれず、喜びに満ちた目的地への到着のみを眺め、それを幸運の一言で片付けている。

過程を理解せず、結果のみをとらえて、それを偶然の産物だなどと言っている。


あらゆる人生の中に、努力があり結果がある。

そして、その努力の大きさによって、結果の大小が決定する。


偶然などは存在しないのだ。

物質的、知的、精神的達成の全てが、努力の果実である。


それらは、仕上げられた思考であり、達成された目標であり、現実化されたビジョンである。


あなたが心の中で賛美するあなたのビジョン、あなたが心の中の王座につけるあなたの理想に導かれて、あなたの人生は築かれる。


それこそが、あなたがやがてなるものである。


引用はここまでです。


行政書士・宅建の受験者から、行政書士・宅建の試験に合格をした者を見ると、どのように感じるでしょうか?

合格した人の運が良かっただけでしょうか?


行政書士・宅建の試験に合格した者は、結果を出したものです。

結果を出すには、その人なりに努力をしています。

その努力の時間が長い・短いは人それぞれです。

ただし、1つだけ共通していることがあります。


それは、行政書士・宅建の試験に合格するために勉強する努力を間違えなかった。

行政書士・宅建の試験に合格できる勉教方法で勉強し、努力した。

その結果、行政書士・宅建の試験に合格できたという結果がでました。


ただ、運が良くて試験に合格したのではありません。


行政書士・宅建の試験に合格するために、重要な事は試験に合格する努力をする事です。

ただ、努力するだけでは、合格できません。

合格できる努力をしなければいけません。


この、行政書士・宅建の試験に合格する過程に注目しなければいけません。

この、過程とは、勉教方法です。


私は、行政書士・宅建の試験に共に2回目の受験で合格しています。

行政書士・宅建の試験は、共に1回目の受験では不合格でした。


そのため、行政書士・宅建に合格する勉教方法と、不合格になる勉強方法は、私なりに分かっています。


みなさんの中で、行政書士・宅建の勉強が、あまりはかどっていない方は、ぜひ、私の勉強方法を参考にしてください。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



 

      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
     

  
Posted by takken_goukaku_ at 15:15トラックバック(20)
2010年07月13日

資格の勉強時間と睡眠時間。

みなさんは、行政書士・宅建の勉強をしていて、1日の勉強時間・睡眠時間はどのぐらい取っていますか?


参考までに私の受験時の1日の勉強時間は、

宅建の時は平日1時間~1時間30分を週に3~4日。休みの日は4時間でした。

行政書士の時は平日、毎日1時間30分。休みの日は8時間でした。


私の睡眠時間は、1日6時間30分以上取っていました。


人によって、いろいろな勉強の方法があるのですが、今、勉強がはかどらない人は、勉強時間を少し短くして、集中して勉強をしてみてはいかがでしょうか?


私の感覚では、勉強を1時間30分して、その後15分ぐらいは休み時間は取るべきだと思います。


試験問題の過去問を解くときは、宅建は2時間・行政書士は3時間は、問題を解かないといけません。

しかし、それ以外の勉強は私はある程度、短時間で勉強して休み時間を取り入れた場合の方法が効率が上がると思います。


あくまでも人によります。


ただ、今、自分の勉強があまりはかどっていない人は、勉強の方法を変えてみましょう。


次は、睡眠時間です。

睡眠時間は、少なくとも6時間は取りましょう。

睡眠時間を最低6時間取ることは大切です。


だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法から引用します。


脳には常に莫大な情報が入ってきますから、なるべく多くを忘れるように脳は設計されています。

大切な情報は海馬に大切な情報だと認識させる必要があります。


何か新しい知識や技法を身につけるためには、覚えたその日のうちに6時間以上眠ることが欠かせません。

睡眠時間が短い場合は、勉強した知識が海馬に捨てられてしまいます。


眠らないと海馬はどうして、知識を捨ててしまうのでしょうか?

その秘密は「夢」にあります。


夢を見ている時は海馬は活発に活動しています。

夢は一種の記憶の再生です。

つまり、海馬の情報や、大脳皮質の記憶が夢の中で再現されるのです。


もちろん、脳に存在しない現象がそこに出現することはありません。

みなさんは自分がラテン語やサンスクリット語をペラペラ話す夢を見たことがありますか。

ないでしょう。

なぜなら、脳に情報がないから、いかに夢でも再生のしようがないのです。


要するに、夢を見ることとは、脳にある情報や記憶の断片を、あれこれとつなぎ合わせて試行錯誤をする行為であるといえます。

とにかく、人は一晩の間に大量の夢を見ます。


脳は、睡眠中に様々な形で過去の記憶や情報の組み合わせの整合性を検討し、整理しているのです。

寝ないということは、海馬に情報を整える時間を与えないことになります。

整理整頓できないような情報は、海馬は不要であると判断して即座に捨ててしまいます。


つまり、寝ることは、ものごとをしっかりと覚えるうえで、とても大切な行為なのです。


大切なことは、記憶できる範囲だけを、理解できた範囲だけを確実に覚えることです。

できることだけをしっかりやって、寝てしまいましょう。

後は海馬のがんばりに期待するだけ。

これが学習の鉄則です。


引用はここまでです。


分かりやすくいえば、その日に集中して勉強し、しっかり6時間以上寝る。

これが重要です。


勉強していて、集中できなくなれば、少し休むか、勉強を止めて、しかっり睡眠をとるか、どちらかの方法を取るのが一番良いでしょう。


勉強がうまく行っていない方は、一度、自分の勉強のスタイルを見直してみましょう。



こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



 

      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  
Posted by takken_goukaku_ at 16:13トラックバック(20)
2010年07月05日

みなさんは、みなさん自身が受験する試験の出題傾向を研究されたことはありますか?

みなさんは、みなさん自身が受験する試験の出題傾向を研究されたことはありますか?

無い方は、時間を作って研究をしてみてください。


行政書士は、


本当は、

一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)
販売元:TAC出版
発売日:2009-02
おすすめ度:3.0
クチコミを見る


こちらの本をお勧めしたかったのですが、平成22年度版は、私が知る限り、発売されていません。


そのためこちらの本、

詳解行政書士過去5年問題集 ’10年版 (2010)詳解行政書士過去5年問題集 ’10年版 (2010)
著者:コンデックス情報研究所
販売元:成美堂出版
発売日:2010-02-09
クチコミを見る

を見てください。



では、平成18年度~平成21年度の行政書士の試験問題を見ましょう。

まず、最初に注意することは、平成18年度に行政書士の試験問題の出題方式に変更があったことです。


そのため、行政書士の平成18年以前の問題は、まず参考になりません。

ほとんど出題されることはないでしょう。


では、平成18年度の行政書士試験から順に平成21年度まで見ますと、分かることがあります。


平成18年度、平成19年度は似たような出題形式になっています。

しかし、平成20年度では、違った出題形式になりました。

そして、平成21年度でも、また違う出題形式になりました。

行政書士の出題形式は、毎年違う可能性が高いと思って良いでしょう。


次に、今まで出題されている問題を見ましょう。

先ほどお話しましたが、平成18年度以前の問題が出題されることは、ほとんどありません。


次に、平成18年度から平成21年度の問題を見て分かることは、ほとんど同じような問題は出題されていません。

このことを考えますと、行政書士の勉教に試験の過去問を解いても、あまり意味のないことは分かると思います。


平成18年度から平成21年度の試験の過去問で、似たような問題は、全体の20パーセントも出題されていないです。

これは、紛れものない事実です。


一般に発売されている行政書士の勉教本、資格の専門学校の対策等では、「過去問を勉強する事が行政書士の試験の合格につながる。」と言われている事が多いです。


実際に、平成18年度以降の行政書士の試験問題を見れば、それが間違いであることは理解できるはずです。

この事実を認識して勉強しましょう。


勉教方法は、行政書士の過去問を勉強するより、行政書士レベルの問題以上の勉強をしましょう。

具体的にお話しますと、もう、今の時期では、行政法は新司法試験の問題、民法は司法書士の過去問を勉強しましょう。


行政法は、

新司法試験短答式公法系問題集〈平成22年版〉新司法試験短答式公法系問題集〈平成22年版〉
販売元:法学書院
発売日:2009-10
クチコミを見る


この問題集の行政法だけを100問、解きましょう。

これだけで、正解率はかなりアップしますよ。


民法は、

司法書士過去問 民法 (伊藤塾セレクション)司法書士過去問 民法 (伊藤塾セレクション)
販売元:法学書院
発売日:2009-02
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


この問題集を全て解きましょう。

これだけで、正解率がかなりアップしますよ。


行政書士の過去問は、勉強しても合格点ぎりぎりの点数しか取れない可能性が高いですよ。


私は、1回目の行政書士の受験の時、らくらく行政書士 講義そのまんま。を、ただひたすら平日に読み、休日に らくらく行政書士の過去問らくらく行政書士の実戦予想問題集+模試をひたすら解く。

そして、試験前に4回LECの模擬試験・公開模試を受けて、結果「178点」でした。


ただし、40字記述式問題の点数が60点満点中40点取りましたので、40字記述式の問題でかなりの高得点を取らないと、合格点ぎりぎりの点数までは取れません。

今から、行政書士の受験を考えている方は、上記の勉強方法をすれば、上手くいけば合格できるかもしれません。

ただし、一発勝負ですよ。


最後に、一般知識の問題ですが、この対策は、正直ないです。

毎年、出題傾向がまったく違います。

同じような問題が出ることも、まずないです。


ただ、私は2回目の行政書士の受験の時の一般知識の勉教方法は、毎日、新聞を読んで、TVのニュースを見る。

あとは、らくらく行政書士の一般知識特別講座を1回読んで、らくらく行政書士の実戦予想問題集+模試の一般知識の問題を1回解きました。

これだけです。

これだけの勉強で、14問中13問正解、52点取りました。


はっきり言って、運が良かっただけです。

ただ、行政書士の1回目の受験の時も、14問中9問正解、36点取りました。


一般知識は、それほど、神経質に対策を考えなくても、先ほど、お話したような勉教方法で十分ですよ。


このことは、40字記述式問題にもいえます。

40字記述式問題は、どのような問題が出るかは、誰も推測できません。

たぶん、今年も行政法1問、民法2問、出題されるでしょうが、憲法などが出題されても不思議ではありません。


▼こちらで40字式記述式問題の勉強方法を確認してください。
http://gyouseisyoshi-takken.doorblog.jp/archives/51454016.html


もう一度、お伝えしますが、行政書士の勉強に行政書士の過去問を勉強をしても、合格点が取れない可能性が高いですよ。

行政書士の過去問は、基礎固めにはいいですけど、本番の行政書士の試験の問題を解く実力はなかなかつかないですよ。


今の時期に、自分の行政書士の受験に対する実力に疑問を感じている方は、行政法と民法だけでも、難易度の高い勉強をしましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



 

      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 19:59トラックバック(20)
2010年06月29日

みなさんは受験する試験の出題傾向を研究されたことはありますか?

みなさんは、みなさん自身が受験する試験の出題傾向を研究されたことはありますか?

無い方は、時間を作って研究をしてみてください。


まず、宅建ですが、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉を読んで、今までの出題された過去問を研究しましょう。


ポイントは、過去10年で5回以上出題されている分野です。

パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉のページ数でP4~P9です。


民法、権利関係の分野は、

意思表示・代理・売主の担保責任・契約の解除・担保物権一般・抵当権・時効・相続・区分所有権・借地権・借家権・不法行為・不動産物権変動の対抗要件・不動産登記です。

全部で14分野です。


宅建業法の分野は、

用語の定義・免許の区分、申請、基準・取引主任者制度・取引主任者証・営業保証金制度・広告に関する規制・媒介契約に関する規制・重要事項の説明・重要事実の不告知等の禁止

・書面の交付・自己の所有に属しない宅地又は建物の売買契約締結の制限・事務所等以外の場所においてした買受けの申込みの撤回等・損害賠償額の予定等の制限・手付の額の制限等

・瑕疵担保責任についての特約の制限・手付金等の保全・報酬に関する規制・証明書の携帯等、帳簿の備付け・標識の提示、案内所等の届出・保証協会・監督処分です。

全部で21分野です。


法令上の制限の分野は、

都市計画の内容・開発許可制度・建築に関する手続・国土利用計画法・土地区画整理法・宅地造成等規正法・農地法・その他の法令による制限です。

全部で8分野です。


その他の分野は、

住宅金融支援機構・不当景品類及び不当表示防止法・宅地建物の需給・不動産鑑定評価・地価公示法・不動産取得税・所得税・印紙税・土地・建物です。

全部で10分野です。


全部で53分野、このうち、過去10年で7回以上出題されている分野は38分野あります。


民法、権利関係の分野は、

意思表示・代理・抵当権・相続・区分所有権・借地権・借家権・不法行為・不動産登記です。

全部で9分野です。


宅建業法の分野は、

免許の区分、申請、基準・取引主任者制度・営業保証金制度・広告に関する規制・媒介契約に関する規制・重要事項の説明・書面の交付・事務所等以外の場所においてした買受けの申込みの撤回等

・損害賠償額の予定等の制限・手付の額の制限等・瑕疵担保責任についての特約の制限・手付金等の保全・報酬に関する規制・標識の提示、案内所等の届出・保証協会・監督処分です。


全部で16分野です。


法令上の制限の分野は、

都市計画の内容・開発許可制度・国土利用計画法・土地区画整理法・宅地造成等規正法・農地法です。


全部で6分野です。


その他の分野は、

住宅金融支援機構・不当景品類及び不当表示防止法・宅地建物の需給・所得税・印紙税・土地・建物です。


全部で7分野です。


宅建の受験者で自分で考えているより勉教がはかどらない方はまず、過去10年で7回以上出題されている38分野を重点的に勉強してください。


もう少しで、合格点のボーダーライン36点取れそうな方は、過去10年で5回以上出題されている53分野を、もう一度しっかり復習しましょう。

何回も過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


宅建は、今まで出題された過去10年の試験問題を研究するだけで、かなり効率的な勉強ができます。

先程あげた分野を勉強するだけで、点数が5点ぐらい簡単に上がりますよ。


ただし、行政書士には、まったく当てはまりません。


行政書士のお話は、また別の機会にお話します。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


 
無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村
  
Posted by takken_goukaku_ at 16:28トラックバック(0)
2010年06月23日

みなさんが受験する試験の得意科目・苦手な科目は分かっていますか?

みなさんは、自分が受験する試験の得意科目苦手な科目は分かっていますか?

もし、苦手な科目がない人は、何も心配する必要がないですね。

今までの勉強を続けてください。


さて、苦手な科目が、出題問題数が多い場合の対策です。

宅建でいえば、宅建業法・民法です。

行政書士であれば、行政法・民法です。


対策は、苦手な科目の勉強を、今勉強しているレベルをやさしくして勉強する。


宅建の場合は、


過去問宅建塾 2010年版 2―宅建塾問題集過去問宅建塾 2010年版 2―宅建塾問題集
者:佐藤 孝
販売元:週刊住宅新聞社
発売日:2010-02-19
クチコミを見る

を勉強するのが良いですね。


基本的に難しい問題は少ないです。

これで、宅建業法・民法の問題を勉強して、基礎をもう一度しっかり固めましょう。


宅建業法は、宅建の中で一番簡単な科目です。

その上、出題問題数が一番多いです。

その科目が苦手な人は、宅建の勉強の基礎力がついてないと言っていいでしょう。


民法は宅建の中で一番難しいです。

ただし、出題問題数は2番目に多いです。

そのため、ある程度は点数を取る必要があります。


まずは、簡単な問題を解いて、しっかり基礎力を高めましょう。

何回も過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


行政書士も考え方は同じです。


行政書士は、



らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉
著者:芳賀 啓寿
販売元:週刊住宅新聞社
発売日:2010-02
クチコミを見る

を勉強するのが良いですね。


基本的な問題ばかりです。

らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉で基礎をしっかり固めましょう。


行政書士の行政法・民法は出題問題数が多いです。

その科目が苦手な人は、行政書士の試験に対する基礎力がついてないと言っていいでしょう。

まずは、行政法・民法の簡単な問題を解いて、基礎力をつけましょう。


そして、憲法の問題も解いてください。


憲法は、すべての法律のもとになっています。

憲法を理解してこそ、他の法律の科目の理解力もつきます。

何回も過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


次は、苦手な科目が出題問題数が少ない科目の対策です。

宅建の場合は、法令上の制限・その他の分野になります。


この科目は、暗記する分野です。


法令上の制限・その他の分野の問題は「新司法試験方式」で勉強をすれば、かなり正解率が高まります。

「新司法試験方式」の勉教方法は、下記から確認してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


そして、勉強する問題集を、


過去問宅建塾 2010年版 2―宅建塾問題集過去問宅建塾 2010年版 2―宅建塾問題集
者:佐藤 孝
販売元:週刊住宅新聞社
発売日:2010-02-19
クチコミを見る


に変えてください。


この問題集を解くことによって、基礎力がつきます。

何回も過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



次は、行政書士ですが、苦手な科目が商法・会社法の場合は、捨て問題にしても大丈夫ですよ。

ただし、最低限の勉強はしておきましょう。

あまり勉強しなくても、2問ぐらいは正解できます。

他の科目で点数を稼ぎましょう。


苦手な科目が憲法の場合は、要注意です。

憲法の科目は、基礎法学も含めることになります。

そして何より、全ての法律のもとになっています。


憲法の対策としては、新司法試験短答式公法系問題集を、憲法の科目だけ解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


これだけで、十分基礎力がつきます。

もう一度、言います。

憲法の科目は重要ですよ。


試験まで、まだ時間があります。

苦手な科目は、今のうちに対策を立てて実行しましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  
Posted by takken_goukaku_ at 16:34トラックバック(20)
2010年06月17日

行政書士・宅建を受験するみなさん、資格の専門学校の模擬試験はたくさん受験しましょう。

行政書士・宅建を受験するみなさん、資格の専門学校の模擬試験はたくさん受験しましょう。


まず、宅建ですが、LEC「宅建0円模試」というものが、8月に行われます。

文字通り、0円で、無料で、宅建の模擬試験が受験できます。

ただし、定員があります。

早く申し込みまして、受験されることをお勧めします。


申し込みは、「LEC宅建0円模試」と検索エンジンで検索すれば、検索できます。

このようなサービスを利用しない理由はありません。


また、LECでは実力診断模試というものが7月に行われます。

今のみなさんの宅建の実力が分かるのによい機会です。

ぜひ、受験をお勧めします。


宅建の模擬試験を受けるにおいて、注意する点は、必ず、紙の問題用紙と紙の解答・解説がついたコースを受験してください。

WEB上の模擬試験は受験しないほうがいいです。


理由は、受験した模擬試験を何回も復習するためです。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強してください。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



私は、WEB上の模擬試験がどのようなシステムになっているかは分かりませんが、冊子の問題用紙、解答・解説の方が、圧倒的に復習しやすいです。 


宅建の模擬試験で注意することは、市販の模擬試験はあまり役に立ちません。

宅建の市販の模擬試験は、問題が簡単すぎます。


宅建の模擬試験を受ける時は、必ず資格の専門学校の模擬試験を受けてください


行政書士の模擬試験は、伊藤塾が8月に行います。

できる限り、受験されることをお勧めします。


また、LECで行政書士のトライアル模試が6月19日、20日、23日に行われます。

こちらは、試験の行われる日にちを過ぎても、試験の問題と解答・解説は購入できますので、ぜひ、受験されることをお勧めします。


伊藤塾の試験は、検索エンジンで「行政書士 模擬試験」、LECの試験は「行政書士 トライアル模試」と検索できます。

LECのトライアル模試は、たぶん当日に受付しても受験が可能な場合もありますので、みなさんで各自、LECに問い合わせをお願いします。


行政書士の市販の模擬試験は、ある程度は勉強になります。


うかる!行政書士直前模試〈2010年度版〉る!行政書士直前模試〈2010年度版〉
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2010-04
クチコミを見る








ラストスパート行政書士直前予想問題集 平成22年度版 (2010)
販売元:TAC出版
発売日:2010-06
クチコミを見る


を、私は実際に勉強しましたが、ある程度の実力はつきます。

ただし、資格の専門学校の模擬試験のレベルよりは落ちますが…。


宅建・行政書士の模擬試験を受験される上で、注意することがあります。

できる限り、問題の答え合わせと解説は、受験当日に読んで勉教してください。

受験日当日に全て、解説を読むことができなかった場合は、次の日に全て、解説を読んで頭の中で理解してください。


そうすれば、頭の中で問題を解く理解力がつくようになります。

もちろん、一度受けた模擬試験は必ず復習をしてください。


無料レポートの
「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強してください。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



行政書士・宅建の試験の2~3ヶ月前から、資格の専門学校で模擬試験が行われ始めます。


私は、行政書士の2回目の受験の時は、TAC・資格の大原野模擬試験を計9回受験しました。

みなさんも、自分の実力をつけるために、できる限り受験しましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 16:48トラックバック(20)
2010年06月11日

行政書士・宅建の試験勉強をしていた頃の、合格した年の今の時期の私の勉教状況。

行政書士・宅建の試験を、今年受験されるみなさん、勉強は、はかどっていますか?

宅建の試験まで、約4ヶ月。

行政書士の試験まで、約5ヶ月。

今、みなさんはどのような勉強をされているでしょうか?


私は、2回目の受験で行政書士・宅建に合格しました。


宅建の2回目の受験の時は、今の時期は遊んでいました。

宅建の勉強をほとんどしていませんでした。


1週間に1日、2010年版 らくらく宅建塾を読む程度でした。

過去問等は一切勉強していませんでした。


その理由ですが、この年の3月頃にはパーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉の宅建の試験の過去問を解けば、必ず合格点のボーダーライン以上の点数を取ることができました。

その勉強のレベルはGWまで続き、私は「もう、今年の宅建の合格は間違いないな。」と思いました。


それで、私は宅建の勉強を真剣にするのを止めてしまいました。

この時期は、本当に勉強をせずに、遊び呆けていました。


このことが、後になって大変な思いをすることになるのですが…。


この年の8月、もうそろそろ宅建の勉強を始めたほうがいいなと思い、まずパーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉の宅建の試験の過去問を解きました。

結果は、31~32点程度しか取ることができませんでした。


このとき、能天気な私は「たまたま、点数が取れなかっただけだ。」と思い、他の年の宅建の試験の過去問を解いてみました。

結果は、また31~32点程度しか点数が取れません。


そこで私は、「自分の宅建の実力が、かなり落ちている」という現実に気づきました。

それからは、毎日は2010年版 らくらく宅建塾を読みました。

休みの日には、パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉の宅建の試験問題の過去問を解きました。


自分のかなり落ちている宅建の実力を取り戻すのに、必死でした。

お盆休みは、宅建の勉強漬けの日々でした。


その結果、9月に行われた、市販されている宅建の模擬試験に特典でついていた公開模擬試験では、38点を取ることができました。

何とか一ヵ月半で、宅建に合格できる実力を取り戻すことはできました。

最終的には、その年の宅建の試験で、自己採点で38点を取りまして合格しました。


次は、行政書士の2回目の受験の今の時期の勉教状況をお話します。


行政書士の2回目の受験の時は、まじめに毎日勉強していました。

平日は、1~1時間30分教本を読んでいました。

もう、今の時期に教本の復習は5回目を行っていました科目もあります。

休みの日は、司法書士の民法・旧司法試験の憲法・新司法試験の憲法・行政法の過去問を解いていました。


今の時期に、司法書士の民法の過去問は、復習は4回目を行っていました。

新司法試験の憲法の過去問は、復習4回目は終わっていました。

新司法試験の行政法の過去問は、復習は3回に入っていました。

旧司法試験の憲法の過去問は、復習は1回目を行っていました。


その前の年の行政書士の1回目の受験の時に、LECの模擬試験を4回受けていましたが、その模擬試験の問題を全て復習していました。


全ての勉強は、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強の計画を立てていました。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



40字記述式の問題集を、音読で解答を記憶することを始めました。

▼こちらから、私の40字記述式の対策が分かります。
http://gyouseisyoshi-takken.doorblog.jp/archives/51454016.html


宅建の1回目、2回目、行政書士の1回目の勉強の時と比べて、格段と勉強に対する取り組みが違いました。


結果として、行政書士の試験に216点取りまして、合格しました。


行政書士・宅建の2回目の受験を振り返りますと、


宅建の2回目の受験の今の時期は、

・GWまでに既に合格点を取れる実力がついていたので、もう合格した気分でいたので、勉強をしないで遊んでいた。

ということになります。


結局、勉強を継続してしたくはなかったんですね。

たとえ、試験の本番前に合格点を十分取れる実力がついても、それを持続させるには、日々勉強に対する努力をしないといけません。

勉強に対する努力をしなければ、すぐに勉強の実力が落ちます。


そのことを、身を通じて感じました。

そして、一度勉強の実力が落ちますと、前の実力を取り戻すのは、結構大変です。

私は、相当必死になって勉強をして、やっと取り戻すことができました。

今の私から考えますと、この当時の私は、勉強に対して考え方が大変甘かったです。


私は、「毎日15分でも勉強を続けることが大切です」と言い続けていますが、この時の経験から言っています。

本当に、毎日の積み重ねが大切であることが、このときの経験でよく分かりました。


宅建の2回目の受験の時は、「合格するに決まっている」という、自惚れがありました。


行政書士の2回目の受験の今の時期は、


・毎日勉強していた。

・全ての勉強は、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強の計画を立ていた。

・勉強の計画をカレンダーに書いて、分かりやすく目に付くようにしていた。

・難易度の高い勉強をしていた。


ということになります。


この行政書士の2回目の受験の時は、勉強に対する取り組みが違いました。


自分で言うのもなんですが、宅建・行政書士の1回目の受験の私と別人でした。

とにかく、

・ムダなことはしない。

・自分に妥協しない。

・常に先のことを考えて行動する。


私の人生で、これほど勉強に対して真剣に取り組んだのは、初めてでした。

宅建の1回目の受験から比べると、勉強に対する取り組み・考え方は、別人です。


結局、最終的な違いは、「行政書士の試験に合格したい」という気持ちが強かったことだと思います。


今の時期、行政書士・宅建の受験者に、一番気持ちの緩みが出やすい時期だと思います。


本番の試験まで、「まだ時間がある」と思うか、「もう時間がない」と思うかは、今までその人の勉強に対する取り組みによって違うと思います。

ただ、みなさんは心残りがないように、日々の勉強に取り組んでください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 16:49トラックバック(20)
2010年06月05日

行政書士・宅建の試験勉強をしていた頃の、今の時期の私の勉教状況。

行政書士・宅建の試験を、今年受験されるみなさん、勉強は、はかどっていますか?

宅建の試験まで、約4ヶ月。

行政書士の試験まで、約5ヶ月。

今、みなさんはどのような勉強をされているでしょうか?


私は、宅建の1回目の受験のときは、今の時期は平日に3~4日は、2010年版 らくらく宅建塾を読んでいました。

そして、休みの日は2010年版 らくらく宅建塾を読みながらマインド・マップを書いていました。


今、その時のことを振り返ってみますと、実にムダなことをして、ふざけた勉強態度でした。

まず、毎日勉強していない。

完全に、勉強に対する意識がたるんでました。

もともと、私はブログのタイトルどおり「高卒、偏差値30」の人間です。

勉強ができません。


そんな人間が、金儲けのために宅建の勉強を始めたのです。

10数年ぶりの勉強は、正直苦痛に感じました。


まず、「勉強のやり方が分からない。」

どのようにして、教本の内容を理解して、宅建の合格レベルまで、自分の宅建の知識のレベルを高めるか?

このことに、苦労していました。


そのため、いかに効率よく勉強しようか、いろいろ調べ「フォトリーディング」という速読を知りました。

この年の5月に「フォトリーディング」の講習を受け、「マインド・マップ」の存在を知りました。


この「マインド・マップ」、レオナルド・ダ・ヴィンチ、エジソン、アインシュタイン、ピカソ等、いわゆる天才という人たちが共通して取っていたノートの作成方法という触れ込みでした。

私は、その話を「フォトリーディング」の講習で知り、すぐに宅建の勉強に活用しました。

これが、宅建の1回目の受験勉強の大きな間違いでした。


今の時期、一生懸命休みの日は2010年版 らくらく宅建塾を読みながら、「マインド・マップ」を作成していました。

この「マインド・マップ」の作成は、とにかく時間がかかる。

たった40ページ程度の内容を「マインド・マップ」で作成すると、6時間ぐらいはかかります。

そして、「マインド・マップ」に書いた内容を、私は覚える事ができなかったです。


今、私が思うことは、行政書士・宅建等のほとんど択一式の問題の試験は、「ノート」を作成すること自体ムダです。

この時は、私は1日13~14時間、月曜日から土曜日まで働いていたので、とにかく効率的に勉強をすることしか考えていませんでした。


そして、もっと致命的なことが、宅建の過去問をまったく解いてない。

これは、最大の私の宅建の1回目の勉教方法の間違いでした。


このような理由で、結果的には、宅建の1回目の勉強は、まったく見当違いのムダな勉教方法で、勉強をし不合格になりました。


次は、行政書士の1回目の受験の今の時期のお話をします。


行政書士の1回目の受験の時は、今の時期は平日はらくらく行政書士 講義そのまんま。を読んでいました。

そして、休みの日にはらくらく行政書士の過去問〈2010年版〉
らくらく行政書士の実戦予想問題集+模試〈2009年版〉を解いていました。

無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習方法で、勉強の計画を立てていました。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



もちろん、このときは「ノートの作成」などというムダなことは一切しておりません。

そして、まじめに毎日勉強していました。


ただ、行政書士の試験は、初めてということで、勉強の教本・過去問選びに苦労しました。

今の私が考えますと、市販されているほとんどの行政書士の教本・過去問・問題集は、使い物にならないのです。

今の行政書士の試験のレベル・出題傾向にあった教本・過去問・問題集は、ほとんどありません。


その中で、私はあくまで行政書士の基礎力をつけるに適している教本としてはらくらく行政書士 講義そのまんま。を紹介しています。

同じ理由で、らくらく行政書士の過去問らくらく行政書士の実戦予想問題集+模試〈2009年版〉も紹介しています。


ただ、今、紹介した教本・過去問・問題集を勉強しても、行政書士の合格点ぎりぎりの点数しか取れません。


行政書士の試験の本番前に、LECの模試を4回受験しましたが、合格点より上の点数は1回も取ることができなかったです。

一度だけ模試で、178点を取りました。


実際、私は行政書士の1回もの受験の点数は合格点180点に対して178点でした。

合格点に2点足りなかったです。


結局、行政書士の試験も「行政書士の勉強方法が分からなかった」という結論に、結果的にはなりました。


ただ、資格の専門学校で、常に合格点180点以上取れないと行政書士の試験に合格できないというわけではないです。


私は、行政書士の試験に2回目の受験で合格しました。

行政書士の2回目の受験の時は、TAC・資格の大原の模試を合計9回受けました。

9回の模試のうち、合格点180点以上を取ることができたのは2~4回ぐらいだと思います。

はっきりとは覚えていませんが、9回の模試のうち合格点を取ることができたのは、50%以下です。

それでも、行政書士の試験には216点取り合格できました。


資格の専門学校の模試は、行政書士の試験の場合は、あくまで参考程度に考えたほうが良いでしょう。


私の場合、結論として、宅建の1回目の受験の今の時期は、


・勉強する方法が間違っていた。

・勉強をする気持ちがたるんでいた。

・ムダなことをしていた。

ということになります。


行政書士の1回目の受験の今の時期は、


・行政書士の今のレベルに対応できる勉強をしていなかった。

・簡単な問題ばかり解いていた。

ということになります。


私は、この行政書士・宅建の1回目の受験の失敗を踏まえて、2回目の受験の時は、勉強方法・勉強の取り組み方を変えました。


そのお話は、また別の機会にお話したいと思います。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 16:47トラックバック(20)
2010年05月30日

勉強の天才の勉強方法のマネはやめましょう。

勉強の天才の勉強方法をマネするのはやめましょう。


ここで言う「勉強の天才」とは、短時間の勉強で、最難関大学、最難関資格に合格する人のことです。


世の中には、1日、2~3時間程度の勉強で東京大学に合格する人、又は司法試験に合格する人がいます。

ただし、私は今まで実際にそのような人に会ったことが無いです。


ここで、みなさんに勘違いしないで欲しいことは、東京大学・司法試験に合格する人の90%以上の人は、1日、9時間以上は勉強して、やっと合格しています。

もちろん、東京大学に合格した人は、学校の勉強を除いて、1日9時間以上、高校3年間、毎日勉強している人が多いです。

睡眠時間は2~3時間程度しかとっていません。


具体的名前を出しますと、

今、クイズ番組で人気のロザン宇治原さんは、京都大学に合格するのに、「1日11時間は勉強した」と自分で言っています。

山崎邦正に似てるといわれている、本村弁護士はラジオの番組でこのようにお話していました。

「司法試験は4回目の受験で合格しましたが、合格するまで、勉強は朝起きて、寝るまでの間、食事と、トイレ、お風呂に入る時以外は、全て勉強した」とお話していました。


分かりやすく言いますと、勉強に対してものすごく努力をしている人が、東京大学・司法試験に合格する人の大多数です。


もし、みなさんが、勉強の方法について悩むのであれば勉強に対して大変な努力をした人たちの勉強方法を、参考にするべきです

残念ながら、世の中の勉強本のほとんどは、短時間の勉強で結果を出す人たちが出版したものが多いです。

そのような勉強の天才の勉強方法は、ほんのごく一部の勉強の天才しかマネできません。


勉強の天才の人達は、勉強に対する感覚が世の中のほとんどの人と違います。

勉強の天才の人達が当たり前のように出来ることは、勉強に関しては、世の中の一般の人達はできません。

勉強に対する能力が違います。

このような事をもっと深く理解して欲しいです。


ただし、誤解のないようにお話しますが、行政書士・宅建の試験に、1日9時間以上勉強が必要とは、私は言っておりません。

事実、私は行政書士・宅建は、平日は1時間~1時間30分、休みの日に宅建は4時間、行政書士は8時間の勉強で合格しました。


行政書士・宅建の試験は、東京大学・司法試験に合格することに比べて、かなり簡単です。

それほど多く勉強をしなくても十分合格できます。


ただし、繰り返し同じ事をお話しますが、勉強の天才の勉強方法はマネしないでください。

一般の人は勉強に大変努力した人の勉強方法をマネしてください。


世の中には、日本人で100mを10秒台で走る人もいます。

私も含めて、ほとんどの人はどのような努力をしても、100mを10秒台では走れません。

その事と同じで、勉強の教本を1回読んで、過去問・問題集を1回解いただけで、勉強内容を理解できる人もいます。

私は、実際にそのような人に会ったことがありませんが…。


この現実を理解しましょう。



こちらは勉強に大変努力した人の勉教本(?)です。

京大芸人京大芸人
著者:菅 広文
販売元:講談社
発売日:2008-10-30
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


こちらも勉強に大変努力した人の勉教本です。

本村弁護士流読むだけで賢くなる勉強法本村弁護士流読むだけで賢くなる勉強法
著者:本村 健太郎
販売元:ぶんか社
発売日:2009-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(20)
2010年05月24日

勉強というものは、最初は毎日、未知の発見です。

行政書士・宅建の勉強というものは、最初は毎日、未知の発見です。

日々新しいことを知ることになりますので、最初の頃は興味が強くあります。


ただし、新しいことに興味が持てないと、「つまらない→やる気がなくなる→理解しようとしなくなる→理解しなくてもいい」と思ってしまいます。

この新しいことに興味が持てなくなる可能性は、その勉強を一通り終えた時に考えられます。

もう、新しいことを発見しなくなるからです。


勉強は復習をしなければ成果が出ません。

一回、教本を読んで、そして過去問・問題集を解いて、それで成果が出せる人は、世の中ほとんどいません。

私は実際にそのような人に会ったことがありません。


普通の人は、同じ内容の勉強を何回も復習します。

ここに勉強に対する成果が出せる人、出せない人の違いが鮮明に出ます。


どのようなことに鮮明に出るのか?

それは同じ内容の勉強を何回も復習することに興味を持てるか?、または持てないか?ということです。


同じ内容の勉強を何回も復習することは実に単調です。

分かりやすくいえば飽きやすいです。

その理由は、日々新しいことを発見する機会が少ないからです。


復習というのは、一度勉強したことを何回も繰り返すことです。

このことに興味を持てない、正確には興味がなくなってしまう人がいます。


みなさん、どのような人だと思いますか?

それは、1~2回過去問・問題集を解いて、あまりの正解率の悪さに、自分の能力がないと勘違いしてやる気を失くしてしまう人です。

このような人にとって重要なことは、1~2回過去問・問題集を解いて正解率が悪くても気にしないことです。


先日、だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法から引用しましたが、またここで引用します。


勉教量と成績の関係は、単純な比例関係にあるのではなく、むしろ等比級数的な上昇カーブを描くことが分かります。

1、2、4、8、16・・・のように成績が伸びるのです。


同じ内容の勉強を何回も復習を重ねることは、たとえば、まず最初に勉強をして成績を1とします。

1回復習をすれば成績は2となります。

2回復習すれば4、3回復習すれば8、4回復習すれば16、5回復習すれば32、6回復習すれば64、7回復習すれば128、8回復習すれば256になります。


これだけ復習を重ねますと、間違いなく過去問・問題集を解く正解率が相当高くなります。

自分が過去問・問題集を何回も復習して正解率が相当高くなるということは、成績がものすごく上がっているということです。


みなさん、このことに気がつかない人が結構多いです。


同じ行政書士・宅建の法律の問題を何回も復習をして解きますと、その法律の問題の解答を導き出す方法を理解します。

分かりやすく言えば、公式そのものを覚えるのではなく公式の導き方を覚えるのです。

つまり法律の問題を解く公式の「原理」を理解するのです。


この事は、実際に行政書士の試験勉強で、旧司法試験の憲法の過去問を6回復習し、新司法試験の憲法・行政法の過去問を最高11回復習し、司法書士の民法の過去問を7回復習した、私が経験していることです。

ここで重要なことは難易度の高い問題を何回も繰り返し復習することです。

そして、過去問・問題集を解いて正解率が上がれば、興味、好奇心がでます。

より、問題を解く正解率を高めようという興味、向上心です。


もう一度言います。

1回復習しても成績は1→2にしかなりません。

2回復習しても成績は2→4にしかなりません。

しかし、6回復習すれば成績は64になります。

11回復習すれば成績は2048になります。


私はそこまで行政書士の勉強の復習をしました。

この11回復習したのは、自分の苦手な分野だけでしたが、正解率は90%以上になりました。


みなさん、自分自身が過去問・問題集の正解率を高めることに興味を持ちましょう。

そうすれば自然と勉強に対して好奇心が出ます。

好奇心が出てきますと、向上心につながります。


みなさん、行政書士・宅建の試験に合格するために、同じ内容の勉強を何回も復習しましょう。

そして、その内容は難易度の高い問題を勉強しましょう。


行政書士を初めて勉強する方は、必ず、まず基本書のらくらく行政書士 講義そのまんま。を一通り読み、(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)

その後に、
らくらく行政書士の過去問を解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)


その後に、下記の勉強方法で勉強してください。

こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


行政書士を、1回以上受験されている方は、すぐに旧司法試験・新司法試験・司法書士試験の勉強をしても、まったく問題ないです。

行政書士レベルの基礎的な知識は、十分理解しているはずです。


行政書士の試験を1回以上受験された経験のある方でしたら、最初から、難易度の高い問題を勉強してください。


宅建の受験者は問題が簡単なため、教本を読んだ後であれば、最初から難易度の高い勉強をしても大丈夫です。


宅建の受験者は「新司法試験方式」の難易度の高い勉強をすれば、
かなり正解率が高まります。

「新司法試験方式」の勉教方法は、下記から確認してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





     応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村




  
Posted by takken_goukaku_ at 16:52トラックバック(20)
2010年05月18日

行政書士・宅建の勉強の手順。

行政書士・宅建の勉教方法には手順があります。

どのような手順なのか?


それは、基礎的なことを最初に勉強し、その後、応用的なことを勉強して、最終的に発展的なことを勉強する。

これだけです。


これだけの事が、できていない人が多いです。


どのような人が多いのか?

それは、基礎的なことしか勉強しない人、また、最初から応用・発展的な勉強をする人です。


ここで言う基礎的な事とは、簡単なレベルの勉強をすることです。

ここで言う応用・発展的なこととは、難易度の高いレベルの勉強をすることです。


まず、簡単なレベルの勉強しかしない人は、本番の試験レベルの問題は50%以上、解けません。


行政書士・宅建の試験は、年々難化しています。

簡単なレベルの勉強しかしていない人は、ただ簡単な問題を解いて正解率の高さに自己満足しています。

簡単な問題とは、1問1答形式の問題ばかり解くことです。

1問1答形式の問題を解くことは、誰でもできます。

また、本番の試験では、そのような形式の問題は出ません。


簡単なレベルの勉強しかしていない人は、難易度の高いレベルの勉強をして、理解できない自分を、難しい問題を解いて頭を悩ます努力をしたくない人が多いです。


試験は、簡単な問題から難易度の高い問題まで、幅広く出題されます。

そのことを考えれば、自然と難易度の高い勉教をたくさんしないといけないのは普通です。


難易度の高い勉強とは、レベルの高い問題を解くことです。


ここで、注意したいのは行政書士の初めての受験者は、最初は行政書士レベルの問題を解くことが重要です。

それ以上の法律系の資格の問題、旧司法試験・新司法試験・司法書士の過去問を最初から解いても理解することが難しいです。


行政書士を初めて勉強する方は、必ず、まず基本書のらくらく行政書士 講義そのまんま。を一通り読み、(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)

その後に、
らくらく行政書士の過去問を解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)


その後に、下記の勉強方法で勉強してください。

こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


行政書士を、1回以上受験されている方は、すぐに旧司法試験・新司法試験・司法書士試験の勉強をしても、まったく問題ないです。

行政書士レベルの基礎的な知識は、十分理解しているはずです。


行政書士の試験を1回以上受験された経験のある方でしたら、最初から、難易度の高い問題を勉強してください。


これが、最初から応用・発展的な勉強をしないという意味の一つです。


ただし、宅建の受験者は問題が簡単なため、教本を読んだ後であれば、最初から難易度の高い勉強をしても大丈夫です。


宅建の受験者は「新司法試験方式」の難易度の高い勉強をすれば、
かなり正解率が高まります。

「新司法試験方式」の勉教方法は、下記から確認してください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


他に最初から応用・発展的な勉強をしないと最初から教本を読まずに過去問・問題集を解くことです。

頭の中に大まかな知識が入っていないのに、いきなり過去問・問題集を解いても、解けないでしょう。

そのようなことをするのは、時間の無駄です。


もし、最初から過去問・問題集を解いてそれを何回も復習して、理解できる人は、司法試験を受けてください。

たぶん、合格できるでしょう。

問題を解くだけで論点を理解できる人は、論文を書き上げるのはたやすいものです。


そのぐらいの天才的な頭の構造を持っている人は別として、普通の人は、まず教本を読んで、頭の中に大まかな知識をいれて、その後に過去問・問題集を解きましょう。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





     応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村



  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(20)
2010年05月15日

勉強の効果が現れるのは3ヵ月後!!

だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法から引用します。

勉強の効果が現れるのは3ヶ月後に出ます。

その論理についてお話します。


みなさんがAとBの二つのものごとを覚えますと、「A」、「B」、「AからみたB」、「Bから見たA」というように、「ものごと」と「ものごとの連合」が生まれます。

つまり記憶した内容に、二の二乗で四倍の効果が生まれるのです。


一般的に学習の転移作用には「累乗の効果」があります。

「累乗」とは同じ数を次々に掛け合わせることです。

2の場合には「2→4→8→16→32→・・・」。等比級数、ねずみ算とも言います。


勉教量と成績の関係は、単純な比例関係にあるのではなく、むしろ等比級数的な上昇カーブを描くことが分かります。

1、2、4、8、16・・・のように成績が伸びるのです。


たとえば、みなさんは今スタートで成績が1の地点にいると考えます。

そこで、勉強の目標成績を1000に定めましょう。
(行政書士・宅建の試験に合格できるレベルです。)

勉強してランクが上がると、成績は2、勉強を続けてもう一ランク上がると、成績は4になります。

手抜きをしないで、努力を続けていくと、成績は8、16、32と少しずつ累積効果を示して上昇します。


しかし、努力したほどには成績は伸びません。

現在はまだ32です。

目標の1000は、はるか遠くです。


多くの人は、この時点で「勉強をしているのにどうして成績はアップしないのだろうか」「私は他人と比べて才能がないのかも…」と深刻に悩むことでしょう。

そして、成績が1000の人を見れば「あの人と自分は違う。」「まさに天才だな」と考えがちです。

たいていの人は、この時点で、自分の才能の乏しさに失望して、努力を継続できません。


もしも、みなさんが、辛抱強く勉強を繰り返すことのできる人ならば、さらに成績は64、128、256、512とアップしていきます。

実は、ここまで努力して、やっと勉強の効果が目に見えるようになります。


これが、勉強と成績の関係の本質です。

勉強の成果はなかなか現れてこないのです。


もう一歩努力すれば、成績が1024になります。

目標をクリアできるのです。


ここまで到達すると後は楽です。

成績2048にも、わずかの努力で手が届きます。

これが勉強の相乗効果の実態です。


そして、2048に到達した人は、一生懸命に努力してやっと32までレベルを上げてきた人からすると、大天才に見えるのです。


勉強を継続していると、山頂に立ったように急に視界が開け、ものごとがよく理解できるようになったと感じる時があります。

ある種の「悟り」に似た境地です。

こうした現象はまさに勉強と結果の関係が「累乗」の関係にあることを物語っています。


なかなか結果が現れなくても、簡単にあきらめてはいけません。

ものごとを習得する場合、「努力の継続」が必須条件です。


世の中の天才たちと自分の能力を単純に比べることも無意味です。

努力と成果は比例関係ではなく、「累乗関数の関係」にあるからです。


大切なのは、努力を続けることです。

そうすれば、必ず成果が現れます。


ともかく、こうした成長パターンを示すのが「脳」の性質です。

効果がはっきりと目に見えなくても、努力した分だけ着実に、基礎能力が蓄積されていくのです。


一般に、勉強を始めてから効果がきちんと現れ始めるまでに、どんなに早くても三ヶ月はかかると言われています。


もし、みなさんが勉強につらくなったら、この事実を思い出してください。




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





     応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  
Posted by takken_goukaku_ at 16:39トラックバック(20)
2010年05月12日

資格の択一式問題の勉強で最も優れた勉教方法。

行政書士・宅建の択一式問題の勉強で、最も優れた勉教方法は、教本を見て理解する。

正確には、教本を復習を重ねて読めば頭の中で理解したことにする。

そして、過去問を解き復習をする。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


ここで重要なことは、ノートを作成しない。

いろいろな知識を文章を書いて覚えることは先入観であります。


私は、宅建の2回目の受験の時から、行政書士の40時記述式問題の法律独特の漢字を練習する以外で、一切文章を書かず、ノートを作成しないで勉強し、行政書士・宅建に合格しました。


みなさん、まず、行政書士・宅建の今までの試験問題を見ましょう。

問題の選択肢に答えが書いてあります。

試験の受験者は、問題に書いてある選択肢を選ぶだけです。


問題の問いに対して、自分の頭で考えて文章で解答を書く必要が、行政書士の40字記述式問題以外ありません。

選択肢の番号を選ぶだけです。

だいたいの試験の問題の知識の理解力があれば、答えは問題に書いてありますから、思い出します。

論文・記述式問題のように、具体的に文章で解答を書く必要が、択一式問題では求められていません。


ノートを作成して、文章を書いて勉強をするのは、時間の無駄です。


択一式問題の勉教方法は、教本を読んで理解することを予習と定義します。

過去問・問題集を解くことを復習と定義します。

教本は、あくまでも過去問を解くために、前もって知識をある程度頭の中に理解するためのものです。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


本当の意味での勉強は、過去問・問題集を解いて復習することです。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


教本を読んで復習をすれば、知識はある程度は理解しています。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


みなさん、実際に教本を読みながら、一切ノートを作成せずに勉強してみてください。


このノートを作成しないことに疑問を感じた方に、逆に質問します。

みなさんは、教本を読みながら、ノートを作成して勉強をして、1週間後に、どの程度の内容を覚えていますか?

今すぐ、1週間前に勉強した内容を、ノートに書き出してみてください。

ほとんど何もノートに書き出すことができないはずです。


もし、50%以上ノートに1週間前に勉強した内容を、正確に書きだせる人がいましたら、その人は旧司法試験に合格できます。

そのような人は、東京大学ぐらい楽に合格できるでしょう。


ただし、そのような人は、私は今まで会ったことはありませんし、これからも会うことはないでしょう。


みなさん、実際に1週間前に勉強した内容を書き出してみましょう。

いかに、文章を書いて覚える勉強方法によって、ほとんど覚えることができていないか実感できるはずです。


教本を読んでノートを作成しても、ほとんど覚えられません。


択一式問題の勉強で最も優れた勉教方法は、まず教本は読むだけで復習をしながら理解したことにしましょう。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


そして、択一式問題の勉強内容を一番理解するのは、過去問・問題集を解いて復習を重ねている時です。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


 

「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 



      応援クリックをお願いします。
                 
↓ 
       
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村







  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(20)
2010年05月11日

行政書士試験問題をうまく解く方法。民法(債権法)の試験勉強方法。

行政書士の民法(債権法)の試験勉強方法をお話します。


その前に、

こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


まず、
行政書士の民法の勉強法は、らくらく行政書士 講義そのまんま。を一通り読み、

その後に、
らくらく行政書士の過去問を解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強をしてください。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


らくらく行政書士の過去問を1回解いた後は、民法の教本5冊を、新版 基本書民法 民法総則 基本書民法債権法 第2版新版 基本書民法 物権法基本書民法担保物権法新版 基本書民法 親族法・相続法の順に読み、(紹介した順番で読んでください。)

その後に、
司法書士過去問 民法を解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強をしてください。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


新版 基本書民法 物権法 の建物区分所有の部分と基本書民法担保物権法共同抵当の部分は、試験に出題される可能性はきわめて低いので、読む必要がないです。


民法(債権法)の勉強方法ですが、司法書士の過去問を解きます。
(宅建の受験者のみなさんも、ぜひ解いて下さい。)


問題の解き方のコツですが、簡単に解ける誤っている選択肢を消していく消去法で解きます。


解答の解説は、伊藤塾編 司法書士過去問 民法から引用します。


実際に例に出しますと、平成18年度第17問の問題ですが、


代物弁済に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後期1から5までのうちどれか。


ア 債務者が、本来の給付に代えて自己の所有する動産の所有権を移転する合意を債権者とした場合において、

当該動産を債権者に引き渡した後に当該動産に欠陥があることが判明したときは、

債権者は、債務者に対して当該欠陥から生じた損害について損害賠償請求をすることができる。


イ 債務者が、本来の給付に代えて自己の所有する不動産の所有権を移転する合意を債権者とした場合には、

当該不動産が本来の給付と同価値かそれ以上の価値があるものでなければ債務は消滅しない。


ウ 債務者が、本来の給付に代えて自己の所有する動産の所有権を移転する合意を債権者とした場合には、

当該動産が引き渡されない限り所有権移転の効果は生じない。


エ 債務者が、本来の給付に代えて自己が第三者に対して有する債権を譲渡する合意を債権者とし、

第三債務者に対して確定日付ある証書で譲渡の通知をした場合において、

第三債務者が、通知を受ける前に当該債権の発生原因である契約の重要な要素に錯誤があった旨を主張して、その履行を拒んだ時は、

債権者は、債務者に対して本来の債務の履行を求めることができる。


オ 債務者が、本来の給付に代えて自己の所有する不動産の所有権を移転する合意を債権者とした場合には、

当該不動産について所有権の移転の登記が完了しなければ、債権は消滅しない。

1 アイ   2 アオ   3 イエ   4 ウエ   5 ウオ


まずは、選択肢イですが、簡単ですね。誤りです。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


代物弁済の「他の給付」は、契約自由の原則の下、本来の給付と同価値あるいはそれ以上の価値があることを要しない。

よって、消しですね。


これで、1 アイ  3 イエ が正解ということがなくなりました。


次は、選択肢ウですが、これも簡単ですね。誤りです。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


代物弁済の目的物が物の給付である場合において、債権者への目的物の所有権の移転時期は、

原則として、代物弁済の意思表示の時である。

よって、消しですね。


これで、4 ウエ 5 ウオ が正解ということはなくなり、2 アオ が正解となります。 


念のため、そして勉強のため他の選択肢を解きましょう。


選択肢アですが、正しいです。

解説は、選択肢そのままです。


選択肢エですが、誤りです。


指名債権の譲渡をもって代物弁済とする場合、第三者に対する対抗要件を具備しなければ、代物弁済の効果は生じないが、

対抗要件さえ具備すれば、譲渡された債権の現実の履行を受けなくても、代物弁済の効果が生じ、債務は消滅する。


選択肢オですが、簡単ですね。正しいです。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


代物弁済の効果である弁済と同一の効力が生じるのは、原則として、第三者に対する対抗要件を具備した時である。


以上、正解は、2 アオ となります。


この問題は、選択肢イ・ウ・オが比較的簡単な選択肢のため、答えを導き出すのは難しくありません。

あくまで、行政書士の受験勉強のために司法書士の問題を解いているので、たとえ全ての選択肢を解く前に解答が分かったとしても、全ての選択肢は解きましょう。


今の行政書士の試験は、このぐらいのレベル以上の問題が出題されます。


今は、解答の正解率が悪くても気にしないでください。


このような問題を、無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009


しっかり、理解しましょう。


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


 

「音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~





     応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村



  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(19)
2010年05月09日

試験に合格するために、生活に規則を作り、徹底して実行する。

みなさん、行政書士・宅建の試験に合格するためには、自分の中にリズムを作る事が重要です。


では、どのようにして、自分の中にリズムを作るのでしょうか?

それは、生活に規則を作ることです。

そして、その規則を徹底して実行する。


これだけです。

これだけで結果が出る可能性が高くなります。


私は、株式投資をしていますが、投資に結果を出すには、規則を作り、徹底して守ることが重要です。

そうしなければ、お金と時間が無駄になります。


勉強も、規則を作り、徹底して守らなければ、時間と労力が無駄になります。

無駄と余裕は違います。

余裕は、ゆとりからくるものです。

ゆとりは、自分自身に規則を作り、徹底して守ることにより生まれます。


余裕を作るために、無駄を防ぐために規則を作る。

無駄というむなしい時間をすごさないために、規則を作り、徹底して実行する。


このことを実行することにより、時間と労力を使って、結果が出ないという最もむなしい結果を避けれます。


そのむなしい結果を避けるためには、規則を作り、徹底して実行する。


そのためには、自分の勉強の計画をカレンダーに書きましょう。

勉強の計画は、何回もある一定の間隔で教本を読み・過去問を解く計画を立ててください。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



そして、目の前に規則を紙に書いて張り出して、常に目に付くようにしましょう。


規則は、いろいろみなさん自身で考えてみてください。


私の規則は、

「1日、15分でも勉強は、必ずする。」

「勉強の計画は、最優先にする。」

「もし、その日の計画予定の勉強ができなかった場合は、予定を全て1日ずらし、休みの日に、計画がずれた勉強の予定を余分に勉強して、勉強の計画を合わす。」

「1日、6時間は、必ず睡眠時間を取る。」

これだけです。


規則を徹底して実行するということに、緊張感を持ちましょう。


規則を徹底して実行する事に、緊張感を持てば、勉強すること自体に緊張感が生まれます。

常に勉強をするという緊張感です。


緊張感は集中力を生み出します。

緊張感によりだらけなくなるからです。

気が抜けることがなくなります。


みなさん、自分の勉強の計画をカレンダーに書きましょう。

そして、規則を作り、徹底して実行するために、紙に張り出して、目に付く場所におきましょう。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 

 



      応援クリックをお願いします。
                 
↓ 
       
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村

  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(20)
2010年05月06日

勉強をする上で必ずやらないといけない事。

みなさん、勉強する上で大切なことがあります。

それは、どのような事だと思いますか?


これは、勉強をする上で必ずやらないといけない事です。


それは、復習です。

復習はものすごく大事です。


それも、同じ教本・問題を何回も復習する。

これは、勉強する上で必ずやらないといけない事です。


特に、「同じ問題を何回も復習する。」

同じ問題を何回も復習すれば、その問題と答えを覚えてしまい、意味が無いと思う方もいるでしょう。

そのようなことはありません。

その問題と答えを覚えるぐらい、復習することに意味があります。


同じ問題を何回を復習することにより、その問題の構成を理解します。

問題の構成を理解するということは、その問題に対する理論を理解することです。


問題に対する理論を理解することにより、その理論に関する理解力がつきます。

理論に関する理解力がつくことにより、その理論に関する問題が、自分で考えて解けるようになります。


理論に関する理解力がつくことにより、応用力・発展力が身につきます。

応用力・発展力がつきますと、今まで見たことが無いような問題を、自分の理解力で解くことができるようになります。


この応用力・発展力をつけるために、同じ問題を復習することが必要です。


同じ問題を復習する上で、注意する点があります。

まず、一度正解した問題も必ず復習する。


一度正解した問題は、もう頭の中に理解していて、復習をする必要がないと思いがちですが、それは間違いです。

たとえ、一度正解した問題でも、一度だけでなく三度も四度も正解した問題であっても復習する必要があります。


その理由は、自分の頭の中に、問題の構成である理論を徹底して理解するためです。

そして、ある一定の間隔で復習することにより、問題の構成である理論が記憶に定着できます。


何回もある一定の間隔で教本を読み・過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



もう一点注意することがあります。

それは、復習する問題を、ある程度難易度の高い問題を解く。


簡単な問題ばかり解いていても、基礎力はつきますが、応用力・発展力はつきません。

応用力・発展力がつかないということは、理解力がつかないということです。


応用力・発展力をつけるには、難易度の高い問題を解く必要があります。

難易度の高い問題を解くことによって、いろいろな理論を理解することになります。


行政書士を受験する方は、旧司法試験・新司法試験・司法書士の過去問を解きましょう。

詳しくは、私の行政書士の試験勉強方法に書かれています。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


ただし、行政書士を初めて勉強する方は、必ず、まず基本書のらくらく行政書士 講義そのまんま。を一通り読み、(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)

その後に、
らくらく行政書士の過去問を解いて下さい。(無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」に書いてある復習をしてください。)

そして、その後に難易度の高い問題を解いて復習しましょう。



宅建を受験する方は、問題の答え方を「新司法試験方式」に変えましょう。

その方法で、問題の難易度が上がります。


「新司法試験方式」の勉教方法は、私の宅建の試験勉教方法に書かれています。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


復習する場合は、ある一定の間隔で復習をすれば、記憶の定着ができ、解答の正解率も、ものすごく上がります。

(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12009



みなさん、復習は、大変重要です。

そのことを、もう一度認識しましょう。


無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 

 



      応援クリックをお願いします。
                 
↓ 
       
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  


  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(20)
2010年05月03日

苦労と努力の違い。

苦労と努力の違いと言いますと、具体的に何が違うのでしょうか?


苦労というのは、本人の意思に関係なく、その物事を行わなければいけないこと。

努力というのは、本人の意思で、その物事を行うこと。

だと、私は思います。


私は、苦労をするのが大嫌いです。

ただし、自分の好きなことに対しては、努力はします。


いろいろな人は、「若いうちの苦労は、買ってでもしろ!!」と言います。

また、そのような格言もあります。


本当に、若いうちの苦労はするべきでしょうか?


私は、苦労は経験しないことが一番だと思います。

私の考えでは、「若いうちの苦労は、買ってでもしろ!!」と言う人は、本当に苦労したことがない人が、平気でそのような事を言うと思います。


苦労とは、具体的例を出しますと、

「家族がいるから、家族を養うために働かないといけない。」

「仕事が、いそがしくて、残業だらけで休む暇もない。」

「他人の保証人になって、借金を抱えてしまい、その為いやでも働かないといけない。」

等と言うことではありません。


このようなことは、苦労に入りません。

自分の意思で決定したことであり、ただそのことに対して責任が発生しただけの話です。

嫌であればやめれば良いだけの話であり、最初からしなければいいだけです。


本当の苦労と言うのは、自分がやりたい事があっても、他人の責任のために、自分の意思に関係なく、嫌であろうが、他人のために自分のやりたい事もしないで、他人のために物事をしなければいけない。

そして、そのことに対して、見返りが何一つないことです。


自分の親がつくった借金のために、その子供が自宅を失わないために給料無しで1日15時間、毎日働く。

そのようなことが、数年間も続く。


このような状況になりますと、自分の意思・感情は関係ありません。

好き・嫌い関係ありません。

ただ、物事をやらないといけないです。


そして、このようなことは、自分の人生の経験の糧にはなりません。

ただの、時間の無駄です。

ただ、苦労に対してむなしく時間が過ぎていくだけです。

その、苦労のもとになる責任を果たすまでは…。


このような経験は絶対しないほうが良いに決まっています。


私は、「若いうちの苦労は、買ってでもしろ!!」と言う人がいると、何も苦労というのを知らない人だと思います。


それに対して、努力というのはどうでしょうか?


いろいろな物事に対して、自分の意思で物事をすることです。

自分の好き・嫌いで物事を決めれます。


嫌だったら、やめたら良いだけです。

好きだったら、自分の好きなように続けたら良いだけです。


勉強に対する努力は、絶対に苦労にはなりません。

学校の勉強も含めて、勉強を苦労と言う人は、本当の苦労の意味を知らないだけです。

なぜなら、勉強が嫌であれば、やめれば良いだけです。


勉強をやらなくても世の中、成功した人は沢山います。

ましてや、勉強したから、経済的に、精神的に、自己的に成功できるとは限りません。

結果的に、勉強をやめて、それで自分の人生が変わることがあっても、自分の責任ですので、あまり大した責任ではありません。

自業自得ですから…。


ただし、勉強に対して結果を出すには、必ず努力をしなければなりません。

この努力をすることは、大した責任がないので、人は、サボりがちになります。

別に、勉強をしなくても失うものがないからです。


みなさんが、行政書士・宅建の試験に合格しなくても、失うものはあまり無いはずです。

この、失うことがないことが、自分に対する言い訳になります。

「別に、資格を取らなくても困らない…。」

「独学で勉強しているから、何回か受験して合格すればいいや」

「仕事のほうが大事だから、資格の勉強は後回しだ。」


失うことがない、責任の無いことは、緊張感を生みません。


みなさんは、勉強をする努力に対して、緊張感を持っていますか?

緊張感を持っていれば、毎日、勉教はできます。


緊張感を持つには、「今年の資格の試験に合格する」と、思うことです。

そのためには、毎日、勉強をすることです。


世の中の資格の勉強をする90%以上の人は、毎日、勉強することが、一番重要なことはわかっています。

それでいながら、世の中の資格の勉強をする50%以上の人は、毎日、勉強していません。


つまり、「合格する気が無く、毎日勉強していないこと」になります。


みなさんは、「合格するつもりで、毎日勉強しますか?」

それとも、「合格する気が無く、毎日勉強しないですか?」


どちらかを選ぶのは、みなさん次第です。

他人では、どうすることもできません。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。

こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 

 





      応援クリックをお願いします。
                 
↓ 
       
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  

  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(21)
2010年04月30日

行政書士・宅建の勉強をしていた頃の私のGWの過ごし方。

GWに入りましたが、みなさん、いかがのようにお過ごしでしょうか?

休みの日は、ひたすら勉教の日々でしょうか?

それとも、もう予定が入っていて、勉強は一休みでしょうか?


私は、行政書士・宅建の勉強をしていた頃は、GWは2回目の行政書士の受験の時以外は、あまり内容のある勉強はしていませんでした。


宅建の1回目の受験の時は、GWにフォトリーディングの講習を受けて、その次の日から、マインドマップをひたすら書いていました。


宅建の2回目の受験のGWの時は、遊んでいました。

その理由ですが、その年の3月頃には、宅建の試験の過去問を解けば、必ず合格点のボーダーラインを超えることができていたので、もう、余裕で合格できる気分でいました。
(8月頃、自分の宅建の学力が低下していることに気づき、焦ることになりました。)


行政書士の1回目の受験のGWの時は、行政書士 講義そのまんま。を1時間30分程度読み、その後にらくらく行政書士の過去問を1時間30程度解いていました。


行政書士の2回目の受験のGWの時は、その前の年のLECの公開模試を1日に1回解いて、残りの時間を教本を読んでいました。

勉教時間は、5時間30分~6時間程度でしょうか。


宅建の1回目のGWの時は、勉強方法が分からず、四苦八苦していました。

宅建の2回目のGWの時は、ふざけたことをしていました。

行政書士の1回目のGWの時は、まあ、自分なりに勉強をしたつもりでいました。

行政書士の2回目のGWの時は、しっかり計画を立てて勉強をしていました。


今、GWの過ごし方を振り返ってみますと、4年で自分の勉強に対する取り組みがずいぶん変わったと思います。


私が、みなさんにお勧めしたいGWの過ごし方は、やはり「勉強をとにかくする」ことです。

これだけ、働いている人で自由になる時間は、行政書士・宅建の試験の本番まで、GWとお盆の休みしかありません。


せっかく、みなさんは資格の試験を受験しようと思ったのです。

みなさんは自分で勉強したいと思っているのです。

勉強を優先する生活を送りましょう。


もし、遊びに行く予定のある人も、その遊び先で1時間でも勉強をしてみてはどうでしょうか?

家族と一緒に遊びに行く方・恋人と遊びに行く方は、遊び先で勉強をすると、せっかくの家族・恋人との時間が台無しになると思うかもしれません。   

そのように思われた方は、遊び先で家族・恋人にこのように言いましょう。

「私は、今年、この資格を真剣に合格しようと思っている。そのために、毎日1時間でも勉強することが大事だと思う。1時間でいいから、勉強することを許して!!」

等と、家族・恋人に伝えましょう。


そこまで言われて、「嫌」という人は少ないはずです。

逆に、あなたのことを良く思う可能性は有るでしょうが、悪く思うことは、たぶんないでしょう。


みなさんは、働いている人が多いと思います。

自由な時間ができた時は、有意義な時間の使い方をしましょう。


これは、行政書士の2回目の受験のGWの時以外、有意義に時間を使うことができなかった、私の経験をもとにお話しています。


「あの時、こうしておけばよかった…。」

このようなことを、本番の試験が終わった直後に考えることがないようにしましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。

こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099


ぜひ、ご覧になってください。


無料レポートのご紹介です。

やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~


やる気が出ない・・・


と悩んでいる人、多いですね。


目標を立てたけど、やる気が出ない。
やる気に関するいろいろな本を読んでみたが効果がない。


この無料レポートの中では

そのような人におすすめの方法をご紹介しています。


やる気に関する間違った解釈を解き明かし、
これまで語られてこなかった、
やる気アップのためのアプローチ方法を公開しています。

大人にも子どもにも読んで欲しい無料レポートです。

 無料レポートは、こちら▼
やる気を出すコツ ~誰でもやる気がアップする法則~

 





      応援クリックをお願いします。
                 
↓ 
       
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  
  
Posted by takken_goukaku_ at 16:30トラックバック(10)
2010年03月21日

行政書士・宅建の試験に合格するのに、根性論より精神論が必要。

行政書士・宅建の試験に合格するには、根性論より精神論が必要です。

それは、なぜかといいますと、根性論は長続きしない人が多いからです。


根性論とは、「合格するんだ!!」と意気込むことです。

精神論とは、「合格して、自分の生活が変わる」と自分の将来に対して肯定的に考えることです。


根性論の「合格するんだ!!」と意気込むことで、自分に気合を入れて本当に合格できる人は、確かにいますが、普通の方は、その方法では疲れる人が多いです。

特に、学生のとき以来久しぶりに勉強する方は、なかなか毎日気合だけで勉強を続ける気にはなりません。


ただ、毎日勉強を続けることは、試験に合格する上では、大変重要です。

そして、この毎日勉強を続ける行為は、受験者であるみなさんが実際に行動しなければなりません。

たとえ、私が行政書士・宅建の実際に合格した勉強方法を公開しても、それを実際に行動するのは、みなさんです。


みなさんの中で、どれだけの人が毎日勉強しているでしょうか?

そして、私が公開した勉強方法を取り組んで勉強を始めた方は、どれだけいるでしょうか?


行政書士・宅建程度のレベルの試験ですと、試験に合格するのに必要な一番重要なことは、精神的なことです。

根性論では、疲れる方が多いと思います。


ただ、精神論でお話しますと、今、みなさんが行政書士・宅建を受験しようとしたきっかけをぜひ思い出して欲しいです。

きっかけは、いろいろあると思います。

「将来が不安で何か資格でもあれば、役に立つと思って資格取得しようと思いました。」

「仕事で必要で、いそがしいですが資格を取得しなければと思い、勉強を始めました。」

「将来独立しようと思い、勉強を始めました。」


きっかけは、人それぞれです。

ただ、そのきっかけを実際に行動し、合格という結果につなげるのは、みなさんの気持ち1つです。


この、精神的な部分は、私ではみなさんの精神を変えることはできません。


資格の受験勉強を続けることは、特に働きながら勉強するのは大変です。


実際、私も宅建の受験勉強のときは、勉強内容はひどかったです。


まず、毎日勉強しない。(気が向いたら週に3~4日していました。)

勉強しても勉強時間が短い。(大体1時間。長くて1時間30分)

宅建試験の過去問を解いているときに平気で居眠りしてしまう。
(実際、休みの日の3分の1は勉強の途中で寝ていました。)


私が、TVをみていると、自分の両親から、「今日は勉強しないの」とよく言われました。


このような、勉強内容でも宅建の試験ですから、私は合格はしました。


私が、宅建の試験を受験したきっかけは、不動産投資をするためです。

分かりやすく言えば「金儲けをするため」です。


別に、宅建の資格を持っていなくても不動産投資はできますし、たくさんの方が実際に不動産投資をしています。

私は、宅建の1回目の受験で不合格になった時、「また来年もある」
そのような気持ちでした。

そのため、勉強に対する考え方はたるんでました。

それでも、宅建は私のふざけた勉強態度で合格しましたが…。


ただ、行政書士の試験勉強のときは違いました。

行政書士の試験は宅建に比べて約5倍難しいため、毎日勉強していましたし、行政書士の過去問の問題を解いているときに、居眠りするようなことはなっかたです。

ただ、宅建の試験に合格した後、私は行政書士の勉強を始め、初めて行政書士試験の過去問を解いたとき、あまりの出来の悪さに行政書士の勉強をいったんは止めてしまった人間です。


私自身、勉強に関して精神的に大変もろい人間だったのです。

そうでなければ、高卒という学歴、偏差値30という数字は取れません。


私は、中学校3年間でまともに勉強したのは高校入試前日の1日だけです。

私は、中学校の時は通知表がオール3もなかった人間です。
(だいたい内申点が23~26ぐらいでした。)


その、私が、なぜ毎日勉強して休みの日は8時間勉強できるようになったか?

それは、「行政書士の試験に合格するという目的をまず達成して、自分の人生に実績を残そう。」という気持ちを持ったからです。


宅建の時とは違います。

「自分の目標を達成して、自分の将来の可能性を広げよう。」

ただそれだけでした。


その気持ちを強く持つことで、毎日勉強することができるようになり、休みの日に8時間も勉強できるようになりました。


たかが、試験に合格するという目標を達成するのは、たいしたことではないかもしれませんが、自分自身にとっては大きな達成感と自信になります。


まず、「自分自身の目標を達成して、自分自身の人生に試験に合格した実績を残す。」このことを、強く考えるべきです。


勉強を続けるというのは、精神力が必要です。

その精神力を強くするには、自分の考え方を変えない限り強くできません。

自分自身の変え方を変えるのは、みなさん自身だけができることです。


今年度の行政書士・宅建の試験日まで、毎日、みなさんが勉強を続けられるように、考え方が変わることを信じています。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



      応援クリックをお願いします。
                       
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村



















  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(22)
2010年03月20日

行政書士・宅建の試験に、高卒、偏差値30の私が独学で合格できた理由。

高卒、偏差値30の私が、なぜ行政書士・宅建の試験に独学で勉強して合格できたのか、その理由をお話します。

その理由は簡単です。


ほとんどの問題が択一式であるからです。


では、なぜ、択一式の問題であれば、合格は簡単なのか?

それは、試験の出題範囲の知識をある程度、理解していれば、解答ができるからです。


なぜ、知識をある程度、理解していれば、解答ができるのでしょうか?

答えは簡単です。

解答が選択肢に書いてあり、選択肢を選ぶだけで正解となるからです。


では、合格できる人と合格できない人との差はなんでしょうか?

その差は、

・無駄な勉強をしない。

・択一式の問題を解く技術を身につける。

・1日15分でもいいから、毎日、試験本番まで勉強を続ける。

・合格することを一番に頭の中で常に考える。



それでは、無駄な勉強とはどのような勉強ですか?

・ノートを作成しない。教本は見て覚える。(これが一番重要!!)

・やさしい問題ばかり解かない。

最初から難易度の高い問題をいきなり解かない。
(行政書士の2回目以上の受験者・宅建の受験者には当てはまりません。)


では、択一式の問題を解く技術とはどのような技術ですか?

・その試験科目の法律に関する把握力・理解力・読解力を使い、問題を解く技術です。

・誤っている選択肢から先に消していく消去法です。


その技術はどのようにすれば、取得できますか?

・難易度の高い問題を解くことにより取得できます。(私はしました。)


毎日勉強することは、必要ですか?

・私は宅建は毎日勉強しなくても合格しましたが、行政書士は毎日勉強しないと難しいです。


合格することを一番に考えるのはなぜですか?

・この質問を見て、「そんなの当然でしょ!!」と思った方は、合格することを一番に考えている方です。

それ以外の方は、なぜ、資格を取得しようと思ったのか、よく考えてください。

合格できなかった言い訳を作ろうとする自分自身を変えるためです。


私が合格した理由は、簡単に言えば、法律の知識を幅広くある程度の理解で覚えるために、教本を読み、過去問・模擬試験・公開模試の問題を解く。

そして、教本を読み、問題を解くのを無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強しました。


あとは、宅建の1回目の受験以降ノートを作成してない。

マインドマップを作成するなどという行為は、時間の無駄です。

実際に宅建の1回目の受験のときにマインドマップを作成していた、私が言うから間違いないです。


最後に大事なのは、法律の条文・判例は覚えない。

法律の条文・判例はある程度、理解してください。


このような考えで私は独学で勉強し、合格しました。


みなさんが受験する資格が、旧司法試験・新司法試験・不動産鑑定士・弁理士・公認会計士の資格であれば、資格の専門学校に通われることをお勧めします。

その理由は、論文・口述の試験があるからです。

論文の試験勉強は、論文の採点が出来る人に、自分が書いた論文の採点をしてもらう必要があるからです。

口述の試験も同じです。

論文・口述に対する訓練が必要です。


択一式問題は、毎日の訓練で試験の合格する目標点数は誰でも取れます。

その訓練の方法は、今まで私はお話しました。


ぜひ、私の勉強方法を参考にして、実践してみてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=12099

ぜひ、ご覧になってください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。



      応援クリックをお願いします。
                       
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村







  
Posted by takken_goukaku_ at 17:00トラックバック(22)
2010年03月15日

宅建の試験勉強で資格の専門学校に通っている受験者の合格率。

みなさん、宅建の試験はなぜ独学で十分合格できるのか、その理由を説明します。


独学で、宅建の試験に合格すると言いますと、いろいろな意見が出ます。

行政書士の意見と同じですが、初めて読む方のために書きました。


「独学というのは毒学になってしまい、無駄な勉強になってしまう。」

「今までの合格実績のある資格の専門学校に通ったほうが、合格する確率も高くなる。」

「その資格を専門的に研究している講師の人に合格のコツを教えてもらうのは、合格の近道だ。」

「資格の専門学校の教本は、今まで蓄積された経験により構成されたものだから、間違いない。」

このような意見が、いろいろ出てきます。


では、資格の専門学校に通えば、どの程度合格率がアップするのでしょうか?

その参考になるデータが検索できます。


教育訓練給付制度というものがあります。


資格の専門学校に通うのに国がお金をある程度給付する制度です。

その制度を利用して宅建に合格できたか、制度の利用者の合格率が調べられます。

▼こちらです。厚生労働省発表のものです。
http://www.kyufu.javada.or.jp/kensaku/T_K_bunya


このデータから引用しますと、


宅建試験の平成20年度の合格率は、


宅建学院  4講座 83.3% 33.3% 42.9% 83.3%

LEC東京リーガルマインド 6講座 57.1% 33.3% 74.1% 

                      56.3%  33.3% 57.8%

TAC 7講座 28.9% 37.7% 33.3% 39.4% 35.2% 

         35.9% 29.3%

Wセミナー 2講座 29.0% 31.7%

ユーキャン 1講座 55.1%

ダイエックス 2講座 51.2% 40.9%

大原法律専門学校 4講座 75.0% 72.0% 72.7% 

                  58.3%

大栄国家試験学院 5講座 25.9% 43.8% 41.2% 

                  34.5% 37.1%

大栄通信教育センター  1講座 19.2%

フォーサイト 3講座 50.0% 63.6% 47.6%


以上が、主要な資格の専門学校の教育訓練給付制度を使われて受講された方の合格率です。


全体の合格率の感想は、「宅建は試験が簡単だから高そうに見えるな。」というものでした。


どのようなことなのか、具体的に説明しますと、

まず、宅建学院の83.3%、LEC東京リーガルマインドの74.1%、大原法律専門学校の75.0% 72.0% 72.7%、58.3%、フォーサイトの63.6%は受講者が少ないので、これだけ合格率が高くなりました。(参考外です。)


LEC東京リーガルマインドの56.3%は、受講修了者数153名、資格受験者数96名、合格者数54名ですので、実質合格率は35.3%になります。

ユーキャンの55.1%は、受講修了者数4,715名、資格受験者数2,732名、合格者数1,504名ですので、実質合格率は31.8%になります。


実質合格率は、合格者÷受講修了者で出しています。

私は、資格の専門学校に高い受講料を出して受講していて、資格に受験していない方は、不合格と考えています。


平成20年度の宅建の合格率は16.2%ですので、一番実質合格率が高いLEC東京リーガルマインドが2.17倍、受験者の平均より高いことになります。(もちろん実質、全体の合格率が1倍台の専門学校が多数ですよ。)


この結果を見て、宅建の試験に独学で合格した私の正直な感想は、「試験制度もあまり改正されていない宅建の試験で、資格の専門学校はこの程度の合格率しか出せないのか…。」と驚きました。

この実質最高合格率2.17倍と言う数字を知って、資格の専門学校の合格率は十分高いと思う人はいるでしょう。(もちろん実質、全体の合格率が1倍台の専門学校が多数ですよ。)


ただし、宅建は法律の試験では一番簡単です。

それでも、実質合格率は、行政書士の試験とあまり変わりません。
と言いますより、悪いぐらいです。

行政書士の試験の実質合格率は、最高2.38倍です。
(もちろん実質、全体の合格率が1倍台の専門学校が多数ですよ。)

資格の専門学校に通われている方の中には、登録講習修了者も少なくないでしょう。


このように、行政書士・宅建と資格の専門学校の合格率を調べましたが、1ついえることは結局は受験者の心構えしだいと言うことになります。


別の言い方をすれば、資格の専門学校に通って宅建の試験に合格できる方は、独学でも余裕で合格できる方です。

高いお金を出さなくても十分宅建も独学で合格できます。

これが、宅建は独学でも十分合格できる理由です。


いろいろな考えがあるでしょうが、資格の専門学校に通って勉強する方、通信教育で勉強する方、独学で勉強する方、人それぞれと言ってしまえばその通りです。


私は、自分が宅建に独学で合格した勉強方法をご紹介しています。

▼こちらから私の宅建の試験勉強方法をご覧になってください。
http://gyouseisyoshi-takken.doorblog.jp/archives/cat_10045702.html



みなさんは、この厚生労働省発表の数字を見られて、どのように感じられましたか?


私は、みなさんが宅建の試験に役立つ情報をいろいろな面から提供したいと思っていますし、提供しています。

どのような勉強方法で勉強されるかは、みなさんの自由です。


みなさんが、一人でも多くの人が宅建の試験に合格できることを願っています。

 
こちらを最後にポチッとお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ 
人気ブログランキングへ
       にほんブログ村













  
Posted by takken_goukaku_ at 16:56トラックバック(23)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)