行政書士



「行政書士」カテゴリの記事
2012年10月26日

行政書士の試験まで、もうすぐです。

行政書士の試験まで、もうすぐです。

これから、試験日までは、普段通り生活をすることです。


そして、一番重要な事は、体調を崩さない。

特に風邪をひかないことです。


これを注意するだけでいいです。


ここまで来て、今から試験日まで、どれだけ勉強をしても、できる事は限られています。

それより、毎日の生活のリズムを保つことが重要です。


行政書士試験の問題は、まったく推測ができない問題が出題されます。

山掛けをするより、基本的な事を抑えることを心掛けるべきです。




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術





■東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?


偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、

大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。


東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます


この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい

素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。



東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます。



      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ


  

Posted by takken_goukaku_ at 19:02トラックバック(0)
2012年07月01日

行政書士試験は、出題される問題は、予想できません。

行政書士試験は、出題される問題は、予想できません。

これは、今まで行政書士試験の出題された問題を分析をすれば、分かります。


行政書士試験で、出題される問題を予想することは、大変ムダです。

この理由は、簡単です。

行政書士試験で、試験問題の改正があってから、同じような問題がほとんど出題されないからです。


そのため、行政書士試験では、出題される傾向を知ろうとしても、ムダです。

では、行政書士試験に合格するには、どのような事が必要かと言えば、法律の問題を解く能力が必要になります。


一番簡単な法律の問題を解く能力を身に付ける方法は、レベルの高い法律の問題をたくさん解くことです。

そのような考えを基に、私は、民法では、司法書士の試験の過去問、憲法では、司法試験の過去問、行政法では、司法試験の過去問を勉強をすることを薦めています。

このぐらいのレベルの問題を1問解きますと、行政書士試験のレベルの問題を5問解く事と同じ効果があります。


そのぐらい効果がありますので、行政書士試験に合格するのであれば、しっかりした難易度の高い法律の資格の過去問を勉強をするべきです。


行政書士試験の本番まで、あと約4ヶ月。

勉強のスケジュールは、平日は教本を読んで、休みの日に難易度の高い過去問をたくさん解く方法が、一番ベストです。

当然、教本は、今まで何回も復習しているでしょうし、過去問も何回も復習をしていると思います。


復習は、同じ教本や過去問を何回もすることで、大変効果があります。

いろいろな過去問に手を出すより、1つの科目には、1つの過去問の本を勉強をすることです。

このような考え方で勉強をすれば、効率がよく法律を解く能力が上がります。


詳しい行政書士試験の勉強方法は、私の勉強方法をご覧になってください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術





■東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?


偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、

大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。


東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます


この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい

素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。



東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます。



      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  
Posted by takken_goukaku_ at 22:28トラックバック(0)
2012年04月29日

行政書士試験で、一番点数を取る必要があるのは、行政法です。

行政書士試験で、一番点数を取る必要があるのは、行政法です。

この理由は、実に簡単です。


行政法は、行政書士試験の中で一番問題が多く、難易度も難しくないからです。

そのため、行政法は、得点源にするべきです。


しかし、行政書士試験の行政法の勉強をするのは、独学では、難しいと考えがちです。

そのような事はありません。


法律の国家資格の中で、行政法を出題している試験があります。

新司法試験です。


行政法を勉強するのであれば、新司法試験の行政法のレベルまで勉強をすればいいのです。

このような事を言いますと、レベルが高すぎると考える人がいるかもしれません。

そのような事はありません。


現在の行政書士試験の行政法の問題のレベルは、完全に新司法試験の行政法の問題のレベルです。

これは、実際に新司法試験の行政法の勉強をして、行政書士試験に合格した私だからわかることです。


行政書士試験に合格するための行政法の勉強方法は、新司法試験の行政法の教本を一冊読んで、あとは新司法試験の行政法の出題された過去問を解けば十分です。

これだけで、行政法の問題を解く把握力・読解力・理解力は、恐ろしいほど鍛えられます。


基本的に、試験というのは、自分が受ける試験より難しいレベルの問題をたくさん解くことが合格への近道です。

このような勉強方法で、私は独学で行政書士試験に合格しました。


行政書士試験の独学の勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術





■東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?


偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、

大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。


東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます


この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい

素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。



東大家庭教師が教える「やる気」を引き出す方法
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます。



      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







  
Posted by takken_goukaku_ at 22:45トラックバック(0)
2012年03月24日

行政書士試験の勉強は、最初は憲法を勉強しましょう。

行政書士試験の勉強は、最初は憲法を勉強しましょう。

行政書士試験まで、あと約8ヶ月弱。


まだまだ、これから行政書士試験の勉強を始めても、十分間に合います。


行政書士試験の勉強をするときは、最初は憲法を勉強するべきです。

この理由は簡単です。

憲法がすべての法律の基となっているからです。


そして、憲法系の科目が行政書士試験では、最低7問は出題されるからです。

憲法の科目が5問、基礎法学が2問です。


さらに、憲法と行政法を深く勉強した人であれば分かりますが、憲法と行政法は密接に関係しています。

そのため、行政書士試験で最も問題数が多い行政法をしっかりと勉強するためにも、憲法の勉強をしっかりとするべきです。


行政書士試験の憲法の勉強方法は、簡単です。

旧司法試験・新司法試験の憲法の過去問をたくさん解くことです。

これは、大変効果がある勉強方法です。


もちろん、憲法の過去問を解く前に、教本を読む必要があります。

憲法の教本は、下記の本、一冊で十分です。



上記の本を読むだけで、行政書士試験の憲法の問題を解くのに必要な知識がすべて勉強できます。

もし、行政書士試験で、まったく勉強をしたことが無いような問題が出ても、十分対応できるだけの法律の読解力・把握力・理解力が身につきます。


行政書士試験の憲法を勉強をするときは、まんべんなく勉強をすることです。

どの分野が出題されやすいとか、正直なところ誰も分かりません。

これは、行政書士試験が、そのような出題がされる試験であるからです。


憲法を勉強をするうえで、避けて通れないのは、判例です。

判例は、法律の問題を解く理論を勉強をするものであると割り切ってください。

判例を読み解くことは、法律の問題を解答する公式を覚えるようなものです。


行政書士試験では、憲法は5問しか出題されないもので、一見、軽視しがちですが、そのような考えでは、行政書士試験に落ちます。

行政書士試験に合格するのであれば、まずは、憲法をしっかりと勉強をすることです。


憲法を勉強をすることは、法律の基を勉強する事でもあります。

現実に、日本の法律はすべて憲法を基に作られているからです。


どのような事でもそうですが、物事には基本があります。

法律の問題を勉強をするのであれば、基本は憲法です。

そして、行政書士試験では、憲法が試験科目にあります。


このような事を考えて、憲法を一番最初に勉強をしましょう。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





  
Posted by takken_goukaku_ at 20:35トラックバック(0)
2012年02月23日

行政書士試験の勉強を始めた人は、あまりの難しさに挫折しないで下さい。

行政書士試験勉強を始めた人は、あまりの難しさに挫折しないで下さい。


行政書士試験は、国家資格の中でも、かなり難しいレベルです。

宅建試験の5倍は難しいです。(私の経験談)


「士」が付いている資格は、その資格を持っているだけで独立ができる資格です。
(宅建もできますが…。)

士業をできる資格は、いろいろな場面で判断力・理解力が求められます。

それだけのことに対応できる能力が求められる資格ですので、当然のことですが、行政書士試験のレベルも高いです。


まず、行政書士試験を今までほとんど勉強をしないで、学生以来の勉強をする人は、多くの人が難解なレベルの知識の多さに、辟易するはずです。

まだ、教本を読んでいる時点では、そのような事を感じません。

しかし、行政書士試験の過去問を1年分解きますと、その難解さが実感できます。


行政書士試験の問題を解いていますと、自分が問題を解いていて、その問題を自信を持って解いている感覚が無い人が多いです。

逆に、自信をもって行政書士試験の問題を解いたつもりであっても、答え合わせをすると、ほとんど正解していないことがあることが多いです。


まだ、今の時点では、行政書士試験の過去問を解いて、正解率が20%程度でも、まったく問題ないです。

実際に、私が宅建試験に合格して、その後に3ヶ月行政書士試験の勉強をして、行政書士試験の過去問を解いたときは、正解率が約20%でした。


私の場合は、行政書士試験の解いた正解率があまりにも低くて、勉強をするのを辞めました。

結局は、その年の11月から、また行政書士試験の勉強を再開するのですが、あの時の自分の頭の悪さには嫌気がさしました。

それでも、最終的には、行政書士試験で216点取りまして、合格できました。


行政書士試験の勉強を始めて、最初の段階では、問題の意味が理解できないとか、自分で正しい正解を解いたつもりであったのに、解答が間違っているとか、そのような状況は当たり前のことです。

そのような過程を踏まえて、毎日、勉強をしていますと、自然と行政書士試験の問題が解けるようになるのです。


そのため、現時点で、とてもではないが行政書士試験に合格できないと思っている人は、勉強を辞めることを考えないで下さい。

まずは、毎日行政書士試験の勉強を続けることです。

そうすれば、自分の法律の問題を解く能力が向上します。


毎日の勉強の努力は、自分の身になります。

そのためには、行政書士試験に独学で合格できる正しい勉強方法を、知ることが重要です。


そのような勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



  
Posted by takken_goukaku_ at 21:26トラックバック(0)
2012年01月24日

まもなく行政書士試験の合格発表があります。

まもなく行政書士試験の合格発表があります。

2011年度の行政書士試験の合格発表が1月30日にあります。


行政書士試験は、40字記述式問題があるため、合格発表があるまで、受験者の方は、自分が合格しているか、分からない人が多いと思います。

2011年度の行政書士試験の40字記述式問題を見ますと、比較的40字記述式問題の採点は厳しめになるような気がします。


行政書士試験に合格できるか分からない人は、今からでもいいですから、今年の行政書士試験に向けて勉強を始めるべきです。

あと一週間弱で結果が出ますから、その結果を見てからでもいいですが、一日でも早く勉強を始めることをおススメします。


行政書士試験は、ほとんど過去問が出題されない試験ですから、いろいろな法律の知識を勉強する必要があります。

行政書士試験の勉強を独学でしても、合格しないという人もいますが、それは間違いです。

実際に、私は2回目の受験で独学で行政書士試験に合格しています。


2011年度の行政書士試験に合格できなかった場合は、資格の専門学校などに通わずに、独学で行政書士試験の勉強をすることをおススメします。

行政書士試験は、資格の専門学校に通っても、あまり意味が無いと私は思います。

それは、先ほども言いましたが、行政書士試験は、ほとんど行政書士試験の過去問が出題されないため、対策をするのが難しいです。


このような事から、行政書士試験の傾向というのは、どのような立場の人であっても、行政書士試験を作成した人以外は、分かりません。


行政書士試験に独学で勉強して合格するには、一番のデメリットは、勉強をする本人がやる気が続くかということです。

このような事は、本人の精神的な問題ですが、試験に合格するには、その精神的な部分が大きく影響します。


試験に合格するには、精神的に重要な事は、勉強を毎日することを、1日の義務化することです。

これができる人が、行政書士試験に合格できます。


別に、毎日、テレビを見ても構いません。

私も、行政書士試験の勉強をしていた時は、毎日2時間近くテレビを見ていました。

睡眠時間も7時間以上は取っていました。

1日、12~13時間以上は働いていました。


それでも、毎日、どのような事があっても、行政書士試験の勉強を1時間30分程度はしていました。

休みの日は、難易度の高い法律の資格の試験の過去問を、8時間以上解いていました。


勉強をする時間が足りないという人は、勉強をする時間を作る工夫が足りない人です。

勉強する時間というのは、自分のスケジュールを管理すれば、どのようにでも作ることができます。

一番いけないことは、勉強をする時間が足りないことを、試験に合格できない言い訳にすることです。


そのような事は、試験に不合格になる言い訳にもなりません。

ただ、自分を管理できないだけです。


試験に合格できる人は、勉強の方法が正しくて、自分を管理できる人が試験に合格できます。


自己管理というのは、本人の意識で、十分変わります。


毎日、勉強をすることができないという人は、まずは、これから1週間毎日勉強をすることを意識してください。

そして、1週間勉強を続けることができれば、その次は、2週間勉強を続けることを意識してください。

さらに、2週間勉強を続けることができれば、その後は4週間勉強を続けることを意識してください。


4週間勉強を続けることができれば、計7週間勉強を続けたことになります。

これだけ勉強を続けることができれば、それから先は毎日勉強をすることを自然と意識して、習慣化できます。


行政書士試験に合格するには、まずは、勉強を続けることを習慣化すべきです。

そして、間違いの無い勉強方法で勉強をすることが重要です。

行政書士試験に合格する勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



  
Posted by takken_goukaku_ at 19:13トラックバック(0)
2011年12月29日

2011年度の行政書士試験の問題を解きました。

2011年度の行政書士試験問題を解きました。

私は、2009年度の行政書士試験の合格者ですが、今年の行政書士試験の問題を解きました。


↓私が解いた行政書士試験の解答
001


まず、私は2009年度の行政書士試験を受験してから、まったく行政書士試験の勉強をしていません。

そのような条件を踏まえて、私の行政書士試験の問題を解いた点数は、228点中58点でした。(苦笑)

40字記述式問題と、一般知識の58・59・60問は問題が分からないため(著作権の問題)解いていません。


今年の行政書士試験の問題を解いて、58点しか取れなくて、正直、唖然としました。

行政書士試験の勉強を2年もしてないと、この程度の点数しか取れなくなっています。


私は、2009年度の行政書士試験を216点取って、合格しています。

こちらから、その時の行政書士の合格証と点数が分かります。

その私でも、行政書士試験の勉強をまったくしていないと、全体の問題に対しての正解率が約25%程度に落ちます。

これは、いかに行政書士試験というのが、難しいか、その現実を分かることができます。


私は、宅建試験に合格して、その後行政書士試験の勉強を始めて、初めて、行政書士試験の過去問を解いたときは、正解率が約20%もなかったと思います。

現在の私の状況は、その時と同じ状況となっています。

しかし、その後に、私は行政書士試験の勉強を独学でして、216点取りまして、合格しましたので、現在でも、行政書士試験の問題を解いてまったく点数が取れない人でも、これから勉強をすれば、十分合格できる点数が取れます。


行政書士試験というのは、独学で勉強して合格できますが、真剣に勉強しなければ、合格するのは難しい試験です。


私は、今年の宅建試験を解きましたが、正解率は約60%ありました。

宅建試験の勉強は、約5年間、まったくしていません。

それでも、今年の宅建試験では、ある程度の問題を解くことができました。


しかし、行政書士試験は、2年間勉強していないだけで、まったく点数が取れなくなりました。

まったく行政書士試験の勉強をしていない人間と、同じレベルになっています。


このような事を考えますと、行政書士試験というのは、宅建試験の5倍は、難しい実感があります。


行政書士試験に合格するには、毎日、勉強して、難易度の高い問題をたくさん解く必要があります。

そのような勉強方法は、私の行政書士試験の勉強方法を参考にしてください。

こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







一緒に読みたい関連記事

行政書士試験に独学で勉強して合格できる

2011年行政書士試験の難易度

行政書士試験の解答速報情報

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験前の勉強方法  
Posted by takken_goukaku_ at 21:49トラックバック(0)
2011年12月08日

行政書士試験に独学で勉強して合格できる

行政書士試験独学勉強して合格できます。


今日からは、2012年の行政書士試験に向けて、ブログの記事を書いていきます。


まず、行政書士試験は独学で勉強して十分合格できます。

現実に、高卒偏差値30の私が、2回目の受験で行政書士試験に合格しました。

1回目の受験の時は、178点取り、わずか2点足らず不合格でした。


そして、2回目の行政書士試験の受験で216点取り、見事合格しました。

それも、40字記述式問題の採点なしで、196点取りました。

こちらから、私の行政書士試験の合格証がご覧になれます。


行政書士試験に独学で勉強して合格するには、一番重要な事は、自分をコントロールすることです。

独学で勉強をすることで一番必要な事は、毎日勉強を続けることです。

これができる人があまりいないのが現状です。


逆に言えば、毎日行政書士試験の勉強を独学ですることができる意思があれば、行政書士試験に合格できる可能性が高くなります。

このような事をいいますと、精神論に聞こえるかもしれませんが、そのような事は全く違います。


勉強の積み重ねというのは、毎日の努力によって、自分の勉強している能力が向上します。

しかし、勉強している能力の向上は、すぐには向上しません。

特に行政書士試験のような難易度の高い試験であれば、そのような事は大きく傾向として出ます。


独学で勉強を始めますと、まず最初の勉強で、自分のレベルが1となります。

そのまま勉強を続けますと、1⇒2となります。

さらに勉強を続けますと、2⇒4となります。

もっと勉強を続けますと4⇒8となります。

これが8⇒16⇒32⇒64⇒128⇒256⇒512⇒1024と、勉強を続けて12の段階を踏みますと、最初は1であった自分の勉強のレベルが1024になるのです。


感覚としては、最初の勉強の1⇒2の段階になるには1ヶ月掛かると考えていいでしょう。

しかし、12ヵ月後には勉強のレベルは、毎日勉強を続けていれば、1024になるのです。


継続は力なりといいますが、まさしく勉強というのは、毎日の勉強が自分の勉強に対する能力を大変大きく向上させるのです。


2012年の行政書士試験の受験を目指す方は、今から勉強を始めて続けるべきです。

そして、2011年の行政書士試験で、明らかに不合格の人であれば、2012年の行政書士試験の受験をするべきです。

今まで勉強した知識の蓄積があります。

その知識の蓄積を活かせば、2012年の行政書士試験に合格する確率が高くなります。

ここで、行政書士試験の勉強を辞めるのはもったいないです。


しかし、このような事は、すべて行政書士試験の独学の勉強方法が正しい勉強方法であればの話です。


行政書士試験の独学の勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。

難易度の高い法律系の資格の過去問をたくさん解く勉強方法です。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」





 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ


一緒に読みたい関連記事

2011年行政書士試験の難易度

行政書士試験の解答速報情報

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験の模擬試験情報  
Posted by takken_goukaku_ at 21:29トラックバック(0)
2011年11月20日

2011年行政書士試験の難易度

2011年行政書士試験の難易度についてお話しします。


2011年の行政書士試験の総評を、いろいろな資格の専門学校の評価で見てみますと、難しくもなく、簡単でもなくという評価が目立ちます。

しかし、このような評価というのは、実際に行政書士試験の受験者には、まったく関係ないことです。


私は、現在の時点では、2011年の行政書士試験の問題を見ていないので何とも言えませんが、行政書士の試験というのは、行政書士試験の過去問を勉強しても、ほとんど意味が無い試験です。

そのため、行政書士試験で必要な能力は、法律の問題を解く、読解力・理解力・把握力です。

そのすべての能力が行政書士試験の問題を解いて、180点以上の点数を取れば、合格できます。


行政書士試験というのは、他人との戦いではなく、自分自身との戦いです。

宅建試験のような、年々合格点が変わる国家試験と違い、行政書士試験では、すべての問題を解いて180点以上取れば、合格になると決まっています。


このような事を考えれば、他人の能力に左右されない試験といえます。


現時点で、資格の専門学校の解答速報を見て、感じたことは、40字記述式問題は、比較的簡単な問題であるような気がします。(あくまでも、解答を見ただけのイメージです。)

逆に言えば、このようなレベルの40字記述式問題の解答の基準というのは、かなり厳しめの採点が行われる可能性があります。

しかし、今年の40字記述式問題は、ある程度しっかりと勉強をしていれば、30点は間違いなく取れるような問題であると認識しています。


このような事を考えれば、40字記述式問題以外の自己採点で、最低155点はないと、行政書士試験の合格は厳しいと思います。

ただ、行政書士試験は、合格発表があるまで、誰が合格できるか分からない試験です。


自分が、2011年の行政書士試験に合格できているか不安な方は、今まで通り行政書士試験の勉強を続けることをおススメします。


私は、2回目の行政書士試験の受験で合格しましたが、合格した2回目の受験の時は、40字記述式問題の点数以外で、180点以上点数を取っていて、試験に合格したことは間違いありませんでした。

そのため、行政書士試験が終わった後は、勉強しませんでした。

しかし、今年の行政書士試験を受験して、40字記述式問題以外で180点以上の点数が取れている人は、ほとんどいないはずです。

このような事を考えれば、来年も行政書士試験を受験することを考えて、試験勉強を合格発表まで続けるべきです。


今年の行政書士試験で、明らかに合格ができなかった人は、今日から来年の行政書士試験に向けて勉強を始めるべきです。

今年の行政書士試験に合格できない人であっても、来年の行政書士試験を受験すれば、合格できる確率は格段に上がります。


私は、1回目の行政書士試験の受験で178点取り、わずか2点足らずに不合格となりました。

しかし、2回目の行政書士試験では、216点取り合格となりました。


1回目の受験の時から、2回目の受験の時は38点多く点数を取ることができました。


たった1回の行政書士試験の受験が不合格であって、行政書士の受験をあきらめるのはもったいないです。


今年の行政書士試験で、明らかに不合格の人であっても、ぜひ、来年の行政書士試験を受験しましょう。

行政書士試験の勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」





 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





一緒に読みたい関連記事

行政書士試験の解答速報情報

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

  
Posted by takken_goukaku_ at 19:15トラックバック(0)
2011年11月13日

行政書士試験の解答速報情報

行政書士試験解答速報情報をご紹介します。


行政書士試験の受験者の方は、行政書士試験の受験をお疲れ様です。


行政書士試験の解答は、資格の専門学校のホームページで公開されています。



主な資格の専門学校の行政書士試験の解答速報をご紹介します。



LEC
  11月13日 20:00頃公開

TAC  11月13日 21:00頃公開

資格の大原 11月13日 19:00頃公開


以上が、主な資格の専門学校の行政書士試験の解答の速報です。


資格の専門学校の解答は、正解率は95%以上です。

40字記述式問題の解答は、だいたい日本語の文章で書かれていれば、多少の言葉使いは点数に響きません。


上記の資格の専門学校のホームページは、22時以降であれば、それほどアクセスが混んでなく、快適に繋がるはずです。


行政書士試験の解答をしっかりと複数の資格の専門学校の解答で確認してください。




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。



こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」







■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が
音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

  
Posted by takken_goukaku_ at 16:00トラックバック(0)
2011年11月06日

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験受験する注意点をご紹介します。


11月13日に行政書士試験が行われますが、受験時の注意点を私の独自の考えでお伝えします。


まず、行政書士試験の受験で、一番重要な事は、自分を信じることです。

行政書士試験は、4~9%の合格率の国家試験です。

合格確率が9%としましても、受験者の約11人に1人しか合格しない試験です。

そのため、受験会場での周りの人の試験寸前までの猛勉強をしている姿を見ても、何もあわてる必要がないです。


所詮、行政書士試験の受験者の90%以上は、不合格になる人です。

他人が試験寸前まで一生懸命勉強している姿を見て、自分が勉強する必要がないです。


このような事は、行政書士試験の試験会場の周辺で配られる資格の専門学校の予想問題などを見る必要がないです。

当てになりません。


行政書士試験の問題は、どのような人であっても予想ができない問題が出題されます。

一番重要な事は、自分が今まで勉強してきたことに対して自信を持つことです。


そのような事を考えれば、行政書士試験でやってはいけないことがあります。

それは、解答用紙に空欄があることです。

すべて、必ず解答用紙を埋めてください。


択一式の問題はもちろん40字記述式問題であっても、どのような事でもいいですから自分が考え付くことを解答に書くべきです。


私は行政書士試験に2回目の受験に合格しましたが、行政書士試験の受験者は想像以上に解答を空欄にしている人が多すぎます。

行政書士試験の問題が難しいからでしょうが、択一式問題であっても、マークシートを埋めていない人が多いのです。

択一式問題の正解率は確率論で言えば、20%です。


必ず問題に答えれば、20%の確率で正解する確率があります。

また、選択肢を絞ることができれば、正解する確率が高くなります。

このような事を考えれば、40問の択一式問題は、すべて解答を答えてください。


また、多肢選択式の問題も解答を空欄にするのは、大変もったいないです。

とにかく、解答が分からなくても、法律の論理で考えて、なんとなく当てはまる解答を答えれば、正解する可能性が高いです。

多肢選択式の問題は、法律の常識で考えれば、意外と解けるものです。


最後に40字記述式問題ですが、この問題を本当に多くの人が空欄で解答を提出している人がたくさんいます。

これは、ビックリするほど多いです。


40字記述式問題は、解答が完全に正解でなくても、部分点があります。

この部分点狙いで、40字記述式問題を答えれば十分です。

もちろん、完全に解答が分かれば、言うことがないのですが、そのような可能性が低いです。

それでも、40字記述式問題の解答には、自分が頭の中で思いついたことを解答に書けば、点数になる可能性があります。


40字記述式問題の解答の空欄にする事は、行政書士試験に合格するには、致命的なやってはいけない事です。

このような事は理解してください。


宅建試験の時にもお話ししましたが、行政書士試験も他人の解答は簡単に見ることができます。

しかし、間違っても、他人の解答を参考にするようなことは絶対しないで下さい。


その理由は、行政書士試験は、最高の高い合格率で受験者約11人に対して1人しか合格しません。

自分の受験している周りの受験者の11人中10人は、不合格になる試験です。


そのため行政書士試験で他人の解答をカンニングしても、意味が無いです。

自分の周りの受験者の90%以上の解答は、不合格になる解答です。

そのような事を理解してください。


このような事を考えますと、行政書士試験の絶対的に自信ある解答というのは、自分が導き出した解答だけです。

行政書士試験は、自分に自信を持って受験する試験です。


行政書士試験に合格するには、今まで勉強したことに自信を持って受験してください。




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」







■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。  
Posted by takken_goukaku_ at 18:15トラックバック(0)
2011年10月23日

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験前の勉強方法をご紹介します。


2011年11月13日は、行政書士試験の本番です。

行政書士試験の受験者の方は、現在、どのような勉強をするのが一番でしょうか?


まず、一番重要な事は、自分の勉強のリズムを崩さないことです。

これが行政書士試験では、大切な事です。


現在の行政書士試験では、試験前に猛勉強をしましても、まず、合格・不合格には影響しません。

行政書士試験に合格するには、今まで勉強したトータルの勉強内容が問われます。

そのため、行政書士試験の前であるから、猛勉強をしても無意味です。


その根拠は、現在の行政書士試験の問題は、どのような問題が出題されるか、まったく予想ができないからです。

そのため、行政書士試験の過去問などを試験の前に、たくさん解いても無意味です。


それでは、行政書士試験の受験前の勉強方法は、どのような勉強方法が最適かと、言いますと、まず優先する勉強は、資格の専門学校の模擬試験の復習です。

資格の専門学校の模擬試験の復習は、法律の問題を解く把握力・読解力・理解力が身に付きます。

くれぐれも、資格の専門学校の模擬試験の出題された問題が、行政書士試験の本番では出るとは思わないで下さい。

まず、99%、出題されません。


その次に優先することは、40字記述式問題の勉強ですが、これは気休め程度にしかなりません。

しかし、勉強をしないよりはいいでしょう。

40字記述式問題は、勉強するには、市販されている行政書士40字記述式問題集を2冊勉強すれば十分です。

本屋で購入してください。


行政書士試験前に、一番してはいけない勉強は、一般知識の問題の勉強をすることです。

一般知識は、普通に毎日、新聞を見て、TVのニュースを見ていれば、足切りになることはまずないです。

この一般知識こそ、まさしくどのような問題が出題されるか、行政書士試験の中でも、最も予想できない問題です。

一般知識の勉強をするのは、絶対に無駄です。

一般知識の問題は、勉強しないで下さい。


一般知識の問題を勉強するのであれば、行政法の勉強をしてください。

行政書士試験で、最も出題数が多い行政法を勉強するほうが、点数が取れます。


行政書士試験は、総合的な法律の問題を解く能力が問われる問題です。

そのような法律の問題を解く能力は、簡単には身に付きません。

そのため、現時点で、行政書士試験の勉強に焦っているようでは、合格は難しいです。


現時点で、行政書士試験までの勉強に迷っている人は、資格の専門学校の模擬試験の復習をすることです。

もちろん、そのためには、資格の専門学校の模擬試験をたくさん受験していることが前提です。



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」







■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。  
Posted by takken_goukaku_ at 21:00トラックバック(0)
2011年09月26日

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験模擬試験情報をご紹介します。

行政書士試験に合格したいのであれば、行政書士の模擬試験は受験するべきです。

その行政書士の模擬試験の情報を下記にご紹介します。


資格の大原

LEC

TAC


このあたりの資格の専門学校の模擬試験を受験すれば、行政書士試験に合格できる確率が高くなります。


ただし、勘違いをしないでいただきたいのは、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を受験して、その模擬試験の問題が本番の試験で出題されることは、ほとんどないと言っていいです。


あくまでも、行政書士の模擬試験を受験するのは、法律の問題を解く把握力・読解力・理解力を高めるためです。

また、資格の専門学校の行政書士の模擬試験で点数が取れなくても、悩むことがありません。

私は、行政書士試験に合格した年に、資格の専門学校の行政書士の模擬試験を9回受験しましたが、合格点以上の点を取れたのは、3~4回程度しか取れませんでした。

それでも、行政書士試験の本番の試験では、216点と圧倒的に点数を取れました。


このような事を考えましても、資格の専門学校の模擬試験の点数は、行政書士試験では、本番の試験の点数には直結しません。


しかし、資格の専門学校の行政書士の模擬試験は、できる限りたくさんの回数を受験してください。

これは、行政書士のどのような勉強をするより優先して、模擬試験を受験してください。

そして、模擬試験を必ず復習することを、どのような行政書士試験の勉強より最優先にしてください。


このような勉強方法が、現在のまったく出題が予想できない行政書士の問題を解く力を、自分に付けることができます。


行政書士試験の本番の試験まで、2ヶ月を切っています。

今まで、毎日勉強した人であれば、その努力を試験前日まで続ければ合格できます。

ここからは、行政書士試験の勉強を最優先に考えましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験が簡単だと思っている方へ  
Posted by takken_goukaku_ at 20:09トラックバック(0)
2011年08月29日

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験に独学で合格する人のタイプをご紹介します。

行政書士試験に独学で勉強して合格する人は、一言で言えば、「自分の信念を曲げない人」です。


これは、どのような物事を無しげる人に通じることですが、行政書士試験に関しては、一言で言えば、このように表現できます。


一番の理由は、行政書士試験は、どのような問題が試験で出題されるか、誰も推測ができないからです。

そのため、行政書士試験の対策を立てるには、自分で考えて行政書士試験の勉強をしなければいけません。


根本的な根拠として、行政書士試験は、平成18年に出題範囲に変更があった後、ほとんど同じような問題が出題されていません。

これは、行政書士試験に合格するには、過去問を勉強しても意味がないことということです。


このような事を考えれば、行政書士試験の勉強方法というのは、自分で考えて勉強方法を作り出す必要があります。


市販されている行政書士試験の問題集などは、40字記述式問題以外、ほとんど役に立たないです。


現実的に考えれば、行政書士試験に合格するには、行政書士試験以上の難易度の高い法律の資格の勉強をする以外合格する可能性が低くなります。

そのためには、行政書士試験の勉強をするには、そのような難易度の高い勉強をするため、難しい勉強内容となります。

その難しい勉強内容を続けることができた人こそ、行政書士試験に合格できます。


行政書士試験というのは、宅建試験と違い40字記述式問題というものがあります。

この40字記述式問題も、どのような問題が出題されるか、誰も推測できません。

まさしく、対策が立てようがない行政書士試験問題の典型的な問題です。


行政書士試験に合格するには、このような出題が推測できない問題を解く必要があります。

推測できない問題を解くには、法律の問題を解く読解力・把握力・理解力が必要です。


人間は推測できないことは、誰もやりたくないことです。

なぜなら、どのような事になるか予想ができないからです。

予想ができないことは、自分自身がどのような行動をとっていいのか、自分自身で理解できない人が多いです。


このような事が行政書士試験では、当然のように問題として出題されます。

そのような問題を解くには、問題を見てその場で法律の問題を解く力が重要です。


このような力をつけるには、自分が行政書士に合格できる勉強方法を続けることが必要です。

そのためには、毎日勉強をすることは当然のことですし、自分の偏った考え方で勉強をしてはいけません。

また、いつまでたっても簡単な基礎問題を勉強していていけません。


行政書士試験というのは、「士業」の試験です。

「士業」の試験は、その資格を持っているだけで、形式上独立して仕事ができる難しい資格です。

「士業」の資格は、その資格に関して瞬間的に物事を判断できる能力が問われる試験です。


そのような事を考えれば、行政書士試験に合格するには、初めて見るような問題に冷静に対応できる能力を持った人だけが合格できる試験となっています。

このような行政書士試験の現状を考えれば、行政書士試験の勉強方法は、どのような勉強方法で勉強をすればいいのか、自然と答えが出ます。


行政書士試験の勉強方法は、私の行政書士試験に合格した勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ  
Posted by takken_goukaku_ at 20:42トラックバック(0)
2011年08月07日

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験独学の勉強のスケジュールをご紹介します。

行政書士試験まで、あと約3ヶ月ですね。


基本的な行政書士試験の独学の勉強の感覚として、現在の8月7日の時点から、40字記述式問題の勉強を始めるべきです。

まず、行政書士試験の40字記述式問題は、日本中の人間で、どのような問題が出題されるかは、絶対に推測できません。

これは、間違いないです。


ただし、今年の行政書士試験の40字記述式問題は、行政法1問・民法2問が出題される可能性が90%以上でしょう。

しかし、これは、あくまでも行政書士試験の今までの傾向です。

実際には、憲法など出題されてもおかしくないです。


それなりの40字記述式問題の対策はしておきましょう。


行政書士試験の40字式記述問題の勉強方法は、市販の問題集を2~3冊購入して勉強をすれば十分です。

行政書士試験の40字記述式問題の勉強は、やりすぎは良くないです。

絶対に行政書士試験の40字記述式問題の対策は、誰も立てることができませんから、必死になって勉強をしても時間のムダです。


ある程度の割り切りも行政書士試験の40字記述式問題の勉強には必要です。


行政書士試験の40字記述式問題の勉強方法で、一番良い勉強方法は、40字記述式問題の答えを音読で暗記することです。

この勉強方法が一番効率が良い勉強方法です。


音読というのは、短期間の暗記をするのであれば、大変な効果を発揮します。

そして、音読で言葉を発して、勉強をすることは、声を出して話す言葉で物事を覚えるため、短時間でたくさんの答えを覚える事ができます。


行政書士試験の40字式記述式問題の音読の勉強方法は、7日間で、60問の40字記述式問題の解答を覚えます。

初めて音読で、60問の40字記述式問題を行うのは、1時間30分以上掛かる人が多いでしょう。

しかし、音読の勉強を続けていますと、7日後には60問の問題の解答を、音読で1時間以内で言えるようになります。


行政書士試験の40字記述式問題の音読の勉強方法は、簡単です。

まず、40字記述式問題集の解答を見ながら音読をします。

そのあとに、解答を隠しながら、40字記述式問題の解答が言えるまで音読をします。

簡単に解答を隠して、音読ができなければ、解答を見ながら音読をします。


そして、40字記述式の問題の解答を隠しながら、音読で言えるようになったら、60問すべての問題を同じような音読の勉強方法でします。

すべての問題が解答を隠しながら、音読で言えるようになったら、その日の40字記述式の問題の勉強は終了です。


この音読の勉強方法は7日間続けます。

そうしますと、7日後には、40字記述式問題の解答を、問題を見ただけでスラスラ音読で言えるようになります。

この方法は、3週間~1ヵ月間ぐらいは、音読で覚えた内容は暗記できます。


しかし、漢字が苦手な人は、要注意です。

私は、漢字を書くのが苦手ですので、音読の勉強をして、6日目と7日目には、ノートに40字記述式問題の答えを書いて漢字を覚えました。

漢字を書くことに自信がある人は、このような勉強はする必要がないです。


行政書士試験の40字記述式問題の勉強は、8月に入ってから始めても十分間に合います。


行政書士試験の40字記述式問題の勉強は、対策の立てようがないですが、最低限の勉強はするべきです。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」



■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術



    応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ


一緒に読みたい関連記事

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

  
Posted by takken_goukaku_ at 10:28トラックバック(0)
2011年07月14日

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。

行政書士試験は、現在の出題方法に変更されて以来、簡単な試験ではありません。


現在の行政書士試験は、新司法試験の受験者が力試しで受験するぐらいの難易度の高い試験となっています。


このような事を考えていますと、行政書士試験まで、あと約4ヶ月ですが、基本的に遊んでいる時間はないです。

もし、現在余裕をもって行政書士試験の勉強をしている人は、ある程度の危機感は持って勉強をするべきです。


行政書士試験の問題は、どのような問題が出題されるか、想像もできません。

これは、行政書士試験の過去問を研究すれば、誰でも理解できることです。


行政書士試験の勉強は、勉強をやりすぎて困ることはありません。


現在、行政書士試験の勉強で、行政書士試験レベルの勉強をしているのは、合格するのは厳しいです。

行政書士試験の問題は、平成18年以降、ほとんどの問題が1度出題されたら、2度と出題されません。


このように行政書士試験は、行政書士試験の過去問を勉強しても意味がないです。

これは、行政書士試験のすべての科目に言えることです。


そのような事を考えると、書店で販売されている行政書士の問題集は、40字記述式問題以外は使い物になりません。

書店で販売されているほとんどの行政書士の問題集は、行政書士レベルの問題ばかりです。

このような問題を解いていては、現在の行政書士試験には合格できません。


行政書士試験は、簡単な気持ちで勉強をしていては、不合格になる可能性が高いです。

実感として、宅建試験の5倍難しいのが行政書士の試験です。


サムライ業である「士」が付いている、国家資格は基本的にどのような試験でも難しいです。

これが現実です。


しかし、行政書士の試験は、40字記述式問題以外は、すべて択一式問題であるという、合格するうえで、大変試験の攻略がしやすい試験です。

択一式問題の試験というのは、解答が選択肢に書いてあり、その選択肢を選択するだけだからです。


この出題形式を利用して勉強をする一番の方法は、だいたいの知識を覚えて、問題を解く力をつけることです。

このような勉強方法は、平日に教本を読み、休日に難易度の高い過去問を解く勉強方法が一番です。

そして、同じ教本・同じ過去問を何回も復習することです。


このような勉強方法をしていれば、法律の問題に対する理解力・読解力・理解力が身に付きます。

行政書士試験は、試験勉強の知識を暗記しても解けません。

行政書士試験は、法律の問題を解く力をつけることで、問題を解くことができます。


このような勉強方法は、私の行政書士の勉強方法で、法律に対する把握力・読解力・理解力を身に付けることができます。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の商法・会社法の傾向と対策  
Posted by takken_goukaku_ at 21:33トラックバック(0)
2011年06月19日

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

行政書士試験の勉強は、過去の試験問題を研究することが必要です。

これは、簡単に言えば、平成18年度に行政書士試験の出題が変更されて以来、同じような過去問が出題されていない事実を知ることです。


このような行政書士試験の出題傾向さえ理解できれば、どのような試験勉強をしてはいけないか、自然と答えが出てきます。


行政書士試験の勉強で、一番してはいけない勉強方法は、行政書士試験の過去問を解く勉強方法です。

このような勉強方法を現在していれば、99%不合格になります。

今すぐ、そのような勉強方法はやめましょう。


次に、現在、行政書士試験の勉強を、一問一答などの勉強をしている人は、時間のムダです。

そのような行政書士試験の勉強方法をしていては、合格できません。


行政書士試験の択一式の問題の選択肢は、5肢です。

その選択肢の中でもひっかけ問題が、2肢や3肢も出題されます。

そのため、常に試験勉強のときから、そのようなひっかけ問題を解く訓練が必要です。


確率論で言いますと、一問一答の問題を2問解いても、すべての問題を正解する確率は、理論的な計算では25%です。

しかし、5肢の問題を2問解きますと、すべての問題を正解する確率は、理論的な計算では4%です。


25%の正解率の勉強方法と4%の正解率の勉強方法では、難しさが違います。


ここで、重要な行政書士の勉強方法として、新司法試験の過去問を勉強をしますと、すべての選択肢の正答を答える問題があります。

このような問題を解くことで、自分自身の法律の問題に対する把握力・理解力・読解力が身に付きます。


現在、行政書士の試験勉強をしている人は、行政書士レベルの知識は、頭の中に当然入っていることを前提にして、さらに、初めて見るような法律の問題を解く能力を身に着ける必要があります。

これが、現在の行政書士試験に合格する近道といえます。


現在の行政書士試験に合格するには、新司法試験・旧司法試験・司法書士試験の択一式の問題ぐらいは、合格するだけの実力が必要です。

現実的に、新司法試験の勉強をしている人が、行政書士試験を新司法試験の力試しに受験するぐらいです。

このような現実を理解することが必要です。


もし、現在の行政書士試験の勉強をしていて、新司法試験・旧司法試験・司法書士の過去問の勉強をしていない人は、一度これらの問題を本屋で立ち読みでもして、実際に解いてみてください。

これらの問題をまず解くことができないはずです。

新司法試験・旧司法試験・司法書士の過去問を合格するぐらいの法律に対する把握力・理解力・読解力がある人だけ、行政書士の試験に合格できます。


一番してはいけない勉強方法は、市販されている行政書士の教本と問題集・過去問で勉強することです。

現在の行政書士試験のレベルに合っていません。


ただし、40字記述式問題の問題集は勉強しても大丈夫です。

ただ、40字記述式問題は、どのような問題が出題されるかは、誰にも推測できませんので、気休め程度の勉強にしかなりませんが、しないよりはしたほうがいいです。


最後に、私の行政書士に合格した独学の勉強方法は、新司法試験・旧司法試験・司法書士の過去問を勉強して合格した勉強方法です。

行政書士に合格するには、この勉強方法が一番ベストです。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の商法・会社法の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の民法の傾向と対策。  
Posted by takken_goukaku_ at 21:44トラックバック(0)
2011年05月29日

行政書士試験が簡単だと思っている方へ

行政書士試験が簡単だと思っている方へ、現実の行政書士試験をお伝えします。

一回以上行政書士試験を受験された方は、行政書士の試験が簡単だと思っている方はいないと思います。


もし、行政書士試験が簡単だと思っているのであれば、前回の行政書士試験には合格できたはずです。


そのため、今回は、初めて行政書士試験を受験される方を対象に、お話します。

行政書士試験の合格率は、大体約4%から約9%です。

法律系の国家資格としては、かなりばらつきがあります。


さて、この国家資格の合格率ですが、合格率の数字だけで、その試験が簡単か難しいか判断するのは危険です。


まず、その最も分かりやすい例が、医師の国家試験です。

医師の国家試験の合格率は、約80%後半です。


このような合格率だけを考えますと、医師の国家試験は、ものすごく簡単な試験と考えがちです。


これは、あくまでも医学部に合格できる人間が、たくさん医師の国家試験に受けて、それで合格率が約80%以上という意味です。

大学の医学部というのは、ご存知の方も多いと思いますが、東大の偏差値に準ずる、またはそれ以上の高い偏差値の大学が多数あります。


簡単に言えば、大学の医学部に合格できる人の50%以上は、東大に合格できる偏差値はあると思います。

このような人が、一生懸命、医師の国家試験に勉強して、合格率が約80%後半です。


これが、医師の国家試験の現実です。


このようなことを踏まえたうえで、行政書士の試験を考えましょう。

行政書士試験は、司法試験や司法書士の試験に比べて、合格率は高いです。

しかし、行政書士試験には、ある独特な特徴があります。


行政書士試験の独特な特徴とは、平成18年に試験の出題に変更があって以来、過去に出題された問題が試験にほとんど出題されなくなりました。

簡単に言えば、行政書士の試験勉強には、行政書士試験の過去問を勉強してもムダということです。

この事実は、平成18年以降の行政書士試験の問題を確認すればわかります。


では、行政書士試験に合格する勉強方法とは、どのような方法が一番かといえば、旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の過去問を勉強をするのが一番です。

逆に言えば、このような勉強方法以外、行政書士の試験勉強ができません。


そして、行政書士試験には、多くの人が対策に困る一般知識の問題まであります。

この一般知識は、勉強の方法がありません。

公務員の一般教養の勉強をすればいいという話は聞きますが、今まで出題された問題を見れば、そのような勉強はほとんど意味がないです。


ここまで話して、行政書士試験の勉強で理解してほしいことは、行政書士試験で問われることは、法律の問題に対する思考力です。

そして、一般的な新聞やテレビのニュースなどの事柄を、くわしくよく理解していることです。


行政書士試験の法律の問題では、法律の問題を解く理解力・読解力・把握力が求められます。

行政書士試験の一般知識の問題では、現在の社会情勢の深い理解力と知識が求められます。


現在の行政書士のレベルは、このようなレベルです。

行政書士の試験が簡単という人がいるのであれば、それは、平成17年までの法律の問題ことを言っています。

実際に平成17年までの行政書士の法律の問題を見てますと、基礎的な問題しか出ていません。


しかし、現在の行政書士のレベルは全く違うのです。

このようなことを認識する必要があります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





一緒に読みたい関連記事

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の商法・会社法の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の民法の傾向と対策。

平成22年度の行政書士試験の行政法の傾向と対策
  
Posted by takken_goukaku_ at 22:32トラックバック(0)
2011年04月29日

行政書士の試験に独学で勉強して合格できないと思っている方へ

行政書士試験独学勉強して合格できないと思っている方へ、それは間違いだということをご紹介します。

行政書士試験には独学で勉強して十分合格できます。


現実に私も行政書士試験に平成21年に独学で勉強して、2回目の受験ですが合格しています。

行政書士合格通知書 002


しかし、世間一般的には、行政書士試験は、独学で勉強して合格は難しいと考えられています。

本当でしょうか?


これは、別の言い方をすれば、行政書士試験の試験勉強をするのが難しいという意味です。

そのような意味と考えて、行政書士試験の勉強をしてみてください。


実際に行政書士試験の出題された問題を検証してみてください。


平成18年以前の行政書士試験問題は、参考外です。

その理由は、平成18年に行政書士の試験問題の出題方式に変更があったからです。


平成18年以降の行政書士試験問題を見ますと、簡単に理解できる特徴があります。

それは、同じような内容の問題がほとんど繰り返し出題されていない。


まさしく、これが行政書士試験に独学で合格するのは難しいと言われている原因です。

分かりやすく言えば、行政書士試験の過去問を勉強しても、意味がないのです。


なぜなら、行政書士試験の問題は、毎回まったく違った問題が出題されているからです。

この点に注目する必要があります。


では、行政書士試験の問題には、どのような特徴があるのでしょうか?

これは、ものすごく簡単です。


行政書士の試験の問題を解くには、行政書士レベルの知識では、問題が合格するだけのレベルで解けません。

行政書士試験の問題を解くには、旧司法試験・新司法試験・司法書士の資格レベルの問題を解く知識が必要です。


なぜ、そのような事が言えるのか?

これは、現在の行政書士試験の問題は、あきらかに旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の問題を意識して作成されているからです。


このような事がなぜ、私が言えるのか?

それは、私は行政書士試験に合格するために勉強をした方法は、旧司法試験・新司法試験・司法書士の過去問を解いて、勉強して合格したからです。

そのため、たくさんの旧司法試験・新司法試験・司法書士の過去問を解きました。


私は、旧司法試験・新司法試験・司法書士の過去問を勉強していたので、現在の行政書士試験の問題が、旧司法試験・新司法試験・司法書士の問題の影響を相当受けて作成されているのが分かるのです。

これは、実際に旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の過去問を勉強をした人間しかわかりません。


そこで、行政書士試験に独学で勉強をして合格するには、旧司法試験・新司法試験・司法書士の試験の過去問を勉強をすればいいのです。

逆に言えば、このような勉強方法以外で、行政書士試験に独学で合格するのは難しいです。


その理由は、市販されている行政書士試験の教本・問題が、現在の行政書士試験のレベルに対応していないためです。


これ以上のくわしい行政書士試験の独学の勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

平成22年度の行政書士試験の一般知識の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の商法・会社法の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験の民法の傾向と対策。

平成22年度の行政書士試験の行政法の傾向と対策


平成22年度の行政書士試験の基礎法学・憲法の科目の傾向と対策。
  
Posted by takken_goukaku_ at 19:45トラックバック(1)
2011年01月24日

平成22年度の行政書士試験の行政法の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験行政法の傾向対策につきまして、お話しします。

まず、行政書士の試験の中で1番簡単な科目は、間違いなく行政法です。

この行政法では、かなりの高得点を取らないと、行政書士の試験に合格するのは難しくなります。


平成22年度の行政書士の行政法は、私が問題を解いた限りでは19問中11問正解でした。

ただし、1年間まったく行政書士の試験の勉強をしていない状態です。


行政書士の試験に合格するのであれば、19問中16問は正解したいです。


行政法の勉強方法は、新司法試験の行政法の勉強をするのが一番です。

特に、新司法試験の行政法の過去問を解けば、かなり実力がつきます。


ただし、行政書士の試験に初めて受験する人は、最初から新司法試験の勉強をしても、理解できません。

新司法試験の行政法のレベルは、行政書士試験のレベルの知識が当然あると踏まえたうえで、問題が出題されます。

そのため、行政書士試験を初めて受験される方は、


2011年版 らくらく行政書士 講義そのまんま。2011年版 らくらく行政書士 講義そのまんま。
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2010-12-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を教本として読んで、過去問の勉強を、


らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2010-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


で勉強して、行政書士の行政法の最低限の知識をつけてください。


行政書士試験の科目全般に言えることですが、行政書士試験の勉強として行政書士の過去問を勉強しても、行政書士の試験にまず合格できません。


平成18年度から行政書士試験の出題形式が変更されましたが、平成22年度までほとんど同じような過去の出題された問題は、出題されていません。


行政書士試験に合格するために重要なことは、初めて行政書士の受験をする人は、まずは行政書士の過去問の勉強で基礎の力をつけます。

その後に、難易度の高い司法試験・新司法試験・司法書士試験の勉強をすることで、行政書士試験に合格できる力がつきます。


行政書士試験の受験経験がある方は、最初から難易度の高い司法試験・新司法試験・司法書士の試験の勉強をしましょう。


行政書士の行政法で勉強をすることになる新司法試験の過去問は、完全解答の問題がたくさんあります。

すべての選択肢の正誤を解答することで、すべての選択肢が正解であれば、その問題は正解となります。

正確には、新司法試験では、選択肢を1問間違えただけでも、部分点はもらえます。


しかし、行政書士試験に合格するのであれば、すべての選択肢が正解でなければ、その問題は間違いの解答であることにしましょう。


そのぐらい厳しく勉強をすれば、行政法は得点源になります。


行政法の出題分野の地方自治法は、出題範囲が広すぎるため、勉強をしなくても、ある程度の法律の問題を解く実力があれば解ける問題が多いです。

地方自治法の勉強方法に、悩んでいる人は、
2011年版 らくらく行政書士 講義そのまんま。以外は勉強しないと割り切れば大丈夫です。


私は、そのような勉強方法で、行政書士に合格しました。

地方自治法に勉強時間を掛けるのでしたら、他の行政法に勉強の時間を掛けたほうが、必ず得点力が上がります。


今の行政書士試験の行政法の問題は、新司法試験の問題を意識して出題されています。

1度、新司法試験の行政法の過去問を確認してください。


そのことがよく分かります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





  
Posted by takken_goukaku_ at 20:46トラックバック(1)
2010年12月27日

今年の行政書士の試験問題を解きました。

今年の行政書士試験の問題を解きました。

私は、平成21年度の行政書士試験の合格者です。


去年、行政書士試験に合格して以来、勉強というものを一切していません。

その私が、今年の行政書士試験でどの程度点数が取れるか?

結果はこちらから分かります。↓
gyouseih22


今年の行政書士試験を私が解きまして、点数は110点でした。

ただし、行政書士試験の40字記述式問題と、一般知識の文章問題は解いていません。


40字記述式問題は、今回行政書士の問題を解く前に答えを見ていたからです。

一般知識の文章問題は、資格の専門学校から送られてきた行政書士の問題に、著作権の関係で問題が掲載されていませんでした。


行政書士試験のすべての問題は、1時間21分で解くことができました。

しかし、得点として、40字記述式問題の60点と一般知識の文章問題3問の12点を引いた合計点228点に対して、110点。


今年の行政書士試験の半分の点数も取ることができませんでした。


実際に今年の行政書士の試験の問題を解いた感想は、「難しい。」

1年間、行政書士試験の勉強をしていないと、ここまで点数が落ちてしますのかと納得もしました。


やはり、行政書士試験レベルになりますと、行政書士の試験勉強をしてなければ、合格点数は取れなくなります。


私は、平成21年の行政書士試験を択一式問題の点数だけで、196点取ることができました。

こちらからその証拠が分かります。


択一式問題だけで、40字記述式問題の採点がなくても、行政書士試験に合格できた人間が、1年、勉強をしなければ、110点しか取れない。


これが、今の行政書士試験の難易度の高さです。


私は、先日、今年の宅建の試験を解きましたが、合格点36点に対して35点取れました。

宅建の勉強は4年間していません。

それでも、宅建の合格点に近い点数が取ることができました。


私は、行政書士の試験は、宅建の試験の5倍は難しいと実感しています。

それを証明するような結果になりました。


今回、今年の行政書士の試験問題を解いて感じたことは、やはり行政書士試験の問題が、「司法試験・新司法試験・司法書士試験」の影響をずいぶんと受けている事が分かりました。


これは、実際に「司法試験・新司法試験・司法書士試験」の過去問の択一式問題を解いて勉強した人間しか分からない事です。


憲法の科目は、司法試験・新司法試験の択一式問題レベルの問題が、平気で出題されています。

行政法の科目は、新司法試験の択一式問題レベルの問題が、多く出題されています。

民法は、司法書士試験の択一式問題レベルの問題が出題されています。


今の行政書士試験に合格するには、司法試験・新司法試験・司法書士試験の勉強をしなければ、合格は難しいです。


今年、行政書士試験に合格できないとはっきり分かっている方は、ぜひ、私の行政書士試験の独学の勉強方法を参考にしてください。


私の行政書士試験の勉強方法は、司法試験・新司法試験・司法書士試験を勉強する方法です。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  
Posted by takken_goukaku_ at 11:58トラックバック(0)
2010年12月07日

平成23年度の行政書士試験に向けて。

今年の行政書士試験を受験された方の多くは、来年の合格発表まで、自分が合格か不合格か分からない人が多いと思います。

このブログは、行政書士・宅建の試験を独学勉強して合格する事を目指す事を目的に、記事を書いています。


そのため、今後、来年度の平成23年度の行政書士・宅建の試験に向けて、記事を書いていきます。

ご容赦ください。


さて、来年度の行政書士を受験される方に、独学で勉強をするにおいて一番重要なことがあります。

どのようなことが一番重要であるか?

それは、現在の行政書士の試験は、行政書士試験の過去問を勉強しただけでは合格する事が難しいです。


まず、このような現状を頭の中に入れてください。


では、どのような勉強をすれば、行政書士の試験に合格できるのか?

それは、憲法の科目は、司法試験・新司法試験の勉強をしてください。

行政法の科目は、新司法試験の勉強をしてください。

民法の科目は、司法書士の勉強をしてください。


このように、行政書士試験以上のレベルの法律の資格の勉強をすれば、行政書士の試験に合格できる確率が高くなります。


ここで、疑問を持った人がいると思います。

なぜ、行政書士の試験で行政書士の試験の過去問を勉強をして合格するのが難しいのか?

この疑問には、明確に根拠を示してお答えできます。


まず、

一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)
TAC出版(2009-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


と、今年行政書士の試験を受験された方は、今年の行政書士の試験問題を見てください。


平成18年度に行政書士試験は、試験の出題傾向に変更がありました。

それ以降、平成21年度の行政書士試験まで、過去に試験で出題された問題がほとんど出題されなくなりました。


私は、現在、今年の行政書士試験の問題が、どのようなものであったかはわかりません。

しかし、今年の行政書士を受験された方は、今年の行政書士試験の問題を見てください。

そして、今まで行政書士の試験で出題されたような問題があるか確認してみてください。


私の推測では、今年の行政書士の問題のほとんどは、初めて行政書士試験で出題される問題のはずです。

そのような初めて行政書士試験で出題される法律の問題にどのようにして対処するのか?


それは、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力を高める事です。

そうすれば、法律の問題を解く思考力を身につけることができます。


では、法律の問題を解く思考力を身につけるには、どのような勉強方法があるのか?

勉強方法は簡単です。

難易度の高い法律の勉強をすればいいのです。


具体的にどのような勉強をすればいいのか?

それは、先ほど申し上げたように、憲法の科目は、司法試験・新司法試験の勉強をする。

行政法の科目は、新司法試験の勉強をする。

民法の問題は、司法書士の勉強をする。


このような勉強方法で、現在の行政書士試験のレベルに十分に対応できます。


私は、高卒、偏差値30の人間です。

これは本当です。


私は、先ほど挙げた勉強方法で独学で行政書士に合格しました。

平成21年度の行政書士試験で、216点取りまして合格しました。

択一式問題の得点だけで、196点を取りました。

40字記述式問題の採点無しで合格でした。


こちらから私の行政書士試験の得点が分かります。


私は、先ほど挙げた勉強方法で、現実に高得点で平成21年度の行政書士試験に合格しました。

くわしい私の行政書士の勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


基本的に行政書士の試験は、十分独学で勉強をして合格できます。

もし、今年の行政書士の試験に合格できなかった方は、2つの事を見直してください。


まずは、毎日勉強する。

そして、勉強方法を変える。

以上です。


ぜひ、来年度、行政書士の試験を初めて勉強される方も、私の行政書士の勉強方法を参考にしてみてください。


■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 12:11トラックバック(0)
2010年11月25日

今、現時点の私が知る限りの今年の行政書士試験の評価

平成22年度の行政書士試験の分析を、資格の大原で見ました。

今年の行政書士の試験は、少なくとも昨年の試験よりは難しいみたいです。

たぶん、今年の試験の合格率もそれほど高くないはずです。


行政書士の択一試験は、問題の内容は分かりませんが、一般知識の問題が特に難しいという分析です。


一般知識の問題は、基本的な試験対策を立てるのが難しいです。

根本的な試験対策としては、TVのニュースを見る・新聞をよく読む等、この程度の試験対策しかないのが現状です。


私は、平成21年度の行政書士の試験に合格しましましたが、一般知識の問題は14問中13問正解でした。

これは、一般知識の問題がある程度簡単であったのも正解率が高い理由のひとつです。


しかし、TVのニュースを見る・新聞をよく読む等、試験対策の結果だと思います。


今年の行政書士の試験問題が、私の手元に届きましたら、一度、択一式問題だけは解いてみます。

それで、今年の行政書士試験の難しさが、どの程度のものかは、把握したいと思います。


それ以外の法令の問題は、基本的には、今までの行政書士の試験問題の過去問を勉強をしていては、ある程度の点数が取れないと、資格の大原野試験の分析でも出ています。

これは、まったくその通りであると思います。


私は、平成20年度の行政書士試験で、


らくらく行政書士 講義そのまんま。〈2010年版〉らくらく行政書士 講義そのまんま。〈2010年版〉
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2009-12-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を平日に勉強をしながら、休日に

らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2010-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を勉強するという勉強方法で、178点しか取れずに不合格になりました。


そのため、平成21年度の行政書士の試験を受験する時は、勉強の方法を変えました。


どのような勉強方法で勉強したのか?

それは、憲法の科目を司法試験・新司法試験の勉強をしました。

行政法は新司法試験の勉強をしました。

民法は司法書士の勉強をしました。


私の行政書士の試験勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。



勉強には復習をする事が必要です。

科学的に脳の仕組みを分析して効率的な勉強の復習方法がこちらから分かります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


基本的には、行政書士の試験は、平成18年の試験問題から出題傾向が変更となり、行政書士の試験の過去問を勉強しても、合格するのは難しくなっています。

簡単に言えば、行政書士の試験に合格するには、行政書士レベル以上の法律の資格の勉強をしなければ、合格できなくなっています。


今年の行政書士の試験で合格が難しい方は、この点に注意して来年度の行政書士の試験に向けて勉強をしてみてください。

今年勉強をした事はムダにはなりません。

今のまま勉強を続ければ、来年度の行政書士の試験で合格できる確率は高くなります。


今年の行政書士の試験で、合格できるか微妙な状況の人は多いと思います。

そのような人も、行政書士の勉強は、試験の合格発表まで続けましょう。

不合格の場合、試験の合格発表後、来年度の行政書士の試験勉強を再度開始するのは、時間がもったいないですし、今の行政書士の知識のレベルが落ちてしまいます。


来年度の行政書士の試験に向けての勉強をすることによって、今まで勉強した知識のレベルを落とさないようにしましょう。


今年の行政書士の試験に合格した場合でも、勉強を続けた事はムダにはなりません。


大切な事は、試験の合格発表までの時間をどれだけ上手に使うかです。

いかなる試験結果の状況に対応できるようにしましょう。


     応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 13:03トラックバック(0)
2010年11月17日

行政書士試験の現段階での評価。

行政書士試験を受験された受験者の方は、お疲れ様です。


行政書士の試験を受験された方で、自己採点をされていない方は、インターネットで簡単に解答が分かります。

資格の専門学校が発表しています。


その解答速報のサイトをご紹介します。


LEC 

TAC  

資格の大原  

東京法経学院  


さて、今回の行政書士の試験ですが、私は現在の段階では行政書士試験の問題が分かりませんので、あくまでも40字記述式問題に関してお話したいと思います。


今年の平成22年度の行政書士試験の40字記述式問題ですが、私が資格の専門学校の解答を見た限り、「結構難しい」と思いました。


まず、40字記述式問題は、今年も行政法1問、民法2問出題されていたと思います。

この傾向は今までと変わらないですね。


行政法の問題は、行政事件訴訟法ですね。

この行政法の問題は、答えることができた人も多かったのではないでしょうか?

満点を取ることは難しいかもしれませんが、部分点を取ることは比較的簡単だと思います。


この問題は、事情判決についてですね。

「換地処分が違法であることを宣言し」

「事情判決と呼ばれる。」


このあたりのことを解答に記入していれば、部分点はそれなり(10~12点)にもらえると思います。

ただ、「Xの請求を棄却する内容の主文となり」と解答できるのは難しいですね。


問題なのは、民法2問ですね。


問題45は、完全に解答できる人が少ないでしょう。

現在、問題45がどのような問題か分かりませんが、部分点で稼ぐしかないような問題です。

「Aに対する求償権の確保のために」

「抵当権を行使できる。」


このような解答は出来ると思います。


40字記述式問題がどのような採点になるかは分かりませんが、上記の解答の記入でも10点は取れると思います。

普通に行政書士の勉強をされている方は、「代位の付記登記」と解答する事は、まずできないでしょう。


問題46も、完全に解答できる人は少ないでしょう。

どのような問題かは、現在分かりませんが、行政書士平成19年の問題45に似ている問題だと思います。

「不法行為の被害者に現実の弁済による」

この解答を記入するだけで、何とか部分点がもらえるかもしれません。

その後の解答を答えられる人は、すごいです。


この問題46を私は見ていないので分かりませんが、たぶん弁護士の人でも完全に解答ができないような問題だと私は思います。


厄介な問題が出題されましたね。


今回の平成22年度の行政書士試験の40字式問題の解答を見ていますと、部分点で合計30点は取れると思います。


保証はできませんが、平成22年度の行政書士の試験の解答を見ていますと、採点はそれほど厳しくないような気がします。

しかし、択一式問題が難しくなければ、どのような採点になるかは分かりません。


行政書士の試験の自己採点で、択一式問題の点数で、180点以上取れている人以外は、今回の試験は、40字記述式の採点しだいで合格・不合格の基準が大きく変わりそうです。


私からのアドバイスとして、もし、今回の行政書士の試験で、自分自身が合格か不合格か分からない人にお伝えします。

今年の試験で不合格の場合、来年、もう一度行政書士の受験をするつもりであれば行政書士の勉強は合格発表まで続けたほうがいいですよ。

今の自分の行政書士の知識のレベルを落とさないためです。


私は、1回目の行政書士の試験後、自己採点で182点でしたので、念のため、受験後も合格発表まで行政書士の勉強をしていました。

正確に言えば、司法書士の民法の勉強をしていたという言い方が正確です。

行政書士の試験に合格した後に、司法書士の試験を受けるつもりで民法を勉強していました。

民法を勉強していた理由は、行政書士の試験に不合格だった場合、また行政書士の勉強に活かせるからです。

結果として、試験結果が178点で不合格でした。


そのため、行政書士の試験が終わってから試験結果まで民法の勉強を続けていたため、すんなりとそのまま行政書士の勉強に切り替えました。


その結果、2回目の受験で行政書士の試験に合格しました。


行政書士を受験されて、自分が合格か不合格か分からない人は、勉強を試験結果が出るまで続けましょう。

 

       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  
Posted by takken_goukaku_ at 13:09トラックバック(1)
2010年11月14日

行政書士の試験を受験されたみなさん、お疲れ様です。

行政書士の試験を受けた受験者のみなさん、お疲れ様です。


試験が終了しまして、試験を受けた感想は、どのような感じでしょうか?


「結構簡単だった。」と予想以上に問題を解くのが楽だった方もお見えでしょう。


「自分で解いた問題の解答が自信を持って正解かどうか分からない。」

このような感想をお持ちの方もお見えでしょう。


「まったく、できなかった…。」

落ち込んでいる方もお見えかもしれません。


私が行政書士の2回の試験の受験後の感想は、すべて、「問題が解けたかどうか、自分で分からない」というものでした。


試験後、いろいろな感想をお持ちの方も、答え合せをしなければ、自分の本当の点数が分かりません。


今の時代、インターネットで、11月14日、行政書士の試験終了後、数時間してから、各資格の専門学校で解答速報を出しています。

その解答速報のサイトをご紹介します。


LEC  11月14日、19:00公開予定

TAC  11月14日、21:00公開予定

資格の大原  11月14日、19:00公開予定

東京法経学院  11月14日、21:00公開予定



どのサイトも公開直後には、アクセスが集中してつながりにくいです。


だいたい、11月14日22:00以降は、どのサイトもアクセスができるようになります。


資格の専門学校の解答速報の正解率は、95%ぐらいです。

専門学校によっては、解答が違う問題もあります。

しかし、後日訂正される事がほとんどです。


最低、3つの資格の専門学校の解答速報を確認して、自己採点してください。


行政書士の試験は、ほとんどの人が40字記述式問題の採点が合格・不合格を左右します。

40字記述式問題の模範解答による自己採点は、厳しい目で解答を採点してください。

ただ、40字記述式問題の採点は、試験結果が出るまでは、実際にはどのような採点になるか分かりません。


40字記述式問題は、採点の基準が厳しい年もあれば、やさしい年もあります。

自己採点で、174点以上の方は、合格の可能性はあると思ってください。

別の言い方をすれば、自己採点で186点程度の方でも、不合格になる可能性はあります。


ほとんどの人は、択一式問題だけで合格点180点は取れないと思います。

本当に、ある程度安心できる人は、択一式問題だけで180点以上取れている人だけです。


択一式問題の自己採点は、まず正確に分かります。

あとは、40字記述式問題の採点を試験結果が出るまで待ちましょう。


今日は、行政書士の試験の受験、お疲れ様でした。


      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




  
Posted by takken_goukaku_ at 16:30トラックバック(0)
2010年11月06日

行政書士の試験前に私が注意した事。

行政書士の試験まで、もうすぐです。

私が行政書士の受験時に注意した事をお伝えします。

何か参考にできるところがありましたら、ぜひ、参考にしてください。


まずは、睡眠時間です。

行政書士の試験は、11月14日、午後1時から始まります。

その試験開始時間から、受験会場に行く時間を差し引いて、起床する時間を出しましょう。


そして、一概には言えませんが、だいたい睡眠時間を7~8時間取るのがいいと思います。

起床時間から、7~8時間差し引いて、寝る時間を決めましょう。


この睡眠時間は、人によってどのぐらい取れば良いかは違います。

ただ、平均して7~8時間、睡眠時間をとるのが一番適している人が多いです。

そのため、自分が適している睡眠時間で、寝る時間を決めるのです。


このリズムで、行政書士の試験日まで過ごしましょう。

寝る時間と起きる時間を一定にするのです。


普段から寝る時間と起きる時間が一定の人は、何も生活リズムを変えずに試験日まで過ごしましょう。


一番大切なことは、行政書士の試験日の午後1時に、最高の状態で試験を受けれるようにする事です。

まずは、この点に注意するといいです。


次は、行政書士の試験日の昼食です。

少し早めに昼食を取りましょう。

昼食の時間は、午前11~11時30分ぐらいがベストです。

午後0時には、昼食を食べ終わるようにしましょう。

試験開始時間の1時間前に食べ終われば、試験開始時に良い気分で受験できると私は思います。


また、行政書士の試験は3時間の長丁場です。

食事をして、すぐにトイレに行く方は大丈夫です。

しかし、食事をしてずいぶん経ってからトイレに行きたくなる人は、特に水分を多く食事の時に取るのは止めましょう。

そのような方は、試験会場に行く前に水分を取って、試験会場で一度トイレに行くようにしましょう。

朝、起きて水分を多めに取るのもいいでしょう。


試験会場には、一度下見に行くのがいいでしょう。

私は、行政書士の試験のときは、1回目の試験のときは、試験会場の近くまで車で行きました。

車は、試験会場の地下鉄の駅から隣の駅の近くのパチンコ屋の駐車場に駐車しました。

車を駐車する場所は、試験1週間前に試験会場を下見して見つけました。


試験会場に車で行くメリットは、試験会場に行く時間が多少遅れても、飛ばせば問題なく試験会場に着けることです。

また、人にもよりますが、車で試験会場まで行けば体が楽です。


東京や大阪に住んでいる人以外は、行政書士の試験会場に車で行くことをおススメします。


試験日に持っていく筆記用具は、複数個用意しましょう。

消しゴム・鉛筆・シャープペンシル等は、2つ以上持っていきましょう。

万が一、消しゴム・鉛筆・シャープペンシル等を落としたりしても、予備があれば落ち着いて受験できます。

念のためです。


行政書士の受験される方は分かっていると思いますが、行政書士の試験の自己採点ができるように、試験を受けてる時は、問題の選択肢に自分の解答の選択肢に○をつけましょう。


最後に、40字記述式問題の解答ですが、先に問題用紙に書いてから、解答用紙に書きましょう。

行政書士の問題用紙には、40字記述式問題の解答が45文字まで記入できるようになっています。

先に、問題用紙に解答を書いて、解答の文字数が解答用紙に収まるか確認しましょう。


一般的には、40字記述式問題の解答は、35~45文字までが適切と言われています。

もし、40字記述式問題の解答で、文字数が足りない人は、句読点等で文字数を足しましょう。

逆に、40字記述式問題の解答で、文字数が多い人は、余分な句読点を無くしましょう。


具体的に、40字記述式問題の解答の文字数を増やす例をあげます。

認める。⇒認められます。


逆に、40字記述式問題の解答の文字数を減らす例をあげます。

~しなければならない。⇒~する必要がある。


40字記述式問題は、解答の重要な部分以外は、多少文章を短縮しても、採点には影響しません。 

ただし、日本語の文章になるように気をつけましょう。


では、生活のリズムを崩さないように、行政書士の試験の受験に備えてください。


      応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







  
Posted by takken_goukaku_ at 10:00トラックバック(0)
2010年10月25日

行政書士の試験直前の対策。

行政書士の試験がもうすぐですね。


行政書士の試験の直前の対策とはどのようなものがあるでしょうか?

行政書士は勉強する範囲が広いので、直前の対策というものは限られてきます。

そこで私は、40字記述式の問題の直前対策をおススメします。


直前対策の方法は、ズバリ、音読です。(笑)

音読は、本当に短期間で記憶するには、大変効果的です。


みなさんは小学校で掛け算の九九を覚える時は、どのように覚えましたか?

ほとんどの人が、音読で覚えたはずです。

そして、ほとんどの人が、今でも掛け算の九九を覚えていると思います。

ぜひ、音読を活用して、行政書士の直前対策に利用してください。


ただし、まず、先に断っておきます。

行政書士の40字記述式の問題ですが、誰もどのような問題が出題されるかは、予想できません。

そのため、私は事実に基づいて、行政書士の試験直前対策をお伝えしたいと思います。


まず、行政書士の40字記述式問題の勉強に利用する問題集は、


まる覚え行政書士 40字記述・多肢選択重要キーワード〈2010年版〉 (うかるぞ行政書士シリーズ)まる覚え行政書士 40字記述・多肢選択重要キーワード〈2010年版〉 (うかるぞ行政書士シリーズ)
著者:嶋崎 英昭
週刊住宅新聞社(2010-01-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


です。


先日も、お話しましたが、この問題集から、平成20年・21年度の行政書士の試験の40字記述式問題に1問ずつ似たような問題が、出題されています。

出題されている問題の分野は民法です。

こちらから詳しいことが分かります。


そこで、この問題集の民法に絞って、音読をして勉強をします。

民法の問題は、約80問あります。

そこで、1週間に40問、音読するように分けて、2回で音読で勉強する期間を設けます。


音読の方法は、40字記述式問題の解答を音読で丸暗記します。

まず、40字記述式問題を解答を見ながら、音読をします。

そして、何回か音読で解答を音読した後に、解答を隠して音読をします。

それで、問題なく解答が音読で言えるようになりましたら、次の問題に進みます。


もし、それで、解答が音読で言えなければ、また、解答を見ながら何回も音読をします。

そのような事を繰り返して、解答を隠して音読で言えるまで続けます。


このように音読の勉強を進めて、1週間、毎日、音読の勉強をします。

不思議と、一週間後には、40字記述式問題の解答を見なくても、スラスラ音読で解答が言えるようになります。


勉強時間としては、1日40問でしたら、初めて音読する日は1時間前後かかると思います。

しかし、勉強を始めて、一週間後には、40問を音読で40分前後で言えるようになります。


そして、漢字に自信がある人は、音読で覚えるだけで十分ですが、あまり漢字に自信がない人は、音読を始めて6日目、7日目は実際に解答を書いて勉強をしましょう。


音読の勉強を一週間しましたら、音読の勉強の一週間後に実際に解答を書いて、音読で覚えた問題を解いてみましょう。

ほとんど覚えているはずです。


行政書士の試験の直前対策は、40字記述式問題の対策をするのが一番だと思います。

なぜなら、40時記述式問題と一般知識の問題の試験対策は難しいからです。


一般知識の問題は、ほとんど勉強しなくても、毎日、新聞を読んで、TVのニュースを見ていれば、8~9問は解けます。

しかし、どのような問題が出るかは、まったく推測できません。

どのような分野の問題が出るかも、推測するのが難しいです。


例えば、情報通信・個人情報保護の分野も一般教養が無ければ解けないような問題が、平成20年・21年度は出題されています。

ただ、今年の問題がその傾向どおりに出題されるかどうかは分かりません。


行政書士の試験は、平成18年度から大幅な問題の出題形式が変わりました。

それからは、全体的に、どのような問題が出題されるかは、推測できないような状態になっています。


そのため、私は、行政書士の試験直前対策として、現実として、平成20年・21年に一問ずつ似たような問題が出題された問題集で、民法の40字記述式問題の勉強をおススメします。


ぜひ、参考にしてください。



       応援クリックをお願いします。
                  
 
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  
Posted by takken_goukaku_ at 11:23トラックバック(0)
2010年02月12日

行政書士、合格は2回目の受験でした。

私は、勉強ができなかった人間ですので、行政書士は2回目の受験で合格でした。


1回目の受験、平成20年度の試験は合格点180点に対して178点で、不合格でした。

2回目の受験、平成21年度の試験は合格点180点に対して216点で、見事合格しました。


今、1回目の行政書士の勉強方法を振り返りますと、なぜ、1回目の受験で不合格だったのか、その原因がはっきり分かります。


その原因とは、
「行政書士の試験を受けるのに、行政書士のレベルの勉強程度しかしなっかった。」


これが、分かりやすい理由です。


今の行政書士の試験は、行政書士の問題、過去問を解くだけでは、
合格点(180点)ギリギリの得点しか取れません。


実際に、
私は1回目の受験では、178点と合格点にわずか2点足りませんでした。


平成18年度の行政書士の試験から試験内容が変わり、行政書士の試験は大変難しくなっています。
法律の枠組みを理解していなければ、解答するのが難しい、難問、奇問がたくさん出題されます。


ずばり、行政書士の試験に合格するには、行政書士以上の難しい法律の資格の勉強をしなければ、合格点を超えるのは難しいです。


参考までに、私の勉強時間ですが、1回目・2回目の受験いずれも試験の1年前から勉強を開始して、平日1時間~1時間30分、仕事が休みの日は8時間、勉強していました。


行政書士の試験は、勉強の方法さえ間違えなければ、独学で1年間働きながら勉強しても十分受かります。


行政書士の試験を数回受験されて合格できない方は、今、勉強されているレベル上の法律の資格に上げて勉強されることをお勧めします。


2回目の受験のときの勉強方法は、後日お話したいと思います。




こちらを最後にポチッとお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ 人気ブログランキングへ
       にほんブログ村


  
Posted by takken_goukaku_ at 15:44トラックバック(30)

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)