行政書士試験を受験する注意点



2011年11月06日

行政書士試験を受験する注意点

行政書士試験受験する注意点をご紹介します。


11月13日に行政書士試験が行われますが、受験時の注意点を私の独自の考えでお伝えします。


まず、行政書士試験の受験で、一番重要な事は、自分を信じることです。

行政書士試験は、4~9%の合格率の国家試験です。

合格確率が9%としましても、受験者の約11人に1人しか合格しない試験です。

そのため、受験会場での周りの人の試験寸前までの猛勉強をしている姿を見ても、何もあわてる必要がないです。


所詮、行政書士試験の受験者の90%以上は、不合格になる人です。

他人が試験寸前まで一生懸命勉強している姿を見て、自分が勉強する必要がないです。


このような事は、行政書士試験の試験会場の周辺で配られる資格の専門学校の予想問題などを見る必要がないです。

当てになりません。


行政書士試験の問題は、どのような人であっても予想ができない問題が出題されます。

一番重要な事は、自分が今まで勉強してきたことに対して自信を持つことです。


そのような事を考えれば、行政書士試験でやってはいけないことがあります。

それは、解答用紙に空欄があることです。

すべて、必ず解答用紙を埋めてください。


択一式の問題はもちろん40字記述式問題であっても、どのような事でもいいですから自分が考え付くことを解答に書くべきです。


私は行政書士試験に2回目の受験に合格しましたが、行政書士試験の受験者は想像以上に解答を空欄にしている人が多すぎます。

行政書士試験の問題が難しいからでしょうが、択一式問題であっても、マークシートを埋めていない人が多いのです。

択一式問題の正解率は確率論で言えば、20%です。


必ず問題に答えれば、20%の確率で正解する確率があります。

また、選択肢を絞ることができれば、正解する確率が高くなります。

このような事を考えれば、40問の択一式問題は、すべて解答を答えてください。


また、多肢選択式の問題も解答を空欄にするのは、大変もったいないです。

とにかく、解答が分からなくても、法律の論理で考えて、なんとなく当てはまる解答を答えれば、正解する可能性が高いです。

多肢選択式の問題は、法律の常識で考えれば、意外と解けるものです。


最後に40字記述式問題ですが、この問題を本当に多くの人が空欄で解答を提出している人がたくさんいます。

これは、ビックリするほど多いです。


40字記述式問題は、解答が完全に正解でなくても、部分点があります。

この部分点狙いで、40字記述式問題を答えれば十分です。

もちろん、完全に解答が分かれば、言うことがないのですが、そのような可能性が低いです。

それでも、40字記述式問題の解答には、自分が頭の中で思いついたことを解答に書けば、点数になる可能性があります。


40字記述式問題の解答の空欄にする事は、行政書士試験に合格するには、致命的なやってはいけない事です。

このような事は理解してください。


宅建試験の時にもお話ししましたが、行政書士試験も他人の解答は簡単に見ることができます。

しかし、間違っても、他人の解答を参考にするようなことは絶対しないで下さい。


その理由は、行政書士試験は、最高の高い合格率で受験者約11人に対して1人しか合格しません。

自分の受験している周りの受験者の11人中10人は、不合格になる試験です。


そのため行政書士試験で他人の解答をカンニングしても、意味が無いです。

自分の周りの受験者の90%以上の解答は、不合格になる解答です。

そのような事を理解してください。


このような事を考えますと、行政書士試験の絶対的に自信ある解答というのは、自分が導き出した解答だけです。

行政書士試験は、自分に自信を持って受験する試験です。


行政書士試験に合格するには、今まで勉強したことに自信を持って受験してください。




こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」







■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



一緒に読みたい関連記事

行政書士試験前の勉強方法

行政書士試験の模擬試験情報

行政書士試験に独学で合格する人のタイプ

行政書士試験の独学の勉強のスケジュール

行政書士試験まで、約4ヶ月ですので、しっかり勉強するべきです。
行政書士試験を受験する注意点へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takken_goukaku_/51778286