宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。



2011年04月21日

宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。

宅建試験に対する認識と現実を考える独学の合格方法についてお話しします。


宅建試験といいますと、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

「宅建の試験は、簡単だ。」

「宅建の試験は、独学ではなかなか受からない。」

「宅建の試験は、3ヶ月の勉強で受かる。」

「宅建の試験は、働きながら勉強して合格するのは、難しい。」

いろいろな宅建試験のイメージを持っている人はいます。


「宅建の試験は、独学ではなかなか受からない。」

このような考えを持っている人がいます。

これは、絶対に間違いでありますが、自分に対して自己管理ができる人に限ります。


まず、宅建の試験は独学では受からないと言う人がいます。

私は、高卒偏差値30の人間です。

宅建の試験は2回目ですが、独学で合格しました。


なぜ、宅建の試験は独学で合格できないと言われるのか?

この理由は、宅建試験の2回の受験経験を通じて分かります。


1番の宅建の試験が独学で合格できないという理由は、このような事だと思います。

学生時代に勉強をして以来、宅建の勉強をするまで、勉強というものをしてなかった人が、宅建の勉強を始めることになった。

そして、勉強の方法を忘れているために、独学で宅建に合格できる実力を身に付けることができない。


このような事が、宅建が独学で合格できない原因だと思います。


実を言いますと、何を隠そう、宅建の試験の1回目の受験の私がそうでした。


私は、高卒です。

宅建試験の勉強を始めた時は、15年ぐらいまともに勉強をしていませんでした。

そのため、宅建の試験勉強をする時に困ったのが、「どのようにして勉強をするか?」

これに尽きます。


現実として、私の元にたくさんの人がメールで相談を受けますが、一番多いのが、「勉強の方法」の相談です。

みなさん、宅建の試験の勉強をどのようにすればいいのか分かっていません。


宅建試験に独学で勉強して合格できる勉強方法は、簡単です。

まずは、宅建の教本を予習として読み、そして、宅建試験の過去問を解く。

具体的には、平日は、宅建の教本を読みながら、休日に宅建試験の過去問を何回も解いて復習する。

これが一番です。


まずは、宅建の教本を一通り全部読んでください。

その後に宅建試験の過去問を解くのです。


言葉で言うのはものすごく簡単な勉強方法です。

ただし、このような勉強を毎日続けることが、一番大事です。


この毎日勉強をすることが、みなさんできません。

逆に言えば、宅建試験に合格するには、毎日勉強をすれば、かなりの確率で合格できます。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




宅建の試験は、独学ではなかなか受からないと考えている方へ。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takken_goukaku_/51706671