行政書士・宅建の共通する試験勉強方法。



2010年12月15日

行政書士・宅建の共通する試験勉強方法。

行政書士宅建の試験に対する共通する独学の勉強方法をお話します。

行政書士・宅建の試験には、共通する点が多いです。

そのため、基本的には独学の勉強方法としては、同じような勉強方法で合格できます。


では、行政書士・宅建の試験に共通する事は、どのようなことでしょうか?

これは、実に明快です。

行政書士・宅建の試験問題は、行政書士の40字記述式問題以外では、択一式選択問題である事です。


これは、行政書士・宅建の勉強をするうえで、必ず認識しなければいけないことです。

そして、行政書士・宅建の試験に合格する上で、重要な事です。


どのようなことが重要であるのか?

それは、行政書士・宅建の試験は、問題の選択肢を選ぶだけで正解となることです。


この点に注目する必要があります。


もっと分かりやすくいえば、行政書士・宅建の試験問題には、問題の選択肢に正解の解答が書かれており、それを選択するだけで正解となるのです。

論文の試験・記述式の問題のように、問題を読んで自分の頭で解答を文章で解答用紙に記入をする必要がないのです。

行政書士の40字記述式問題以外は、すべての問題が択一式問題であるため、選択肢を選ぶだけでよいのです。


これが、どのような意味をするのか?

ここからお話しすることが重要です。


行政書士・宅建の試験問題の選択肢には、正解の解答が書かれています。

その選択肢を選ぶだけで、正解となります。

そのため、行政書士・宅建の問題を解答する知識は、だいたいの知識があれば、問題を解くことができます。

完璧に行政書士・宅建の試験に対する知識を、頭の中に入れる必要がないのです。


これが、行政書士・宅建の試験に合格する上で重要な事です。


では、行政書士・宅建の試験に合格するために、だいたいの知識を頭の中に入れる勉強方法とは、どのような勉強方法でしょうか?

実に簡単です。

今からお話しすることを実行してください。

特に、行政書士・宅建の試験に一度以上受験の経験がある方は、ぜひ、合格するために実行してください。


行政書士・宅建の試験に合格するための勉強方法は、教本を読むときにノートを作成しない。

これが大変重要です。


「教本を読むときにノートを作成しない。」

このような事を言われて、実際に実行する人は少ないと思います。


それは、なぜか?

教本を読んで、ノートを作成しなければ、教本を読んだ内容を覚えられないと思っている方が、実に多いからです。


では、質問します。

あなたは、行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成して、その内容をどの程度1週間後に覚えていますか?

結論から言います。

ほとんどの人は、自分が行政書士・宅建の教本を読んだ内容を、ほとんど覚えていないはずです。


もし、行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成して、その内容を1週間後にほとんど覚えることができる人は、行政書士・宅建の試験ぐらい簡単に合格できます。

そのような方は、ぜひ、司法試験に挑戦してください。


話を本題に戻します。


行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成しても、勉強をした内容はほとんど覚えていないのに、ノートを作成する意味はあるのでしょうか?

これは、勉強方法として勘違いしています。


勉強をした内容をノートに作成しなければ、勉強内容を覚えられないと固定概念を持っている方が、大変多いです。


それは間違いである事を、具体的な私の例を出して説明します。


私は、宅建の1回目の受験以降、行政書士・宅建の試験勉強をするのにノートというものを作成していません。

行政書士・宅建の教本は、本を読んで覚えました。

私の行政書士・宅建の独学の勉強方法は、教本を読んで、見て覚える。


別の言い方をすれば、「行政書士・宅建の教本を読んだだけで、頭の中に入っているものとする。」

行政書士・宅建の試験に合格するには、教本を勉強をする事は、その程度の感覚で十分です。

それで、私は行政書士・宅建の試験に独学で合格しました。


行政書士・宅建に独学で合格するには、教本の内容を必死に覚えようとする必要はないのです。

行政書士・宅建に独学で合格するには、教本を読んだ内容を覚えるには、難易度の高い試験の過去問・難易度の高い法律の資格の問題を解くことが、一番重要です。


別の表現でお話しますと、難易度の高い試験の過去問・難易度の高い法律の資格の問題を解くことによって、試験に合格できる知識が頭の中に入るのです。

行政書士・宅建の教本を読むことは、試験勉強をするうえで、予習に過ぎないのです。


くわしい私の行政書士・宅建の勉強方法は、こちらに書かれています。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


行政書士・宅建の試験勉強方法は、教本を読んで覚えましょう。

ノートを作成する時間は、ムダです。


ノートを作成するより、教本を読むだけにする。

そして、教本を読むことを復習する。


これが、行政書士・宅建の試験に合格できる、1つのポイントです。

実際に、私はそのような勉強方法で行政書士・宅建に合格しました。


■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

行政書士・宅建の共通する試験勉強方法。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takken_goukaku_/51601818