今年の宅建の合格発表の結果を確認しての感想。



2010年12月11日

今年の宅建の合格発表の結果を確認しての感想。

先日、平成22年の宅建試験の合格発表がありました。

今年、宅建を受験された方は、もちろんご存知だとは思いますが、合格点は、36点でした。


この宅建の合格点が36点というのは、1981年以降、ここ30年間で今回の試験を含めて2回しかない、最も高い合格点です。

これは、どのようなことを意味するのか?

結論は簡単です。

今年の宅建の試験は、ここ30年間で、1~2位を争うほどのやさしい試験でした。

このような事が言えます。


現実問題として考えます。


私は今年の宅建試験の問題を解きました。

私は、宅建試験の勉強を4年間していません。

それでも、35点取ることができました。

こちらから私の今年の宅建試験を解いた解答が分かります。

宅建の試験勉強を4年間していない人間が、35点も取ることができる。

これは、今年の宅建試験がものすごく簡単だった明確な立証になります。


それでも、合格率は15.2%です。

宅建の受験者の6.6人に1人しか合格していません。


では、宅建の試験に合格する人は、どのような人でしょうか?

まず、宅建試験問題で、36点以上取ることができる人です。

正解率で言えば、約70%です。

このような条件に当てはまる人は、間違いなく合格できます。


別の言い方で言えば、50問中14問まで、宅建の試験問題を間違えて解答ができる人が宅建の試験に合格できます。

誤答率で言えば、約30パーセントです。


このような事をよく考えれば、宅建は難しい試験ではないです。

十分独学で勉強すれば合格できます。


実際に私も2回目の受験で宅建試験には独学で合格しました。


では、逆に宅建に合格できない人は、どのような人でしょうか?

これも簡単に結論が出ます。

まず、毎日勉強をしていない。

これは、宅建という試験をある意味なめている証拠です。


宅建の試験は確かに簡単です。

しかし、この簡単という意味は、司法試験・不動産鑑定士・公認会計士・弁理士などの論文の試験がある国家資格と比べての話です。

他の国家資格の試験と比べれば、難しいです。

このあたりのことを勘違いしている人が多いです。


私は、宅建の試験は毎日勉強しなくても合格しましたが、基本的には、宅建の試験は、毎日勉強しないと合格するのが難しいです。

ここで注意したい事は、毎日勉強をするという意味は、毎日勉強を持続させるという意味です。


例えば、今日は、仕事が忙しくて30分しか勉強できないけど、明日は1時間30分勉強して、休みの日に仕事が忙しくて勉強が出来なかった分の勉強をしよう。

このような考えで宅建の勉強をすればいいのです。


なぜ、私が繰り返し、毎日勉強をする事が大事と言っているのか?

その理由は、世の中の宅建の試験勉強をしている70%の人間は、毎日勉強をしていないからです。

断言できます。

今から、一年間、毎日、来年の宅建の試験まで勉強をすれば、勉強方法を間違えなければ独学で合格できます。


そこで重要なのが、勉強方法ですね。

今まで、宅建を受験して合格できなかった人は、まず、自分の宅建の勉強方法を変えるべきです。

特に、今年の宅建に合格できなかった人は、絶対に今までの勉強方法で勉強をしないで下さい。


その理由は、宅建の勉強を4年間していなかった私が、今年の宅建試験問題を解いて35点も取りました。

そのような簡単な試験を合格できないような勉強方法は、宅建に合格できない勉強方法であることを立証しています。


もう一度言いますよ。

私は宅建の勉強を4年もしていなくて、今年の宅建試験問題を解いて35点取れたのですよ。

私は、宅建の基本的な勉強内容は大分忘れていますよ。

それでも、35点取れました。


今年の宅建の試験で合格できなかった人は、根本的に宅建の勉強方法が間違っています。


簡単に宅建の合格できる勉強方法を説明します。

まず、最初に宅建の教本を読みましょう。


2010年版 らくらく宅建塾2010年版 らくらく宅建塾
著者:佐藤 孝
週刊住宅新聞社(2009-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この教本を読むことを、予習とします。

そのように定義してください。


そして一通り、ぜんぶ教本を読みましたら、肝心な勉強の宅建試験の過去問を解きます。

パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)
パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)
住宅新報社(2009-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


休みの日に、宅建試験の過去問を1年分50問解いてください。

過去問を解きましたら、すぐに解答・解説を読んで答え合せをしてください。


あとは、平日に教本を読んで、休みの日に宅建の過去問を解く、そして、今まで宅建の過去問を解いた復習をする。

このような形で勉強をすれば、まず来年の宅建試験に合格できます。


簡単に宅建の試験の勉強方法を説明しました。


くわしく宅建を独学で合格できる勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


宅建は十分独学で合格できます。

今年の宅建の試験で合格できなかった人は、まず、自分自身を変えましょう。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ





今年の宅建の合格発表の結果を確認しての感想。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takken_goukaku_/51599418