宅建試験問題をうまく解く方法。民法(相続)の試験勉強方法。



2010年08月06日

宅建試験問題をうまく解く方法。民法(相続)の試験勉強方法。

宅建試験科目の民法(相続)の勉強方法についてお話します。


その前に、

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173

ぜひ、ご覧になってください。


では、宅建の民法(相続)についてですが、2010年版 らくらく宅建塾に書いてある「赤い文字で書いてある部分」・「枠で囲ってある部分」・「楽勝ゴロ合せ」・「キーポイント」・「標語」・「絶対暗記!!」・「ここが出る!!」・「ここは卒・再」の場所は、しっかり読んで下さい。

足りない部分は
パーフェクト宅建〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)で補足してください。


宅建の民法(相続)の問題を解くコツですが、もちろん誤っている選択肢を消す消去法で解きましょう。


解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。


平成17
年度の問題12を例にしますと、


遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいものはどれか。


1 自筆証書による遺言をする場合、証人二人以上の立会いが必要である。


2 自筆証書による遺言書を保管している者が、相続の開始後、これを家庭裁判所に提出してその検認を経ることを怠り、

そのままその遺言が執行された場合、その遺言書の効力は失われる。


3 適法な遺言をした者が、その後更に適法な遺言をした場合、

前の遺言のうち後の遺言と接触する部分は、後の遺言により取り消したものとみなされる。


4 法定相続人が配偶者Aと子Bだけである場合、Aに全財産を相続させるとの適法な遺言がなされた場合、Bは遺留分権利者とならない。


まず、選択肢1ですが、簡単ですね。誤りですね。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


証人2人以上の立会いが必要となるのは、公正証書遺言の場合である。

よって、消しですね。


次は、選択肢2ですが、これも簡単ですね。誤りですね。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


遺言の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。

この検認は、遺言の書き換え等を防止するものであり、遺言の有効無効とは関係ない。

よって、消しですね。


次は選択肢3ですが、これも簡単ですね。正しいです。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


解説は、解答そのままです。


これにより、正解は3です。

念のため、また勉強のため選択肢4も解きましょう。


選択肢4ですが、誤りです。(この選択肢が分からない人は、勉教不足です。)


配偶者と子が相続人の場合は、被相続人の財産の2分の1が遺留分となる。

たとえ、遺言でその全財産を一定の相続人に相続させる旨の遺言があっても、遺留分権利者を廃除することはできない。


以上、正解は3です。


この問題の選択肢は全て簡単に解けます。

今の時期はある程度理解できないといけません。


何回も教本を読み・過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


分からない選択肢は、深く考えず、まずは簡単な選択肢を解いて、誤っている選択肢を解答の可能性から消していきましょう。


■ 脳を効率よく刺激し、

   驚くほど集中力が高まる6つの秘訣のご紹介です。

 
みなさんは、


・集中力を高めたい

・やる気を出したい

・記憶力を良くしたい

・勉強が好きになりたい


と思いませんか?


みなさんだけでなく、みなさんのお子さんにも


・集中力を高めて欲しい

・やる気を出して欲しい

・記憶力を良くなって欲しい

・勉強が好きになってほしい

とは、思いませんか?


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、みなさんやみなさんのお子さんに実践してみて下さい。

みなさんやみなさんのお子さんも、勉強に対して驚くほど集中力が高まります。


この秘訣は、大人にも子供にも共通して、驚くほど効果があります。


脳を効率よく刺激し、驚くほど集中力が高まる6つの秘訣を、ぜひ、みなさんやみなさんのお子さんの勉強に活用してください。

驚きの値段で知ることができます。



        応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ
        






宅建試験問題をうまく解く方法。民法(相続)の試験勉強方法。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takken_goukaku_/51537419
宅建試験問題をうまく解く方法。民法(相続)の試験勉強方法。へのトラックバック
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 自筆証書による...
宅建の問題。【さしいのブログ】at 2010年08月06日 17:45
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 自筆証書による遺言...
宅建の問題2。【さしいのブログ】at 2010年08月06日 17:47
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 適法な遺言をした者...
宅建の問題3。【さしいのブログ】at 2010年08月06日 17:49
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 ...
宅建の1肢。【まかしたのブログ】at 2010年08月06日 17:51
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 ...
宅建の1肢2。【まかしたのブログ】at 2010年08月06日 17:52
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 ...
宅建の1肢3。【まかしたのブログ】at 2010年08月06日 17:54
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 適法な遺言をし...
宅建の1答。【まさはるくんのブログ】at 2010年08月06日 17:57
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 自筆証書による...
宅建の1答2。【まさはるくんのブログ】at 2010年08月06日 17:58
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 法定相続人が配偶者Aと子...
宅建の1肢1答。【gooブログはじめました!】at 2010年08月06日 18:00
解答・解説は、編者 住宅新報社 パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉から引用します。 平成17年度の問題12を例にしますと、 遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいか、誤っているか、答えなさい。 自筆証書による遺言書を保管...
宅建の1肢1答2。【gooブログはじめました!】at 2010年08月06日 18:01