宅建試験問題を解く方法。権利関係(不動産登記法)の試験勉強方法。



2010年03月22日

宅建試験問題を解く方法。権利関係(不動産登記法)の試験勉強方法。

宅建試験科目の権利関係(不動産登記法)の勉強方法についてお話します。


その前に、

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=12098

ぜひ、ご覧になってください。


では、宅建の権利関係(不動産登記法)の勉強方法ですが、不動産登記法は毎年必ず出題されます。

ただ、難問が多いです。


第6章、不動産登記法の
2010年版 らくらく宅建塾に書いてある「赤い文字で書いてある部分」・「枠で囲ってある部分」・「ここが出る!!」・「深入りするな」・「楽勝ゴロ合せ」・「受験テクニック」・「難しい」・「キーポイント」の場所は、しっかり読んで下さい。
足りない部分は
パーフェクト宅建〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)で補足してください。

権利関係の不動産登記法の問題を解くコツですが、もちろん誤っている選択肢を消す消去法で解きましょう。


宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、


不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 登記の申請を共同してしなければならない者の一方に登記手続をすべきことを命ずる確定判決による登記は、当該申請を共同してしなければならない者の他方が単独で申請することができる。

2 相続又は法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができる。

3 登記名義人の氏名若しくは名称又は住所についての変更の登記又は更正の登記は、登記名義人が単独で申請することができる。

4 所有権の登記の抹消は、所有権の移転の登記の有無にかかわらず、現在の所有権の登記名義人が単独で申請することができる。


まず、選択肢1ですが、簡単ですね。正しいです。(この選択肢が分からない人は、勉強不足です。)

解説は、選択肢どおりですね。

登記の申請を共同してしなければならない者の一方に登記手続をすべきことを命ずる確定判決による登記は、他方が単独で申請できます。

よって、消しですね。


次は、選択肢2ですが、これはちょっと難しいですね。

相続は登記権利者が単独で申請できますが、法人の合併は分からない人は少なくないと思います。

解答は、保留しましょう。


次は、選択肢3ですが、これは簡単ですね。正しいです。(この選択肢が分からない人は、勉強不足です。)

解説は、解答そのままです。

2010年版 らくらく宅建塾「楽勝ゴロ合せ」を覚えていれば、分かります。


次は、選択肢4ですが、この問題はちょっと難しいですね。

解答は保留にしたいですが、選択肢2も保留にしてますので、この選択肢を深く考えましょう。

よく選択肢を読みますと、「所有権の移転の登記の有無にかかわらず」とありますので、所有権の移転の登記が有った場合は、原則として前所有者と現在の所有者が共同で申請しなければならないので、誤りの選択肢であることが考えられます。

常識で考えますと、所有権の移転の登記が有った場合は、原則として共同で申請しないといけませんね。


ということで、選択肢2を保留にした人は、選択肢4が誤りと考えましょう。


選択肢2は正しいです。

法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができます。

パーフェクト宅建〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)に載っていますので補足してください。


今回の問題のような、解答を2つ保留したい問題の解答の出し方は、保留した選択肢を深く読んで、法律の常識に照らし合わせれば、解答をうまく導き出せると思います。


選択肢2は、「法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができます。」ということを知らなければ解けません。


選択肢4は、「所有権の移転の登記が有った場合は、原則として前所有者と現在の所有者が共同で申請しなければならない」ので、法律の常識で考えますと、誤っている可能性がかなり高いということが分かります。


解答に迷った場合は、正解の確率が高い選択肢を解答するのが、鉄則です。


選択肢1・3は簡単に解けますが、初めて宅建を勉強するみなさんは、今の時期は分からなくても気にしないでください。

何回も教本を読み・過去問を解くことで、記憶に定着し理解できます。(「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強してください。)
 

不動産登記法は、出題範囲が広いですので、ある意味、苦手な人は、必要最低限の勉強をするだけで十分です。

この問題は捨てても問題は無いと思います。


他の分野をしっかり勉強しましょう。


     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ 
人気ブログランキングへ
       にほんブログ村






宅建試験問題を解く方法。権利関係(不動産登記法)の試験勉強方法。へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/takken_goukaku_/51462119
宅建試験問題を解く方法。権利関係(不動産登記法)の試験勉強方法。へのトラックバック
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記
宅建の問題【まさしまさのブログ】at 2010年03月22日 17:42
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記
宅建の問題【まさしまさのブログ】at 2010年03月22日 17:45
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記
宅建の問題【まさしまさのブログ】at 2010年03月22日 17:46
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。   登記の申請を共同してしなければならない者の一方に登記手続をすべきことを命ずる確定判決による登記は、当該申請を共...
宅建の例題【さしいのブログ】at 2010年03月22日 17:47
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 相続又は法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができる。 正しいです。   相続又...
宅建の例題【さしいのブログ】at 2010年03月22日 17:51
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 殮.
宅建の練習問題。【まかしたのブログ】at 2010年03月22日 17:56
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 ??.
宅建の練習問題【まかしたのブログ】at 2010年03月22日 17:57
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 所有権の登記の抹消は、所有権の移転の登記の有無にかかわらず、現在の所有権の登記名義人が単独で申請することができる。 ...
宅建の1問1答【行政書士・宅建に独学で合格した勉強方法】at 2010年03月22日 18:01
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 登記名義人の氏名若しくは名称又は住所についての変更の登記又は更正の登記は、登記名義人が単独で申請することができる。 ...
宅建1問1答【行政書士・宅建に独学で合格した勉強方法】at 2010年03月22日 18:03
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 所有権の登記の抹消は、所有権の移転の登記の有無にかかわらず、現在の所有権の登記名義人が単独で申請することができる。 「所有権...
宅建の1択問題【gooブログはじめました!】at 2010年03月22日 18:07
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 登記名義人の氏名若しくは名称又は住所についての変更の登記又は更正の登記は、登記名義人が単独で申請することができる。 正しいで...
宅建の1択問題【gooブログはじめました!】at 2010年03月22日 18:09
    宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 登記名義人の氏名若しくは名称又は住所についての変更の登記又は更正の登記は、登記名義人が単独で申請す...
宅建の問題。【さしいのブログ】at 2010年06月06日 12:53
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 所有権の登記の抹消は、所有権の移転の登記の有無にかかわらず、現在の所有権の登記名義人が単独で申請することができる。 &...
宅建の問題2。【さしいのブログ】at 2010年06月06日 12:55
      宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 登記名義人の氏名若しくは名称又は住所についての変更の登記又は更正の登記は、登記名義人が単独...
宅建の問題3。【さしいのブログ】at 2010年06月06日 12:56
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 ...
宅建の1肢。【まかしたのブログ】at 2010年06月06日 12:59
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 ??.
宅建の1肢2。【まかしたのブログ】at 2010年06月06日 13:00
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 殮.
宅建の1肢3。【まかしたのブログ】at 2010年06月06日 13:02
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 相続又は法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができる。 正しいです。 相続又は法人...
宅建の1答。【まさはるくんのブログ】at 2010年06月06日 13:05
宅建試験の平成17年度の問題16を例にしますと、 不動産登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているか、正しいか、答えなさい。 登記の申請を共同してしなければならない者の一方に登記手続をすべきことを命ずる確定判決による登記は、当該申請を共同してし...
宅建の1答2。【まさはるくんのブログ】at 2010年06月06日 13:06
ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル-販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密 こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した  ▼...
宅建の1肢1答。【gooブログはじめました!】at 2010年06月06日 13:09
ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る動画による手順マニュアル-販売ページに無料で入手する方法が書いてあるのは秘密 こちらに高卒、偏差値30の人が独学で宅建に合格した  ▼...
宅建の1肢1答2。【gooブログはじめました!】at 2010年06月06日 13:10