メルマガ購読・解除
 
2012年01月31日

行政書士・宅建試験の勉強に六法は必要か?

行政書士・宅建試験の勉強に六法は必要か?

これは、意外と悩む人が多いみたいです。

まず、先に、宅建試験に合格するのに、六法は絶対必要無いです。


次は、行政書士試験に関してです。

実際に、私も行政書士の六法は持っています。(読んだことは1回しかありません。)


この六法に関する問題を、私のメルマガの読者の方から、質問を受けました。

私のブログやメルマガへの質問は、個別にご回答していますが、今回のご質問者は、メールアドレスの入力を忘れているため、ブログとメルマガの両方で、ご回答します。


質問された方は、Zさんです。

このような質問内容です。

「いつもメールマガジン楽しく読ませていただいております。

宅建に2010年に合格しましたが、今年は行政書士に挑戦しようか迷っています。


私も高校時代偏差値30ちょいぐらいだったので・・・。


専門学校の無料第一回講義の中で、勉強した該当箇所を必ず六法を引くようにと・・・言われていました。

宅建レベルでは六法など引いた事もありませんし、

ノートなどもちろん書いた事ありません。


行政書士では六法を引く事はやはり必要なのでしょうか?

もしよろしければ、合格ライン到達までの最低学習時間等色々アドバイスいただければうれしいです。


突然申し訳ありません。よろしくお願いします。」


以上、引用終わりです。


では、早速、ご質問にご回答します。


>専門学校の無料第一回講義の中で、勉強した該当箇所を必ず六法を引くようにと・・・言われていました。

>宅建レベルでは六法など引いた事もありませんし、

>ノートなどもちろん書いた事ありません。


>行政書士では六法を引く事はやはり必要なのでしょうか?


結論から言えば、行政書士試験の勉強をするのに、六法は必要ないです。

私は、一応行政書士の六法を持っていましたが、先ほども申しましたが、一回しか読んだことがありません。


>専門学校の無料第一回講義の中で、勉強した該当箇所を必ず六法を引くようにと・・・言われていました。

これは、行政法の事を言っているのだと思います。

しかし、現在の行政書士レベルの問題は、行政書士の六法を読んでも意味がないです。


現在の行政書士試験の問題は、新司法試験の行政法の択一の試験問題を解く能力が要求されます。

実際に、私は行政書士の行政法を勉強をするのに、新司法試験の行政法の過去問をたくさん解いて勉強をしました。



また、行政書士の問題で、六法に書かれている条文そのままの問題が出ることは少ないです。

明らかに、判例から行政書士の問題は出題される可能性が高いので、行政書士試験の勉強をするうえで、六法を読むことより、難易度の高い法律系の資格の問題をたくさん解く事より、合格する確率が高いです。


>もしよろしければ、合格ライン到達までの最低学習時間等色々アドバイスいただければうれしいです。


私は、行政書士試験に合格するには、働いている人であれば、平日は、毎日1時間30分勉強をする必要があると思います。

実際に、私も毎日、平日は、1時間30分勉強をしていました。

あとは、休日は、私は8時間勉強をしていました。


私は、平日は、行政書士の勉強に必要な教本を読み、休日は、難易度の高い法律系の資格の試験の過去問を解いていました。

行政書士試験に合格するには、いかに法律の問題を解く、読解力・把握力・理解力を高めるかということです。


もし、質問されたZさんが、私の行政書士に合格した勉強方法を知らない場合は、私の無料レポートを読んで参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。




こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173





勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




  

2012年01月24日

まもなく行政書士試験の合格発表があります。

まもなく行政書士試験の合格発表があります。

2011年度の行政書士試験の合格発表が1月30日にあります。


行政書士試験は、40字記述式問題があるため、合格発表があるまで、受験者の方は、自分が合格しているか、分からない人が多いと思います。

2011年度の行政書士試験の40字記述式問題を見ますと、比較的40字記述式問題の採点は厳しめになるような気がします。


行政書士試験に合格できるか分からない人は、今からでもいいですから、今年の行政書士試験に向けて勉強を始めるべきです。

あと一週間弱で結果が出ますから、その結果を見てからでもいいですが、一日でも早く勉強を始めることをおススメします。


行政書士試験は、ほとんど過去問が出題されない試験ですから、いろいろな法律の知識を勉強する必要があります。

行政書士試験の勉強を独学でしても、合格しないという人もいますが、それは間違いです。

実際に、私は2回目の受験で独学で行政書士試験に合格しています。


2011年度の行政書士試験に合格できなかった場合は、資格の専門学校などに通わずに、独学で行政書士試験の勉強をすることをおススメします。

行政書士試験は、資格の専門学校に通っても、あまり意味が無いと私は思います。

それは、先ほども言いましたが、行政書士試験は、ほとんど行政書士試験の過去問が出題されないため、対策をするのが難しいです。


このような事から、行政書士試験の傾向というのは、どのような立場の人であっても、行政書士試験を作成した人以外は、分かりません。


行政書士試験に独学で勉強して合格するには、一番のデメリットは、勉強をする本人がやる気が続くかということです。

このような事は、本人の精神的な問題ですが、試験に合格するには、その精神的な部分が大きく影響します。


試験に合格するには、精神的に重要な事は、勉強を毎日することを、1日の義務化することです。

これができる人が、行政書士試験に合格できます。


別に、毎日、テレビを見ても構いません。

私も、行政書士試験の勉強をしていた時は、毎日2時間近くテレビを見ていました。

睡眠時間も7時間以上は取っていました。

1日、12~13時間以上は働いていました。


それでも、毎日、どのような事があっても、行政書士試験の勉強を1時間30分程度はしていました。

休みの日は、難易度の高い法律の資格の試験の過去問を、8時間以上解いていました。


勉強をする時間が足りないという人は、勉強をする時間を作る工夫が足りない人です。

勉強する時間というのは、自分のスケジュールを管理すれば、どのようにでも作ることができます。

一番いけないことは、勉強をする時間が足りないことを、試験に合格できない言い訳にすることです。


そのような事は、試験に不合格になる言い訳にもなりません。

ただ、自分を管理できないだけです。


試験に合格できる人は、勉強の方法が正しくて、自分を管理できる人が試験に合格できます。


自己管理というのは、本人の意識で、十分変わります。


毎日、勉強をすることができないという人は、まずは、これから1週間毎日勉強をすることを意識してください。

そして、1週間勉強を続けることができれば、その次は、2週間勉強を続けることを意識してください。

さらに、2週間勉強を続けることができれば、その後は4週間勉強を続けることを意識してください。


4週間勉強を続けることができれば、計7週間勉強を続けたことになります。

これだけ勉強を続けることができれば、それから先は毎日勉強をすることを自然と意識して、習慣化できます。


行政書士試験に合格するには、まずは、勉強を続けることを習慣化すべきです。

そして、間違いの無い勉強方法で勉強をすることが重要です。

行政書士試験に合格する勉強方法は、私の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172







■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。

音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。



▼こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」









 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ



  
Posted by takken_goukaku_ at 19:13トラックバック(0)行政書士
2012年01月14日

宅建試験は、独学で勉強さえすれば、誰でも合格できます。

宅建試験は、独学で勉強さえすれば、誰でも合格できます。

これは、まぎれもない事実です。


しかし、宅建試験は、勉強をしなければ、国公立大卒の人間でも不合格になります。


このような現実を理解することは必要です。


そして、宅建試験に1回以上勉強して、合格できない人は、根本的に宅建試験の勉強方法が分かっていないからです。

このようなタイプの人間であったのは、何を隠そう、私がそうでした。


私は、高卒偏差値30の人間です。

そのため、勉強は高校の時に資格の勉強をして以来、宅建試験の勉強を始めるまで約12年、まったく勉強をしていませんでした。


宅建試験の受験者の方は、このような状況の人が多いと思います。

宅建試験の勉強をするのが、学生以来、数年ぶりに勉強を始めるという人が、圧倒的に多いはずです。


そのため、勉強方法というものが、覚えていない人が多いはずです。

実際に私も、1回目の宅建試験の勉強の時は、どのような勉強方法で勉強をすればいいのか悩みました。

そのような背景もあって、1回目の宅建試験は合格点33点に対して31点しか取れずに不合格となりました。


今となっては、なぜ、私は宅建試験に不合格であったか不思議でたまりません。

その理由は、宅建試験とは、勉強をすれば誰でも、合格できる簡単な試験であるからです。


このように言い切れるのは、私は、5年前に宅建試験に合格して以来、宅建試験の勉強をしていませんが、2011年の宅建試験を解いて29点取りました。

直近で5年間、宅建試験の勉強をしていない人間が29点取れるのです。

一昨年の2010年の宅建試験を解いたときは、35点取れました。


これはすべて、宅建試験の問題を解く思考力が、私に身についているからです。

そのため、まったく勉強しなくても、宅建試験の問題をある程度は解くことができるのです。


では、宅建試験の問題を解く思考力を身に付ける勉強方法というのは、どのような勉強方法でしょうか?

今からは、働きながら宅建試験の勉強をする人を前提にお話しします。


まずは、宅建試験に合格するには、平日は、1~1時間30分、宅建試験の教法を読みます。

そして、宅建試験の教本を一通り読んでから、宅建試験の過去問を休みの日に全問解きます。

さらに、宅建試験の過去問を解いた答え合わせと解説を、問題を解いたその日に読みます。


このようなスケジュールを繰り返して、試験間近に行われる資格の専門学校の模擬試験を複数受験します。

そして、宅建試験の本番を迎えれば、まず、宅建試験に合格できます。


宅建試験に合格する勉強方法とは、このような勉強方法で十分です。


肝心な事は、毎日、宅建試験の勉強を続けることです。

これが難しいのです。


毎日、1~1時間30分、働いた後に勉強を続けるのは、意外と難しいのです。


そのように考えている人は、多いですので、時間の使い方を上手にするポイントをご紹介します。

まず、月曜日に仕事が忙しくて、30分しか宅建試験の勉強ができなかったとします。

そのような時は、火曜日と水曜日に30分ずつ、余分に宅建試験の勉強をすればいいのです。


もし、平日に、仕事が忙しくて、勉強ができなかった分の勉強ができない場合は、休みの日に、勉強ができなかった分の埋め合わせをすればいいのです。

このようにして、臨機応変に勉強時間を取れば十分宅建試験に合格できます。


参考までに、私が宅建試験に合格した時は、平日に3~4日、1~1時間30分の勉強をしていました。

そして、日曜日に宅建試験の過去問を解いていました。(時間にして4時間)

そのような勉強を宅建試験直前までして、1回だけ無料で受験できた市販されている宅建試験問題の付録の模擬試験を受験して、見事38点取りまして、宅建試験に合格しました。


宅建試験に合格することは、難しく考える必要がありません。

もし、宅建試験に合格することを難しく感じている人は、宅建試験の勉強方法が分からないだけです。

宅建試験の勉強方法は、私の宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172








聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」








■ 
3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術

            

    
     
        応援クリックをお願いします。
                     
        
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ


  
Posted by takken_goukaku_ at 22:17トラックバック(0)宅建
2012年01月05日

行政書士・宅建の試験に合格するには、自分の勉強の目標を紙に書く

行政書士宅建の試験に合格するには、自分の勉強の目標を紙に書く事は大変重要です。


新年、明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。



行政書士・宅建の試験を今年受験をされる方は、もう勉強を始めていると思います。


いろいろな勉強方法に通じることですが、まずは、勉強をすることに対して目標を決めるべきです。

目標というのは、自分が今後どのような過程で勉強をするか、スケジュールを作ることです。

勉強のスケジュールというのは、長期的に考える必要がありません。

1ヶ月程度先の勉強のスケジュールを決めるだけで十分です。


このような勉強のスケジュールを決めるうえで重要な事は、その決めたスケジュールを紙に書いて、自分の目に入る場所に置くことです。

そのような事をするだけで、自分が勉強をするスケジュールを常に意識することができます。

そのために、一番良い勉強のスケジュールを書く紙は、カレンダーです。


カレンダーに、1ヶ月先までの勉強のスケジュールを書くことで、勉強のスケジュールを自分の生活の中で優先することができます。

これは、自分の中で、勉強のスケジュールが意識されているためです。


行政書士・宅建の試験に合格するのであれば、まずは、自分の勉強の目標を紙に書くべきです。

その目標というのは、勉強のスケジュールです。

紙に書く目標に「合格!!」と書くのは無意味です。


目標というのは、目の前の実現することを書くのであって、合格することは、勉強をするうえで当然の結果と考える事ですから、合格を目標とするのは、無意味です。


これから、宅建試験まで、約10ヶ月。

行政書士試験まで、約11ヶ月。


今から、独学で勉強を始めても、行政書士・宅建の試験は十分合格できます。

これから、勉強を始める人も、まずは、毎日、勉強をすることを前提として、自分の勉強のスケジュールを作ってみましょう。

そのためには、まず最初に勉強を1日でも早く勉強を始めることです。

勉強を始めれば、自然とスケジュールができてきます。


勉強というのは、復習が一番重要です。

その勉強した後の復習をするために、復習をするスケジュールをカレンダーに書いて、目標とするのです。


そのような勉強方法は、私の行政書士・宅建試験の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」






■ 3日で読書スピードを9倍にする方法


任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏が

開発した“速読法”を教えます。



その速読法は、数々の特許で守られており、

他では絶対に知ることのできない画期的な手法となっております。

おかげさまで、全世界120万人が驚くべき読書スピードを手に入れた!



*500ページの本なら30分程度で読めるようになった!

*3日かかっていた本が、たった18分で読めるようになった!

*3年分の英語勉強がたった1カ月で終わった!

*まさかTOEIC900点取れるなんて夢かと思いました。


以上のように、喜びの声が続々と届いております。


あなたも、世界で一番有名で120万人が喜んだ速読術を、

知りたくありませんか?


もし、学力をアップさせたい!難関資格を取得したい!


あなたがそう思うのならこの速読術を試してみてください。


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので

もう勉強に時間を使う必要がなくなります。



▼数々の特許を元に完成した速読術は、こちらからどうぞ
川村明宏のジニアス記憶・速読術




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




一緒に読みたい関連記事

私が独学で行政書士・宅建の資格の勉強をした1番の理由

行政書士・宅建の模擬試験を受験するうえで一番重要な事

行政書士・宅建の試験勉強は、これからは模擬試験を受けることを最優先にしましょう。

行政書士・宅建の試験に合格するには、余分な事は考えないことです。

行政書士・宅建の試験勉強に模擬試験の受験は必要です。  

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)
初心者向けサーバー