メルマガ購読・解除
 
2011年01月31日

行政書士・宅建に共通する合格できる勉強方法。

2011年1月24日に、行政書士の合格発表がありました。

平成22年度の行政書士試験の合格率は、6.6%でした。


私が平成22年度の行政書士の試験問題を解いた限りでは、もう少し合格率が低いかと思っていましたが、考えていたより合格率が高かったです。

これで、平成22年度の行政書士・宅建の試験の合格発表は終わりました。


今回の試験で合格できなかった方は、もう今年の受験は始まっています。

しっかり現実を受け止めて、合格に向かって、勉強をしましょう。


今回の試験で合格できなかった方の今まで、勉強したことは、絶対にムダにはなりません。

逆に、今年、初めて行政書士・宅建の試験を受験される方より、有利な立場におられます。

それほど、今回の受験に向けて勉強されたことは、身についている大切な知識です。


その知識を生かして、今年の行政書士・宅建の試験を受験して、合格しましょう。


さて、行政書士宅建試験勉強で、大変重要なことがあります。

これは、行政書士・宅建の試験を受験するうえで、ぜひ、理解してほしいことです。

それは、行政書士・宅建の試験勉強で、法律の条文・判例を暗記してはいけません。


これは、行政書士・宅建の試験に合格するうえで重要なことです。

行政書士・宅建の試験に合格するのであれば、法律の条文・判例は、暗記するものではありません。

法律の条文・判例は理解するものです。

このことを認識してください。


現実問題として、行政書士試験は、平成18年度からの試験を、宅建試験は、今までの試験の過去問を見てください。

法律の条文・判例を暗記して答えられる問題は、ほとんど出題されていません。


法律の条文・判例の中身を理解していなければ解けないような問題は出題されています。

ここが重要です。


行政書士・宅建の試験問題で問われていることは、法律の条文・判例をよく理解しているか?

ということです。


法律の条文・判例の背景にある法律の理論・実務的な法律の内容の理解力が問われます。

このことを頭の中に入れて、行政書士・宅建の試験勉強をする必要があります。


行政書士・宅建の試験に合格するためには、法律の条文・判例を1つも暗記する必要はないです。

現実に、私は、行政書士・宅建の試験に合格しましたが、法律の条文・判例を1つも暗記していません。


行政書士の試験において、憲法の条文を暗記するなど時間のムダです。

行政書士の試験で憲法の条文を暗記して解けるような簡単な問題は、現在は出題されません。


宅建の試験においても、法律の条文・判例を暗記して解けるような簡単な問題は出題されません。


行政書士・宅建の試験において、行政書士の40字記述式問題以外は、マークシートの選択肢を選ぶ問題です。

問題の解答は、問題用紙に書いてあります。

正解の選択肢を選ぶだけでいいのです。


法律の条文・判例を暗記しなくても、法律の条文・判例に対してだいたいの理解力があれば解けるような問題です。

このことをよく認識して、行政書士・宅建の試験勉強をしましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をするには復習をすることが重要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172




■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ







  

2011年01月24日

平成22年度の行政書士試験の行政法の傾向と対策

平成22年度の行政書士試験行政法の傾向対策につきまして、お話しします。

まず、行政書士の試験の中で1番簡単な科目は、間違いなく行政法です。

この行政法では、かなりの高得点を取らないと、行政書士の試験に合格するのは難しくなります。


平成22年度の行政書士の行政法は、私が問題を解いた限りでは19問中11問正解でした。

ただし、1年間まったく行政書士の試験の勉強をしていない状態です。


行政書士の試験に合格するのであれば、19問中16問は正解したいです。


行政法の勉強方法は、新司法試験の行政法の勉強をするのが一番です。

特に、新司法試験の行政法の過去問を解けば、かなり実力がつきます。


ただし、行政書士の試験に初めて受験する人は、最初から新司法試験の勉強をしても、理解できません。

新司法試験の行政法のレベルは、行政書士試験のレベルの知識が当然あると踏まえたうえで、問題が出題されます。

そのため、行政書士試験を初めて受験される方は、


2011年版 らくらく行政書士 講義そのまんま。2011年版 らくらく行政書士 講義そのまんま。
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2010-12-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


を教本として読んで、過去問の勉強を、


らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉らくらく行政書士の過去問〈2010年版〉
著者:芳賀 啓寿
週刊住宅新聞社(2010-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


で勉強して、行政書士の行政法の最低限の知識をつけてください。


行政書士試験の科目全般に言えることですが、行政書士試験の勉強として行政書士の過去問を勉強しても、行政書士の試験にまず合格できません。


平成18年度から行政書士試験の出題形式が変更されましたが、平成22年度までほとんど同じような過去の出題された問題は、出題されていません。


行政書士試験に合格するために重要なことは、初めて行政書士の受験をする人は、まずは行政書士の過去問の勉強で基礎の力をつけます。

その後に、難易度の高い司法試験・新司法試験・司法書士試験の勉強をすることで、行政書士試験に合格できる力がつきます。


行政書士試験の受験経験がある方は、最初から難易度の高い司法試験・新司法試験・司法書士の試験の勉強をしましょう。


行政書士の行政法で勉強をすることになる新司法試験の過去問は、完全解答の問題がたくさんあります。

すべての選択肢の正誤を解答することで、すべての選択肢が正解であれば、その問題は正解となります。

正確には、新司法試験では、選択肢を1問間違えただけでも、部分点はもらえます。


しかし、行政書士試験に合格するのであれば、すべての選択肢が正解でなければ、その問題は間違いの解答であることにしましょう。


そのぐらい厳しく勉強をすれば、行政法は得点源になります。


行政法の出題分野の地方自治法は、出題範囲が広すぎるため、勉強をしなくても、ある程度の法律の問題を解く実力があれば解ける問題が多いです。

地方自治法の勉強方法に、悩んでいる人は、
2011年版 らくらく行政書士 講義そのまんま。以外は勉強しないと割り切れば大丈夫です。


私は、そのような勉強方法で、行政書士に合格しました。

地方自治法に勉強時間を掛けるのでしたら、他の行政法に勉強の時間を掛けたほうが、必ず得点力が上がります。


今の行政書士試験の行政法の問題は、新司法試験の問題を意識して出題されています。

1度、新司法試験の行政法の過去問を確認してください。


そのことがよく分かります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172





■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ





  
Posted by takken_goukaku_ at 20:46トラックバック(1)行政書士
2011年01月18日

宅建試験の民法(権利関係)の合格できる勉強方法。

宅建試験民法(権利関係)の合格できる勉強方法とは、どのような勉強方法でしょうか?

まず、宅建試験の民放の科目で正解できる問題数を、ある程度目標として定めることが重要です。


宅建試験の民法の科目では、目標として出題問題数14問中10問は正解したいです。

最低でも、出題問題数14問中8問は正解したいです。


ただし、この民法の科目は、苦手な人が多いのが現実です。


宅建試験の民法の科目が苦手な人が克服するには、どのような方法があるでしょうか?

効率的に宅建試験の勉強をするなら考え方は、1つです。


とにかく、宅建試験の過去問を勉強をすることです。

宅建試験の民法の勉強をするのに、行政書士試験の民法レベルの勉強をするのは、あまりにもレベルが違いすぎます。

行政書士試験の民法のレベルは、宅建試験の民法のレベルの5倍は難しいです。

そのため、宅建試験の民法の勉強は、宅建試験の今まで出題された過去問を勉強するのが、一番最適です。


勉強をする過去問の問題集は、


パーフェクト宅建過去問10年間 平成23年版 (2011) (パーフェクト宅建シリーズ)
パーフェクト宅建過去問10年間 平成23年版 (2011) (パーフェクト宅建シリーズ)
著者:住宅新報社
住宅新報社(2010-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


が、一番最適な過去問の問題集です。


宅建試験の民法の科目が苦手な人は、民法の勉強に時間を掛けるより、宅建業法に勉強時間をかけましょう。

その理由は、宅建業法は、宅建試験の中で一番簡単な科目だからです。


民法の科目が苦手な人は、民法を一生懸命に勉強をしようとはせずに、宅建業法で満点を取ることを目指して勉強してください。

宅建業法で満点を取ることと民放の苦手意識を払しょくすることで、どちらが簡単にできるか?

このような質問をされたら、私は「宅建業法で満点を取ることです。」

このように答えます。


私は、民法が得意でしたので、民法が苦手な人の感覚が分かりませんが、とにかく民法の苦手な人は、1つの問題を解くのに時間が掛かります。

民法の問題を解くのに必要なことは、法律の問題を解く理解力が高いことが必要です。

法律の問題を解く理解力を高めるには、宅建試験の場合は、今まで出題された宅建の試験問題の過去問を解くのが一番です。


宅建試験の場合は、民法で難しい問題が出題されても、合格することにほとんど左右されません。

宅建試験で出題される民法の難しい問題は、宅建試験の受験者はほとんど解けません。

宅建試験で難しい問題がたくさん出題されますと、自然と合格点も下がりますから、よく難しい問題が出題される民法の勉強に時間を掛けても効率が悪い勉強になります。


宅建試験で合格するには、民法は最低出題問題数の60%、正解できれば大丈夫です。

宅建試験に合格するために重要なことは、いかに宅建業法で満点に近い点数が取れるかという事です。


そのためには、宅建試験の民法は最低限の勉強をすれば十分です。


最後に、宅建試験の過去問を勉強をするときは、科目別に勉強をするのではなく、すべての試験科目の過去問50問を解いてください。


これは、日頃から宅建の本番の試験と同じような条件で勉強できるように慣れるためです。


民法は、暗記力より思考力が問われる問題です。

いろいろな民法の過去問を解いて、思考力を養いましょう。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ

  
2011年01月13日

行政書士・宅建の共通する合格する勉強方法。

行政書士宅建の試験は独学で勉強して、十分合格できます。

まず、このことを認識する必要があります。

資格の専門学校に通わなければ、行政書士・宅建の試験には合格できない…。

このようなことを言うのは、間違っています。


ただし、行政書士・宅建の試験で独学で合格するには、自分の意志を強く持つことが重要です。

そのことを踏まえたうえで、行政書士・宅建の試験に合格できる共通する勉強方法をご紹介します。


まず、行政書士・宅建の試験に合格するには、ある一定の勉強方法が、私は最適だと思います。

その勉強方法とは、平日は、教本を読み、休みの日に過去問を解く。


このような勉強のスケジュールを立てるのが、私は最適だと思います。

特に、働いて勉強をしている人は、大変最適だと思います。


これは、私が行政書士・宅建の試験に働きながら勉強をして独学で合格した経験からきています。


まず、教本を読むことは、試験勉強の上で予習と考えましょう。

教本を読むことによって、頭の中にいろいろな知識を入れるのです。


ここで重要なことは、「教本を読んだら、読んだ知識は頭の中に入っていると決めつける。」

これが一番重要です。

くれぐれも、「教本を読んだことが、しっかり頭の中に入っているか、自信がない…。」

このような事は、考えないでください。


行政書士・宅建の勉強をしている人は、教本を読めば頭の中に知識として入っているのです。

その様に決めつけてください。


行政書士・宅建の試験の勉強をしている人で、教本を読んでいる人は、自分が勉強した知識を意識できないだけで、無意識で覚えています。

この点が重要です。


本当に自分の頭の中に、教本を読んで勉強した知識が入っているかの確認は、過去問を解くことで確認できます。


教本を一通り読んだ後は、過去問を解きます。

この時に、初めて過去問を解いて全く過去問が解けなくても、落ち込まないでください。

大丈夫です。

過去問は、初めて解いた時に正解率が悪くても、復習をすれば、過去問が解けるようになります。

この過去問を何回も復習をすることによって、法律の問題を解く能力が向上します。


これが、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力がアップすることになります。


もちろん、過去問だけでなく、教本を何回も復習をして読むことが重要です。


復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


そのような勉強方法を続けて、最後の仕上げに資格の専門学校の模擬試験を受けます。

資格の専門学校の模擬試験は必ずたくさん受けてください。

そして、資格の専門学校の模擬試験も何回も復習するのです。


行政書士・宅建の試験に合格するために、一番重要なことは、復習をすることです。

何回も同じ勉強内容を復習を何回も重ねることで、自分の勉強したことに対する把握力・読解力・理解力が向上します。


これが、行政書士・宅建の試験に関する共通する合格する勉強方法です。


どのような教本・過去問を勉強をするかは、私の行政書士・宅建の勉強方法を参考にしてください。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
2011年01月06日

平成22年度の行政書士試験の基礎法学・憲法の科目の傾向と対策。

新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


さて、平成22年行政書士試験の基礎法学・憲法の科目の傾向と対策につきまして、ご紹介します。

私は、先日、平成22年度の行政書士試験の問題を解きました。

こちらから私の解答が分かります。


私は、平成21年度の行政書士試験の合格者です。

一昨年の行政書士試験から、まったく勉強してません。

結果として、110点しか取れませんでした。


行政書士試験は、1年間勉強をしなければ、相当点数が取れなくなっているほどの、難易度の試験ということがよく分かります。


今回、平成22年度の行政書士試験の基礎法学・憲法の科目の問題を解きましたが、感想は「難しい。」


現在の行政書士の基礎法学・憲法の科目の問題は、まさしく「旧司法試験・新司法試験の憲法の択一式問題レベル」です。

う~ん、このことが分かるのは、「旧司法試験・新司法試験の憲法の択一式問題を解いた経験がある」人間だけです。


基礎法学・憲法の科目で、出題問題数は7問あります。

はっきり言いまして、基礎法学・憲法の科目は、旧司法試験・新司法試験の勉強をしていないと、ほとんど解くことができないような問題ばかりです。

平成22年度の行政書士試験を受験された方の中には、まったく出題されている問題の解答を導き出す事ができない人も、少なくないと思います。

今の行政書士試験の問題は、このレベルの難易度が標準化されています。


これが、今の行政書士試験の傾向です。


私は、行政書士試験の勉強方法を基礎法学・憲法の科目は、旧司法試験・新司法試験の択一式問題の勉強をして、平成21年度に合格しました。


まさしく、この勉強方法が、今の行政書士試験の基礎法学・憲法の科目の難易度に合っていると思います。

もう、行政書士試験の勉強に行政書士の試験の過去問を勉強をしても、まったく点数が取れません。


現在の行政書士試験に合格するには、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力が必要になります。

そのためには、行政書士の資格以上のレベルの難易度の高い資格の勉強をする必要があります。


現在の行政書士試験の基礎法学・憲法の問題で問われる事は、憲法に対する深い理解力で、初めて見る問題を解けるだけの思考力が必要です。

この基礎法学・憲法の問題を解くのに必要な思考力は、旧司法試験・新司法試験の択一式問題を70%以上の正解率で解ける実力が必要です。


基礎法学・憲法の科目は、すべての法律の基礎になります。


行政書士試験で最も重要な科目は、憲法です。

その理由は、憲法は、すべての法律の基礎になっているからです。


行政書士試験の勉強をする時は、憲法が一番重要であることを認識しましょう。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ




  

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)
初心者向けサーバー