メルマガ購読・解除
 
2010年12月31日

今年の宅建試験の宅建業法の傾向と今後の対策

先日、今年の宅建試験の問題を解きました。

こちらから、私の宅建試験の解答が分かります。


私は、宅建試験の勉強を4年していません。

それでいて、宅建業法の科目は、出題20問中15問正解でした。


先ほども申しましたが、私は宅建の勉強を4年していません。

宅建業法は、基本的なことしか分かりません。

それでも、宅建業法の問題20問中5問しか間違えませんでした。


基本的に宅建の試験の宅建業法は、基本的な問題が出題されます。

ある程度、宅建業法の基本的な勉強をしていれば、宅建試験の宅建業法の科目は、出題20問中18問は正解できると思います。


特に今年の宅建試験の宅建業法の問題は、簡単でしたので、宅建業法で満点を取った人も少なくないと思います。


もし、今年の宅建試験で宅建業法の科目で点数が取る事ができなければ、原因は2つあります。


まず1つは、完全な勉強不足。

「宅建は簡単だから、ちょっと勉強すれば受かる。」

このような言葉を信じて、宅建を受験した人だと思います。


又は、「別に、毎日勉強しなくても合格できる。」

簡単に言えば、宅建をなめていた人です。


確かに、宅建の試験は、司法試験・新司法試験・司法書士試験・弁理士試験・不動産鑑定士試験・公認会計士試験などに比べれば簡単です。


しかし、国家資格の中では、難しい部類に入ります。

合格率は15%前後です。


宅建は基本的には、毎日勉強をしなければ、合格するのは難しいです。


もし、毎日勉強せずに今年の宅建試験を受験して、宅建業法の正解率が低く不合格になった方は、まず「毎日勉強しましょう。」

根本的に宅建に合格する実力がなさ過ぎます。


次に、「勉強方法が間違っている。」


もし、毎日宅建の勉強をして、今年の宅建の試験を受験して、宅建業法の正解率が低く不合格であった方は、完全に宅建の勉強方法が間違っています。


宅建試験の宅建業法は、宅建試験の科目の中で、一番簡単な科目です。

その科目で点数が取れない勉強方法は、宅建の勉強方法が間違っています。


今すぐ、今までの宅建の勉強方法を変えてください。


宅建試験に合格するには、法令上の制限・宅建業法・その他の科目で高得点を取る必要があります。

そのためには、宅建の勉強をする過去問の問題の難易度を難しくする必要があります。


くわしい勉強方法は、私の宅建の勉強方法を参考にしてください。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、
解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



今年の宅建試験は、ここ30年で1~2位を争うやさしいレベルの試験でした。

それは、合格点が36点という、ここ30年の宅建の試験で最高の得点であったことから分かります。


今年宅建に合格できなかった方は、根本的に勉強不足か勉強方法を間違っています。

これが、私の感想です。

その根拠は、宅建の勉強を4年していない私が、今年の宅建の試験を解いて35点取れたからです。


宅建試験というものは、勉強方法さえ間違えなければ、基本的に誰でも合格できます。

宅建に合格できなかった方は、それが、努力不足か勉強方法が間違っているか、どちらかの原因である事は、間違いないです。


今年の宅建の試験で合格できなかった方は、ぜひ、ご自身の勉強に対する姿勢を検証しましょう。


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ

  

Posted by takken_goukaku_ at 11:37トラックバック(0)宅建
2010年12月27日

今年の行政書士の試験問題を解きました。

今年の行政書士試験の問題を解きました。

私は、平成21年度の行政書士試験の合格者です。


去年、行政書士試験に合格して以来、勉強というものを一切していません。

その私が、今年の行政書士試験でどの程度点数が取れるか?

結果はこちらから分かります。↓
gyouseih22


今年の行政書士試験を私が解きまして、点数は110点でした。

ただし、行政書士試験の40字記述式問題と、一般知識の文章問題は解いていません。


40字記述式問題は、今回行政書士の問題を解く前に答えを見ていたからです。

一般知識の文章問題は、資格の専門学校から送られてきた行政書士の問題に、著作権の関係で問題が掲載されていませんでした。


行政書士試験のすべての問題は、1時間21分で解くことができました。

しかし、得点として、40字記述式問題の60点と一般知識の文章問題3問の12点を引いた合計点228点に対して、110点。


今年の行政書士試験の半分の点数も取ることができませんでした。


実際に今年の行政書士の試験の問題を解いた感想は、「難しい。」

1年間、行政書士試験の勉強をしていないと、ここまで点数が落ちてしますのかと納得もしました。


やはり、行政書士試験レベルになりますと、行政書士の試験勉強をしてなければ、合格点数は取れなくなります。


私は、平成21年の行政書士試験を択一式問題の点数だけで、196点取ることができました。

こちらからその証拠が分かります。


択一式問題だけで、40字記述式問題の採点がなくても、行政書士試験に合格できた人間が、1年、勉強をしなければ、110点しか取れない。


これが、今の行政書士試験の難易度の高さです。


私は、先日、今年の宅建の試験を解きましたが、合格点36点に対して35点取れました。

宅建の勉強は4年間していません。

それでも、宅建の合格点に近い点数が取ることができました。


私は、行政書士の試験は、宅建の試験の5倍は難しいと実感しています。

それを証明するような結果になりました。


今回、今年の行政書士の試験問題を解いて感じたことは、やはり行政書士試験の問題が、「司法試験・新司法試験・司法書士試験」の影響をずいぶんと受けている事が分かりました。


これは、実際に「司法試験・新司法試験・司法書士試験」の過去問の択一式問題を解いて勉強した人間しか分からない事です。


憲法の科目は、司法試験・新司法試験の択一式問題レベルの問題が、平気で出題されています。

行政法の科目は、新司法試験の択一式問題レベルの問題が、多く出題されています。

民法は、司法書士試験の択一式問題レベルの問題が出題されています。


今の行政書士試験に合格するには、司法試験・新司法試験・司法書士試験の勉強をしなければ、合格は難しいです。


今年、行政書士試験に合格できないとはっきり分かっている方は、ぜひ、私の行政書士試験の独学の勉強方法を参考にしてください。


私の行政書士試験の勉強方法は、司法試験・新司法試験・司法書士試験を勉強する方法です。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ

  
Posted by takken_goukaku_ at 11:58トラックバック(0)行政書士
2010年12月23日

行政書士・宅建に独学で合格するには、自分にルールを作る!

行政書士・宅建の試験に独学で合格する方法は、まず、自分で自分自身にルールを作る事が重要です。

自分自身にルールを作る事は、実に簡単です。

まず、自分に可能な事をルールにする事です。


自分自身に可能な事をルールにするのですから、ルールを作って達成する事が大変な事は、ルールにしてはいけません。

例えば、働きながら行政書士・宅建の試験に独学で勉強をする人が、「毎日5時間勉強をする」というルールなどです。


「毎日5時間勉強をする」

このルールは、働きながら行政書士・宅建の試験に独学で勉強をする人でも、達成は確かに困難ではありません。

実現は可能です。

しかし、無理をする可能性が高いです。


休みの日に5時間勉強をする事は、誰でもできます。

しかし、働いている平日に5時間勉強をする事は、睡眠時間を削るか等しないと、達成が難しいです。


そのようなルールは作る必要はありません。

簡単に達成できて、ある程度、柔軟性があるルールが一番です。


柔軟性があるルールとはどのようなルールでしょうか?

ポイントは、まず「必ず毎日勉強をする。」

これが重要です。


次に、「できる限り、平日は1日、1時間30分勉強をする。」

このように毎日勉強をする時間をルールとして定めます。


そして、「平日は、1週間でトータルで7時間30分勉強をする。」

このように考えてルールを考えます。


さらに、「平日、トータルで1週間で7時間30分勉強をできなかった場合は、休みの日に埋め合わせをする。」

このようにルールを設定して、1週間に勉強をする時間を一定に定めるように、柔軟にルールを設定します。


勉強をするうえで、一番重要なことは、毎日勉強をする事です。

できる限り、毎日、同じ時間の勉強時間で勉強をするのが最適です。

しかし、みなさんには日常生活があります。

日常生活を送っていますと、いろいろな用事ができます。


その用事に柔軟に対応するために、「1日、何時間勉強をするのか?」という概念にとらわれずに、1週間単位で勉強する時間を考えます。

1週間単位で、勉強時間を考えますと、自分に何かの用事ができて、勉強をする時間が余り取れなくても、休みの日に埋め合わせができます。


このような考え方で、自分に柔軟性のあるルールを設定してみてください。

そして、そのルールを紙に書き出して、自分の目に付く場所に張り出してください。


常に、自分が作った勉強のルールを意識するためです。

ルールを作っても、頭の中で理解しているだけでは、ルールは徹底できません。


ルールは、徹底して実行する事こそ意味があります。

ルールというのは、毎日の目標であります。

そして、ルールが実行しやすいように1週間の目標としての意味を持たせてみましょう。


行政書士・宅建の試験に独学で勉強をして、合格できるコツで一番重要な事は、いかに日々の自分の目標を達成できるかです。


高卒偏差値30の私が行政書士・宅建に独学で合格した勉強方法は、こちらに書かれています。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172



■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
2010年12月19日

今朝の窓辺の風景・宅建試験の今年の法令上の制限・税法などの問題の分析と今後の対策。

hukei
       ↑
こちらの画像は、私がブログで知り合った方との共通のテーマです。

ブログの読者の方は、気にしないで下さい。


さて、宅建試験の今年の法令上の制限・税法などの問題の分析と今後の対策です。

宅建の法令上の制限の問題は8問出題されています。

宅建の税法などは、3問出題されています。


先日、私が今年の宅建の試験の問題を解きました。

こちらから私の今年の宅建試験を解いた解答が分かります。


今年の宅建試験の法令上の制限の問題は、出題8問中4問正解でした。

今年の宅建試験の税法などの問題は、出題3問中2問正解でした。


私は、宅建の勉強を4年間、まったくしていません。

宅建の試験科目のことは、基本的なことしか分かりません。

それでも、宅建の法令上の制限・税法などの科目では、50%以上の正解率でした。


これは、宅建試験の法令上の制限・税法などの科目は、基本的なことを覚えておけば、ある程度点数が取れるということです。


まず、宅建の法令上の制限の科目の対策として、

2011年版 らくらく宅建塾2011年版 らくらく宅建塾
著者:佐藤 孝
週刊住宅新聞社(2010-12-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


の、楽勝ゴロ合せは、絶対に暗記する事です。


私は、現在の宅建の知識に関しては、楽勝ゴロ合せを暗記している程度といっていいでしょう。

あとは、本当に宅建の基礎的な知識しか、頭の中にありません。


それでも、宅建の法令上の制限の科目で、出題8問中4問正解できます。


いかに、宅建の法令上の制限の科目で、基礎的な知識が重要であるか、十分理解できます。


宅建の法令上の制限の科目の中には、難しい問題も出題されます。

しかし、そのような問題を間違えても、合否には影響しません。


宅建の法令上の制限の科目は、いかに基礎的な問題で点数をとるかが重要です。

逆に言えば、ケアレスミスはしないことです。


このような事は、宅建の税法などの科目にもいえます。

宅建の税法などの科目は、ある意味、一般知識の問題が出題されます。

一般的教養があれば、問題を解ける場合があります。

例え、初めて見るような問題が出題されても、冷静に一般常識で、問題を考えれば、正解を導き出すのは難しくありません。


宅建の税法などの科目は、出題は3問ですが、出題範囲は広いです。

基本的な出題問題の勉強をすれば十分です。


宅建試験の法令上の制限・税法などの科目の試験対策としては、勉強する宅建試験の過去問の難易度を難しくする。

これに尽きます。

「新司法試験方式です。」

くわしい内容は、私の宅建の勉強方法で解説しています。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173


宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


宅建の法令上の制限の科目は、宅建試験の過去問の難易度を難しくして勉強をすれば、自然と得点源にできます。

「新司法試験方式」とは、そのような勉強方法です。

ぜひ、宅建の試験勉強方法の参考にしてください。


独学で宅建の試験に合格するには、一番の勉強方法です。


聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ

















  
Posted by takken_goukaku_ at 13:59トラックバック(0)宅建
2010年12月15日

行政書士・宅建の共通する試験勉強方法。

行政書士宅建の試験に対する共通する独学の勉強方法をお話します。

行政書士・宅建の試験には、共通する点が多いです。

そのため、基本的には独学の勉強方法としては、同じような勉強方法で合格できます。


では、行政書士・宅建の試験に共通する事は、どのようなことでしょうか?

これは、実に明快です。

行政書士・宅建の試験問題は、行政書士の40字記述式問題以外では、択一式選択問題である事です。


これは、行政書士・宅建の勉強をするうえで、必ず認識しなければいけないことです。

そして、行政書士・宅建の試験に合格する上で、重要な事です。


どのようなことが重要であるのか?

それは、行政書士・宅建の試験は、問題の選択肢を選ぶだけで正解となることです。


この点に注目する必要があります。


もっと分かりやすくいえば、行政書士・宅建の試験問題には、問題の選択肢に正解の解答が書かれており、それを選択するだけで正解となるのです。

論文の試験・記述式の問題のように、問題を読んで自分の頭で解答を文章で解答用紙に記入をする必要がないのです。

行政書士の40字記述式問題以外は、すべての問題が択一式問題であるため、選択肢を選ぶだけでよいのです。


これが、どのような意味をするのか?

ここからお話しすることが重要です。


行政書士・宅建の試験問題の選択肢には、正解の解答が書かれています。

その選択肢を選ぶだけで、正解となります。

そのため、行政書士・宅建の問題を解答する知識は、だいたいの知識があれば、問題を解くことができます。

完璧に行政書士・宅建の試験に対する知識を、頭の中に入れる必要がないのです。


これが、行政書士・宅建の試験に合格する上で重要な事です。


では、行政書士・宅建の試験に合格するために、だいたいの知識を頭の中に入れる勉強方法とは、どのような勉強方法でしょうか?

実に簡単です。

今からお話しすることを実行してください。

特に、行政書士・宅建の試験に一度以上受験の経験がある方は、ぜひ、合格するために実行してください。


行政書士・宅建の試験に合格するための勉強方法は、教本を読むときにノートを作成しない。

これが大変重要です。


「教本を読むときにノートを作成しない。」

このような事を言われて、実際に実行する人は少ないと思います。


それは、なぜか?

教本を読んで、ノートを作成しなければ、教本を読んだ内容を覚えられないと思っている方が、実に多いからです。


では、質問します。

あなたは、行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成して、その内容をどの程度1週間後に覚えていますか?

結論から言います。

ほとんどの人は、自分が行政書士・宅建の教本を読んだ内容を、ほとんど覚えていないはずです。


もし、行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成して、その内容を1週間後にほとんど覚えることができる人は、行政書士・宅建の試験ぐらい簡単に合格できます。

そのような方は、ぜひ、司法試験に挑戦してください。


話を本題に戻します。


行政書士・宅建の教本を読んで、ノートを作成しても、勉強をした内容はほとんど覚えていないのに、ノートを作成する意味はあるのでしょうか?

これは、勉強方法として勘違いしています。


勉強をした内容をノートに作成しなければ、勉強内容を覚えられないと固定概念を持っている方が、大変多いです。


それは間違いである事を、具体的な私の例を出して説明します。


私は、宅建の1回目の受験以降、行政書士・宅建の試験勉強をするのにノートというものを作成していません。

行政書士・宅建の教本は、本を読んで覚えました。

私の行政書士・宅建の独学の勉強方法は、教本を読んで、見て覚える。


別の言い方をすれば、「行政書士・宅建の教本を読んだだけで、頭の中に入っているものとする。」

行政書士・宅建の試験に合格するには、教本を勉強をする事は、その程度の感覚で十分です。

それで、私は行政書士・宅建の試験に独学で合格しました。


行政書士・宅建に独学で合格するには、教本の内容を必死に覚えようとする必要はないのです。

行政書士・宅建に独学で合格するには、教本を読んだ内容を覚えるには、難易度の高い試験の過去問・難易度の高い法律の資格の問題を解くことが、一番重要です。


別の表現でお話しますと、難易度の高い試験の過去問・難易度の高い法律の資格の問題を解くことによって、試験に合格できる知識が頭の中に入るのです。

行政書士・宅建の教本を読むことは、試験勉強をするうえで、予習に過ぎないのです。


くわしい私の行政書士・宅建の勉強方法は、こちらに書かれています。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


行政書士・宅建の試験勉強方法は、教本を読んで覚えましょう。

ノートを作成する時間は、ムダです。


ノートを作成するより、教本を読むだけにする。

そして、教本を読むことを復習する。


これが、行政書士・宅建の試験に合格できる、1つのポイントです。

実際に、私はそのような勉強方法で行政書士・宅建に合格しました。


■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
2010年12月11日

今年の宅建の合格発表の結果を確認しての感想。

先日、平成22年の宅建試験の合格発表がありました。

今年、宅建を受験された方は、もちろんご存知だとは思いますが、合格点は、36点でした。


この宅建の合格点が36点というのは、1981年以降、ここ30年間で今回の試験を含めて2回しかない、最も高い合格点です。

これは、どのようなことを意味するのか?

結論は簡単です。

今年の宅建の試験は、ここ30年間で、1~2位を争うほどのやさしい試験でした。

このような事が言えます。


現実問題として考えます。


私は今年の宅建試験の問題を解きました。

私は、宅建試験の勉強を4年間していません。

それでも、35点取ることができました。

こちらから私の今年の宅建試験を解いた解答が分かります。

宅建の試験勉強を4年間していない人間が、35点も取ることができる。

これは、今年の宅建試験がものすごく簡単だった明確な立証になります。


それでも、合格率は15.2%です。

宅建の受験者の6.6人に1人しか合格していません。


では、宅建の試験に合格する人は、どのような人でしょうか?

まず、宅建試験問題で、36点以上取ることができる人です。

正解率で言えば、約70%です。

このような条件に当てはまる人は、間違いなく合格できます。


別の言い方で言えば、50問中14問まで、宅建の試験問題を間違えて解答ができる人が宅建の試験に合格できます。

誤答率で言えば、約30パーセントです。


このような事をよく考えれば、宅建は難しい試験ではないです。

十分独学で勉強すれば合格できます。


実際に私も2回目の受験で宅建試験には独学で合格しました。


では、逆に宅建に合格できない人は、どのような人でしょうか?

これも簡単に結論が出ます。

まず、毎日勉強をしていない。

これは、宅建という試験をある意味なめている証拠です。


宅建の試験は確かに簡単です。

しかし、この簡単という意味は、司法試験・不動産鑑定士・公認会計士・弁理士などの論文の試験がある国家資格と比べての話です。

他の国家資格の試験と比べれば、難しいです。

このあたりのことを勘違いしている人が多いです。


私は、宅建の試験は毎日勉強しなくても合格しましたが、基本的には、宅建の試験は、毎日勉強しないと合格するのが難しいです。

ここで注意したい事は、毎日勉強をするという意味は、毎日勉強を持続させるという意味です。


例えば、今日は、仕事が忙しくて30分しか勉強できないけど、明日は1時間30分勉強して、休みの日に仕事が忙しくて勉強が出来なかった分の勉強をしよう。

このような考えで宅建の勉強をすればいいのです。


なぜ、私が繰り返し、毎日勉強をする事が大事と言っているのか?

その理由は、世の中の宅建の試験勉強をしている70%の人間は、毎日勉強をしていないからです。

断言できます。

今から、一年間、毎日、来年の宅建の試験まで勉強をすれば、勉強方法を間違えなければ独学で合格できます。


そこで重要なのが、勉強方法ですね。

今まで、宅建を受験して合格できなかった人は、まず、自分の宅建の勉強方法を変えるべきです。

特に、今年の宅建に合格できなかった人は、絶対に今までの勉強方法で勉強をしないで下さい。


その理由は、宅建の勉強を4年間していなかった私が、今年の宅建試験問題を解いて35点も取りました。

そのような簡単な試験を合格できないような勉強方法は、宅建に合格できない勉強方法であることを立証しています。


もう一度言いますよ。

私は宅建の勉強を4年もしていなくて、今年の宅建試験問題を解いて35点取れたのですよ。

私は、宅建の基本的な勉強内容は大分忘れていますよ。

それでも、35点取れました。


今年の宅建の試験で合格できなかった人は、根本的に宅建の勉強方法が間違っています。


簡単に宅建の合格できる勉強方法を説明します。

まず、最初に宅建の教本を読みましょう。


2010年版 らくらく宅建塾2010年版 らくらく宅建塾
著者:佐藤 孝
週刊住宅新聞社(2009-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この教本を読むことを、予習とします。

そのように定義してください。


そして一通り、ぜんぶ教本を読みましたら、肝心な勉強の宅建試験の過去問を解きます。

パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)
パーフェクト宅建過去問10年間〈平成22年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)
住宅新報社(2009-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


休みの日に、宅建試験の過去問を1年分50問解いてください。

過去問を解きましたら、すぐに解答・解説を読んで答え合せをしてください。


あとは、平日に教本を読んで、休みの日に宅建の過去問を解く、そして、今まで宅建の過去問を解いた復習をする。

このような形で勉強をすれば、まず来年の宅建試験に合格できます。


簡単に宅建の試験の勉強方法を説明しました。


くわしく宅建を独学で合格できる勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173



宅建試験の過去問を解いた後は、同じ問題を復習する事が大切です。

復習は、ある一定の法則で行えば、効果が抜群です。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


宅建は十分独学で合格できます。

今年の宅建の試験で合格できなかった人は、まず、自分自身を変えましょう。



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ




  
Posted by takken_goukaku_ at 11:52トラックバック(0)宅建
2010年12月07日

平成23年度の行政書士試験に向けて。

今年の行政書士試験を受験された方の多くは、来年の合格発表まで、自分が合格か不合格か分からない人が多いと思います。

このブログは、行政書士・宅建の試験を独学勉強して合格する事を目指す事を目的に、記事を書いています。


そのため、今後、来年度の平成23年度の行政書士・宅建の試験に向けて、記事を書いていきます。

ご容赦ください。


さて、来年度の行政書士を受験される方に、独学で勉強をするにおいて一番重要なことがあります。

どのようなことが一番重要であるか?

それは、現在の行政書士の試験は、行政書士試験の過去問を勉強しただけでは合格する事が難しいです。


まず、このような現状を頭の中に入れてください。


では、どのような勉強をすれば、行政書士の試験に合格できるのか?

それは、憲法の科目は、司法試験・新司法試験の勉強をしてください。

行政法の科目は、新司法試験の勉強をしてください。

民法の科目は、司法書士の勉強をしてください。


このように、行政書士試験以上のレベルの法律の資格の勉強をすれば、行政書士の試験に合格できる確率が高くなります。


ここで、疑問を持った人がいると思います。

なぜ、行政書士の試験で行政書士の試験の過去問を勉強をして合格するのが難しいのか?

この疑問には、明確に根拠を示してお答えできます。


まず、

一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)一発合格 行政書士過去10年問題集〈平成21年度版〉 (行政書士一発合格シリーズ)
TAC出版(2009-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


と、今年行政書士の試験を受験された方は、今年の行政書士の試験問題を見てください。


平成18年度に行政書士試験は、試験の出題傾向に変更がありました。

それ以降、平成21年度の行政書士試験まで、過去に試験で出題された問題がほとんど出題されなくなりました。


私は、現在、今年の行政書士試験の問題が、どのようなものであったかはわかりません。

しかし、今年の行政書士を受験された方は、今年の行政書士試験の問題を見てください。

そして、今まで行政書士の試験で出題されたような問題があるか確認してみてください。


私の推測では、今年の行政書士の問題のほとんどは、初めて行政書士試験で出題される問題のはずです。

そのような初めて行政書士試験で出題される法律の問題にどのようにして対処するのか?


それは、法律の問題に対する把握力・読解力・理解力を高める事です。

そうすれば、法律の問題を解く思考力を身につけることができます。


では、法律の問題を解く思考力を身につけるには、どのような勉強方法があるのか?

勉強方法は簡単です。

難易度の高い法律の勉強をすればいいのです。


具体的にどのような勉強をすればいいのか?

それは、先ほど申し上げたように、憲法の科目は、司法試験・新司法試験の勉強をする。

行政法の科目は、新司法試験の勉強をする。

民法の問題は、司法書士の勉強をする。


このような勉強方法で、現在の行政書士試験のレベルに十分に対応できます。


私は、高卒、偏差値30の人間です。

これは本当です。


私は、先ほど挙げた勉強方法で独学で行政書士に合格しました。

平成21年度の行政書士試験で、216点取りまして合格しました。

択一式問題の得点だけで、196点を取りました。

40字記述式問題の採点無しで合格でした。


こちらから私の行政書士試験の得点が分かります。


私は、先ほど挙げた勉強方法で、現実に高得点で平成21年度の行政書士試験に合格しました。

くわしい私の行政書士の勉強方法は、こちらから分かります。


こちらに私の行政書士の試験勉強の方法が書いてあります。
 ▼
http://www.muryoj.com/get.php?R=13174

ぜひ、ご覧になってください。


勉強をした後は、復習が必要です。

復習は、ある一定の法則ですれば、抜群の効果があります。


無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


基本的に行政書士の試験は、十分独学で勉強をして合格できます。

もし、今年の行政書士の試験に合格できなかった方は、2つの事を見直してください。


まずは、毎日勉強する。

そして、勉強方法を変える。

以上です。


ぜひ、来年度、行政書士の試験を初めて勉強される方も、私の行政書士の勉強方法を参考にしてみてください。


■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

    バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」




      応援クリックをお願いします。
                   
        
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ人気ブログランキングへ
  
Posted by takken_goukaku_ at 12:11トラックバック(0)行政書士
2010年12月03日

宅建試験の今年の民法・権利関係の問題の分析と今後の対策。

今年の宅建試験の今年の民法・権利関係の問題の分析と、今後の勉強方法についてお話します。

まず、今年の宅建試験の民法・権利関係の問題は、それほど難しくは無かったと思います。

最低でも14問中8問は、毎日、宅建の勉強をしていて、勉強方法さえ間違いなければ、正解できたと思います。


私は、先日、今年の宅建試験の問題を解きました。

民法・権利関係の問題は、14問中12問正解でした。


私は、行政書士試験・宅建試験の合格者ですが、丸一年、勉強をまったくしていません。

それでも、今年の宅建試験の民法・権利関係の問題を解いて、2問しか間違えませんでした。

宅建の勉強自体4年間してません。

それでも、全体で35点取ることができました。


こちらから私の今年の宅建試験を解いた解答が分かります。


民法・権利関係の問題は、基本的に知識より法律に対する思考力が必要になります。

法律に対する思考力を身につけるには、法律に対する把握力・読解力・理解力を身につける必要があります。


では、宅建の試験に合格するには、どのようにして、法律に対する把握力・読解力・理解力を身につけるのでしょうか?

宅建の試験に関しては、宅建の試験の過去問を徹底して解く。

この方法に限ります。


その理由ですが、宅建試験の民法・権利関係は、試験全体の約30%の出題です。

宅建試験の民法・権利関係の勉強は、宅建レベルの民法・権利関係の過去問を解けば十分です。

勉強する問題の難易度を上げて、行政書士の問題などを解く必要はありません。


そのような勉強方法は、大変労力が必要なため正直時間のムダです。

それより、宅建業法等に勉強時間を使って点数を稼いだほうが合格できます。


では、具体的に今年の宅建試験の民法・権利関係を分析して、なぜ宅建試験の民法・権利関係の過去問だけ勉強するだけで大丈夫なのか、お伝えしたいと思います。


念のためにお伝えしますが、宅建勉強自体に教本を読むことは必ず必要です。

宅建の勉強をするのに過去問だけを解く勉強方法を勧めているわけではないです。

誤解の無いようにお伝えします。


まず、今年の宅建試験の問題で、宅建の受験者では、まず解けない問題があります。

それは、問題7と問題14です。


問題7。

民法第423条第1項は、「債権者は自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。

ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りではない。」と定めている。

これに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。


1 債務者が既に自ら権利を行使しているときでも、債権者は自己の債権を保全するため、民法第423条に基づく債権者代位権を行使することができる場合がある。


宅建の受験者で、この選択肢1を誤っていると答える事ができる人は、ほとんどいません。

このような問題は、行政書士レベル以上の問題です。


この問題を正解できなくても、宅建試験の合否には影響がないです。


次は、問題14。


不動産の登記事項証明書の交付の請求に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 登記事項証明書の交付を請求する場合は、書面をもって作成された登記事項証明書の交付のほか、電磁的記録をもって作成された登記事項証明書の交付を請求することもできる。


2 登記事項証明書の交付を請求するに当たり、請求人は、利害関係を有することを明らかにする必要は無い。


3 登記事項証明書の交付を請求する場合は、登記記録に記録されている事項の全部が記載されたもののほか、登記記録に記録されている事項のうち、

現に効力を有するもののみが記載されたものを請求することもできる


4 送付の方法による登記事項証明書の交付を請求する場合は、電子情報処理組織を使用して請求することができる。


このような問題は、司法書士試験の問題で出るレベルの問題です。

宅建の勉強をしていて、この問題が解ける人は、ほとんどいないでしょう。

この問題を解くことができなくても、宅建試験の合否には、影響をしません。


それ以外の問題ですが、問題6は、法律用語で難しそうな表現で、問題が書かれていますが、問題の難易度は、それほど難しくありません。

しっかりと法律の用語が理解できれば、正解できる問題です。


問題9は、法律の問題というより、国語の読解力の問題です。

このような判決文が出るような問題は、同じような問題は司法書士試験の民法の問題でたまに出ます。

しかし、よく判決文を読んで、しっかり選択肢を読めば、正解できる問題です。


それ以外の問題は、基本的な問題が多いですね。


私は、今年の宅建の試験問題を解いて、問題12を間違えましたが、今、この問題を見ると簡単な問題ですね。


今年の宅建試験の民法・権利関係の問題を見ますと、今までの宅建試験の過去問を10年分勉強をするだけで、最低、14問中8問は十分正解できます。

本当に難しい問題は、14問中2問です。

これが、私の今年の宅建試験の民法・権利関係の分析です。


私は、このブログのタイトルの通り、高卒、偏差値30の人間です。

私は、宅建を独学で勉強をして合格しました。

私は、宅建の勉強を平成18年度の宅建試験で合格してから、4年間してません。

それでも、私は、今年の宅建試験を解きまして、35点取りました。


その私の宅建のくわしい勉強方法、勉強する教本・問題集はこちらから分かります。

こちらに私の宅建の試験勉強の方法が書いてあります。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13173


勉強には復習が必要です。

復習はある一定の法則で行う必要があります。

その復習の方法がこちらから分かります。

無料レポートの「日本語がわかれば誰でもできる!効果抜群、記憶術」の復習方法で勉強すれば、法律の理論的考えを理解し、記憶に定着でき、解答の正解率も相当アップします。

こちらから無料でダウンロードできます。
http://www.muryoj.com/get.php?R=13172


宅建は独学で十分に合格できます。

これから勉強を始めれば、かなりの高い確率で来年度の宅建の試験に合格できます。


今年、宅建に合格できなかった方、宅建の勉強方法が分からない方は、私の宅建の勉強方法を参考にしてみてください。



宅建に合格できなかった人は、毎日勉強をして、勉強方法を間違えなければ、独学で十分合格できます。 



聴くだけで、勉強、仕事に集中できる

 バックミュージック
のご紹介です。


音」と「メンタル」という2つのかけ離れた職業を持つ方が作りました、勉強、仕事に集中できるです。

「耳」から入ってくる「音」は直接脳にアクセスする事が出来ます。


「ある音」を聴くことで、あなたはいつでも集中出来る状態に近づきます。

この音を聴いて、427人中、95.3%の人がやる気・集中力のアップを実感しています。


90日間の完全返金保証付です。

効果がなければ、90日以内に返金できます。


無料でこの効果のある音のサンプルが聴けます。

実際にこの音を聴きますと、不思議な感覚がします。

今まで経験したことがないような感覚です。


こちらから、聴くだけで、勉強、仕事に集中できます。
聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」


          
     
     応援クリックをお願いします。
                     
        にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ

  

無料レポートです。

無料で読むことができる、投資・ビジネスに関する良質なレポートです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料レポートです。
powered by Googleチェッカー


ブックマーク

SEO対策 | ブログパーツ
livedoor プロフィール
メールアドレス
お問い合わせ・ご質問は
takken_goukaku_■livedoor.com

までお願いします!■は@に変えてください。
ランキング

応援クリック

お願いします!
   ↓↓

人気ブログランキングへ

資格

ランキングはこちらをクリック!
初心者向けサーバー
リンク集




 リンク集

話題のトレンドニュース、国内・海外・政治・経済・芸能・スポーツを斬る




タグクラウド
SEO対策:行政書士
SEO対策:宅建
SEO対策:試験
SEO対策:合格
SEO対策:勉強
QRコード
QRコード
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
RSS
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)
初心者向けサーバー